誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌劇

歌劇

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌劇」のブログを一覧表示!「歌劇」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌劇」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌劇」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

新国立劇場『ルチア』 ペレチャッコとグラスハーモニカの魅力 3月20日(月・祝)は、新国立劇場で『ルチア』14時〜17時15分(途中25分、20分の休憩)。劇場で観るのは初めてなので、メトロポリタン歌劇場の録画を前日に観る(タイトルロール・ネトレプコ)。しかし、実際に観るのは大違い。まず ... » more

 ラムダ音楽日記「蝶々夫人」の音声
「蝶々夫人」の5.1chサラウンドの音声は、広がりほとんど感じられないものでした。NHKの放送は、いままでも、5.1chサラウンドの音声といっても、大きな効果は感じられず、観客の拍手のところで、少し音の広がりが感じられる、というものでし ... » more
テーマ 音楽 5.1chサラウンド 歌劇

しばらく前にBDを作った、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」をようやく見ました。これは、2016年12月7日におこなわれたミラノ・スカラ座の開幕公演です。蝶々さんをマリア・ホセ・シーリ、スズキをアンナリーザ・ストロッパ、ピンカートンをブライア ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、びわ湖ホールの「ラインの黄金」評が載っていました。びわ湖ホールは、4年がかりで「ニーベルングの指環」を上演するのだそうです。その最初が「ラインの黄金」というわけです。その大きな特徴は、「台本をできるだけ忠実に ... » more

「セビリアの理髪師」の5.1chサラウンドの音声は、いままでのNHKの放送とはちょっと違っていたと思います。いままでは、5.1chサラウンドの音声といっても、映画ではないので、大きな効果は感じられず、観客の拍手のところで、少し音の広がり ... » more
テーマ 音楽 5.1chサラウンド 歌劇

しばらく前にBDを作ったロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」をやっと見ました。これは、、グラインドボーン音楽祭2016の公演で、フィガロをビヨルン・ビュルガー、ロジーナをダニエル・ドゥ・ニース、アルマヴィーヴァ伯爵をテイラー・ステイトン ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、バイエルン国立歌劇場の2017年日本公演の大きな広告が載っていました。今年の9月に、NHKホールで「タンホイザー」、東京文化会館で「魔笛」が上演されるということです。たぶん大きな話題になるのは、「タンホイザー」を ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、東京オペラ・プロデュースの「ベルファゴール」の演奏評が載っていました。「ベルファゴール」は、レスピーギの6作目の歌劇だそうです。今回が日本初演だそうで、東京オペラ・プロデュースは、いろいろな作品の日本初演を多く手 ... » more

悲劇の『蝶々夫人』(新国立劇場) 2月5日(日)は14時から新国立劇場で『蝶々夫人』の鑑賞だ。新国立劇場は、今シーズンは日本作品がないが、タイトルロールを日本人が演じるという形となっている。その鳴り物入りの演目『蝶々夫人』は、日本人ソリスト中心の上演としては期待通りだろう。 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、全国共同制作プロジェクト「蝶々夫人」の公演評が載っていました。全国共同制作プロジェクトというのはなにかと思ったら、国内4劇場の共同制作ということのようです。このことについてはとくに書かれていませんが、新しいやり方 ... » more

先日録画した、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」のBDを作りました。これは、2016年12月7日におこなわれたミラノ・スカラ座の開幕公演です。蝶々さんをマリア・ホセ・シーリ、スズキをアンナリーザ・ストロッパ、ピンカートンをブライアン・イーメル ... » more

新国立劇場『カルメン』人気の定番 1月22日(日)14時〜17時45分は、新国立劇場で『カルメン』鑑賞。とにかく人気の演目。女性客も多い。新国立劇場の前回2014年の演目は鑑賞できなかったので、2010年以来。タイトルロールのエレーナ・マクシモアは素晴らしい演技ながら、 ... » more

 ラムダ音楽日記「蝶々夫人」を録画
NHK-BSプレミアムで放送された、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」を録画しました。これは、2016年12月7日におこなわれたミラノ・スカラ座の開幕公演です。蝶々さんをマリア・ホセ・シーリ、スズキをアンナリーザ・ストロッパ、ピンカートンをブ ... » more

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いします。しばらく前に録画したロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」のBDをやっと作りました。これは、、グラインドボーン音楽祭2016の公演で、フィガロをビヨルン・ビュルガー、ロ ... » more

しばらく前に録画した「パルシファル」のBDをやっと作りました。これは、バイロイト音楽祭2016の公演で、パルシファルをクラウス・フロリアン・フォークト、アンフォルタスをライアン・マッキニー、クリングゾルをゲルト・グロホウスキ、クンドリを ... » more

