誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    冲方丁

冲方丁

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「冲方丁」のブログを一覧表示!「冲方丁」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「冲方丁」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「冲方丁」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【裏街・色街「アウトロー読本」】  ある日突然、妻へのDV容疑で逮捕され… 裏街・色街「アウトロー読本」ある日突然、妻へのDV容疑で逮捕され…日刊ゲンダイ2016年9月24日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/190387「冲方 ... » more
テーマ 冲方丁のこち留こちら渋谷警察署留置場 冲方丁 裏街・色街「アウトロー読本」

決戦シリーズ。話題が川中島に絞られるために、重複してくる部分があるが、それがまた妙に面白い。七人の作家によるアンソロジー。楽しめた。次は「桶狭間」だそうです。☆四つ半です。 ... » more
テーマ 冲方丁  コメント(4)

妻へのDV容疑で逮捕された作家・冲方丁が独占手記を発表。警察と検察への怒りと疑義 妻へのDV容疑で逮捕された作家・冲方丁が独占手記を発表。警察と検察への怒りと疑義[週プレNEWS2015年11月30日]http://wpb.shueisha.co.jp/2015/11/30/57464/ 大きな ... » more
テーマ 週プレNEWS 冲方丁 手記

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE/冲方丁 以前電撃文庫で発行されたものの加筆修正+RIGHT OF LEFTのシナリオを追加収録したもの。どこが変わったのかというのは、手元に以前の本がないため比較の仕様がないのだけど、ROL脚本も含めなんだか懐かしい気分で読んでいた。 ... » more
テーマ 読書 冲方丁

ブワッと総毛立つような感慨を受ける、義に生きた武士の生涯の物語でした。テレビドラマの影響で好々爺のイメージが強い水戸光圀ですが、本作で受ける印象は鮮烈な凜気をほとばしらせる文武両道の美丈夫。もちろん、水戸黄門のイメー ... » more

マルドゥック・フラグメンツ/冲方丁 『マルドゥック・スクランブル』『ヴェロシティ』、そして第3部『アノニマス』刊行開始から8年を経て、コミック化、劇場アニメ化と、なお広がりをみせるマルドゥック・シリーズ。本書ではバロット、ウフコック、ボイルドの過去と現在、そして未 ... » more

『マルドゥック・スクランブル 排気』のチラシ 第三部『マルドゥック・スクランブル 排気2012年9月29日公開予定)』“Mardock Scramble The Third Exhaust”Animated Flyersココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw ... » more
テーマ 冲方丁 ハヤカワ文庫 工藤進

風のない場所天地明察/冲方丁
天地明察/冲方丁 徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生ま ... » more
テーマ 読書 冲方丁

「天地明察」(冲方丁著)を読み終えて人間、やはり「気力」と言う物が如何に大切か。最近の私は、仕事に追われ「気力」が失せてしまっていた為、ブログは更新しないは、競馬ではG1連続5連敗中といいことが無い。「やる気」「元気 ... » more

『マルドゥック・スクランブル 燃焼』のチラシ 『マルドゥック・スクランブル 燃焼 (2011年9月3日公開予定)』“Mardock Scramble The Second Combustion”Animated Flyersココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw ... » more
テーマ GoHands 冲方丁 ハヤカワ文庫

微睡みのセフィロト/冲方丁 〈『マルドゥック・スクランブル』の原点 傑作SFハードボイルド、待望の復刊〉300億の微細な立方体に混断された男。世界連邦保安機構の捜査官パットは、第四次元感応者の少女ラファエルと捜査を開始するが……□ ... » more

江戸、四代将軍家綱の時代の碁打ち、数学者の渋川春海の改暦事業を描いた大河小説 天地明察 冲方丁 読ませてくれますこの小説。江戸前期の改暦を成し遂げた渋川春海という碁打ちにして数学者の半生を描いてます。500ページ近くの分厚い小説ですが、苦にならない面白さ。あっという間に、とはさすがにいきませんでしたが、どんどん引き込まれま ... » more

日本独自の暦(こよみ)を作った渋川春海を書き2010年本屋大賞を受賞した冲方丁著「天地明察」を読む 表題の本(角川書店)が面白いと聞いたので浦安市図書館からの貸し出しをインターネットで申し込んだところ保有する20冊全てが貸し出し中で350人の予約待ちと分かりました。急ぐ必要は全くないのですがせっかちな性分なので仕方なく1890円を払い本屋 ... » more

天地明察、読了。とりあえず、傑作には違いなし。冲方作品の入門としてもいいんじゃないでしょうか。少なくとも、ラノベになじみがない人がまず手を出すとしたら、これしかないでしょう。と同時に、冲方作品全体の中で位置づけると、これ ... » more

すでに購入しわが家にある、冲方丁さんの新作『天地明察』。なんか、すごい評判いいみたいです。とうとう冲方さんの真価が世間にも認められたか。にしてもそんなに面白いのなら、こりゃ読んでみるのが楽しみだ――。とはならず、ベタ褒めコメント ... » more

久々にアニメのナルトを見て、エンディング。なんだこの学園ナルトw面白そうじゃないか。できればゲームばかりじゃなく、アニメの話題とかもしたいところですが、諸般の事情によりちょっと難しかったりします。なので、あちこちで聞きかじっ ... » more

「マルドゥック・スクランブル」の続編。主人公は「マルドゥック・スクランブル」の敵であったディムズデイル=ボイルド。彼の、研究所の解体〜マルドゥック・スクランブル−09設立〜失墜まで活躍を描く。マルドゥック・スクランブル−09 ... » more
テーマ 読書 冲方丁

「マルドゥック・スクランブル(全3巻)」冲方丁著 主人公の名は通称バロット。15歳の少女。バロットとは孵化する前の鶏の雛を卵ごと煮た料理の名に由来する。そんな名が付けられたチョットなまめかしい理由はキモのひとつなので伏せておく。本作はSFガジェットとドロドロのアクションを駆使することによ ... » more

マルドゥック・スクランブル三部作の完結編、「マルドゥック・スクランブルThe Third Exhaust―排気」冲方丁(ハヤカワJA文庫)です。長かったカジノでのギャンブルでの対決の決着が着き、最強の敵であるボイルドとの最終対決です ... » more

マルドゥック・スクランブル2作目の「マルドゥック・スクランブルThe Second Combustion―燃焼」冲方丁(ハヤカワ文庫JA)です。この巻は前半は特殊な科学技術であるスクランブル−09というものがどういうものか分かってき ... » more

SF物ですが、「マルドゥック・スクランブルThe First Compression―圧縮」冲方丁(ハヤカワ文庫JA)を読みました(三部作一作目)。この本を読むきっかけとなったのはたまたま本屋で見つけた「冲方式ストーリー創作塾」(宝島社)を ... » more
テーマ SF 冲方丁

空澄和です。何だか昨日のテーマは1回だけでは足りないようでしたし。考えてみると、私なりのシナリオの書き方を、並べて考えて反省とかしてみようとか。そういうのをやってないな、と。というわけで。昨日の続きということで。 ... » more

空澄和です。何だかずっと読んだ本の紹介しかしてないような気がします。……まあいいかと自己判断します。さて、今日の紹介は(いいのか)こちら。冲方式ストーリー創作塾数々のメディアでヒット作を仕掛けている「冲方 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 02:46

「冲方丁」のブログ関連商品

» 「冲方丁」のブログレビュー をもっと探す

「冲方丁」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る