誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    赤毛のアン

赤毛のアン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「赤毛のアン」のブログを一覧表示!「赤毛のアン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「赤毛のアン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「赤毛のアン」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

霧の日々の雑感ニコ動のダイアナ
50年代の音楽と合っています。 ... » more

『赤毛のアン』第19話「ダイアナの誕生日」 最近、『アンの青春』と『アンの愛情』を再読しました♪(^^)そしたらやっぱり1章ごとに書きたいことが色々あって――でも、今書いてる『赤毛のアン』の感想も途中だし……っていうことで、あくまで気長にのんびりゆっくりマイペースにやっていこう! ... » more

>>ちょっと考えたところでは、カナダの首相が遊説旅行のコースの中にプリンスエドワード島を加えたことが、グリーンゲイブルズの少女アン=シャーリーの運命に、なんの関係も及ぼすはずはないと思えるだろうが、そうではなかったのだ。これは村岡花 ... » more

『赤毛のアン』第17話「アン・学校へもどる」 レイチェル・リンド夫人の言葉とは裏はらに、アンは一週間以上たっても一向学校へ戻るそぶりを見せなかったわけですが――ダイアナとの悲(喜)劇的な別れを経験し、「あたしの人生に残されているのはもう、学校だけなんですもの」と、一度は永遠に去ることを ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その7〜 『赤毛のアン』の小さなコラム、その7のテーマは、ダイアナが飲んで酔っ払ってしまった<いちご水>――ワインについてです♪たぶん、原作をそのまま普通に読んでいると、11歳の女の子がワインを「おいしい」と言ってガブガ ... » more

さてさて、今回のお話もまた、小倉千加子さん著の「赤毛のアンの秘密」によると、>>アン・ファンがあらかじめストーリーがわかっていながら、それでも毎回読むたびに笑ってしまうエピソード――その六つのうちのひとつです♪(^^)すなわち、 ... » more

本当はここの第15話の「秋のおとずれ」と、第16話の「ダイアナをお茶に招く」をひとつの感想記事としてまとめようと思ってたんですけど――わたしが今手元に持ってる(というか、図書館から借りてきた☆)村岡花子さん訳のものには、ここの第15話の部分 ... » more

さて、ここの第14話「教室騒動」で、とうとうアンの将来の結婚相手、ギルバート・ブライスの登場となります(笑)アンの声の山田栄子さんの素晴らしさは元より、『赤毛のアン』は声優さんたちが本当に豪華なんですよね♪(^^)たとえば、ダイアナ ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その6〜 『赤毛のアン』の小さなコラム、その6のテーマは「マリラと紫水晶のブローチ」です♪(^^)その日もマリラは、いつものように紫水晶のブローチをつけて、教会へいった。教会へいく時は、いつもこのブローチをつけていくのだった。紫水晶はマリ ... » more

前回と前々回にも書いたんですけど、動画の音声がきちんと聞けるようになりましたwwなので、ここからはまたアニメと原作の両方をベースとして感想を書いていきたいと思います♪なんとも間抜けな理由で突然音が聞こえなくなってたんですけど(笑)、 ... » more

『赤毛のアン』第9話「おごそかな誓い」、第10話「アン・心の友と遊ぶ」 前回書いたとおり、この回もまたアニメのほうを確認せずに感想記事を書くことになりましたでも今は動画のほうを音声付きで見ることが出来るので、もちろんダイアナの可愛さ全開の第9話と第10話について ... » more

『赤毛のアン』第8話「アン、日曜学校へ行く」 動画の音声が聞けなくなってたんですけど、その原因がやっとわかりましたwwええとですね、PCの横のほうに音量を調節するツマミ(?)のようなものがありまして、それをどうも知らない間に一番小さくしてたらしいのです(←アホ☆ ... » more

『赤毛のアン』第7話「レイチェル夫人恐れをなす」 小倉千加子さん著の『赤毛のアンの秘密』(岩波書店刊)によると、『赤毛のアン』を何度も読み返すアン・ファンが、あらかじめストーリーがわかっていながら、それでも毎回読むたびに笑ってしまうと言われるエピソードが、少なくとも六つあるのだそうです。 ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その5〜 トマスの小母さんのところにいた時、ガラスの扉がついた本箱が居間に置いてあったの。本は一冊もなくて、小母さんは一番上等の瀬戸物やつけ物を入れといたの――つけ物がある時にはね。一枚の扉は壊れていたの。トマスさんがいつかの晩、酔っ払って壊してしま ... » more

アン・シャーリー : 吉沢梨絵マシュー・カスバート : 日下武史マリラ・カスバート : 木村不時子ステイシー先生/スローン夫人 : 江寿多知恵 ギルバート・ブライス : 有賀光一 ダイアナ・バリー : 五十嵐可絵 レ ... » more

