誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古事記

古事記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古事記」のブログを一覧表示!「古事記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古事記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古事記」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

応神天皇が宇治の地で出会ったヤカワエヒメ、その皇子・ウジノワキイラツコとその兄との戦とは!? 〜応神天皇の御后、京都宇治の木幡村のヤカワエヒメ〜ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の一つとして登録されている、宇治上神社。主祭神には、応神天皇とその皇子・宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)が祀られ ... » more
テーマ 古事記 もも

歌いながら醸造されたお酒でお祝いをした神功皇后、その皇子・第15代応神天皇の時代とは!? 〜神功皇后の酒楽の歌〜さて、謀反を起こした忍熊王(おしくまのみこと)を討ち終えて、タケウチノスクネは禊のために近江の敦賀に、品陀和気命(ホムダワケノミコト:後の応神天皇)をお連れしました。そして、そこから大和 ... » more
テーマ 古事記 もも

神功皇后を勝利に導いた廣田神社の天照大御神の荒魂、そして腹違いの御子忍熊王の謀反の行く末 天照大神の荒魂をお祀りする兵庫県西宮市の廣田神社神功皇后一行が三韓征伐に出発する際に、神に神託を求めたところ天照大神の神託があり、”和魂が天皇の身を守り、荒魂が先鋒として船を導くだろう”というお告げを受けました。それから ... » more
テーマ 古事記 もも

神功皇后が住吉大神のお告げで向かった、西の国”新羅と百済”、その三韓征伐の話とは (これまでのお話・・)父君ヤマトタケルノミコトが征伐したはずの熊襲一族でしたが、第14代・仲哀天皇の時に、また背き始めたので、仲哀天皇は筑紫の香椎の宮にいる時に、熊襲を討つ手立てを神から授かろうと、天皇が琴を弾き、大臣であっ ... » more
テーマ 古事記 もも

琴を奏でて神を呼び、”宝物が眠る西の国を与えよう”というお告げを受けた、神功皇后と建内宿禰とは!? 〜神功皇后と仲哀天皇と建内宿禰大臣(たけうちのすくね)〜ヤマトタケルの六人の御子の一人、タラシナカツヒコノミコトが、第14代・仲哀天皇となりました。仲哀天皇は、穴門の豊浦の宮(あなとのとようらのみや:山口県下関市 ... » more
テーマ 古事記 もも

白鳥に化身して、海に飛んで行った日本武尊、そして第13代・成務天皇と14代・仲哀天皇の話 〜白鳥に化身したヤマトタケルノミコト〜さて、ヤマトタケルノミコトがお亡くなりになった時、大和にお出での后たち、また御子たち諸々が能煩野に下ってきて、御陵を作り、そこの傍にある田んぼに這い廻って、大変悲しんで泣いて歌うには ... » more
テーマ 古事記 もも

ヤマトタケルが山で遭遇した神の化身である”鹿と猪”は、「もののけ姫」に出てきていた神様だった?! 〜足柄山で現れた、神の化身”白い鹿”〜さて、ヤマトタケルノミコトは上総国(かずさのくに)から東の国に行かれて、ことごとく荒れすさぶ蝦夷(えみし)たちを平定されて、また山河の暴れる神たちを平定して、やがて大和へ帰りことにな ... » more
テーマ 古事記 もも

熊襲・出雲・東の国を平定する時、ヤマトタケルが必ず参拝した伊勢参りの効果とは・・・?!! ↑伊勢の最初の斎宮であり、ヤマトタケルの叔母・倭姫命(やまとひめのみこと)をお祭りする倭姫宮〜熊襲健と出雲健征伐を終えて、大和に帰ってきたヤマトタケルノミコト〜さて、クマソタケルとイズモタケルを征伐して、 ... » more
テーマ 古事記 もも

女装の元祖ヤマトタケルの熊襲と出雲征伐の話〜現代において女装家が活躍する理由とは・・・!? 〜日本武尊(ヤマトタケル)の熊襲征伐〜さて、オウスノミコト一行が熊襲健(クマソタケル)の家に到着してご覧になると、家の周りを軍隊が三重に囲んで、家の周囲を塞いでいました。そして、近所で情報収集をしていると、クマソ ... » more
テーマ 古事記 もも

