誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オーディオ

オーディオ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: オーディオビジュアル
子テーマ: オーディオ機器 ポータブルオーディオ デジタルオーディオ
テーマ「オーディオ」のブログを一覧表示!「オーディオ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オーディオ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オーディオ」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エヌエスのアモルメットコアの紹介記事を読みました。アモルメットコアは、ドーナッツ状のノイズフィルターです。ドーナッツ状と書かれていますが、ちくわを切ったようの形と言ったほうがいいような気がします。 ... » more

6550 CSPPアンプ・ブートストラップに改造 6550 CSPPアンプはプレートチョークによるドライブとしているが、ブートストラップの音も聴いておこうと思った。基本的にはプレートチョークを外し、ドライブ管のプレートを対極の出力管のプレートに抵抗を介してつなげば良い。回路 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

一昨夜、遠隔運用無線局を運用できないことが判明しました。原因は、当日中に停電があったもようです。これに対する予備の起動回路を組んでいました。しかし、今回は、この回路は正常動作していたのですがPCを起動させることができ ... » more
テーマ オーディオ アマチュア無線 トラブル日記

 ラムダ音楽日記オヤイデ INS-CFX
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、オヤイデのINS-CFXの紹介記事を読みました。INS-CFXは、4個1組で9720円というインシュレーターです。2種類のカーボンシートを30層も重ねて高圧でプレスしたものだということです。かなり ... » more

6550 CSPPアンプ・6T9 CSPPアンプと比較試聴 6550 CSPPアンプは聴き込んで大体のイメージがつかめたので、6T9 CSPPアンプと比較試聴してみた。6T9 CSPPアンプは低音にボリューム感があり、それがスケール感の大きさにつながっている。久しぶりに聴いたけど爽や ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ  コメント(4)

今回の内容は自宅のメインシステムの問題点とは全く関係ありません。とあるオーディオ掲示版でDCアンプについての質問とその回答群を見ました。残念なことにDCアンプという実体を正しく理解されておられないようだったの ... » more
テーマ オーディオ アマチュア無線 トラブル日記

スマホからLINN DSMへ直接音楽を転送、楽々再生 LINNのDSMを購入して半年。思い立って5月の連休の合間に手持ちCDのリッピングを始めました。LINN推奨のdBpowerampというシェアウェアで手持ちのCDのうち、約100枚強をFLAC形式でmicroSDカードに保存。圧縮後 ... » more
テーマ LINN ハイレゾ オーディオ

『レコード芸術』のオーディオコーナーで、トランスペアレントのOpus Power Cord の紹介記事を読みました。Opus Power Cord は、2mで75万円もするという電源ケーブルです。ケーブルで75万円とは、恐ろしく高いとい ... » more

6550 CSPPアンプ・動作中の各部温度 放射温度計を用いて動作中の6550 CSPPアンプの温度を測定してみた。室温は20℃、1時間くらい稼働させた時の温度を測定した。放射温度計は光沢のある金属の測定時には黒体テープを貼れとあるけど、まあ大体の温度が測れればよしとした。 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

ケンのオーディオメモ抵抗切替ATT
抵抗切替ATT 友人のI氏製作のリレー式抵抗切替のアッテネータ基板を入手しました。(写真は1ch分)重み付け抵抗ラダーの切替なので全段0.5dB刻みで128ステップと充分な分解能です。リレーにラッチタイプを用いたので摺動型のような即応性はありま ... » more

晴耕雨聴連休中はLP三昧でしたw
連休中はLP三昧でしたw ゴールデンウィークも終わります。今年は前半こそ学会、講演会で少々潰れましたが、3日〜7日は殆ど仕事をしませんでしたのでよく休めました。休みとなるとヤルことは一つ、書斎に篭ってオーディオ&音楽でした。最近はすっかりLPブームです。 ... » more
テーマ オーディオ LP再生

6550 CSPPアンプ・ドライバ管毎の歪率特性 6550 CSPPアンプのドライバ管を5687WA/12AU7A/12AU7/6N6P/6FQ7それぞれに差し替えた時の歪率特性を備忘録として残しておくことにした。回路は同一。ドライバ管によってグリッドバイアス電圧が異なるためプレート電 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

6550 CSPPアンプ・初段FETを熱結合 6550 CSPPアンプの動作中はCT付きプレートチョークKL10-05のDCバランスが変動している。値は±0.3Vくらい。しかも時間でどんどん変化していく。コアギャップが設けられていないのでなるべく低く保ちたい。先日例の掲示板にこ ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ  コメント(4)

パイオニアN−70Aを導入後、しばらくはメイン系へ接続せずにN−70AのHP端子を利用して単独にて聴いておりました。この時は、全般にやや硬めな音ではありましたが、特に音に対する不満はありませんでした。その後、今年に入 ... » more
テーマ オーディオ アマチュア無線 トラブル日記

6550 CSPPアンプ・KL10-05の許容不平衡DC電流 6550 CSPPアンプはドライブ段にセンタータップ付プレートチョークKL10-05を採用している。このチョークコイルはコアギャップを設けていないため、DCバランスが崩れると特性が悪化してしまう。そこでどの程度の不平衡DC電流なら問 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