 喜歌劇の頂点 『セビリアの理髪師』を楽しむ(新国立劇場) 12月4日午後2時からは、新国立劇場で『セビリアの理髪師』を鑑賞。ロッシーニが1816年、23歳で作曲した作品だが、喜歌劇の頂点をなす作品として評価が高い。有名な序曲、旧作「パルミラのアウレリアーノ」(1813年)序曲の転用だそうで、こ ... » more

新国立劇場 歌劇「ラ・ボエーム」ムゼッタ役の石橋栄実(ソプラノ)が注目 11月20日は久々の『ラ・ボエーム』を新国立劇場で鑑賞。粟國淳の演出で5回目というから、この演出が優れものであることがわかる。内容は、新国立劇場のお手の物だが、今回は、ムゼッタ役の石橋栄実(ソプラノ)が注目だった。ソリストとして外国 ... » more

NHKBSプレミアムで放送された、ロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」を録画しました。これは、グラインドボーン音楽祭2016の公演で、フィガロをビヨルン・ビュルガー、ロジーナをダニエル・ドゥ・ニース、アルマヴィーヴァ伯爵をテイラー・ステ ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、ウィーン国立歌劇場の「ナクソス島のアリアドネ」の公演評が載っていました。「蘇り共振する伝説の余韻」という見出しがあるのですが、これを見ただけでは何を指しているのかわかりませんでした。それは、バッカス役のステファン ... » more

NHK-BSプレミアムで放送された、ワーグナーの舞台神聖祭典劇「パルシファル」を録画しました。これは、バイロイト音楽祭2016の公演で、パルシファルをクラウス・フロリアン・フォークト、アンフォルタスをライアン・マッキニー、クリングゾルを ... » more

新国立劇場『ワルキューレ』 ステファン・グールドが素晴らしいジークムント 10月8日(土)午後2時〜7時15分は、新国立劇場で、新演出(ゲッツ・フリードリヒ)の歌劇ワルキューレである。公演内容については、とても満足のいくもの。まずは、往年のヘルデン・テノール、ステファン・グールドがとても良い。この演目、ジー ... » more

 ラムダ音楽日記オペラ合唱曲集
オペラ合唱曲集を聞きました。CDは、シノーポリ盤です。このCDは、歌劇の全曲盤からの抜粋ではなく、新たに録音されたもののようです。収録されているのは、「魔笛」の僧侶の合唱、「フィデリオ」の囚人の合唱、「魔弾の射手」の狩人の合唱・村人たち ... » more

先日BDを作ったドビュッシー の歌劇「ペレアスとメリザンド」を見ました。これは、エクサン・プロバンス音楽祭2016の公演で、ペレアスをステファヌ・ドゥグー、メリザンドを バーバラ・ハンニガン、ゴローをローラン・ナウリが歌い、フィルハーモ ... » more
テーマ クラシック音楽 5.1chサラウンド 歌劇

きょうの朝日新聞夕刊に、マリインスキー・オペラの来日公演の大きな広告と記事が載っていました。10月に来日公演を行い、演目は、ヴェルディの「ドン・カルロ」とチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」ということです。記事では、ゲルギエ ... » more

先日放送され録画したドビュッシー の歌劇「ペレアスとメリザンド」のBDを作りました。これは、エクサン・プロバンス音楽祭2016の公演で、ペレアスをステファヌ・ドゥグー、メリザンドを バーバラ・ハンニガン、ゴローをローラン・ナウリが歌い、 ... » more

 ラムダ音楽日記「DVDオペラ全集」
きょうの朝日新聞朝刊に、「DVDオペラ全集」の大きな広告が載っていました。これは、歌劇27.作品のDVD 42枚と特典盤5枚の大きなセットで、価格は179400円(税別)もします。これだけ大きなセットですから、この価格になってしまうのか ... » more

NHK-BSプレミアムで放送された、ドビュッシー の歌劇「ペレアスとメリザンド」を録画しました。これは、エクサン・プロバンス音楽祭2016の公演で、ペレアスをステファヌ・ドゥグー、メリザンドを バーバラ・ハンニガン、ゴローをローラン・ナ ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、藤原歌劇団によるドニゼッティの歌劇「ドン・パスクワーレ」の公演評が載っていました。わたしは、「ドン・パスクワーレ」の名前さえ知りませんでしたが、喜劇だということに気をひかれました。この公演は、日生劇場・びわ湖ホー ... » more

しばらく前に録画し、先日BDを作ったレオンカヴァルロの歌劇「道化師」を見ました。これは、先日見たマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」とともにおこなわれた、ザルツブルク復活祭音楽祭2015の公演で、カウフマンなどの出演、ティー ... » more

しばらく前に放送され、先日BDを作ったマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」を見ました。これは、ザルツブルク復活祭音楽祭2015の公演で、カウフマンなどの出演、ティーレマン指揮のドレスデン国立歌劇場管弦楽団による演奏です。 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/20 08:27

「歌劇」のブログ関連商品

» 「歌劇」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る