荒々しい神スサノオに似ている”ヤマトタケル”が、熊襲退治に行くまでの話とは 〜第12代・景行天皇の皇子、オオウスノミコトとオウスノミコト(ヤマトタケル)〜さて、第12代・景行天皇は或る時、美濃の国造の祖先、神大根王(カムオオネノミコ)の娘で、名は兄比売(えひめ)・弟比売(おとひ め)と云う二人の ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記に登場する”蛇”の謎、垂仁天皇が探し求めた季節を問わず素晴らしい香りを放つ”木の実”とは 〜第11代・垂仁天皇の皇子ホムチワケノミコトの妃の正体、そして垂仁天皇が求めたいつも輝く”橘”の実〜さて、垂仁天皇の皇子ホムチワケノミコトは、出雲の国で一夜肥長比売(ヒナガヒメ)と契りを結ばれました。ところが、或る時 ... » more
テーマ 古事記 もも

垂仁天皇の夢に現れた出雲の神、そして出雲参拝によってその皇子ホムチワケのおしが治った話とは 〜第11代・垂仁天皇の皇后サオヒメの兄サオヒコの謀反と、その戦乱の中での皇子誕生〜 垂仁天皇は、皇后サオヒメの兄の謀反を知って、その兄サオヒコを討とうと、城に向かいました。しかし、その稲城を取り囲 ... » more
テーマ 古事記 もも

第11代・垂仁天皇が見た夢と、その夢から分かった皇后サオヒメの兄の企みとは・・ 〜第11代・垂仁天皇の后とその御子〜伊久米理毘古伊佐知命(イクメイリビコイサチ、垂仁天皇)は、磯城の玉垣宮においでになって天下をお治めになりました。この天皇が、第九代・開花天皇の孫にあたるサホヒコノ命の妹・沙 ... » more
テーマ 古事記 もも

崇神天皇を狙う者がいることを”歌”で予言した不思議な少女の話、そして富み栄えた国作りの物語とは・・ この崇神天皇の御代に、叔父のオホビコノ命を北陸の越国に遣わし、その子のタケヌナカハワケノ命を東方の十二国に遣わして、多くの国をを平定していきました。また、ヒコイマスノ命を京都の丹波国に遣わ ... » more
テーマ 古事記 もも

第十代・崇神天皇の夢に現れた、疫病を沈めた出雲の大国主神の幸霊・三輪山の”大物主神”とは? 御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニヱ)、第10代・崇神天皇は、大和の磯城(しき)の水垣宮においでになって、天下をお治めになった。その伝承地は、奈良県桜井市金屋の志貴御県坐神社(しきのみあかたにますじんじゃ)。 ... » more
テーマ 古事記 もも

神武天皇の皇后を選定する話、そして二人の妃の間に生まれた5人の御子の話とは・・・?! 〜カムヤマトイワレヒコノミコトの結婚〜さて、カムヤマトイワレヒコは日向におられた時に、阿多の小椅君の妹で、阿比良比売(アヒラヒメ)という名の女性とすでに結婚していて、二人の間には多芸志美美命(タギシミミ)と岐須美美命 ... » more
テーマ 古事記 もも

ヤタガラスの道案内で、神武天皇一行が熊野から大和の国、橿原に至るまでの物語とは 熊野で、天照大神とタカミムスビノカミの夢のお告げの通りに、一振りの太刀を得たタカクラジが、気を失って倒れていたカムヤマトイワレヒコノミコト一行が臥している処にやって来て、その太刀を奉ると、ミコト一行はたちまち正気を取り戻して ... » more
テーマ 古事記 もも

熊野で神武天皇を助けた不思議な太刀、”布都御魂(フツノミタマ)”の秘話の続きとは・・・ カムヤマトイワレヒコノミコトとその兄イツセノミコト一行は、もっと東に統治できる場所を求めて、高千穂から発ち、途中には宇佐・岡田宮・多け理に留まり、大阪は白肩津に停泊していました。河内の白肩津では、一行を待 ... » more
テーマ 古事記 もも

初代・神武天皇の東征〜そのとき、熊野で神武天皇一行を助けた太刀とは? トヨタマヒメと山幸彦の間に生まれたのは、ウガヤフキヤアエズでした。そのウガヤフキヤアエズはトヨタマヒメの妹と結婚し、2人の間には4人の子供が生まれました。そして、4人の子供のうちの一人がカムヤマトイワレヒコ、 ... » more
テーマ 古事記 もも

タマヨリヒメの話とイザナミの話・・・二つの物語からわかる不思議な心の世界とは 〜〜鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズ)の誕生〜〜その後、海の宮殿に残されたトヨタマヒメは、毎日一人で寂しく暮らしていましたが、子供を孕み生まれそうになったので、ホヲリ(山幸彦)の処にやって来てこう言い ... » more
テーマ 古事記 もも

