誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新聞

新聞

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新聞」のブログを一覧表示!「新聞」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新聞」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新聞」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、2004年2月の曲で、おもに「Jupiter」が取り上げられていました。「Jupiter」は、読者のベスト15は2位、当時のオリコントップ10は1位です。この曲は、平原綾香さんの ... » more

藤井龍二の馬耳映風課外授業吉祥寺
課外授業吉祥寺 吉祥寺にある成蹊学園で講演やってきた。ここの地学の課外授業の一環として小・中学生相手に天文のお話を一席。通常は天文の専門家がするらしいが今回はなぜか私がやることになった。今月はスーパームーンや皆既月食と話題が多いので、そ ... » more
テーマ 天文 新聞

産経新聞で、7日から特集記事の連載が始まった(今日で6回目)。<40年目の検証/私の拉致取材>というタイトルの、北朝鮮による日本人拉致事件の取材とその報道を振り返る企画だ。書いておられるのは、元産経新聞社会部記者の阿部雅美氏 ... » more
テーマ 時事 生活 新聞

 ラムダ音楽日記「お茶の間演奏会」
きょうの朝日新聞朝刊に、「お茶の間演奏会」と書かれたCDの広告が載っていました。懐メロというべき歌手たちのベストアルバムが中心です。2枚組で1980円(税別)というのは、なかなかお得です。ただ、わたしが興味を持ったのは、レイモン・ルフェ ... » more
テーマ 音楽 新聞 CD

きょうの朝日新聞夕刊に、安室奈美恵さんのベストアルバム「Finally」の売上げが、発売2か月で200万枚を突破したという記事が載っていました。200万枚突破は、安室さんのアルバムでは、1996年の「SWEET 19 BLUES」以来2 ... » more
テーマ 音楽 新聞 CD

「読売新聞@1/1」昨日の読売新聞、「元日第2部テレビ・ラジオ」…の所に嵐さんの大きな写真が載っています!新聞販売店で数日在庫があると思いますのでチェックしてみて下さいねー♪読売新聞文化部KA ... » more

人生二毛作の田舎暮らし日に新た
日に新た 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお付き合いをお願いいたします。朝日新聞の社説は『きたるべき民主主義』〜より長い時間軸の政治を〜の見出しで掲載された。非常に的確な論調と言える。『アベ政権に ... » more

藤井龍二の馬耳映風ゆく月くる月
ゆく月くる月 恒例のゆく月くる月。「どこかで除夜の鐘がなってる」「年をまたいでの月見は格別だね」「今年は太めの正月だ」「2日はスーパームーン満月ですからね」「アメリカなら正月スーパームーンだ」「1月は31日も満月で皆既月食にな ... » more
テーマ 天文 新聞

きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」は、秋山和慶さんの14回目(最終回)で、「音楽の前では誰もが未熟で対等」という見出しでした。なかほどにピンカス・ズッカーマンとのエピソードが紹介されています。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を ... » more

12/28(木) 7:55配信 産経新聞【ソウル=名村隆寛】 慰安婦問題をめぐる日韓合意に従い、日本政府は2016年8月、元慰安婦の女性らを支援する韓国側の「和解・癒やし財団」(同年7月に発足)に10億円を拠出し、国としての責務 ... » more
テーマ 韓国 新聞 慰安婦

きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」は、秋山和慶さんの10回目で、「被爆地から音楽 格別の責任感」という見出しでした。被爆地というのは広島で、秋山さんは、今年3月まで広島交響楽団の音楽監督を務めていたのです。「言葉や文化の壁を越え、 ... » more

きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」は、秋山和慶さんの7回目で、「崖っぷちの体験 でもすごく充実」という見出しでした。秋山さんが、東京交響楽団の専属指揮者になったと思ったら、オーケストラが突然破綻ということになってしまいます。秋山さ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」は、秋山和慶さんの7回目で、「軍楽隊あがりの猛者らにひるまず」という見出しでした。秋山さんは、22歳の若さで、東京交響楽団の専属指揮者になります。しかし、見出しにあるように、楽員は軍楽隊あがりの猛 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊の新譜紹介のページに、「宗教改革500年のルター企画聴き応え十分」という見出しの記事が載っていました。今年2017年は、ルター宗教改革を始めてからちょうど500年になるのだそうです。そんな節目の年ですから、それを記念 ... » more
テーマ 音楽 新聞 CD

藤井龍二の馬耳映風マンガ天文学入門
マンガ天文学入門 大宮東光寺でやった「楽大・楽天マンガ天文学」の 講座が終わった。やれやれ、これで一安心。想定していなかった多くの人が来て狭い会場は満席になってしまった。ちょっと時間をオーバーしてしまったが天文ニュースにアメリカ日食報告、 ... » more
テーマ 天文 新聞

