誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本・漫画

本・漫画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本・漫画」のブログを一覧表示!「本・漫画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本・漫画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本・漫画」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

虹色雨玉「緋の纏(1)」を読んで
「緋の纏(1)」を読んで 久しぶりにクリティカルヒットです!!キましたコレ!!!緋の纏 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)一迅社 乾 みく Amazonアソシエイト by ウェブリブログ幕末モノでゎないのですが ... » more
テーマ 歴史 本・漫画

虹色雨玉「項羽と劉邦(下)」を読んで
読み終えてしばらく茫然とした。なんというか、何も考えられなくて、唯唯ぽかんとしていた。話は項羽が殺されて幕が落ちる。わかり切った結末だったし司馬作品のこういう終らせ方にはだいぶ馴れたけれど唖然としたのは、そうじゃなくて、そういう結果 ... » more
テーマ 歴史 本・漫画

虹色雨玉「項羽と劉邦(中)」を読んで
「項羽と劉邦(中)」を読んで 合宿や醤油ゼミにかぶってなかなか読めなかったが、読了した。この巻では劉邦のもとに次々と有能な人材が集まってくる。陳平、随何、紀信、周苛、酈食其(れきいき)…沢山いるが、中でも劉邦にとって張良と韓信を得たことは幸いだった ... » more
テーマ 歴史 本・漫画

虹色雨玉「項羽と劉邦(上)」を読んで
長かった…。「竜馬がゆく」など他の幕末作品を読む時は意味のわからない単語が出る度に辞書を引いていたが、今回は時間の制約などもあり省略してきた。いつもの3倍くらいのスピードで読んだはずなのに、一週間弱かかってしまうとは…。この物語 ... » more
テーマ 歴史 本・漫画

「坂の上の雲(一)」を読んで 幕末・維新が好きだけれど、こうして維新後が舞台の小説を読むのは始めてだ。もっとも、漫画なら「るろうに剣心」を読んだけれど。でも多分、るろ剣より遥かに的確に明治という時代を捉えているに違いない。でもこの本を読んでみて、思ったのは、 ... » more
テーマ 歴史 本・漫画

虹色雨玉「竜馬がゆく(八)」を読んで
「竜馬がゆく(八)」を読んで                ながいながい竜馬の物語が、やっと終わった。ながかった。でもこの奇妙な主人公の魅力にあてられて、物語が終わってしまうのが名残惜しくてならなかった。八巻では大政奉還にむけて竜馬が四方八方に駆け回り、遂に実現する。その間、長崎で起きた夷人斬り ... » more

「竜馬がゆく(七)」を読んで 「竜馬がゆく」の7巻目は、勝海舟が第二次長州征討の休戦協定を結ぶために単身広島へ乗り込むところから始まります。この巻での大きな出来事としては、なんといっても海援隊が結成されたということでしょう。亀山社中の名を改め、土佐藩とある契約を ... » more

虹色雨玉読書>時間
私は夏休みに世界史の夏期講習を受けるのだが、事前に「一問一答」を買っておくようにとのお達しがあった。そこで昨日本屋に行ったのだが、ふと新書のコーナーが気になって見ているうちに欲しいものが出てきてしまった。何故新書コーナーが気になった ... » more

虹色雨玉てすとおわた〜
いろんな意味で終ってしまった・・・が、そんなことゎもうどーでもいいのですっ!!!(>萩に行ける事になりました〜(◎>μ昨年10月からコツコツお金を貯めてきた甲斐がありました〜 ... » more
テーマ 本・漫画 趣味

虹色雨玉「竜馬がゆく(六)」を読んで
「竜馬がゆく(六)」を読んで 竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ「竜馬がゆく」の六巻、なんとか期末考査前に読み終えました。この巻は長州征伐を話の土台として征討戦を巡って多方面で種種の画策が繰り ... » more

「新選組刃義抄 アサギ」一巻を読んで 本日発売された「アサギ」一巻、早速買って読みました。大河ドラマ「新選組!」の時代考証を務めた山村竜也さんが原作で、蜷川ヤエコさんが作画を担当しています。絵柄も悪くないしちょっと気にはなっていましたが、本日発売と知ったのは今日 ... » more

虹色雨玉「PEACE MAKER 鐵」を読んで
「PEACE MAKER 鐵」を読んで PEACE MAKER鐵 (1) (BLADE COMICS)マッグガーデン 黒乃 奈々絵 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ「PEACE MAKER 鐵」 の1〜5巻まで読み終えました!鐵では池田屋以降の新撰組の足 ... » more

虹色雨玉「竜馬がゆく(五)」を読んで
「竜馬がゆく(五)」を読んで 物語もいよいよ後半にさしかかります。中間考査等もあって時間はかかりましたが、なんとか読み終えました。五巻はひたすらに元治元年の話です。元治元年…この年は本当に色々なことがありました。特に長州藩にすれば目まぐるしい変転の年と言えま ... » more

虹色雨玉テスト前の戯言
昨日世界史の参考書を買いに行きつけの本屋さんに行きました。割と大きな店で品数も種類も豊富なんです。最近参考書や漫画以外に日本史のコーナーを見つけたんで、昨日も例によって本棚から離れられませんでした…!(テスト前なんですけど;)って言 ... » more

「新撰組異聞 PEACE MAKER」(第一部)を読んで 「新撰組異聞 PEACE MAKER」の第一部、読み終わりました。PMは、市村鉄之助が主人公の新撰組漫画です。史実をもとにしてはいますが、勿論フィクションです。この漫画を読んでまず思ったのは、「稔麿君、恐…ッ!」 ... » more

