誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自己分析

自己分析

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自己分析」のブログを一覧表示!「自己分析」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自己分析」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自己分析」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

魚の絵を描いてください!! 今日、会社で自己啓発のセミナーがあった。そこで面白い結果が出たので今日の記事で取り上げてみた。魚を書いてください。これに対する結果が面白かったので、続きは明日で!!とりあえずコメントで書いてみてくさい。明 ... » more

あけみちゃん氏から、教えられた。Compassion brings peace of mind. It brings a smile to the face. Education needs not only to develop ou ... » more
テーマ 人間的強さ 自己分析 平和教育  コメント(4)

昨夜のブログについて、言葉が足りなかった。異物混入について、詳しいことは分からない。私の半世紀以上も前の経験で言えば、髪の毛が入っていたら、それを取り除いて、全部食べた。周りの同級生もほとんどそうだ。食べられないのは、育ちのいい ... » more
テーマ 武士道 自己分析 メディア・リテラシー  コメント(6)

以下の報道について、神奈川県大磯町で“給食まずい”騒動 「栄養士の指示」と業者が大反論 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9 ... » more
テーマ 人間的強さ 自己分析 メディア・リテラシー  コメント(1)

以下のコメントにお答えしようとしたら、何か間違えて、掲載停止の表示になりました。ごめんなさい。回復の操作もあるのですが、私には画面のどこをどうしていいか分かりません。陳謝します。でも、わざとではありません。ご容赦ください。 ... » more

二〇一七年三月二八日、南京にて、午前に侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館(南京大虐殺記念館)、南京民間抗日戦争史料陳列館を見学・交流し、午後、金陵中学(日本の中高校)を訪問した。南京陥落から八〇周年に当たる。金陵中学は国際安全区の中にあった。 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

おひけえなすって、おひけえなすって!早速、おひけえなすって、ありがとうござんす。てめえ、生国と発するところ関東でござんす。関東、関東と言っても、ひろうござんす。関東は上州でござんす。上州、上州と言っても、いささかひろうござんす。 ... » more

A.以下は再掲2017/08/25 10:09 小ブログに、以下のコメントを一日のうちに三つ続けていただいた。 1.★ ウェブリブログ┐ │コメント通知│ └2017/08/17 03:22┘ ◆対象記事 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(2)

「老人といえども生きて、強く、耐えねばならない」「審判」は『「わだつみのこえ」を聴く』では再録で、初出は『教育学年報・4−個性という幻想−』(世織書房、一九九五年九月)の附録リーフレットである(一〜三頁に掲載)。この『教育学年報・4 ... » more

五十嵐先生の最後の言葉は極めて重要である。「高校生と映画『きけ、わだつみの声』を観よう」の集会で、高校生に知的に不十分であったと反省しつつ、敵が攻撃してきた時、自分に手榴弾があり、投げなければ戦友が死ぬ……と「心情を吐露」する途中で斃れ ... » more

次に三木の「真理の勇気」について取りあげよう。彼はヘーゲルの「真理の勇気(Der Mut der Wahrheit)」を繰り返し提起した。@「真の懐疑は柔弱ではなくて剛健な心、自分自身をも否定して恐れない心、ヘーゲルの言葉を用いるならば ... » more

勇気ある「あがき」−卑怯な後知恵で貶めてはならぬ−五十嵐先生は闘い抜いた。それは闘いの場から離れた後方の安全なところに身を置き、「平和」を語る空論、欺瞞、偽善とは対極的である。これは陸軍将校としての発達の評価にも関わる。そのために、 ... » more

「予想外」の「結び」五十嵐先生は「遅くとも一九五〇年代半ばには木村久夫の遺書を深く読み始めて」いた*3。木村は京都大学在学中に学徒出陣で出征し、C級戦犯として絞首刑に処された陸軍上等兵である。「わだつみのこえ」研究の到達点たる「 ... » more

独立不羈で闘う生き方・加筆修正五十嵐先生(学術的な論証に敬称はなじまないが、私が五十嵐先生に教えられたことも事実であり、呼び捨てにはしない。主観的な過大評価には注意する)は一九四二年から四六年まで「典型的な陸軍軍人」であった*4。一九一 ... » more

独立不羈で闘う生き方五十嵐先生(学術的な論証に努めるが、私が五十嵐先生に教えられたことも事実であり、呼び捨てにはせず敬称を付ける)は一九四二年から四六年まで「典型的な陸軍軍人」であった*4。一九一六年生まれの五十嵐先生は、二六歳から ... » more

以下の報道がある。「高麗」兵のみならず「満州国軍」も「友軍」として南京戦に参戦した。「日本は南京を解放」…教育家のつぶやきに猛反発=中国サーチナ/ヤフー・ニュース【政治ニュース】 2012/07/06(金) 12:18民間の教育 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー  トラックバック(1)