『レコード芸術』のオーディオコーナーで、レクストのレゾナンス・パッド・スタビライザー R-Padの紹介記事を読みました。レゾナンス・パッド・スタビライザー R-Padは、名前の通り、スタビライザーです。68mm四方の革製で、なかに制振焼 ... » more

ヴォーカルとホーン型スピーカー 以前にヴォーカルとホーンは合うとか、フルレンジとヴォーカルが会うと云っていた人が居ました。実際に自分でのフルレンジやホーン型スピーカーを持ってみると、そうでも無い事が実感しました。要するにホーンが合うと云う人はホ ... » more

ポート径によるバスレフの効き方 バスレフの共振周波数とポート径を決めればポートの長さは計算できますが、いつもポート径の最適値はあるのか疑問に思っていました。あまりその点に関しての実測データも見たことが無く、シミュレーションでもパラメータとしては出てきません ... » more

5月のアナログ愛好会 5月のアナログ愛好会は、21日(日)13:00〜 計画したいと思います。 毎月、楽しいひとときを過ごすこの会は とても貴重な時間です。テーマは、先月の残りがまだかなりある ジョン・コルトレーン特集を引き続きと ... » more

6550 CSPPアンプ・スクリーングリッド電圧を上げてみる 6550 CSPPアンプの現状は6550のスクリーングリッド電圧(Esg)が200Vの設計だが、これを225Vに上げたらどうなるか確かめてみた。Esg=200Vのロードラインを上記に示す。6550の特性図が無くてKT88で代 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

 ラムダ音楽日記ピエガ MLS2
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ピエガのMLS2の紹介記事を読みました。MLS2は、Master Line Source 2 のことで、なんと1000万円(ペア)もするスピーカーです。こんな高価格のスピーカーはいままで見たことが ... » more

PX25 P.P.アンプをロンドンウエスタン・システムに組み込みました 先日ベンプレ亭書斎のガラクタ系オーディオパーツをベンプレ妻に売却してもらったことをブログに書きましたでもって、そのアブク銭で「イイモノ」を買ったと書きましたが・・・買ったのは下の写真、是枝ラボ製のPX25P.P.アンプです。 ... » more
テーマ オーディオ

去年の10月を最後にしばらくブログ掲載を中止しておりましたが、また、新たにブログを書きたい意欲が蘇ったように思い、これを書いています。今のところ、どこまで続けられるかは不明ですが、過去のようなペースで書くことができれ ... » more
テーマ オーディオ アマチュア無線 トラブル日記

9年前に買ったD級アンプキットを作っています トランジスタ技術2008年3月号付録のD級アンプ基板と、マルツエレックで購入したパーツセット・・・作らなきゃ、と思いつつ放っていましたが、9年の歳月を経てようやく製作を始めました。ステレオアンプとして仕上げるべく、作業中です。 ... » more

 ラムダ音楽日記B&W 800D3
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、B&Wの800D3の紹介記事を読みました。800D3は、450万円もする3ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーです。姉妹機の802D3や805D3も十分すぐれたスピーカーのようですが、800D3は、 ... » more

6550 CSPPアンプ・入力にケーブルをつなぐとノイズが出る 現状の6550 CSPPアンプは実使用状態でDAC出力からRCAケーブルでアンプに接続するとブーンとジーの混ざったノイズがSPから聞こえる。耳を近づけないと聞こえないが、入力ショートでの残留ノイズが低いのに変だ。アンプ測定治具のとこ ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ

 ラムダ音楽日記ラックスマン D-380
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ラックスマンのD-380の紹介記事を読みました。D-380は、約29万円のCDプレーヤーです。この価格帯ではめずらしいのかもしれませんが、SACDの再生はできないCD専用機です。デザインは、一目で ... » more

晴耕雨聴わからない音楽について
わからない音楽について 先日ECMから3枚のSACDが発売されました。キース・ジャレットのケルン・コンサート、チック・コリアのリターン・トゥ・フォーエヴァー、ほか一枚です。ECMはアナログLP全盛時代、音の良い(といいますか、音に特徴があるECMサウンド、マン ... » more

 ラムダ音楽日記エラック BS U5 SLIM
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エラックのBS U5 SLIMの紹介記事を読みました。BS U5 SLIMは、約12万円(ペア)の3ウェイブックシェルフ型スピーカーです。3ウェイですが、25mmツイーターと100mmミッドレンジ ... » more

6550 CSPPアンプ・110Hzの歪率特性解析その2 フト思い立って+Bのチョーク後のフィルターコンデンサC5を増量してみた。47uFに47uF追加で110Hzの最低歪率は0.07%、47uFに47uF×2追加で0.06%まで下がることがわかった。ドライブ段の残留リプルが歪率に影響しているに違 ... » more
テーマ 真空管アンプ オーディオ 6550 CSPPアンプ  コメント(2)

 

最終更新日: 2017/08/21 16:58

「オーディオ」のブログ関連商品

» 「オーディオ」のブログレビュー をもっと探す

「オーディオ」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1
ピラニア・ツール

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る