誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    作法

作法

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「作法」のブログを一覧表示!「作法」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「作法」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「作法」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

つづれ折りの坂道から小説を書く
小説を書くことは、そんなに難しいことではありません。ただし、それが作品として世に出るかとなれば、途端にハードルは高くなります、それももの凄く……。原稿用紙で350〜500枚くらいは書けないといけません。また、当たり前のこ ... » more
テーマ 第二作 作法 小説

それ、そこ。 何が嬉しいって、勝った負けたや順位もさることながら、娘の所作が うつくしかったこと。その、対局姿勢やマナーを褒めてくださる方が大勢いらっしゃったこと。それ、Twitterで呟いてくれたスタッフさんや、直接、会場 ... » more

末広がりな日 昨年も参加し大満喫した、日本レストラン協会さん主催[親子食味体験学習会]、今年も参加してます。昨年の記事はこちら http://mamasansyatyou.at.webry.info/201307/artic ... » more

(^_-)-☆バサバシって 1718インドネシア語でBasa-basi(バサバシ)って、何でしょうか。日本人に音声からは、想像できない意味です。礼儀とか躾、作法といったような意味です。Tanpa Basa-basiといった具合に使います。昨日の常識はTanpa ak ... » more
テーマ 作法 道徳 礼儀

江戸風鈴作ったり 日本レストラン協会さん主催で白金[八芳園]内の料亭[壺中庵]さんで、食事作法のお勉強&江戸風鈴作りを親子で体験してきました。職人さんがひとつひとつ吹いてくださった風鈴に絵付けをして、それを乾かしている間に ... » more

ではどのような作法があるのかということですがまずは神社について考えましょう。神道は「清さ」を非常に重視する宗教ですので神社に入る前に「清め」をするように取り決められています。 ... » more

神社・仏閣を巡るのが趣味と言う人が増えてきていますがそれに伴ってそれぞれがマナーを守ることも急務になってきています。やはりもともとは宗教施設ですので真剣に求道している方も ... » more

magnoriaお茶会話
今日お茶会をやったら、税務署の職員をされていたという方が、「僕は愛知の西尾市の税務署にいたんだけどあそこは抹茶の産地で工場を見学したこともあるし、お茶室もあるんだよね」、という話をしてくださったり、支所の職員の方が「僕は弓道をやっていたので ... » more

手水舎で清めてから・手水の作法 神社に行ったときは、手水舎で清めてから参拝しましょう。【手水の作法】1.柄杓に水をたっぷりすくい、まず左手を洗う(清める)。2.柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗う(清める)。3.柄杓を右手に持ち替 ... » more
テーマ 作法 寺社 旅行

神社参拝の作法  第1回 第1回目の今回は、参拝する前に身を清めるために行う「手水」の作法をご紹介します。神社に参拝されますとお分かりになると思いますが、参道に手水舎という水の出ている所がございます。参拝前に手と口を漱(すす)ぐために設けられており、簡略化された身禊 ... » more
テーマ 手水 作法 神社

When in Rome, 学校が短縮授業になって、いよいよ夏休みも近いですね!お友達とも招き招かれ…、、、、、、、、、、、、子どもだけお預けするときは、ご挨拶やお行儀がきちんとできているかしら、ってちょっぴり気になります。一度、こんなことがありま ... » more

「「ビジネスマナー入門〈第2版〉」梅島みよ・土舘祐子(日経文庫)」読みました! 「ビジネスマナー入門〈第2版〉」梅島みよ・土舘祐子著(日経文庫)を読みました。最近「仕事をすすめる上でのマナー」について話をする機会があったので、準備を兼ねて読みなおしてみたものです。1988年8月に1版1刷が出て、2004年6月に2版 ... » more
テーマ 人生 作法 会社

「「日本語の作法」外山滋比古(日経BP社)」読みました! 「日本語の作法」外山滋比古著(日経BP社)を読みました。外山滋比古(とやましげひこ)さんは、1923年愛知県生まれの英文学者、評論家、エッセイスト。「日経ビジネスアソシエ」の2005年10月4日号から2008年7月1日号までに掲載さ ... » more
テーマ 日本語 作法

「「映画を見ると得をする」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 「映画を見ると得をする」池波正太郎著(新潮文庫)を読みました。池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。(1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)1980年(昭和 ... » more

「「男の作法」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 「男の作法」池波正太郎著(新潮文庫)を読みました。池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。(1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)1981年(昭和56年)4月 ... » more

Adversaria!! (Note)私の文章
アタシの文章はどうやら冗長が多いようだ。とにかく同じ言葉が何回もも出てくるようだ。こういうのは書いて書いて書きまくって訓練するしかないのだろうか?まあ、これからデスマーチ的に文章を書かなくては成らないから鍛えられるっか! ... » more
テーマ アビリティ 作法

カプチーノのおいしい飲み方? 大好きなカップッチーノ大学に留学に来ていたイタリア人から、おいしい飲み方を教わったものの、なんだか小恥ずかしくて未だに一度も試していない。特に、フォーマルな席ではできそうにない。彼が ... » more

招く阿呆に招かれる阿呆 金柑が煮えました。梅干しと一緒にお持ちしますね。皆でテイクアウトディッシュも買い。(昨日のブログ参照〜('-^*)/)招く側、招かれる側、それぞれに気を遣いますが、なんだかんだいって招く側の方が ... » more

たとう紙と水引で たとう紙と水引で長子がのし袋を作ってくれました。小笠原流礼法で習って以来、時々こうして作ってくれます。正月の集まりで本家へ行く際、両親へのお年玉に使わせてもらいます。さて、明日の大晦日から三が ... » more

離乳食についてもうひとつ考える 以前[離乳食について考える]では、"できるだけ一緒に「いただきます」をして共に団欒を”というようなことを書いたのですが、もうひとつ、離乳食に限らず子どもの食事に関して私が気を付けていることがあります。それは、“で ... » more

嫁入り前に〜和作法1〜 結納を終え反省したRAVです・・・・・・ぜんぜん和の作法をしらない・・・・・・恥ずかしい思いをしました。以前より作法を学びたいと思っていましたがなかなか教えてくれる方が見つからず・・・結納 ... » more

「「日本の正しい礼儀作法」H・モルシュバッハ著、松尾貴史監修、宮本俊夫訳(大和書房)」読みました! 「外国人だけが知っている日本の正しい礼儀作法」ヘルムート・モルシュバッハ著、松尾貴史監修、宮本俊夫訳(大和書房)を読みました!これから日本を訪問する外国人のために、日本で楽しくすごすための日本の伝統的礼儀作法を説明した本だそうだが、日本 ... » more
テーマ 品格 作法 日本

 

最終更新日: 2016/12/03 02:20

「作法」のブログ関連商品

» 「作法」のブログレビュー をもっと探す

「作法」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る