真剣に願えば、物知りの神シオツチノ神が方法論を教えてくれる?!〜山幸彦と海幸彦〜 兄ホデリ(海幸彦)と弟ホヲリ(山幸彦)は、それぞれの獲物を捕る道具を交換しましたが、しばらくして兄ホデリはやはり道具を返してくれと言います。海で兄の釣り針を失くした弟ホヲリ(山幸彦)は、失くしたことを正直に言いますが ... » more
テーマ 古事記 もも

天孫ニニギと結婚した、木の花が咲き誇る如く栄える”コノハナサクヤヒメ”とはどんな女性なのか?! 〜〜木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)〜〜さて、天孫ニニギノミコトは高天原から笠沙の岬に天降りになると、そこで美しい女に出会いました。その美しい女に、「誰の娘ですか。」と尋ねると、女は「オオヤマツミの娘、 ... » more
テーマ 古事記 もも

アマテラス一族の道案内をした猿田彦と出雲のオオクニヌシ一族との共通点とは!? 〜〜天孫降臨のつづき〜〜アマテラスの孫、ノニニギノミコトが天降ろうとした時に、天から降る道の辻にいて、上は高天原を照らし、下は葦原の中つ国を照らす神がいました。天から下る道の辻とは、高天原 ... » more
テーマ 古事記 もも

「天孫」の意味から考える、全体がうまくいく国造りの精神とは?? アマテラスは地上の葦原の中つ国を治めようと、誰を葦原の中つ国の有力者オオクニヌシに遣わせばよいのか、高天原の神々と相談した結果、アメノホヒ、アメノワカヒコをそれぞれオオクニヌシの所に遣わしました。しかしながら、アメノホヒ ... » more
テーマ 古事記 もも

アマテラスの子孫とオオクニヌシ一族から読み解く、封印された古代ユダヤの物語とは!? ー葦原の中つ国の平定ーアマテラスは、「葦原の中つ国は、わが子のアメノオシホミミが統治すべき国である。」と言って、アメノオシホミミに高天原から葦原の中つ国に降るように言いました。ところが、アメノオシホミミは高天 ... » more
テーマ 古事記 もも

「ヤマタノオロチ」という言葉と、オロチの様相から読み取れる、”遠い国の赤い思想”とは?!! 古事記に登場する、”ヤマタノオロチ退治”。このヤマタノオロチは、本当にそういう化け物がいた・いるというよりは、”何かの比喩である”と解釈すると、色々なことが読み取ることもできるのかなと思います。すると、何かの比喩 ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記の天の岩戸開きに籠められていた、暗い心をを閉じ込めて、明るい心を出す方法とは・・・??? スサノオの自由な振る舞いを見てアマテラスは困惑し、天の岩屋の戸を開いて中に入り、籠もってしまわれました。そのため、高天原は暗くなり、葦原中国もすべて暗くなってしまい、闇夜が長く続きました。さらには、色々な邪神 ... » more
テーマ 古事記 もも

スサノオの乱暴と言われている行動からも読み取れる、古代ユダヤのお祀りとは!? 或る時、スサノオは黄泉の国に逝ってしまった母イザナミを慕い、父イザナギに定められた海原を治めることをせずに、”母に会いに黄泉の国に行きたい”と言って、父イザナギに相談します。すると父イザナギは、”そんなことを言うなら ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記「アマテラスとスサノオの誓約(うけひ)」の話で分かる、物事の果から判断する”占い”とは・・・ こうしてそれぞれの神はイザナギの命令にしたがってお治めになりましたが、スサノオだけは海原を治めずに、顎鬚が胸元に達するようになるまで泣きわめいてばかりいました。その泣く有様は青々とした山は枯れ木の山となり、川や海はこ ... » more
テーマ 古事記 もも

イザナギ命の禊と神社の祝詞に秘められていた、願いを叶えるために必要な”祓い清め”とは?? 時に私たちは何か願いがあって、その祈願のために神社に参拝し、そして儀式を執り行ってもらったり、御祭に参加したりします。その時、まず祓詞を奏上して全てを清める修祓を行い、神様にお供え物を捧げる献饌をし、玉串を御供えし拝 ... » more
テーマ 古事記 もも

 

最終更新日: 2017/03/20 17:33

「古事記」のブログ関連商品

» 「古事記」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る