虹色雨玉地歴ッ仔の声☆
地歴ッ仔の声☆ 方言って、イイよねぇ(´ω`)京都弁も良いけど、最近は専ら土佐弁に惹かれマスw(「竜馬がゆく」の影響!)TVで高知の人が「〜ちゅ」とか言うと、ぉおお!って思う。先日も「田舎に泊まろう」で、舞台は高知県だったんだけど、「何言う ... » more

虹色雨玉悪者にしないで…!
私は司馬遼太郎の小説を好んで読んでいるが、「司馬史観」が度々バッシングされていることはご存じの方も多いだろう。「司馬史観」というのは司馬遼太郎の持つ独特な歴史の見方・捉え方の事で、ホンモノの歴史ではないと批判されている。確かにそうだろう。 ... » more

虹色雨玉「竜馬がゆく(四)」を読んで
「竜馬がゆく(四)」を読んで 「竜馬がゆく」四巻は、三巻と違ってとても読むのに時間がかかった。多分、フィクションの部分や歴史の流れと直接関係のない部分が多かったのだと思う。なかなか話が進まない感じがした。神戸に海軍塾を作った竜馬のもとに続々と入塾希望者がやっ ... » more

虹色雨玉読みたい本、行きたい場所
読みたい本、行きたい場所 だいぶ読書量も増えてきたので、ここいらでちょっくら整理を。今読んでいるのは、「竜馬がゆく」。それも、4巻目。「竜馬がゆく」は全8巻だから、もうすぐ半分になるわけだ。できれば中間テスト前に読み終えたいと思ってるんだけれど、まに ... » more

3日ぶりの我が家ですーあーん ぱそんこ 禁断症状ヤバかったー久しにさわれて幸せですーいやー最近祖母ンちから登下校してましてねー。 ... » more

虹色雨玉「竜馬がゆく(三)」を読んで
「竜馬がゆく(三)」を読んで 「竜馬がゆく」の三巻目を読み終えました。学校が始まった事もあって、一・二巻よりも時間がかかってしまいました…。脱犯した竜馬は京へ行き、久坂らの好意で長州藩邸に匿われていた。何もせずそうこうしている内に寺田屋事件が起き、京の町は騒 ... » more

「竜馬がゆく(二)」を読んで 「竜馬がゆく」二巻、読み終わった!!2・3日くらいで読んじゃった・・・私にしてはHigh Speed煤i゜◇゜)二巻は、一介の剣客だった竜馬が、国事に関わるべきか・どう関わっていくべきかに悩み、武市半平太と並び土佐勤王党のリーダー的 ... » more

虹色雨玉「竜馬がゆく(一)」を読んで
「竜馬がゆく(一)」を読んで 司馬遼太郎の代表作「竜馬がゆく」は、読んだ事はなくとも誰でも名前は知っている有名作だ。前々から読みたいと思っていたのだが巻数が多いので敬遠していた。今回読もうと思い立ったのは司馬遼太郎氏の幕末作品は結構読んでしまったという事も理由にあるが、 ... » more

「十一番目の志士(下)」を読んで 十一番目の志士 (下) (文春文庫)文芸春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログあっという間に読み終わってしまった…というのが読み終わった時の第一の印象。活字嫌いの私が三、四日で読み終えるなんてそう滅多には ... » more

虹色雨玉やっと届いたぁぁあ!!
待ちに待った雑誌がようやっと届きましたその名も「月刊松下村塾」!2007年10月27日から1年間刊行された月刊誌です。松陰先生が処刑されたのが安政6年10月27日だったから毎月27日に発売し ... » more

「十一番目の志士(上)」を読んで 司馬遼太郎氏の「十一番目の志士」上巻を読みました。この小説は、架空の人物・天堂晋助を主人公に幕末の動乱を描きます。幕末、禁門の変以降の長州藩は京都から追放され幕府によって朝敵に仕立てられました。長州人は一人たりとも長州国外に出る事が ... » more

「走れ!若き獅子  高杉晋作」を読んで 高杉晋作―走れ!若き獅子 (時代を動かした人々)小峰書店 古川 薫 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ【内容】長州を代表する志士・高杉晋作の一生を著した歴史小説。吉田松陰との出会いや上海渡航、英国公使館焼き討ち、奇兵 ... » more

ここのところ、仕事が山場を迎えていて毎日その日の内に帰れるかどうかという有様ですが、今日は本屋で仕事の資料を買わなきゃいけなくて比較的早めに退社。閉店ギリギリの大きな書店にすべりこんだら、思いがけず入手してしまいました。27日発売の ... » more

若木未生の「グラスハート」最終巻が出る! うわわあああぁん、ど、どうしよう……!!(混乱)「グラスハート」シリーズの新刊にして最終巻が、今月27日に発売されるそうなんです!!!(滝汗)グラスハート (コバルト文庫)若木 未生集英社 1993-12売り上げ ... » more
テーマ 本・漫画

虹色雨玉るろ剣再来w
最近また「るろ剣」ブームが再到来なのです!!・・・自分の中で(ry剣ちゃん可愛すぎっ!!ヤバい!!しかも今日友達から「君と僕。」のドラマCD借りちゃって、悠太の声やってんのが甲斐田ゆきさんだったので、剣路クン思い出しちゃってさァ ... » more
テーマ 本・漫画 趣味

 

最終更新日: 2016/12/02 15:25

「本・漫画」のブログ関連商品

» 「本・漫画」のブログレビュー をもっと探す

「本・漫画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る