誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌劇

歌劇

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌劇」のブログを一覧表示!「歌劇」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌劇」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌劇」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

歌劇『審判』と歌劇『ダントンの死』 2018年1月13日(土)NHKFM午後9時〜10時放送のクラシックの迷宮は興味深いものだった。http://www4.nhk.or.jp/classicmeikyu/3/アイネム生誕100年ということで、オーストリアの作曲家“ゴットフ ... » more
テーマ カフカ 文学 歌劇

冬の花 ツバキの知恵 街歩きの楽しみの一つは植物の発見だ。花、冬の花と言えば、ツバキである。ツバキの蜜腺は花の奥のほうにあり、鳥が花の奥をのぞき込むことで、鳥の体に花粉がつき、その鳥の花粉が別の花の雌しべにつくことで受粉するという仕掛けだ。メジロがツ ... » more
テーマ 文学 街歩き 歌劇

新国立劇場「ばらの騎士」オックス男爵の魅力 12月3日(日)は、新国立劇場でリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』を鑑賞。 この演目は、2015年以来。2007年には新制作の段階で鑑賞。2003年には東京二期会の公演を観ている。http://steintogil.at. ... » more

新国立劇場「椿姫」 暗い深みの魅力 イリーナ・ルングに注目 11月19日(日)は、新国立劇場でヴェルディの『椿姫』を鑑賞。14:00-15:25,15:55-16:45(休憩30分)、2015年に新演出となっており、その再演。http://steintogil.at.webry.info/2 ... » more

ハンガリー国立歌劇場によるヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇「こうもり」を見に行ってきました。舞台装置、衣装ともにしっかりしたもので、「こうもり」では変わった演出はしにくいとは思いますが、オーソドックスな演出で、よかったです。指揮者や歌手 ... » more

新国立劇場「神々の黄昏」は、洗練された舞台 10月7日(土)は、新国立劇場でワーグナーの『神々の黄昏』を鑑賞。ワーグナーは、ニーベルングの指輪の4作品の中で、この作品を最初に書いたのだという。確かに文学作品としての『ニーベルングの歌』は、この作品と共通した部分が多い。『ラインの黄金』 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、ペトレンコ指揮バイエルン国立歌劇場の「タンホイザ−」の公演評が載っていました。冒頭に「観る者を震撼させる」とあるので、ちょっと驚きました。それは、主に演出で、「愛を永遠の時間の停止、すなわち死(タチトス)として解 ... » more

映画でのオペラもなかなか良いと、またまた東劇へ。MET2012年上演らしい、ヴェルディの「仮面舞踏会」。よくあるテーマの三角関係で悲劇に終わる。史実にもある「グスタヴ国王」暗殺が裏テーマ。低めのテノールでグスタヴを” ... » more

先日録画したワーグナー の楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のBDを作りました。これは、バイロイト音楽祭2017の公演で、ハンス・ザックスをミヒャエル・フォレが、ワルター・フォン・シュトルチングをクラウス・フロリアン・フォークト ... » more

NHK-BSプレミアムで放送されたワーグナー の楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を録画しました。これは、バイロイト音楽祭2017の公演で、ハンス・ザックスをミヒャエル・フォレが、ワルター・フォン・シュトルチングをクラウス・フロ ... » more

『レコード芸術』に、ビゼーの歌劇「カルメン」のビーチャム盤が、シングルレイヤーSACDで再発売されたという記事が載っていました。記事によれば、このビーチャム盤は、カルメン役にデ・ロス・アンヘレスを起用したことでその成功が約束されたはずだ ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、バッティストーニ指揮、映像演出による、ヴェルディの歌劇「オテロ」についての記事が載っていました。この公演は、9月に東京・オーチャードホールで上演されるそうです。歌手は、フランチェスコ・アニーレ(オテロ)、エレーナ ... » more

浮き草の道草ハバネラ(カルメン)
「ハバネラ」というのは「ハバナ風」という意味で、もともとハバナのあるハイチで起こった舞曲がキューバに伝わって広まり、さらにスペインに渡って大人気を博したということです。ハバネラは舞曲の形式なので、ハバネラという形式の曲はいっぱいあるのです。 ... » more
テーマ 音楽 歌劇 ビゼー

きょうの朝日新聞夕刊に、佐渡裕さんプロデュースによる、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」の公演評が載っていました。これは、佐渡さんが芸術監督を務める兵庫県立芸術文化センターの公演です。しかし、演出、装置・衣装、歌手たちに日本人の名前は ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、日生劇場におけるベッリーニの歌劇「ノルマ」公演の評が載っていました。この公演は、「藤原歌劇団をはじめとする複数団体の共同制作。」だそうです。一番のできは、ノルマ役のマリエッラ・デビーアのようです。「品位と威厳のあ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、パレルモ・マッシモ劇場の来日公演、ヴェルディの歌劇「椿姫」の評が載っていました。「歌手の力引き出す 絶妙オケ」という見出しがついているように、オーケストラについて多く書かれていました。この劇場の魅力は、まずオーケ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、東京二期会オペラ・ライン・アップ2017の大きな広告が載っていました。演目は、7月の「ばらの騎士」、10月の「蝶々夫人」、11月の「こうもり」です。広告を見たとき、外国の劇場の引っ越し公演かと思いました。それは、 ... » more

