誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌劇

歌劇

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌劇」のブログを一覧表示!「歌劇」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌劇」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌劇」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

NHK-BSプレミアムで放送された、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」を録画しました。これは、2014年8月12日に収録されたバイロイト音楽祭2014の公演です。ヘルマンをヨン・グァンチョル、タンホイザーを トルステン・ケールが歌い、アク ... » more

新国立劇場「パルジファル」 新演出と音楽で魅力の展開 10月5日(日)の新国立劇場の「パルジファル」を観た。ワーグナーの作品の中でも特に長時間の演目、午後2時開演で、終了が午後7時50分を過ぎていた(途中、50分、45分の休憩が計2回あり)。舞台神聖祝祭劇(Bühnenweihf ... » more

宝塚歌劇 観劇 9月27日 初めて宝塚歌劇を観ました。男役はことさら男っぽい動きを強調してみせるので、肩で風切るような態度が舞台外の普段に出てしまうのではと要らぬお節介なことを考えてしまいました。宝塚にハマる男がいるそうですが、私に ... » more
テーマ 宝塚 歌劇 男役  コメント(2)

6月に放送されて録画した、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」のDVDをようやく作りました。これは、2014年4月26日に東京文化会館でおこなわれた二期会の公演で、蝶々夫人を腰越満美さん、ピンカートンを水船桂太郎さんが歌っています。編集しな ... » more

新国立劇場『鹿鳴館』 演・歌楽・劇の魅力 6月22日(日)14時からの『鹿鳴館』を鑑賞した。前回、このオペラを鑑賞したのは2010年10月のこと。世界初演であった。三島由紀夫の戯曲を原作として、池辺晋一郎がオペラ化したもの。初演当時は、どことなく落ち着かない雰囲気もあったが、4年 ... » more
テーマ 歌劇 演劇 オペラ

 ラムダ音楽日記「アラベラ」を録画
NHK-BSプレミアムで放送された、R.シュトラウスの歌劇「アラベラ」を録画しました。これは、ザルツブルグ復活祭音楽祭2014の公演で、アラベラをルネ・フレミング、マンドリカをトマス・ハンプソンが歌い、オーケストラはドレスデン国立歌劇場 ... » more

Hello+dusk生きること死ぬこと
生きること死ぬこと リリウム〜少女純血歌劇〜見てきました。友人に誘われ、舞台に興味があったのでどんなものかとキャストや内容も深く知らず見にいきました。結果アイドルの歌劇だったのですが、凄く良かったです、最後には気持ちが良い意味で ... » more
テーマ 歌劇 生と死 タルパ  コメント(1)

「レコード芸術」のアニヴァサリー作曲家のコーナーで、グルックの記事を読みました。グルックは、歌劇において改革をなしとげた作曲家で、それまでの歌劇では、歌手たちの技巧を見せつけるものでしたが、「より逞しい旋律美を追求しながら、ドラマを音で ... » more

 ラムダ音楽日記「蝶々夫人」を録画
NHK-BSプレミアムで放送された、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」を録画しました。これは、2014年4月26日に東京文化会館でおこなわれた二期会の公演で、蝶々夫人を腰越満美さん、ピンカートンを水船桂太郎さんが歌っています。わたしは、「 ... » more

新国立劇場『アラベッラ』二人のドイツ人ソリストのバランスの良さ 5月25日(日)は、新国立劇場で『アラベッラ』を観た。フィリップ・アルローの演出になってから2回目の『アラベッラ』である。前回はプレミエであり、どこかぎこちなかったが、今回は2日目、スタッフも慣れて、ゆとりを感じる。http://ste ... » more

新国立劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ』『道化師』解説プログラムに工夫が必要 2014年5月17日(土)14時〜は新国立劇場で、『カヴァレリア・ルスティカーナ』『道化師』。この作品セットを舞台で観るのは、2回目。よくまとまった小品といった感じで、楽しめる。ピエトロ・マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』の日本初 ... » more

きのう見たモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」の音声は、5.1chサラウンドでした。プレミアムシアターの歌劇の放送は、だいたい音声が5.1chサラウンドなのですが、いままで古いレコーダーで録画していたときは、少しでも多く録画できるように ... » more
テーマ クラシック音楽 5.1chサラウンド 歌劇

きのう録画したモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」のメイキングをさっそく見ました。ザルツブルク空港での公演というので、どんな演出なのかとちょっと心配でしたが、ファッション業界におけるできごととして、空港のなかを移動しながら上演するという ... » more

NHK-BSプレミアムで放送された、モーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」を録画しました。この公演は、ザルツブルク音楽祭2013のものだそうですが、ザルツブルク空港でおこなわれたというので、どんな演出なのかとちょっと心配です。「後宮か ... » more

28日にNHK-BSプレミアムで放送されるのモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」が楽しみです。この公演は、ザルツブルク音楽祭2013のものだそうですが、ザルツブルク空港でおこなわれたというので、どんななのかと思います。メイキング映像も放 ... » more

