誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の将来

日本の将来

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日本の将来」のブログを一覧表示!「日本の将来」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の将来」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の将来」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

脱原発側論とその他の影響・・・・原発反対で首相官邸前でデモをしている人の代表者と国会議員や評論家のDISCASSIONを聞いていると、彼等は直ぐ原発を止めて火力等のエネルギー源に切り替えた場合電力供給は停電しないで、何とかなるという感情論で ... » more

ミニ冷戦時代かも・・・・シリアに昔行った時には良い国のように思われた。今内戦状態なのはアラブの春の影響だろうが、 一向に終焉しないのはセミ冷戦の所為ではないだろうか、相変わらず中露と欧米諸国は対立しミニ冷戦を形作っているのではないだろうか。 ... » more

オスプレイの配置には問題ないように思われるが、オスプレイには2種類あるそうだ。 特殊作戦用の空軍仕様CV22と今回日本に配備しようとする人員・物資輸送用のMV22、CV22の事故率はMV22の約7倍あるそうだ 、MV22の事故率はは現在の沖 ... » more

EU諸国でギリシャが破綻し、今スペイン・イタリア等の国々も、やがてフランスもと言われ、それをドイツ一国で支えようとしている、これを独国民の与論は反対であるらしい。その理由は全体としての歳入に対して加入17国は責任を持たずに安易にバラマキを増 ... » more

国民の生活が大切なのは政党なら当たり前の事で、民主党が「国民の生活が『第一』」と言うスローガンを掲げているときに不自然を感じていた、第一に国民の生活を掲げる野党のような与党に不自然を感じていた。まあ、スローガンだからと思っていたが、小沢新党 ... » more

中国は嵩にかかっている・・・私の主張・越前の裁き・その1207 中国が尖閣諸島の領有について一層態度を強くしているようだ。中国の公船は日本の領海侵犯を強めているし、中国共産党の機関誌である人民日報は「武力衝突に発展すること」をちらつかせ、国防大学の校長は「沖縄は中国の属領」との発言をしている。南シナ海で ... » more

「片手の拳を振り上げて、片手で握手する」と言う外交方針はルーズベルト大統領の言った事のもじりだが、「東日本大震災に対して首都圏直撃を含む震災の再来に対しての国土強靱化」による国内投資の拡充及びそれによる失業の解消というデフレの克服の為の国内 ... » more

教育制度を再考しよう・・・・アジアの諸国は嘗て日本の教育程度の高さが敗戦した日本が再び起ち上がりアジアで一番の先進国になった理由だとして、日本に追いつき追い越せと教育を振興した。この国の政策に基づきアジア諸国の親達は、子供達の教育に狂奔した ... » more
テーマ 原発とエネルギー問題 日本の将来 国際問題

先日テレビを視ており、コメンテーターの一人は「生活保護を受けるのは恥である」と言い、もう一人は「権利である」と言っている。確かに憲法第二十五条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と書いてありその実施法令 ... » more

だるまの形によく似てる・・・・「てっちゃん手が無い足がないだるまの形によく似てる」とはやし立てられて小学校での私の綽名は「だるま」だった。祖父が後援会長をしていた代議士の粕谷義三氏の事務所の写真に写っていた大きな達磨は眼玉がなかった、当選す ... » more

社会保障政策を振り捨てて、野党を味方に付け増税のみの法案の衆議院議決をかちとった。これで国債の国際的評価に対する言い訳は出来、日本財政の国際資本に対する言い訳によって国債利息の急激な上昇は防げて財務省はやれやれ一服と言うところだが、何に ... » more

日本のエネルギー生産方法として色々なものが考えられるが、現状でのその使用量から視て冷静に言えば今後数十年の間は相当部分を原子力に頼らざるを得ないのではないだろうか。こうして考えると我々は余りにも原発について無知であるし、専門家はその入り口の ... » more
テーマ 原発とエネルギー問題 日本の将来 社会時評

中国は大国ではない・・・・戴乗国国務委員が「フィリピンのような小国は大国をバカにすべきではない」と言い放ったそうだ、と言う事は戴乗国国務委員は中国を大国だと思いフィリピンを小国だと思っているらしい。大国だと思うのは勝手だが、GDPが大きくな ... » more

精神文化と物質文化・・・私の意見・黄門様の印籠・その1206 憲法第25条は「日本国民の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保証とている。しかしこれを良く読んでみても、或いは他の条文を読んでみても、「文化的な」と言う文化は「物質文化」を指し示しているようで、「精神文化」を含んでいるとは思えな ... » more

何故ドイツが経済的には実質的EUの盟主となっているのか、嘗て敗戦国でありながら日本とドイツは東西に並び立つ経済面で盟主たる地位を築いていた。然るにドイツは1990年に東西両ドイツを統一して、以降「欧州の病人」と皮肉られる程財政は悪化 ... » more

政界にはヌエは必要ない・・・・「猿の頭に、タヌキの胸、虎の手足、蛇の尾」どうやら輿石幹事長を指すらしいが、まあ言い得て妙とは言え、この跳梁跋扈を永田町で許しては日本の行く末はどうなる事やら気遣われる。輿石幹事長はヌエ的存在らしいが、民主党で ... » more

