誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本屋大賞

本屋大賞

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本屋大賞」のブログを一覧表示!「本屋大賞」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本屋大賞」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本屋大賞」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

シューマンの指  本屋大賞の候補です シューマンの指評価☆☆☆☆奥泉光講談社これもまた本屋大賞の1冊。昨年、話題になっていたから、読んでいる人も多いんじゃないかしら。悲劇の作曲家シューマンをからめた推理小説です。文学とか歴史とかと絡めた名作推理は多い ... » more

ストーリー・セラー 2011年本屋大賞ノミネート作品 ストーリー・セラー評価☆☆☆☆有川浩新潮社昨日の「キケン」について、2011年の本屋大賞の中にノミネートされた有川浩さんの作品。極甘の恋愛モノの面を代表したのが、この「ストーリー・セラー」。もともとは「ストー ... » more
テーマ 読書 本屋大賞 小説・有川浩  トラックバック(1)

キケン 2011年本屋大賞候補です キケン評価☆☆☆☆有川浩新潮社そろそろ本屋大賞の本を書かないと……。2011年の本屋大賞の中で唯一、2作品ノミネートされた有川浩さん。図書館戦争シリーズが代表作ですが、この本こそ、有川さんの2つの特徴がつまってま ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・有川浩  トラックバック(1)

2011年 本屋大賞 ノミネート作品 発表 1/25、2011年(第8回)本屋大賞ノミネート作品が発表になりました。今回ノミネート作品として発表されたのは、2010年11/1〜2011年1/10の1次投票で選ばれたもののうちの上位10作品。その中から、2/28までの2 ... » more
テーマ 本屋大賞

番外・2011年本屋大賞のノミネートが発表されましたね 番外・2011年本屋大賞のノミネート作評価☆☆☆☆木内昇集英社よくよく振り返ると、1月はいつも忙しいんです。その最大の理由は、本屋大賞のノミネート作が発表されるから!(直木賞の発表が1月にあり、11月のノーベ ... » more

山田神様のカルテ
神様のカルテ 夏川草介著「神様のカルテ2」を読んだ。「1」はすでに前に読んだ。17日に書いた「雪かき」の最後の方で少しふれた。作年の本屋大賞2位の作品。私が自分で選んで買った本ではない。姪の中学3年の娘がかしてくれたから読んだ。そうでなければ買わない ... » more

天地明察 2010年本屋大賞 映画にもなるんですね 天地明察感想☆☆☆☆冲方 丁角川書店本屋大賞の候補作第2弾は冲方 丁さん(うぶかたとう)の「天地明察」。江戸時代、徳川家綱の時代の歴史小説なんですが、まったく戦闘場面がないんです。大名の戦もないし、切 ... » more

1/20、2009年(第6回)本屋大賞ノミネート作品が発表になりました。ちなみに2008年(第5回)本屋大賞受賞作品についてはこちらをどうぞ。今回ノミネート作品として発表されたのは、2008年11/1〜2009年1/12の1 ... » more
テーマ 本屋大賞

本屋大賞ノミネート作品 2009年 番外 本屋大賞ノミネート作品2009年本屋大賞のノミネート作品が発表される時期になりましたね。2009年の候補作品は直木賞受賞作やドラマ化された作品も入っていて、もう売るだけ売ってしまったような本が多い気がしました。 ... » more
テーマ 読書 本屋大賞

サクリファイス サクリファイス近藤史恵評価☆☆☆☆新潮社2008年の本屋大賞の2位になった「サクリファイス」をやっと読めました。2位になっただけの迫力がある内容で、自転車のロードレース、という世界も新鮮。優勝を目指すエースと、 ... » more

4/8、2008年本屋大賞が発表になりました。ノミネート作品についてはこちらをどうぞ。第5回目にあたる今回の本屋大賞受賞作は、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』(新潮社)でした。伊坂さんが住んでいる仙台を ... » more

2008年本屋大賞はゴールデンスランバー 2008年本屋大賞はゴールデンスランバー個人的にはいまや、直木賞よりも芥川賞よりも面白い本屋大賞。2008年本屋大賞が今日、発表されましたね。大賞受賞は、予想どおりというか、伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」。 ... » more

ゴールデンスランバー 2008本屋大賞受賞しましたね ゴールデンスランバー伊坂幸太郎評価☆☆☆新潮社ゴールデンスランバーはビートルズの曲からでした。さらに、元はマザーグースの「ゴールデンスランバー」にあるそう。「黄金のうたたね」という意味でしょうか?のどかな感じ ... » more

映画篇金城 一紀集英社評価☆☆☆「映画篇」というタイトルどおり、映画をテーマにした短編5編が少しずつ重なりながら、最後にピタッとはまる構成です。2008年本屋大賞ノミネート作だけの楽しさが十分、満喫できる作品 ... » more

八日目の蝉 八日目の蝉角田光代中央公論新社評価☆☆☆2008年本屋大賞ノミネートの「八日目の蝉」です。角田さんの話はどこか暗く、あまり読まなかったんですが、ノミネートということで読んだ次第ですがやっぱり暗く、奇妙。 ... » more

1/21、2008年(第5回)本屋大賞ノミネート作品が発表になりました。ちなみに2007年(第4回)本屋大賞受賞作品についてはこちらをどうぞ。本屋大賞とは、「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本」というサブタイトルに表され ... » more

