誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新聞

新聞

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新聞」のブログを一覧表示!「新聞」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新聞」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新聞」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

きょうの朝日新聞夕刊に、井上道義さん指揮大阪フィルの演奏会評が載っていました。「喜怒哀楽のままに 夢の革命」という見出しがついています。それは、まず、演奏されたのが、ショスタコーヴィチの交響曲第11番「1905年」と交響曲第12番「19 ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1970年7月の曲で、おもに「経験」が取り上げられていました。「経験」は、読者のベスト15は8位、当時のオリコントップ10は2位です。当時、辺見マリさんは、19歳だったとは知りま ... » more

藤井龍二の馬耳映風TRAPPIST-1
TRAPPIST-1 すごいニュースが発表された。TRAPPIST-1という恒星系に惑星が7つもあり、それらの多くがハビタブルゾーンに入っているということ。ハビタブルゾーンは主恒星から程よい距離にある惑星に適度な温度で水などが存在し生命の発生 ... » more
テーマ 天文 新聞

きょうの朝日新聞夕刊に、東京オペラ・プロデュースの「ベルファゴール」の演奏評が載っていました。「ベルファゴール」は、レスピーギの6作目の歌劇だそうです。今回が日本初演だそうで、東京オペラ・プロデュースは、いろいろな作品の日本初演を多く手 ... » more

本日2月15日(日)の朝日新聞要チェック!!です!朝日新聞DIGITAL嵐・大野さん「計り知れない迫力」草間彌生さんと対談構成=編集委員・大西若人2017年2月18日19時06分旺盛な制作を続ける前衛 ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1982年2月の曲で、おもに「夢の途中」が取り上げられていました。「夢の途中」は、読者のベスト15は4位、当時のオリコントップ10も4位です。「夢の途中」は、「懸念もあったアイド ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、「昭和21年2月、広島の『未完成』」という見出しの全面広告が載っていました。広告といっても、商品の宣伝などではなく、特定非営利活動法人「音楽は平和を運ぶ」が、昭和21年2月に、広島で「未完成」が演奏されたことを紹 ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、内田光子さんがグラミー賞を受賞したという記事が載っていました。内田さんが、ドイツのソプラノ歌手、ドロテア・レシュマンさんの伴奏をした、歌曲アルバム「シューマンのリーダークライス、女の愛と生涯/ベルクの初期の7つの ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1979年12月の曲で、おもに「異邦人」が取り上げられていました。「異邦人」は、読者のベスト15は1位、当時のオリコントップ10も1位です。「異邦人」については、少し前に、編曲に ... » more

「朝日新聞さいたま文化」の2月分の葉書が届いた。私としても、毎月、今ごろ届くので準備はしていたが、ひとつだけ驚いたことがある。それは選評の締め切りがとても早いこと。本当に数日しかない。ということは新聞紙面に掲載される ... » more
テーマ 俳句 生活 新聞

きょうの朝日新聞夕刊に、全国共同制作プロジェクト「蝶々夫人」の公演評が載っていました。全国共同制作プロジェクトというのはなにかと思ったら、国内4劇場の共同制作ということのようです。このことについてはとくに書かれていませんが、新しいやり方 ... » more

ボランティアの贈り物(新聞記事のペン立て) 先週の金曜日、我が家に電話がかかってきた。「1月6日の中日新聞に記事が載ったサバーイさんでしょうか?」突然の電話に(なんだろう!!??)と戸惑いながら「はい、そうです」と答えた。「私たちはボランティア活動で、記事に掲載された ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1975年2月の曲で、おもに「私鉄沿線」が取り上げられていました。「私鉄沿線」は、読者のベスト15は2位、当時のオリコントップ10は1位です。野口五郎さんについて、デビュー前から ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、「ドミンゴ 特別な日本の夜」という見出しの記事が載っていました。ドミンゴは、3月13日にルネ・フレミングと一夜限りの日本公演をおこなうのだそうです。これは、「ドミンゴの日本公演の企画・制作を手がけてきた音楽プロデ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、鈴木雅明さんとバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)が、ミサ・ソレムニスに挑戦するという記事が載っていました。2月3日に、東京オペラシティコンサートホールで演奏するということです。鈴木雅明さんとバッハ・コレギウム ... » more

2016.12.18 13:56【野口裕之の軍事情勢】安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問は、大東亜戦争で激烈な戦いを繰り広げた主敵が米国だった不動の史実をクッキリと浮かび上がらせる。半面、日本を打ち破り、独立を果たしたと、「 ... » more
テーマ 韓国 新聞 中国