アン・シャーリー : 吉沢梨絵マシュー・カスバート : 日下武史マリラ・カスバート : 木村不時子ステイシー先生/スローン夫人 : 江寿多知恵 ギルバート・ブライス : 有賀光一 ダイアナ・バリー : 五十嵐可絵 レ ... » more

『赤毛のアン』第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」 前回も書いたとおり、パソコンから突然音声が消えてしまったために(泣)、ここからは動画のチェック☆なしで、村岡花子さん訳の原作『赤毛のアン』をベースに話を進めていきたいと思います。でも、『赤毛のアン〜アニメ放送30周年記念サイト〜』さんと ... » more

きのうから何故か突然、パソコンが無音になりましたww何が原因かさっぱりわからないんですけど、そんなわけで画像が見れなくなってしまったんですよいえ、絵だけは普通通り見れるんですけど― ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その4〜 「海ってすてきね?」さっきからずっと目を大きく開いたまま黙っていたアンが、口を開いた。「トマスさんのところにいた頃、馬車で十マイル離れた海岸へ、あたしたちみんなを連れていってくださったことがあったのよ。その日は一日中の一分一分を楽し ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その3〜 「ねえ、あたしこのドライブを、大いに楽しむことに決心したわ」と、アンは打ち明けた。「楽しもうとかたく決心さえすれば、たいてい、いつでも楽しくできるのがあたしのたちなの。せっかくドライブしている間は、孤児院へ帰ることは考えないで、ただドラ ... » more

この章は正直いってわたし、そんなに何度も見たいと思ってませんでした……。何故といって、アンの生い立ちについての話があまりに悲しいものなので、自分もアンと同じ気持ちになるあまり、心がこう暗くなると言いますか(感情移入しすぎ^^;)。そ ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その2〜 「あの窓に置いてあるアオイの花は、なんていう名前なの?」「あれはリンゴアオイって言うんだよ」「あの、そういうんじゃなくて、おばさんがつけた名前よ。名前、つけないの?なら、わたしがつけてもよくって?あれに――ええと――ボニーがいいわ。 ... » more

今回は、アン語録のオンパレードな回なので、そのすべてを抜き書きしたいような気持ちになってしまいます♪(^^)でも章のタイトルが「グリーン・ゲイブルズの朝」なので、<朝>に的を絞ってアンの名言をまとめてみようかな〜なんて思ったり……あ、そ ... » more

さて、今回は『赤毛のアン』の第2話「マリラ・カスバート驚く」です♪てっきり男の子がやって来るものだとばかり思っていたマリラ……彼女は驚いて「マシュウ、それだけなの?男の子はどこにいるんです?」と叫びます。 ... » more

『赤毛のアン』の小さなコラム〜その1〜 「あら、またサクラが咲いているわ。この島みたいに花でいっぱいのところはないわ。あたし、もう好きでたまらないわ。プリンスエドワード島は世界で一番きれいなところだっていつも聞いていたから、自分がそこに住んでいるところをよく想像したけれど、まさか ... » more

赤毛のアン、第1話「マシュウ・カスバート驚く」 さて、まずは『赤毛のアン』の第1話からはじめたいと思います♪全話ではないんですけど、ようつべのほうで『赤毛のアン』のアニメ動画を発見したので、その動画を貼りつけつつ、順を追って感想を書いていこうと思っています(^^ ... » more

子育てを楽しもう!森ガール って?
森ガール って? 森ガールこんな言葉があるのを、初めて知りました。これなら、昔から好きな世界ですね。コットンや麻などの、ナチュラルな素材。ちょっと生地は多めで、長すぎない、フレアーやタックギャザーで裾の広がったスカート。 ... » more

突然ですが、先日の続きのお話です。シャーロットタウンの観光案内所で、と先日書きましたが、キャベンディッシュだったかもしれません。その時書いたメモを引っ張り出せばよいのですが、あいにく手元には今ありませんので、その点のあいまいさはご勘 ... » more
テーマ B&B 赤毛のアン 旅行

私がカナダに行ったのは、グリンゲイブルスが火災に遭う前でしたから、今はちょっと事情が違うかもしれません。また、行った時期が夏休み、ということもあって、たくさんの日本の方にお会いしました。大げさでなく、毎日一回は、日本の方と日本語でお話ししま ... » more

今を去ることx年前、赤毛のアンのミュージカルを見るためだけに、カナダはプリンス・エドワード島へ出かけました。無謀にも一人旅。大胆にも自由旅行。自慢するわけではありませんが、英語は大の苦手です。(自慢になってませんネ。)でも、ユースホステ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 14:46

「赤毛のアン」のブログ関連商品

» 「赤毛のアン」のブログレビュー をもっと探す

「赤毛のアン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る