大学を作り過ぎてはいないか、嘗てよりの私の持論だが、教育期間を幾ら長く取ったとしても九九が充分に言えない大学生とか、因数分解の出来ない大学生を幾ら養成しても日本の為にはならない。子供を遊ばせる為に学校制度を拡充することほど経費の無駄使いはな ... » more

日本政府よシッカリしろ・・・字数に制限されない私のつぶやき・その1206 韓国や韓国系米国人が嘗ての一揆の筵旗ように「慰安婦像」を押し立てて日本政府を強迫するやり方は何とも下品だ。そもそも40年の日韓請求権協定に於いて日本国が個人補償を行うと主張したにも拘わらず「一括して韓国政府に支給し個人補償は韓国政府が行 ... » more
テーマ 慰安婦像問題 日本の将来

スカイツリーの開業についての雑感・・・・スカイツリーの近隣の人達も立場によって色々な感想を持っているようだが、皆が困っているのは若者のマナー違反・無謀行為だろう。これらは教育の問題だが、多少はその様な分子が発生することは如何にマナー教育を徹 ... » more

駄言人を刺す時もあるPart7・・私の感想・徒然草・その1205 政治生命を賭ける・・・・野田首相は頻繁に「政治生命を賭ける」と言っているが彼の政治生命を賭ける為には支持する人達が居る筈だ。それは与党なのか、自民党を含む国会なのかハッキリしない。首相が「政治生命を賭ける」と言う以上通常国会の会期末までに「 ... » more

Sharpはインドネシアで白物家電で一位だそうだ、それはインドネシア国民の日本製品の品質に対する信頼度もあるが、それはやがて追い越されるだろう。何故Sharpが一位を維持しているか、それは移動修理車の巡回にあるようだ。しかしこの方式はやがて ... » more

尖閣を実質護れ・・・・陸海空3自衛隊の尖閣奪還作戦を策定している、さらに3隊の総合運用によって迎撃能力の強化策も検証しているらしい。私には理解出来ない、「奪回」は相手の「占領」を前提にしているが現在日本が実質支配しているので、それを護るのが ... » more

中国を製造拠点として日本企業が国外に流出しだしたのは、最近のことではなく、人件費の安く世界の工場を標榜していた中国に製造拠点を移し日本国内の雇用を圧迫しだしてから長い年月が経っている。この事による人件費の安さのみを追い掛けての産業の空洞化は ... » more

駄言人を刺す時もあるPart5・・私の感想・徒然草・その1205 日本人の絆・・・・新聞報道ではミラノで中国人が近年増えているが、その事は事業に成功した中国人は直ぐ家族を呼び寄せる為で、日本人も絆、絆というならこれを見習うべきだと書いている。まあ中国人の家族血脈の絆を大切にするのはいまに始まったことではな ... » more
テーマ 中国問題 日本の将来 憲法問題

長年縦割り行政の弊害は言われてきて、何か官庁の許認可が必要である業務を始めようと思ったら色々な役所を廻らなければならない。将に「手間と費用は民間持ち」の言葉の如く時間と費用の掛かる事、読んで字の如くである。これは明らかに許認可の窓口がそれぞ ... » more

コンピューター暴走? ゴールデンウィークも終わり、いつもの生活(私には無縁ですが?)に戻りましたか?関東では竜巻で大変でしたが・・・(温暖化が原因ですよね)。久しぶりに「数字」の問題をやりましょう。普段の生活の中での『進数』は、10進数と60進数が使われています ... » more

電力会社よ裸に成れ・・・・電力料が値上げされたら、大企業は国外に逃げる方法があるが、中小企業には国内で対策を考えるしかないが、その対策で及ばない時は廃業・倒産しかない。既に節電対策を色々と取っていて使用電力量は相当落ちている、それをベースに ... » more

素人の憲法解釈・・・私の意見・黄門様の印籠・その1205 芦田 均は法学博士だったが、彼が憲法を専門としていたかどうかは知らない。現在の憲法制定時に、第9条に現在の2項を付け加えたのは彼だと世上言われている、所謂芦田修正だが、彼の本意がどうであったか彼亡き後の現在では知るよしもないが、その後の自衛 ... » more

駄言人を刺す時もあるPart2・・私の感想・徒然草・その1205 国際ルールに基づく新憲法を・・・・オバマ大統領は野田首相との会談の後「成長を続けて、影響力を拡大させていくにつれ、中国は力強いパートナーとして国際規則と規範を遵守しなければならない」と言い、続けて「大国であれ小国であれ、問題解決に際しては国 ... » more

決して小沢一郎氏の政局的見方に加勢するわけではないが、家庭の可処分所得がどんどん減っている現在増税論議を持ちだすべきではない。「入るを諮る」は「出るを制す」後に行うことであって、国会は取り決め、内閣は方針的な数字を各省庁に指 ... » more
テーマ 増税問題 民主党政権 日本の将来

 

最終更新日: 2016/12/02 13:33

「日本の将来」のブログ関連商品

» 「日本の将来」のブログレビュー をもっと探す

「日本の将来」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る