今年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本の目玉はベルディの歌劇「ファルスタッフ」だそうです。きょうの朝日新聞夕刊に、その記事が載っていました。記事は、単なる紹介ではなく、小澤征爾さんと「ファルスタッフ」を指揮するファビオ・ルイージが語 ... » more

ヴォツェック(新国立劇場) 絶望のシュプレヒゲザング(Sprechgesang)の魅力 新国立劇場のオペラ公演4月13日(日)午後2時〜3時35分の『ヴォツェック』(アルバン・ベルク)を観た。バイエルン州立歌劇場との共同制作は前回と同じ。(http://steintogil.at.webry.info/200911/artic ... » more

昨年末に録画したワーグナーの楽劇「神々のたそがれ」をようやく見ました。これは、ダニエル・バレンボイムが指揮をしたミラノ・スカラ座の公演です。演出がギー・カシアスということで、このコンビにより、以前放送されてDVDをつくった「ラインの黄金 ... » more

昨年末に録画したワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」をようやく見ました。これは、ダニエル・バレンボイムが指揮をしたミラノ・スカラ座の公演です。DVDを持っている、2009年のバイロイト音楽祭の公演は、衣装が現代のスーツで、ちょっと違 ... » more

Kazumiの独り歩きオペラ“夕鶴”
桜が満開ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?私は、土曜日にかTokyubunkamuraのオーチャードホールへ行き、佐藤しのぶプリマドンナのオペラ“夕鶴”を見てきました。“夕鶴”は、日本でのオペラは、海外作品しか上映されなかった中での ... » more
テーマ 歌劇

日本のオペラファンに新タイプのドラマを提示『死の都』(コルンゴルド)(新国立劇場公演) 新国立劇場の3月21日(金)14時〜17時23分のオペラ『死の都』を観た。第1幕が終わり休憩で立ち上がったときのこと、第1幕最後の打楽器を交えた賑やかな音楽について語り合っている男女がいた。あれはブルッヘの街の喧騒だよね、ブルッヘ、そう ... » more

「レコード芸術」の特集「レコード・アカデミー賞」を読みました。わたしは、新譜を買わないので(高くて買えません。)、取り上げられているCDは聞いたことがないのですが、どんなCDが話題になっているのかは気になります。今回の「レコード・ア ... » more

しばらく前にDVDを作ったヴェルディの歌劇「ナブッコ」を見ました。これは、ミラノ・スカラ座の公演で、レオ・ヌッチ、アレクサンドルス・アントネンコ、ヴィタリー・コワリョフ、リュドミラ・モナスティルスカ、ヴェロニカ・シメオーニといった歌手陣 ... » more

プッチーニ最大の心理劇として楽しむ 新国立劇場「蝶々夫人」 2月2日(日)は新国立劇場で、久々の蝶々夫人である。演出は、2005年、2007年、2009年、2011年に続き5回連続で栗山民也であり、舞台は見慣れているのだが、細部で少し変化があるようだ。あるいは、聴き手が変わってきているのかもしれ ... » more

昨年末に放送された、ワーグナーの楽劇「神々のたそがれ」のDVDを作りました。これは、ダニエル・バレンボイム指揮のミラノ・スカラ座の公演です。演出がギー・カシアスなので、以前放送された「ラインの黄金」・「ワルキューレ」・「ジークフリート」 ... » more

年末に録画したワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のDVDを作りました。これは、ダニエル・バレンボイムが指揮をしたミラノ・スカラ座の公演です。DVDを持っている、2009年のバイロイト音楽祭の公演は、衣装が現代のスーツで、ちょっと違 ... » more

少し前にDVDを作ったヴェルディの歌劇「椿姫」を見ました。これは、去年の9月におこなわれたミラノ・スカラ座の2013/14シーズン 開幕公演です。ヴィオレッタをディアナ・ダムラウ、アルフレードをピョートル・ベチャワが歌い、指揮はダニエレ ... » more

佐藤しのぶさんが、歌劇「夕鶴」に挑戦するそうです。きょうの朝日新聞夕刊に、その記事が載っていました。佐藤さんは、以前、作曲者の團伊玖磨さんから、「夕鶴」の指導を受け、たびたび出演を依頼されながらも固辞してきたそうですが、満を持して「つう ... » more

少し前に録画した、ヴェルディの歌劇「ナブッコ」のDVDを作りました。これは、ミラノ・スカラ座の公演で、レオ・ヌッチ、アレクサンドルス・アントネンコ、ヴィタリー・コワリョフ、リュドミラ・モナスティルスカ、ヴェロニカ・シメオーニといった歌手 ... » more

「レコード芸術」の特集「ワーグナーの世界」を読みました。この特集は、ヴェルディと同じく、去年生誕200年を迎えたワーグナーについて、その人と作品などさまざまな面からその本質に迫ったものです。最初の扉ページの紹介文の最後には「一度はま ... » more

 

最終更新日: 2017/03/23 02:25

「歌劇」のブログ関連商品

» 「歌劇」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る