誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古事記

古事記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古事記」のブログを一覧表示!「古事記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古事記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古事記」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「埼玉新聞」文化欄に夏石番矢の考古学記事 2016年10月24日(月)付け「埼玉新聞」文化欄に夏石番矢の、さきたま古墳群についての考古学記事。なんと一面に見出しが!!!王冠に稲の黄金揺れる岬夏石番矢縄文の漆についての夏石番矢「埼玉新聞」記事 ... » more
テーマ 俳句 新聞 古事記

さきたま古墳群の記事「埼玉新聞」に 9月4日(日)に猛暑のなか訪れた、さきたま古墳群についての記事が、「埼玉新聞」2016年10月24日(月)付けに掲載される。その校正にぼかしをかけたものを下に。参照さきたま古墳群を訪れる http://b ... » more
テーマ 新聞 古事記 古代

9月初めに訪れたさきたま古墳群についての原稿を書く。さあ、掲載されるだろうか?空気の天皇生み出し汚す学者ども夏石番矢参照ワカタケルではない http://banyahaiku.at.webry.inf ... » more

Ban'yaワカタケルではない
さきたま古墳群、稲荷山古墳から出土した、金錯銘鉄剣の裏側に刻まれている大王の名、獲加多支鹵は、ワカタケルでは決してない。9月21日(水)午後の、M大H学部のゼミ(比較文化古事記)で、、この理由を述べたい。大野 ... » more
テーマ 俳句 古事記 古代

天皇陛下のお言葉を受けて考えてみた、歴代天皇と日本の成り立ちが分かる国外向けの歴史書「日本書紀」 8月8日の午後三時に、天皇陛下がお気持ちを表明したことは、日本だけではなく、世界の国でも、関心のあることだったと思います。「長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさ ... » more

駒の森・十二神社の神さま・・・地風升の四爻 きょうは12時前から自宅からみると南の方向にあたる駒の森・十二神社まで参詣に行ってきました。「今週の吉方位」によると、7月23日は: 方位取りに適した日です。 デート・ギャンブルによい日です。 ◇南◎最良の方位 ... » more
テーマ 日本書紀 古事記 易の基礎知識

第30代・敏達天皇、第31代・用明天皇、第32代・崇峻天皇、第33代・女帝推古天皇 <沼名倉太玉敷天皇(敏達天皇)>沼名倉太玉敷命(ぬなくらふとたましきのみこと)、第30代・敏達天皇は、大和の他田(をさだ)の宮、現在の奈良県桜井市戒重でお出でになって、十四年天下をお治めになりました。この天皇が、庶妹 ... » more
テーマ 古事記 もも

応神天皇の五世の孫・継体天皇の皇子、安閑天皇と宣化天皇と欽明天皇の時代とは?! 第26代継体天皇<広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)、第27代・安閑天皇> 継体天皇の御子である広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)、第27代・安閑天皇あんかんてん ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇に父を倒され、その霊に報復しようとした顕宗・仁賢天皇の御代と、武烈天皇と継体天皇の御代とは <雄略天皇に父を倒されて、その霊に報復しようとした顕宗・仁賢天皇> 顕宗天皇は、その父王をお殺しになった大長谷天皇(雄略天皇)を深くお恨みになって、 その霊に仕返しをしようと思われました。そこで、その雄略天皇 ... » more
テーマ 古事記 もも

父・市辺王イチノベノミコの御骨を探して陵を作り、父を倒した雄略天皇の霊に報復しようとした顕宗天皇 <袁祁之石巣別(おけのいわすわけのみこと)顕宗天皇> 伊弉本別王(いざほわけのみこ:履中天皇)の御子(みこ)の市辺忍歯王(いちのべのおしはのみこ)の御子である袁祁之石巣別命(をけのいはすわけ)は、近つ飛鳥の宮にお出でになって ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇から逃れるために、身分を隠して播磨国に落ち延びた履中天皇の皇子の二人の御子の話とは!? <身分を隠して播磨国に落ち延びた二人の王子>さて、山部連(やまべのむらじ)の小盾(をだて)が、播磨国の国造(地方を治める職)に任命されたときに、その国の志自牟(しじむ)という者が新築祝いの宴をするからといって、小盾( ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇のと分別できない程に行列と装束の形が同じだった、葛城山で遭遇した人たちの正体とは!? <一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)>またある時、天皇が葛城山(かづらきやま)にお登りになったときに、多くの百官の人たちは、紅い紐を つけた青摺りの衣服を賜って着ていました。その時に、その向こうの山の尾 ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇に”他の男の嫁にいかないでくれ”と言われて、待ち続けた三輪山の乙女・赤猪子(アカイコ)とは? <雄略天皇から交わされた結婚の約束を待ち続けた、三輪山の乙女・赤猪子(あかいこ)>奈良県桜井市の三輪山またある時、雄略天皇が三輪川にお遊びにお出でになったときに、河の辺で衣を洗う童女(をとめ)がいました。その姿が ... » more
テーマ 古事記 もも

