誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌劇

歌劇

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌劇」のブログを一覧表示!「歌劇」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌劇」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌劇」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

 ラムダ音楽日記「リゴレット」を録画
BSプレミアムで放送された、ヴェルディの歌劇「リゴレット」を録画しました。これは、9月におこなわれたミラノ・スカラ座の日本公演です。歌手たちは、わたしが知っている人はいないようですが、指揮は、最近急成長中ののグスターボ・ドゥダメルです。 ... » more

BSプレミアムで放送され録画した、モーツァルトの歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」を編集しました。普通なら、編集しましたではなく、DVDを作りました、となるはずでした。もちろん、そのつもりで編集を始めました。ところが、最初のチャプターを分割 ... » more

新国立劇場「フィガロの結婚」なんといってもスザンナ役の久嶋香奈枝 2013年10月23日午後6時半〜9時45分の新国立劇場『フィガロの結婚』を鑑賞。このオペラの真の主役は誰か、そんな問いかけをしながら鑑賞するのも面白い。モーツァルトの歌劇の多くは大掛かりな舞台装置は不要なので、奇を衒った演出もあまり見か ... » more

BSプレミアムで放送された、モーツァルトの歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」を録画しました。この公演は、2013年6月15日に新国立劇場で収録されたもので、イヴ・アベル指揮東京フィルの演奏です。歌手は、ほとんどが外国人ですが、名前を知ってい ... » more

歌劇「リゴレット」ヴェルディの世界にのめり込む 10月12日(土)14時〜16時30分、新国立劇場の「リゴレット」を鑑賞。新国立劇場で2回目だが、前回とは異なる演出。場面は現代のホテルというものの、違和感はない。原作は、ヴィクトル・ユゴーの『王は楽しむ』だという。演劇はいったん上演さ ... » more

 ラムダ音楽日記「パリのヨシ笈田」
きょうの朝日新聞夕刊に、笈田ヨシさんのことが載っていました。わたしは、笈田さんの名前を、先日、DVDを作って見た、パリ・オペラコミックにおける公演のビゼーの歌劇「真珠採り」の演出で、初めて知りました。ただ、そのときは名前だけでしたが ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、スイスのバーゼル歌劇場の「フィガロの結婚」についての記事が載っていました。バーゼル歌劇場は、初来日だそうです。この「フィガロの結婚」は、「舞台を完全に現代に移」しているそうです。最初のあたりにそう書かれていたので ... » more

世界初演の『夜叉ヶ池』(新国立劇場)、優れた素材、成長を期待 6月29日(土)14時〜16時20分の『夜叉ヶ池』を鑑賞した。 6月6日(木)早朝のラジオで作曲家の香月修氏の話を聞いた。「“和の心”でオペラを創る」というもので、かなり前からオペラを創るなら泉鏡花のこの作品でと決めていたのだと ... » more
テーマ 文学 歌劇 オペラ

ビゼーの歌劇「真珠採り」第3幕を見ました。これは、2012年6月のパリ・オペラコミックにおける公演です。出演者や指揮者は知らない人ばかりですが、演出は笈田ヨシさんという日本人です。あらすじは次のようなものです。場所は、天幕の中そして ... » more

ビゼーの歌劇「真珠採り」第2幕を見ました。これは、2012年6月のパリ・オペラコミックにおける公演です。出演者や指揮者は知らない人ばかりですが、演出は笈田ヨシさんという日本人です。あらすじは次のようなものです。場所は、荒れた寺院です ... » more

少し前にDVDを作った、ビゼーの歌劇「真珠採り」第1幕を見ました。これは、2012年6月のパリ・オペラコミックにおける公演です。出演者や指揮者は知らない人ばかりですが、演出は笈田ヨシさんという日本人です。あらすじは次のようなものです ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、ミラノ・スカラ座来日公演の大きな広告が載っていました。夕刊のなかほどの全面広告で、文字も写真の大きいので、とても目立ちました。ハーディング指揮で「ファルスタッフ」、ドゥダメル指揮で「リゴレット」が上演されるのです ... » more

キャンプ場で楽しむ新国立劇場「コジ・ファン・トゥッテ」 6月15日(土)は、2週間を置いて、再び新国立劇場、今回の演目は、モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」。このオペラ、小さな劇場でも演じることができ、初めて観たのは、デュッセルドルフの行政管区の庁舎の中の講堂。州政府が外国人を含め関係者を ... » more

ビゼーの歌劇「真珠採り」のDVDを作りました。これは、録画してあったカラヤンのドキュメンタリーのあとに入っていたもので、わたしは意識していなかったのですが、ビゼーの出世作といわれる歌劇だそうですから、DVDを作ることにしました。これ ... » more

現代の舞台に違和感なし 合唱団が真骨頂“ゆけ、わが思いよ” 新国立劇場「ナブッコ」(ヴェルディ) 6月1日(土)14時〜16時半(休憩25分含む)は新国立劇場でヴェルディの歌劇『ナブッコ』。会場を訪れると幕は開いていて、なんとそこには、海外大型拠点空港のショッピングセンターを思わせる光景。確かにオリジナルの舞台年代設定は、古代。バビ ... » more
テーマ 歌劇 オペラ