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1990年7月の曲で、おもに「おどるポンポコリン」が取り上げられていました。「おどるポンポコリン」は、読者のベスト15は1位、当時のオリコントップ10も1位です。この曲は、一度聞 ... » more

鎌倉佐弓埼玉新聞選句
埼玉新聞俳壇欄の選句が終わり、選評を新聞社に送った。今回、選んだのは2月12日の掲載分。本来ならば13日(月)に掲載されるのだが、その日は新聞休刊日に当たっているので、12日ということになった。1日前倒ししても俳壇欄は掲載す ... » more
テーマ 俳句 生活 新聞

朝鮮日報日本語版 1/21(土) 7:01配信日本について学び直す必要を感じたのは、10年ほど前に日本古代の中心地である奈良を訪れた時だった。それまで、日本の古代文化は韓半島(朝鮮半島)文化の複写版だと思っていた。実際には違った ... » more

 ラムダ音楽日記「編曲家 歌に魔法」
きょうの朝日新聞朝刊に、「編曲家 歌に魔法」という見出しの記事が載っていました。見出しの通り、普段それほど語られないのではないかと思う、編曲家の仕事のついての記事です。曲に関しては、編曲よりも作曲の方が重要なのだろうと思いますが、曲の印 ... » more

きょうの朝日新聞別冊be「もういちど流行歌」のコーナーは、1978年5月の曲で、おもに「時には娼婦のように」が取り上げられていました。「時には娼婦のように」は、読者のベスト15は12位、当時のオリコントップ10は2位です。この曲は、作詞 ... » more

藤井龍二の馬耳映風体温計
体温計 テルモの取材に行った。ご存知体温計のトップメーカだがメインの業務は病院関係。使い捨て注射器や血液バッグなどここが開発した。体温計は業務の1%にも満たない。国産水銀体温計を初めて作った会社。いまはデジタル式になって ... » more
テーマ 新聞 旅行

きょうの朝日新聞朝刊に、ラトルのブラームス 交響曲全集の広告が載っていました。これは、CDでもSACDでもなく、ダイレクト・カッティングLPと書かれたアナログレコードなのです。ダイレクト・カッティングとは、マイクで拾った音をそのままカッ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、「光カートリッジ現代技術で再び」という記事が載っていました。光カートリッジというのは、アナログレコードを再生するカートリッジの一種です。普通のカートリッジは、「レコード針の動きを磁石とコイルで」とらえるので、磁界 ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、「音響の巨匠 名門楽団魅了」という見出しの記事が載っていました。音響の巨匠とはロサンゼルスに住む音響設計家 豊田泰久さんのことで、担当したホールの音響に魅せられた多くの指揮者や演奏家が、さらに依頼をしてくるのだそ ... » more

鎌倉佐弓朝日新聞と埼玉新聞
俳句の葉書を見ている。今日は朝日新聞さおたま文化のために10句選び、選評を書いて送った。今月はゆっくりできないとと思っていたところに、今度は埼玉新聞の俳壇欄のための葉書が届いた。届くと思っていたけど、二つが重ならない ... » more
テーマ 俳句 生活 新聞

2016.12.18 13:56【野口裕之の軍事情勢】安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問は、大東亜戦争で激烈な戦いを繰り広げた主敵が米国だった不動の史実をクッキリと浮かび上がらせる。半面、日本を打ち破り、独立を果たしたと、「 ... » more
テーマ 韓国 新聞 中国

ダイヤモンド・オンライン 1/12(木) 6:00配信 安倍晋三政権が毅然とした外交姿勢を示した。釜山の日本総領事館前に昨年末、“慰安婦像問題”の象徴とされる慰安婦少女像が新設された。これは、2015年12月の「日韓合意」に反す ... » more

藤田結子「働く母親はなぜ謝るのか」12 冒頭に赤坊写真を掲載する記事と子供写真年賀状の未熟傲慢 [第495回]「毎日新聞経済プレミア」に掲載され、一時、ヤフーニュースにも掲載されていた、慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんの「働く母親はいつまで謝り続けるのか」というコラム(http://mainichi.j ... » more

高校生の危機!安倍の国民洗脳【4大新聞】を全国の公立高校に税金で!大新聞が安倍政権にジッポを振りたく 高校生の危機!安倍の国民洗脳【4大新聞】を全国の公立高校に税金で! 大新聞が安倍政権にシッポを振りたくなるわけだ!露骨なメディア懐柔、税金で「大新聞拡張」手伝う安倍政権! 露骨な ... » more

 

最終更新日: 2017/02/28 02:15

「新聞」のブログ関連商品

» 「新聞」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る