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1981年12月の曲で、おもに「みちのくひとり旅」が取り上げられていました。 「みちのくひとり旅」は、読者のベスト15は5位、当時のオリコントップ10も5位です。この曲は、山本譲 ... » more

きょうの朝日新聞朝刊の「人生の贈りもの」は、秋山和慶さんの1回目で、「理想は『振ってたの誰だっけ?』」という見出しでした。この見出しは、秋山さんの指揮の理想で、お客さんが、いい音楽を聞いたけれど、振っていたのは誰だっけと言いながら帰って ... » more

未だ初心忘れず「新聞記者」(望月衣塑子) 官邸の記者会見で、新聞記者が注目を集めることは稀有であるが、東京新聞の望月記者は、森友・加計問題で鋭く官房長官に迫る姿で、相当に注目を浴びた。勿論、見るものは、現政権に対するスタンスに依って、望月記者に対する見方も、賛否分かれる処で ... » more
テーマ 読書 新聞 政治

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1975年3月の曲で、おもに「22才の別れ」が取り上げられていました。 「22才の別れ」は、読者のベスト15は2位、当時のオリコントップ10は1位です。この曲は、風のデビュー曲で ... » more

藤井龍二の馬耳映風開明墨汁
開明墨汁 「開明墨汁」の取材に行った。普通の人が墨汁に接するのは年賀状や書き初め(いまやる?)の時くらいしかないがわれわれ漫画家にとっては、これがないと仕事にならない。最近はマーカーで描くことも多いが昔からスミ入れ、ベタ塗りで超お ... » more
テーマ アート 美術 新聞

きょうの朝日新聞夕刊に、「街が個性持ち、オケに地方色を」という見出しの記事が載っていました。この記事は、井上道義さんが、来年3月でオーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督を退任することに関係して、区切りをつけつつある地方での活動について ... » more

野球の英語朝日新聞 GLOBE紙 に田沢投手
本日の朝日新聞日曜版『GLOBE』紙に掲載されたインタビュー記事にマーリンズ・田沢純一投手が取り上げられました。ほとんど無名だった高校時代からレッドソックスでワールドシリーズを制するまで、本人の言葉を交えた構成になっています。 ... » more
テーマ 記事 新聞 野球

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1993年2月の曲で、おもに「慟哭」が取り上げられていました。 「慟哭」は、読者のベスト15は8位、当時のオリコントップ10は6位です。この曲は、工藤静香さんの最大のヒット曲です ... » more

「第4回キャラクターアート展 」開催 12月2日から「第4回キャアラクターアート展」が始まる。1日はその搬入。今年は総勢44人のアーティストが集まった。搬入の時はゆっくり見られないから、2日の初日でじっくり見よう。ちょうど締め切り最中なのでぎりぎり仕上げ。 ... » more
テーマ アート 美術 新聞

きょうの朝日新聞夕刊に、明日公開の映画「プラハのモーツァルト」の広告が載っていました。この映画は、モーツァルト生誕260年記念で、「誘惑のマスカレード」という副題がついています。また、『「ドン・ジョヴァンニ」は愛のレクイエムだった。』と ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、「異邦人の痛み ヒーローに重ね」という見出しで、「ウルトラセブン」の音楽を担当した冬木透さんについての記事が載っていました。「ウルトラセブン」には、まだ本土復帰前だった沖縄の空気も投影されているといいます。ただ、 ... » more
テーマ 音楽 新聞 テレビ

きょうの朝日新聞朝刊に、「日本オケ育てた晩成の巨匠」という見出しの記事が載っていました。これは、チェコの指揮者ラドミル・エリシュカが、10月に大阪と札幌で最後の来日公演を行ったことに関係する記事です。「無名に近い高齢の外国人で、日本の楽 ... » more

子連れ長崎(3)V・ファーレン長崎のJ1昇格を伝える長崎新聞そして徳永の移籍 奥さんのふるさと長崎で、捨てずに置いといてもらったV・ファーレン長崎J1昇格決定翌日の長崎新聞。1面の大半と、スポーツ面2ページ、社会面2ページを割く特報ぶり。いいね、いいね。NHK長崎ではゴールデンタイムに特別番組やってたし、メディア ... » more
テーマ 長崎 新聞 V・ファーレン長崎

きょうの朝日新聞夕刊に、「クラシックは全ての人のために」という見出しの、サイモン・ラトルのインタビュー記事が載っていました。ラトル/ベルリン・フィルは、今月23〜25日、川崎・東京で、ラトルの芸術監督としての最後の日本ツアーをおこなった ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1969年12月の曲で、おもに「ドリフのズンドコ節」が取り上げられていました。 「ドリフのズンドコ節」は、読者のベスト15は4位、当時のオリコントップ10は2位です。この曲には元 ... » more

 

最終更新日: 2018/04/17 08:17

「新聞」のブログ関連商品

» 「新聞」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る