第21代・雄略天皇が、河内の豪族の娘・若日下部王(ワカクサカベノミコ)と結婚するまでの経緯とは?! 〜雄略天皇の皇居と后とその御子〜大長谷若建命(オホハツセノワカタケノミコト)は、長谷朝倉(はつせのあさくら)の宮にお出でになって、天下をお治めになりました。長谷朝倉(はつせのあさくら)の宮は、現在の奈良県桜井市初瀬です。 ... » more
テーマ 古事記 もも

後の雄略天皇、大長谷王(オオハツセノミコ)のまるでスサノオのような荒々しさとは?!! 〈兄・安康天皇を討ち斬った者をどうにかしたいと考える弟・大長谷王兄と、何少しも驚かない二人の兄〉大長谷王子(オホハツセノミコ:後の雄略天皇)は、まだ童男(をぐな:少年)でした。そして、兄・安康天皇が后の連 ... » more
テーマ 古事記 もも

仁徳天皇の皇子が三代続いて天皇の位についた御代と、仁徳の孫・安康天皇が討ち取られた”目弱王の変”とは 履中天皇が64歳でお亡くなりになった後、皇位を継いだのは、反逆心がないことを兄・履中天皇に示した弟・水歯別命(ミズハワケノミコト)、反正天皇でした。この天皇は、身の丈約2メートル80センチ、その歯は長さが約3センチ、幅は6ミ ... » more
テーマ 古事記 もも

兄の履中天皇を焼き打とうとした弟の運命と、反逆心がないことを天皇にしたもう一人の弟の運命とは!? <仁徳天皇の次の第17代・履中天皇(りちゅうてんのう)>仁徳天皇には、5人の皇子と1人の皇女がいました。そのうち、3人の皇子が次々と天皇の位につきました。すぐ後に位についたのは伊邪本和気命(イザホワケノミコト)、履中天皇 ... » more
テーマ 古事記 もも

大雀命(仁徳天皇)を討ち取ろうとした弟と異母妹の反逆!そして大阪を発展させた仁徳天皇の巨大古墳 〈大雀命(オオサザノミコト:仁徳天皇)を捕ろうとした異母妹・女鳥王(メトリノミコ)と弟・速総別王(ハヤブサノミコ)〉また、天皇はその弟、速総別王を仲人にして、庶妹(異母妹)の女鳥王(メトリノミコ)をお求めになりました ... » more
テーマ 古事記 もも

皇后・石之日売命は嫉妬深くされていた?!仁徳天皇への反逆を企んでいた者がいたのではないか!? ところで、仁徳天皇は、吉備の海部(あまべ)の直の娘、名は黒日売(くろひめ)が大層美 しいと聞いて、召し上げてお使いになりました。しかしながら、その大后、石之日売命(いしのひめ)が嫉妬するのを恐れて、黒日売(くろひめ)本国 ... » more
テーマ 古事記 もも

治水事業を行って、課役を免除した思いやり深い仁徳天皇、しかしその后は嫉妬深かった?!! <古事記下巻仁徳天皇の后とその皇子>父君・応神天皇がお亡くなりになった後、ウジノワキイラツコが天皇の位につくという父君のご意思に背いて、兄・大山守命が謀反を起こしましたが、ウジノワキイラツコによって討たれ亡くなり、兄・大雀命(お ... » more
テーマ 古事記 もも

宇治川での皇位を巡る兄の謀反!その兄を討ち、皇位を譲り合った弟ウジノワキイラツコと後の仁徳天皇とは 滋賀県の琵琶湖から流れ出る川は、滋賀では瀬田川といい、京都府内に入ると宇治川と呼び、大阪に入れば淀川といいいます。その流れの早い宇治川で、謀反を起こした兄とその兄を討とうと待ち構えるウジノワキイラツコとの話です。伊勢神宮内宮の宇 ... » more
テーマ 古事記 もも