WAMとそこで講演する川田文子のレベル二〇一七年十月七日、川田文子はWAMで「日本人『慰安婦』を聞き取って」の表題で講演するという。彼女は南京でも「聞き取り」を行った。以下は南京・・・教授が私に述べたことである*1。一九三七年十 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(1) トラックバック(1)

以上は私の参与観察(participant/participatory observation)であり、私がマージナルなところに置かれたのでひがみがあるのではないか、だがマージナル・マンは積極的な役割を果たし得ると自己分析しつつ、論証を補強 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

見田ゼミにおいて、発言、表情、目つき、振る舞いなどで他と違う違和感が生じ、この集団はどういうものだろうと思い、学び始めていたグループ・ダイナミクス(クルト・レヴィン)や象徴的相互作用論(ジョージ・ハーバート・ミードやハーバート・ジョージ・ブ ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(1) トラックバック(1)

承前:両手に花と言えば、見田は学者の父(石介、ヘーゲル研究から唯物論哲学に進んだとことを旧左翼は評価)に素直に育成された学者二世のお坊ちゃまであったと、私は分析する。それは、彼が自分で作れるペンネーム(悠介)にまで、父「石介」の「介 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

学生時代に新左翼における性的な放縦は幾度も聞いた。『アイデンティティと時代』六八〜六九頁で述べたゴリと仲間たち(「チンピラ」や「ねずみ男」)はその一端である。さらに「慰安婦」に関わり、千田が『従軍慰安婦』で具体的に述べている*2。こ ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

東大の中でも受験学力(偏差値)の高低によるコンプレクスがあった。文科三類・文学部は文科一類、法学部より低いが、それなりに頭が良いという自負もある。マルクス・レーニン主義や毛沢東主義でみな平等だと唱えるから、内心の学力コンプレクスは口外できず ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

知の退廃4 空論、虚仮威しとの相関性知の頽廃の徴候を、私は一九七〇年代半ばに東大文学部社会学科の学生として感得していた。『アイデンティティと時代』では「授業への失望」と述べるに止めたが(三三〜三四頁、一一四〜一一六頁、一二七〜一二八頁等 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

上野の「パンティ」、「アモラル」や宮台の「ブルセラ」との対極において、戸坂は真摯に現実と格闘し、生き生きと「サルマタモラル論」を提出した。彼は現実に根ざし、鋭敏な「行為的直観(西田)」、「実践感覚(ブルデュ)」で、現実の清濁を十分に把握し、 ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

宮台が大澤真幸と共著で『おどろきの中国』(講談社現代新書、二〇一三年、もう一人の共著者は橋爪大三郎)を出したことは、「おどろき」ではない。大澤が二〇〇九年九月一日付で京都大学を辞職し、設けられていた後期授業は開講されず、その理由として、スキ ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

知の頽廃−上野の「パンティ」と宮台の「ブルセラ」たとえ被害と加害の関係性であろうとも、研究のための批判は必須である。しかし「慰安婦」の証言=口述資料の検証や活動家との議論は、先述したとおり十分になしえていない。このため学問的発展は妨げら ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

やはり草稿の『経済学批判要綱』で、マルクスは「普遍的な売淫制度は、人間的な素質、才能、能力、活動の社会的性格の一つの必然的局面として現れる。もっと上品に表現すれば、一般的な効用関係と有用関係である」と書いていた*3。フーコーに比肩するレトリ ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

西洋に視点を向けると、ヨハン・ホイジンガは『中世の秋』の[「愛の様式化」において「美しい社交遊戯」について述べてから、\「愛の作法」で「宮廷風愛の理想を映す美しい作法と、婚約と結婚の現実とが、ほとんどすこしの結びつきももっていなかったがゆえ ... » more
テーマ 人間的強さ 自己分析 平和教育

歴史的背景−性的なことの歴史−ミシェル・フーコーはフランス的レトリックに卓越しており、空論が多いが、参考にできるものもある。大著『性的なことの歴史(Histoire de la sexualité)』の第二巻の表題「快楽の ... » more
テーマ 人間的強さ 自己分析 平和教育

主観と客観の統合について、早くも当時最優秀の数学者、科学者であったパスカルは「私は、画家のようにしなければならない。つまり、私は作品から離れなければならない。しかし、離れすぎてはならない」(『パンセ』断章一一四)と述べている。有限な人間にと ... » more
テーマ 自己分析 平和教育 メディア・リテラシー

 

最終更新日: 2017/10/19 14:22

「自己分析」のブログ関連商品

» 「自己分析」のブログレビュー をもっと探す

「自己分析」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る