誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    入国管理局

入国管理局

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「入国管理局」のブログを一覧表示!「入国管理局」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「入国管理局」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「入国管理局」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

事実関係を精査すれば不交付となるべきものが交付されたということは、5条該当者であることを知っておきながら交付したものか、確認を怠ったままに5条該当者であるということを知らずに交付したものであると言える。興行や技能などの就労資格に関して言 ... » more

第二の可能性について考えてみよう。日本での留学を望んで在留資格認定証明書交付許可申請を行った時のことだ。申請人は日本にいないから、入学予定の学校関係者か取次ぎ資格を有する弁護士または行政書士が申請したものと思われる。この申請の詳 ... » more

不法入国に使用した他人名義旅券の他人名義の身分事項については失念したとか、覚えていないとかの理由で不詳となっても、真正な身分事項は送還するまでには判明させなければならないから、退去強制令書にはBという真正な身分事項は必ず記載されリスト搭載さ ... » more

第一の可能性は、退去強制令書の発付に至るまでの間に関することである。職質を受け、逮捕、起訴されて、公判を経た後に入管に引き渡されるのだが、このとき不法入国であれば真正な身分事項とともに他人名義の旅券の身分事項を記録し、退去強制手続は行わ ... » more

送還された後、その者は真正な旅券を取得した。それができるのなら、何故、他人名義の旅券で入国した挙句に強制送還されてしまったのだろうかという疑問は残るが、母国の大学を卒業していたその者は、日本へ留学することを目的として、最初に日本語を学ぶ ... » more

ある相談の話。外国人がかつて不法残留して、司法官憲に逮捕された。その後、送致起訴されたと言うから、不法残留期間が長かったのだろうと思っていたら、入国後、3ヶ月を過ぎたか過ぎないかの時であったと言う。「短期滞在」で、90日の許可を受け ... » more

人道上の問題を孕んだ者に対する謝罪的、救済策的に与える在留資格や本来は認めていない単純労働に従事させるために必要とされる政策的に与える在留資格は、既にある範疇のものを流用するのではなく、その対象を絞り込んで態様別に新たに規定するのが良いと思 ... » more

それなのに実際はそうなっていなくて、目的も手段もはっきりとせず、何が不審で何を知りたいのかも不明で、連携も取れていないままに時間ばかりが経過して終わらせる。しかも挙句の果てに、最初に提出した住民票などの再提出を求めてくるに至っては、開い ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

昨年の6月下旬に出頭申告した事案に、昨日、在留が特別に許可された。4月1日に公開した「出頭申告した時に注意しなければならないこと(1)」のブログ記事に、MrMからコメントで、どのような案件も1年位はかかっているようだとあったが、そんなこ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

何しろその置かれている身分に対して与えられる在留資格であるにも関わらず、きちんとした戸籍制度や住民登録制度のない国から来る者は、偽変造旅券よりも偽造や変造、不正な発行等が容易な出生証明書や身分証明書等をその身分を証明するものとして扱われるか ... » more

様々な事情を抱えて日本に在留する外国人に与えられる在留資格の中で、その活動に関して与えられる在留資格に比べて、活動の制限がない身分に関して与えられる在留資格の審査には、本来、より慎重で厳密な審査が求められると思います。それが逆に、人道上 ... » more

そこで審査において多用されるのが、更新時に新たに資格該当性を有しているとする文書をふたたび提出させるというものです。また、戸籍制度がない国から来た者には、何度も親族関係表を作成させて提出させるなどといった方法で、文書の信憑性を高めさせる ... » more

日系人の審査について言えば、その成り立ちが産業界の人手不足解消という目的から出たものであることから、残留日本人孤児関係と同様に、身分関係を証明する文書の審査に重点が置かれ、とにかく血縁関係が認められれば入国を認めようという姿勢になってしまっ ... » more

「定住者」在留資格を持っている者と言われて、先ず思い付くのはどのような身分関係にある者でしょうか。それはベトナム等から逃れてきた「難民」でしょうか、それともブラジルやペルーからやって来た日系人でしょうか、それとも残留日本人孤児の親族や子 ... » more

在留資格「定住者」についての一考察(1) 外国人が日本に在留するに当たり、入管法が用意している在留資格の中で、その活動内容に対して与えられるものとその者の身分や置かれている立場に対して与えられるものがあるが、後者の在留資格の中で「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」、これら ... » more