2008年本屋大賞のノミネートでましたね2008年の本屋大賞のノミネートが発表されましたね。一番、面白い本がそろうのは最近は本屋大賞ぐらいになってしまいました。今回のポイントは直木賞をとったばかりの桜庭一樹さんが ... » more

有頂天家族森見登美彦幻冬舎評価☆☆☆☆☆「夜は短し歩けよ乙女」の森見さんが再び京都を舞台に書いた奇天烈な小説です。なんと主人公は狸。でも、狸は人に化けて、人は天狗になって、天狗は人に惚れて…という不思 ... » more

鹿男あをによし万城目学幻冬舎評価☆☆☆☆「鹿男あをによし」と何を指しているのだか、さっぱりわからないタイトルが魅力の一つ。前作の、京都を舞台にした「鴨川ホルモー」もタイトルだけだとさっぱりだけど、読んでみると ... » more

風が強く吹いている感想☆☆☆☆三浦しをん新潮社本屋大賞の候補作をまた読みました。対象を取った「一瞬の風になれ」と同じく陸上競技をテーマにした小説ですが、ショートスプリントの「一瞬の風になれ」に対して、「風が強く吹いて ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・三浦しをん  コメント(2) トラックバック(6)

4/5に第4回本屋大賞が発表になりました。(本屋大賞ノミネート作品についてはこちら。)大賞受賞作品は、佐藤多佳子さん『一瞬の風になれ』全三巻。本屋大賞のHPでは、順位や授賞式の模様などを紹介しています。著者である佐藤 ... » more

本屋大賞が決定  大賞は……一瞬の風になれ 本屋大賞は「一瞬の風になれ」2007年本屋大賞が決まりましたね。本屋大賞『一瞬の風になれ』佐藤 多佳子 さん(講談社) 475.5点「1巻一瞬の風になれイチニツイテ」「2巻一瞬の風になれヨウイ」「3巻一瞬の風にな ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・佐藤 多佳子

レインツリーの国 図書館内乱の小道具ですが レインツリーの国感想☆☆☆有川浩新潮社図書館戦争シリーズの第2部、図書館内乱の中に登場してくる本「レインツリーの国」。小牧幹久副班長と、幼馴染の中途難聴者、中澤毬江が中心人物となる「恋の障害」ですごい小道具で使わ ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・有川浩  トラックバック(1)

図書館危機 再び戦闘へ 図書館危機感想☆☆☆☆有川浩メディアワークス図書館シリーズ3作目です。今回は、全体を通して大きな事件がありまして、1巻のような派手な戦闘シーンも。中休み的だった2巻とはだいぶ深まった印象です。人気blogラン ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・有川浩  コメント(2) トラックバック(3)

図書館内乱 図書館の戦いの連作 図書館内乱感想☆☆☆☆有川浩メディアファクトリー「図書館」シリーズの第2巻です。図書特殊部隊として、メディア良化委員会と戦う、というすごい設定はそのままで自作へ。前作「図書館戦争」が(「図書館戦争」の紹介はこちら) ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・有川浩  トラックバック(3)

図書館戦争 図書館でラブコメ戦争?? 図書館戦争感想☆☆☆☆有川浩メディアワークス近未来の図書館を舞台にしたSFコメディ??図書館シリーズとして、注目されているシリーズをようやく読めました。この本も「本屋大賞」ノミネート作。今週は、本屋大賞ばっか ... » more
テーマ 本屋大賞 小説・有川浩  トラックバック(5)

一瞬の風になれ ドン 本屋大賞が楽しみ 一瞬の風になれ感想☆☆☆☆☆佐藤多佳子講談社「一瞬の風になれ」の第3部「ドン」。3日つづけての紹介ですが、「一瞬の風になれ」というタイトルにずっと込められていた思いが爆発する最終部。主人公の努力系スプリンター、神谷新 ... » more
テーマ 小説・佐藤多佳子 本屋大賞  トラックバック(1)

一瞬の風になれ ヨウイ 春野台高校2年目 一瞬の風になれ感想☆☆☆佐藤多佳子講談社「一瞬の風になれ」の第2部「ヨウイ」努力家のランナー、神谷新二と天才スプリンター、一ノ瀬連。第1巻では、中学卒業から高校1年まででしたが、第2巻は、1年のオフシーズンから、 ... » more
テーマ 小説・佐藤多佳子 本屋大賞  トラックバック(4)

一瞬の風になれ イチニツイテ 2007年本屋大賞です 一瞬の風になれ感想☆☆☆佐藤多佳子講談社「一瞬の風になれ」高校陸上部の短距離選手を主人公にした小説にピッタリのタイトル。今度、国分太一君主演で公開される映画「しゃべれどもしゃべれども」(以前の感想にリンクしていま ... » more
テーマ 小説・佐藤多佳子 本屋大賞  トラックバック(1)

名もなき毒 毒の複雑な意味 名もなき毒感想☆☆☆☆宮部みゆき幻冬舎やっと読みました、「名もなき毒」。杉浦三郎さんが主人公になる「誰か」の続編だったとはつゆ知らず。前作「誰か」の事件の話や、人物設定などがかなり引き継がれているので、未読の方は ... » more
テーマ 小説・宮部みゆき 本屋大賞  コメント(2) トラックバック(16)

 

最終更新日: 2016/12/10 02:49

「本屋大賞」のブログ関連商品

» 「本屋大賞」のブログレビュー をもっと探す

「本屋大賞」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る