誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生物多様性

生物多様性

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生物多様性」のブログを一覧表示!「生物多様性」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生物多様性」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生物多様性」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

サンゴの調査(リーフチェック) 琉大海洋学部に所属する海洋学者及び研究者の皆さんが東海岸のサンゴや生物の調査のため浮原島周辺と宮城島周辺で行われました。160余りの島々からなる沖縄県は東西約1000kmにも及び本州の3/2の ... » more
テーマ 生物多様性 リーフチェック 造礁サンゴ

静岡県 朝霧高原 「富士山麓地域づくり講座」 富士山地域づくり講座を受講しました。富士山の麓、朝霧高原のふもとっぱらキャンプ場に集合。朝霧高原の茅場の自然について少し勉強して、今後の茅場の多面的機能と生物多様性の調査について話を聞くことが出来ました。複数年に ... » more

生物多様性は農地から 「オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか」 集英社インターナショナル 2015.6.30著者はサントリー・エコ戦略部勤務の研究者。本書は生き物の世界は必ずピラミッド型になるとし、ピラミッドの基盤である土壌に注目し、身近な環境に生 ... » more
テーマ 生物多様性

11月15日 生物多様性セミナー (江戸家 猫八) 朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会主催の「生物多様性佐渡戦略推進フォーラム」に参加してきました。基調講演の江戸家猫八さん目当ての感も大分ありましたが(笑)会場へ向かう車中のラジオで、猫八さんが北海道のとある町で喋っている放送があ ... » more

10月27日 水温14℃でもイトミミズ活躍 今朝は、最低気温16℃。25日26日と10℃だったのに6℃も高い。トロトロ層を作ってくれるイトミミズが今でも動いているかどうか見てみました。写真は、田圃の中の水溜り、水温は14℃。ユラユラと動いているイトミミズを見る ... » more

10月16日 食品衛生責任者養成講座受講 自分で育てた農産物を加工販売するために食品衛生責任者の養成講座を受講してきました。主に食中毒に関する講義が中心でした。当面、生ものは考えていませんが、食べ物を扱うのは注意が必要ですね。このところ大分寒くなってきました ... » more

10月15日 土つくり MAIENZA 朱鷺のめぐみ 散布 良い土を作るために自家製の環境浄化・微生物資材を散布しました。納豆,ヨーグルト,酵母と砂糖で作った 「MAIENZA 朱鷺のめぐみ」です。コンバインで刈り取った稲は、藁を短く切り落として田圃に残します。この藁が腐熟す ... » more

10月15日 有明の月 早朝、胡桃拾いに山の田へ行きました。地面ばかり見て歩く中で、ふと上を見上げると真っ青な空の中に有明の月が。(月の周りは胡桃の木の枝、下は栗の木)夏場、沢山の実がついていたのに探しても一粒も見つかりません。結局、月 ... » more

10月13日 生物多様性とトロトロ層 土壌診断に出すサンプルを取りに行きました。一枚の田圃の5か所から移植ゴテ半分くらいの土を採取し、乾燥させて分析に出します。農業は、土壌から栄養を吸って生育した植物を持ち去って利用する行為であるため、減少した栄養分を補給しなけ ... » more

9月24日 生物多様性といっても、これは勘弁してよ 山の下の田の畔を歩いていて、ドッキッとしました。マムシです。草刈しているときに出会うと、鎌首を持ち上げて威嚇するのですが気温が下がっているせいなのかジーッとしていて動きません。それでも、爬虫類と両生類の苦手な自分とし ... » more

8月20日 赤とんぼ 赤とんぼです。これから稲刈り時期にかけてどんどん増えていきます。稲刈り時期には、雌雄合体して飛びながら田圃で産卵します。その時には写真を撮りたいのですが、コンバインに乗っているので撮れるかどうか? ... » more

8月14日 麦わらトンボ 麦わらトンボを撮りました。 ... » more

6月3日 手造り微生物資材「朱鷺のめぐみ」での栽培実験開始 生き物と共生する農業の一環で、減農薬・減化学肥料栽培(減減栽培といい、農薬と化学肥料を慣行農法の50%削減)に取り組んでいます。更に減らした取り組みができないかと実験を始めました。写真左:対象区右:実験区各1株3本植え ... » more

イザナミのホトに想いを寄せて4 究極の神なりの儀式↓熱帯ジャポニカを神として祀る(対馬)オオゲツヒメイザナミハイヌヴェレは記紀においてはおどろおどろしい化け物の類いにおとしめられていることについては前に述べたが、離婚言い渡しのためには体の良いこじつ ... » more
テーマ 癒麻理(ゆまり) 生物多様性 オオゲツヒメ

大雪を迎えて大切な準備 ミツバチのメンテナンス。12月8日(土)。天気予報では寒くなると伝えていますが、まだ天気は悪くはありませんでした。いつもどおりの清掃作業。若干巣クズが多かったです。また、ミツバチがいつもと違い髪の毛の中や首筋に入り込んできたり、 ... » more
テーマ 都市養蜂 生物多様性 ミツバチ