しかしAさんは私と一緒に暮らすようになって情が移り、いまさら籍が入っていようが、籍を抜こうが、このまま一緒に暮らしたいという気持ちが大きくなっていたと言うのでした。それを聞いて私も、これまでAさんと一緒に暮らしてきた諸々の事柄を思い出し ... » more

酔いも醒めたのか、落ち着いたAさんが私に話してくれたことは、驚くべき内容でした。私たちの元を去って行った筈の彼から、別の入管法に違反している女と結婚して、その女と出頭申告するようにしてくれと言われたのでした。よく聞いてみると、それは私と ... » more

その日、私が仕事に出かける準備をしていた時のことです。いつもはまだ仕事をしている筈の5時に、Aさんが戻ってきたのです。しかもそんな早い時間であるにもかかわらずすっかり酔っ払っていました。何があったのか、酩酊状態にあるので聞き出すこと ... » more

こうして私とAさんとの同居生活は始まりました。思えば可笑しな話です。婚姻手続きは済ませてありましたので、戸籍上は夫婦なのですが、これまでの経緯から私たちは、それぞれがお互いを尊重する同居人の姿勢を保とうとしていました。二人の同居生活 ... » more

ところが彼の返答は予想を裏切って、冷たいものでした。「俺の言うとおりにできないのなら、この話は無かったものとしてくれ。あとはそれぞれ勝手にするが良いさ。形さえ整えておけば、入管を誤魔化すことなんて簡単だったのにな」そう言って彼はAさ ... » more

彼から紹介されたAさんは、失礼な言い方になってしまいますが、遊び慣れていてスマートな彼とは正反対の、無口で取っ付きにくい暗い感じのする男性でした。でも、一緒に暮らし始めて、入管に出頭申告することの準備を始めた頃のことです。やはり本当 ... » more

在大阪入境管理局的在留资格•签证申请・入关手续・归化手续代理如果对入国管理局的签&# ... » more

その日以後は、お店で会うよりも私の出勤前に食事を一緒にしたり、休日にはディズニーランドなどの遊園地へ行ったりして二人で過ごすようになりました。そうしてお付き合いが始まり、三ヶ月後には彼が借りていたマンションで同居するようになりました。夫 ... » more

一例として書いてみますと、日本に来たのまでは良かったのですが、これといった仕事も見つからず、また、特段の技能や技術も持っていなかった私は、お決まりのように夜のお店でホステスとして働くようになりました。夜のお店で働くにしても、特段に容 ... » more

では、そのような疑いを差し挟まれないような供述、陳述はどのように書き、表現するのが良いのでしょうか。何処で知り合うこととなったのか、それがクラブ、キャバレー等の風俗関係店舗であっても構いませんし、不法就労している最中での出会いであっても ... » more

偽装結婚の炙り出しには、調査に時間を掛けるということが一番であると考えられ、それは偽装結婚が金銭や利害関係が関わるものである限りは、長期間、真正な結婚であるかのように体裁を整えるのは難しいからです。出頭申告してから半年も放って置かれると ... » more

出頭申告して乃至は摘発された後に、在留を希望する理由の根幹となる、日本人や永住者、定住者との出会いですが、何処で出会おうとも、誰の紹介であろうとも、その時々の心の変化や思いを交えて表現することで、記憶が補完されますし、証人となる配偶者ともそ ... » more

知人の伝で稼動場所を紹介され、住み込みで働くことになった。稼動するようになった経緯も、初めての日本で、右も左も分からなかったので、既に日本で結婚していた生活していた幼馴染のAさんを頼って身を寄せました。Aさんが以前に働いていた職 ... » more

違反調査時に供述を録取していて、日本に入国する目的、何処で、誰と知り合い、就労することになったのか、その時に職場で乃至は食事に行った時に、誰の紹介で誰と知り合ったのか等を聞きながら、ただ事実を記録しているだけでは、それは供述調書とは言わない ... » more

それらについては、そうなった、そうならざるを得なかった理由を申し述べて、今後、関係者を説得する、別居状態がいつ頃には解消する、生活状況の改善の見通しを説明する等をした上で、申告するようにした方が良い。これらの理由であれば、万が一に不許可 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 17:42

「入国管理局」のブログ関連商品

» 「入国管理局」のブログレビュー をもっと探す

「入国管理局」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る