きょうの新聞の広告を見ていて、モーツァルトの歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」を見てみたいと思いました。きょうの朝日新聞には朝刊・夕刊ともにクラシック音楽の広告がたくさん載っていました。そのなかでわたしが気になったのは、新国立劇場の「コシ・ ... » more

 ラムダ音楽日記ベトナムで「夕鶴」
きょうの朝日新聞別冊GLOBEに、本名徹次さんが、ハノイで「夕鶴」が上演されたことを書いていました。本名徹次さんは、ベトナム国立交響楽団の音楽監督兼首席指揮者で、朝日新聞のアート特派員をしているようです。「夕鶴」が上演されたのは、日 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、フェニーチェ歌劇場の来日公演の記事が載っていました。フェニーチェ歌劇場の来日公演のことは、以前にも何回か記事になったことがあったと思います。今回の記事でも、中心は「オテロ」のことですが、その「オテロ」についても記 ... » more

新国立劇場『魔笛』初日 オール日本人キャスト、パパゲーノの萩原潤が光る、総じてバランスも良く 4月14日(日)午後2時〜5時5分の新国立劇場の歌劇公演『魔笛』、新国立劇場といえば、日本人作品以外は外国人ソリストがメインを占めるのが通例となっていたが、今回は、オール日本人キャストによる公演である。『魔笛』は、子供でも楽しめることを ... » more

先日DVDを作った、R.シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」第2部を見ました。第2部が、歌劇「ナクソス島のアリアドネ」そのものというべきなのでしょう。「ナクソス島のアリアドネ」は、初め「町人貴族」(モリエール原作)の劇中劇として ... » more

先日DVDを作った、R.シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」第1部を見ました。第1部は、歌劇「ナクソス島のアリアドネ」というよりも、演劇「町人貴族」というべきかもしれません。というのは、「ナクソス島のアリアドネ」は、初め「町人貴 ... » more

先日録画した、サヴァリッシュ指揮のワーグナーの楽劇「ワルキューレ」のDVDを作りました。「ワルキューレ」は、DVDを2組持っているので、DVDを作るかどうかは、見てから決めようと思っていましたが、なかなか見る時間もなく、サヴァリッシュの ... » more

展開の微妙さを楽しむ歌劇「アイーダ」(新国立劇場開場15周年記念公演) 3月24日(日)歌劇「アイーダ」を観た(14時〜18時)。この演目、新国立劇場開場15周年記念公演なのだという。前回も10周年記念公演だった。演出は前回同様にゼッフィレッリなのだが、その豪華さと完成度はさすがだ。第2幕第2場の凱旋の場が ... » more

先日DVDを作った、歌劇「ナクソス島のアリアドネ」のジャケット用の写真をさがしていて、ザルツブルク音楽祭のサイトを訪問しました。ザルツブルク音楽祭のサイトがあるとは思っていなかったので、さがしに行くことなどは考えていなかったのですが、た ... » more
テーマ 歌劇 DVD 写真

先日録画した、R.シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」のDVDを作りました。これは、2012年7月〜8月にかけてのザルツブルク音楽祭2012の公演です。出演は、アリアドネがエミリー・マギー、ツェルビネッタがエレーナ・モシュク、バ ... » more

BSプレミアムで放送された、サヴァリッシュの追悼番組の一つワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を録画しました。これは、1989年11〜12月に収録された、サヴァリッシュ指揮バイエルン国立歌劇場による公演です。いろいろ調べてみたところ、演出に ... » more

BSプレミアムで放送された、R. シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」を録画しました。これは、2012年7月〜8月にかけてのザルツブルク音楽祭2012の公演です。出演は、アリアドネがエミリー・マギー、ツェルビネッタがエレーナ・モ ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、ヴェルディとワーグナーの生誕200周年についての記事のような全面広告が載っていました。ハンガリー国立歌劇場、トリノ王立歌劇場などの広告が載っているのですが、指揮者の西本智美さんが、ヴェルディとワーグナーについて語 ... » more

年末に放送され、DVDを作ったミラノ・スカラ座によるワーグナーの歌劇「ローエングリン」をようやく見ました。わたしは、「ローエングリン」を2011年夏のNHKの放送(DVDも作りました。)で初めて見ました。それは、バイロイト音楽祭の公演で ... » more

 ラムダ音楽日記グレゴリー・クンデ
きょうの朝日新聞夕刊に、フェニーチェ歌劇場の来日公演の記事が載っていて、そのなかでオテロを歌うグレゴリー・クンデのことが大きく取り上げられていました。クンデは、ことし59歳になるはずですが、若いころはベル・カント唱法に合ったロッシーニや ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 17:41

楽天市場のおすすめ商品

「歌劇」のブログ関連商品

» 「歌劇」のブログレビュー をもっと探す

「歌劇」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

プッチーニ:歌劇≪ラ・ボエーム≫ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル プッチーニ:歌劇≪ラ・ボエーム≫ [DVD]
ユニバーサル ミュージック フレーニ(ミレッラ)

プッチーニ:歌劇《ジャンニ・スキッキ》グラインドボーン音楽祭2004 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル プッチーニ:歌劇《ジャンニ・スキッキ》グラインドボーン音楽祭2004 [DVD]
日本コロムビア

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る