誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大崎善生

大崎善生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大崎善生」のブログを一覧表示!「大崎善生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大崎善生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大崎善生」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

吉川英治文学新人賞受賞作と書いてありますね,この本は青春小説に分類されるようです.この大崎さんの作品を初めて読んだのですが,もと棋士(?)で奥さんも女流棋士だそうで,『聖の青春』などの著作もあるようです.初めて知りました.エ ... » more

「パイロットフィッシュ」大崎善生 ☆あらすじ☆人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない。“別れ”に涙を流したことのあるすべての人に捧げる、愛しくせつない、至高の青春小説。 パイロットフィッシュ (文芸シリーズ)角川書店 大崎 善生 Amazonアソシエ ... » more
テーマ 大崎善生

『ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶』大崎 善生 / 新潮社『キャトルセプタンブル』 『容認できない海に、やがて君は沈む』 『ドイツイエロー』 『いつか、マヨール広場で』 の4 ... » more

覗き込めば何処迄も続いている暗闇の螺旋。其の虚無から目を背けながら生き様としていた。そうしなければ、自分に纏わる事の全てが其の中に吸い込まれかねない事を知っていたからである。宇宙は消滅する。若し、其の感覚を簡潔に言葉で述 ... » more
テーマ 大崎善生 本。  コメント(2)

パイロットフィッシュ 「人は一度巡り合った人と二度と別れることは出来ない。」という一文からこの物語は始まる。『パイロットフィッシュ』大崎善生(角川文庫)ある日、主人公「山崎」のもとにかかってきた一本の電話。それは19年前に別れた恋人「由希子」 ... » more
テーマ 大崎善生

夢見本棚。孤独か、それに等しいもの
孤独か、それに等しいもの 『孤独か、それに等しいもの』大崎 善生/角川書店*八月の傾斜*だらだらとこの坂道を下っていこう*孤独か、それに等しいもの*シンパシー*ソウルゲージ の5編からなる短編小説。 この人の文章は ... » more

夢見本棚。パイロットフィッシュ
パイロットフィッシュ 『パイロットフィッシュ』大崎 善生/角川書店少し悲しさとか、 せつなさを含んだ、透明感のある文体。 哲学的な言葉や、考えも組み込まれていたり 題名と内容との結びつきも、とても綺麗で 心の深い所 ... » more
テーマ 大崎善生 小説

明日の珍道中は集合時間が新宿7:45間に合うか非常に不安。と言う訳でネタがない日は本。春樹チックなのは前回読んだ九月の四分の一と同様だけど、まあまあ面白いんじゃない?パイロットフィッシュ出版社/著者からの ... » more

おっちゃんの備忘録九月の四分の一
春樹チックな文章はすごくチープに感じると言うか、あんまり読みたくない。と思うはずだが、そんなに嫌じゃない。でも似てる。でもいいかも。僕で始まっても、ビール飲んでも、音楽のネタが多くても、、面白かったんだからいいじゃん。 ... » more

優しい子よ 大崎善生 講談社 ドキュメンタリーと小説・・。その違いはどこにあるのだろうか。そんな事を考えながらこの小説を読んでいた。この本に納められた4編の小説は、どれも実話も元にしたもの。元々ドキュメンタリーからこの世界に入られた作者であり、この物語も ... » more

「想い」がぎゅっと凝縮されたような感じ。大事件が起こるわけでもなく、ただ淡々と時は流れ、人と人との交流を丁寧に描いているだけなのですが、それこそがこの小説のテーマなのでしょう。ちょっとご都合主義?というようなところもあるけれど、三流の推理小 ... » more
テーマ 大崎善生

「聖の青春」 大崎善生 小説ミニレビュー。ブログに再アップ。「聖の青春」大崎善生講談社文庫点数:魚魚魚(感想)命を削って必死に名人を目指す姿は感銘を受けますね。とぼけたキャラクターとは裏腹に、その内側に秘める名人や将棋に掛ける執念が ... » more

まずは、内容の紹介から。≪人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。記憶の ... » more
テーマ 読書 大崎善生

 

最終更新日: 2016/12/03 02:49

楽天市場のおすすめ商品

「大崎善生」のブログ関連商品

» 「大崎善生」のブログレビュー をもっと探す

「大崎善生」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る