応神天皇が宇治の地で出会ったヤカワエヒメ、その皇子・ウジノワキイラツコとその兄との戦とは!? 〜応神天皇の御后、京都宇治の木幡村のヤカワエヒメ〜ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の一つとして登録されている、宇治上神社。主祭神には、応神天皇とその皇子・宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)が祀られ ... » more
テーマ 古事記 もも

歌いながら醸造されたお酒でお祝いをした神功皇后、その皇子・第15代応神天皇の時代とは!? 〜神功皇后の酒楽の歌〜さて、謀反を起こした忍熊王(おしくまのみこと)を討ち終えて、タケウチノスクネは禊のために近江の敦賀に、品陀和気命(ホムダワケノミコト:後の応神天皇)をお連れしました。そして、そこから大和 ... » more
テーマ 古事記 もも

神功皇后を勝利に導いた廣田神社の天照大御神の荒魂、そして腹違いの御子忍熊王の謀反の行く末 天照大神の荒魂をお祀りする兵庫県西宮市の廣田神社神功皇后一行が三韓征伐に出発する際に、神に神託を求めたところ天照大神の神託があり、”和魂が天皇の身を守り、荒魂が先鋒として船を導くだろう”というお告げを受けました。それから ... » more
テーマ 古事記 もも

神功皇后が住吉大神のお告げで向かった、西の国”新羅と百済”、その三韓征伐の話とは (これまでのお話・・)父君ヤマトタケルノミコトが征伐したはずの熊襲一族でしたが、第14代・仲哀天皇の時に、また背き始めたので、仲哀天皇は筑紫の香椎の宮にいる時に、熊襲を討つ手立てを神から授かろうと、天皇が琴を弾き、大臣であっ ... » more
テーマ 古事記 もも

琴を奏でて神を呼び、”宝物が眠る西の国を与えよう”というお告げを受けた、神功皇后と建内宿禰とは!? 〜神功皇后と仲哀天皇と建内宿禰大臣(たけうちのすくね)〜ヤマトタケルの六人の御子の一人、タラシナカツヒコノミコトが、第14代・仲哀天皇となりました。仲哀天皇は、穴門の豊浦の宮(あなとのとようらのみや:山口県下関市 ... » more
テーマ 古事記 もも

白鳥に化身して、海に飛んで行った日本武尊、そして第13代・成務天皇と14代・仲哀天皇の話 〜白鳥に化身したヤマトタケルノミコト〜さて、ヤマトタケルノミコトがお亡くなりになった時、大和にお出での后たち、また御子たち諸々が能煩野に下ってきて、御陵を作り、そこの傍にある田んぼに這い廻って、大変悲しんで泣いて歌うには ... » more
テーマ 古事記 もも

熊襲・出雲・東の国を平定する時、ヤマトタケルが必ず参拝した伊勢参りの効果とは・・・?!! ↑伊勢の最初の斎宮であり、ヤマトタケルの叔母・倭姫命(やまとひめのみこと)をお祭りする倭姫宮〜熊襲健と出雲健征伐を終えて、大和に帰ってきたヤマトタケルノミコト〜さて、クマソタケルとイズモタケルを征伐して、 ... » more
テーマ 古事記 もも

女装の元祖ヤマトタケルの熊襲と出雲征伐の話〜現代において女装家が活躍する理由とは・・・!? 〜日本武尊(ヤマトタケル)の熊襲征伐〜さて、オウスノミコト一行が熊襲健(クマソタケル)の家に到着してご覧になると、家の周りを軍隊が三重に囲んで、家の周囲を塞いでいました。そして、近所で情報収集をしていると、クマソ ... » more
テーマ 古事記 もも

荒々しい神スサノオに似ている”ヤマトタケル”が、熊襲退治に行くまでの話とは 〜第12代・景行天皇の皇子、オオウスノミコトとオウスノミコト(ヤマトタケル)〜さて、第12代・景行天皇は或る時、美濃の国造の祖先、神大根王(カムオオネノミコ)の娘で、名は兄比売(えひめ)・弟比売(おとひ め)と云う二人の ... » more
テーマ 古事記 もも

 

最終更新日: 2016/12/03 03:21

「古事記」のブログ関連商品

» 「古事記」のブログレビュー をもっと探す

「古事記」ブログのユーザランキング

Ban'ya 1 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る