新国立劇場「ジークフリート」迫力のバランス 6月4日(日)午後2時〜7時50分は、新国立劇場で、ワーグナーの楽劇『ジークフリート』である。この演目、なんといっても、ジークフリートの出来次第なのだが、今回は、ソリストのバランスの良さも光った。演出は、ゲッツ・フリードリヒで、斬新 ... » more

新国立劇場『フィガロの結婚』 おかえりなさい 中村恵理さん 4月23日(日)は、新国立劇場で『フィガロの結婚』を14時〜17時15分(95分、途中25分の休憩、75分)を鑑賞。この演目は、何度も味わう演目だ。http://steintogil.at.webry.info/201010/art ... » more

新国立劇場『オテロ』 シェイクスピア×ヴェルディだから役作りも面白い 4月15日(土)は、新国立劇場で『オテロ』を14時〜16時45分(途中25分の休憩)を鑑賞。この演目は、2009年の新国立劇場以来だ。http://steintogil.at.webry.info/200909/article_5.h ... » more

新国立劇場『ルチア』 ペレチャッコとグラスハーモニカの魅力 3月20日(月・祝)は、新国立劇場で『ルチア』14時〜17時15分(途中25分、20分の休憩)。劇場で観るのは初めてなので、メトロポリタン歌劇場の録画を前日に観る(タイトルロール・ネトレプコ)。しかし、実際に観るのは大違い。まず ... » more

 ラムダ音楽日記「蝶々夫人」の音声
「蝶々夫人」の5.1chサラウンドの音声は、広がりほとんど感じられないものでした。NHKの放送は、いままでも、5.1chサラウンドの音声といっても、大きな効果は感じられず、観客の拍手のところで、少し音の広がりが感じられる、というものでし ... » more
テーマ 音楽 5.1chサラウンド 歌劇

しばらく前にBDを作った、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」をようやく見ました。これは、2016年12月7日におこなわれたミラノ・スカラ座の開幕公演です。蝶々さんをマリア・ホセ・シーリ、スズキをアンナリーザ・ストロッパ、ピンカートンをブライア ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、びわ湖ホールの「ラインの黄金」評が載っていました。びわ湖ホールは、4年がかりで「ニーベルングの指環」を上演するのだそうです。その最初が「ラインの黄金」というわけです。その大きな特徴は、「台本をできるだけ忠実に ... » more

「セビリアの理髪師」の5.1chサラウンドの音声は、いままでのNHKの放送とはちょっと違っていたと思います。いままでは、5.1chサラウンドの音声といっても、映画ではないので、大きな効果は感じられず、観客の拍手のところで、少し音の広がり ... » more
テーマ 音楽 5.1chサラウンド 歌劇

しばらく前にBDを作ったロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」をやっと見ました。これは、、グラインドボーン音楽祭2016の公演で、フィガロをビヨルン・ビュルガー、ロジーナをダニエル・ドゥ・ニース、アルマヴィーヴァ伯爵をテイラー・ステイトン ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、バイエルン国立歌劇場の2017年日本公演の大きな広告が載っていました。今年の9月に、NHKホールで「タンホイザー」、東京文化会館で「魔笛」が上演されるということです。たぶん大きな話題になるのは、「タンホイザー」を ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、東京オペラ・プロデュースの「ベルファゴール」の演奏評が載っていました。「ベルファゴール」は、レスピーギの6作目の歌劇だそうです。今回が日本初演だそうで、東京オペラ・プロデュースは、いろいろな作品の日本初演を多く手 ... » more

悲劇の『蝶々夫人』(新国立劇場) 2月5日(日)は14時から新国立劇場で『蝶々夫人』の鑑賞だ。新国立劇場は、今シーズンは日本作品がないが、タイトルロールを日本人が演じるという形となっている。その鳴り物入りの演目『蝶々夫人』は、日本人ソリスト中心の上演としては期待通りだろう。 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、全国共同制作プロジェクト「蝶々夫人」の公演評が載っていました。全国共同制作プロジェクトというのはなにかと思ったら、国内4劇場の共同制作ということのようです。このことについてはとくに書かれていませんが、新しいやり方 ... » more

 

最終更新日: 2018/01/15 15:49

「歌劇」のブログ関連商品

» 「歌劇」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る