処暑目前なれど・・・ 暑いです。。。草生す「生物多様性センター」下の公園もうっそうとした緑に覆われています。ハチたちの居場所もりっぱな木々に守られて・・・暑い中、ミツバチたち、頑張っています。巣箱が湿ってい ... » more
テーマ 都市養蜂 生物多様性 ミツバチ

技術士受験ノートH23 環境白書 抜粋
(1)我が国の持続可能性の現状我が国において、持続可能性はどのような現状にあるのでしょうか。まずは、世界的に持続可能性が懸念されている問題に関わる環境負荷のうち、温室効果ガスと天然資源消費の状況を見てみます。さらに、自然資源のストッ ... » more
テーマ 環境白書 生物多様性

建設環境AからQ:生物多様性の保全及び持続可能な利用について、以下の問いに答えよ。(1)わが国における生物多様性の危機の現状と背景を述べよ。(2)河川〜等のうち、いずれかを選び、その地域の目指すべき生物多様性の方向を示し ... » more
テーマ 想定問題 生物多様性 修正後

建設環境AからQ:生物多様性の保全及び持続可能な利用について、以下の問いに答えよ。(1)、わが国における生物多様性の危機の現状と背景を述べよ。(2)、河川〜等のうち、いずれかを選び、その地域の目指すべき生物多様性の方向を示し ... » more
テーマ 建設環境 生物多様性 修正後

世界自然保護基金(WWF)ジャパンは17日、目的外の魚や海鳥などの誤った捕獲を防ぐための技術に贈る「国際スマートギアコンテスト」で、日本人が初めて大賞を受賞したと発表した。受賞者は遠洋マグロ漁業の第5福積丸漁労長、山崎一弘さ ... » more
テーマ 生物多様性

ゴミ拾い理論MISIAと生物多様性条約
女性R&BボーカルMISIAは環境保護の1つである、生物多様性条約の名誉大使らしい。http://www.misia.jp/index_main.html生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)記念10種シート世界の ... » more

ヤマノカゼ。ツチノカオリ。。稲掛け
稲掛け 里山自然環境整備士の認定研修では稲刈りから稲掛けまでの作業も教えていただきました。まずは稲刈り。手刈りしながら、田の土をよくみると、いろんな種類のカエルやおケラ、ヤゴ、タイコウチなど発見{%ハート ... » more
テーマ 日記 自然栽培 生物多様性

矢田山自然塾で この畑、土の香りが違うね。匂いがしない。山の土みたいな・・。ね、自然栽培の田畑ってたくさんのいろんな種類の生きものがいるよね。キレイな土と水と緑いっぱい。私にも居心地いい。ほっとする。ヒトも生きものだ ... » more
テーマ 日記 自然栽培 生物多様性

今なぜ里山か 昔里山では、山の資源を利用して、燃料を作り農作物を作り、知恵と技術で循環型の暮らしが営まれていた。エネルギーも食糧も自給自足が成り立っていたということ。今、エネルギー自給率数パーセント。米以外の食物自給率は40%。経済発 ... » more

里山学連続講座報告@ 「これからの自然栽培と生物多様性:矢田山自然塾での実践から」 講師里山自然農法協会松川一人さん9月24日、近畿大学で開催された里山学連続講座のなかで印象に残った内容をお伝えします。矢田山自然塾での活動を映像を交えなが ... » more
テーマ 里山 自然栽培 生物多様性

日本環境法律家連盟を中心とした環境系3団体と、ホッキョクグマ一頭、民間人108人は16日、電力会社11社を相手に、国内初となる「シロクマ公害調停」を申請した。これは、過剰なCO2排出を公害としてとらえ、電力会社に原発なきCO2削 ... » more
テーマ 生物多様性 環境全般

9月24日、里山学連続講座 幼いころの記憶にある里山の風景はいつまでも、在るものだと思ってた。でも未来の子どもたちがみる風景は田畑ではなく、原っぱが広がっているかもしれない。あるいは、田畑にカエルやトンボ・・生きものの姿がないかもしれな ... » more
テーマ 里山 自然栽培 生物多様性

お茶碗一杯の・・ 稲3株(お茶碗1杯のご飯に相当します)の周りにはミジンコ5千匹、オタマジャクシ35匹、蜘蛛10匹、カブトエビ4匹が生きている。田んぼやその周辺に生息する生きものは、目に見えるものだけでも優に5千種類を超える ... » more

JX日鉱日石エネルギーは、生物多様性保全を目的に、自社のウェブサイトでクリック募金を始めた。ユーザーがサイトの画面上でクリックを1回すると、特定非営利活動法人の野生生物保全論研究会に同社が1円を寄付する仕組みになっている。 ... » more

日清食品(東京都新宿区)は、「日清焼きそばU.F.O.」の発売35周年を記念し、沖縄県でサンゴの養殖・保護活動を行うNPO法人「アクアプラネット」への支援を今月から始めた。同県読谷村の養殖施設に同法人と協力して二つの水槽を設 ... » more
テーマ コーズ・マーケティング 生物多様性

 

最終更新日: 2016/12/02 08:39

「生物多様性」のブログ関連商品

» 「生物多様性」のブログレビュー をもっと探す

「生物多様性」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る