誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    入国管理局

入国管理局

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「入国管理局」のブログを一覧表示!「入国管理局」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「入国管理局」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「入国管理局」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

彼らが入っていったアパートを確認し、部屋を特定した上で、その後、休みの日などに時間を変えて状況確認をしたのです。これらの調査内容を調査報告書に纏め上げておいたのですが、当時は写真を撮ることも無かったし、全て文章で持って状況等を表現し書き ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

彼ら三人はスーパーを出ると、楽しげに語らいながら細かな路地を縫うように歩いて行きました。人通りは殆んど無かったので、至近距離で追尾することはできません。幸いなことに付近の道路や建物、何処に児童公園があるのか、小学校は、病院は、といっ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

これまでお話してきたように、内偵調査の主たる目的は、調査結果を摘発に結び付けるところにあります。そのためには動かないもの(居宅や工場、店舗等の建物)を観察調査する他に、動くもの(人物)を調査するために、今回のように入店し、人物観察及び周 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

このままでは当日の摘発には至らないということになる。このまま無為な時間を過ごしてもしょうがないから、どこかで切り上げる判断をしなくてはならなかった。どうせ支払いをして出て行くのなら、精一杯に楽しんでから出て行こうと思い、俺はカラオケを歌 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

狭い入り口のドアを開けると、レジカウンターがあり、そこにボーイが待機していた。ボーイに案内されて奥に進む途中、カーテンに遮られているが、ホステスたちが控えていられるような部屋が右手にあった。店内は壁に沿って十数席のボックス席が用意さ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

店舗の所在する地区を担当していたのは、俺と同期生の男だったが、許可状を取らなければならないだろうし、内偵調査も摘発前に打ちたいと言って、直ぐに着手することに難色を示した。当時の課長は稲田だ。今になって思えば、責任感のないつまらない上司だ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

それは摘発強化月間の最中、急に持ち込まれた事案だった。都内の飲食店舗でフィリピン人の女性が数名働いていて、その中の「ユキ」と名乗るフィリピン人女性を捕まえて貰いたいということだった。簡単と言えば簡単な話で、行って根こそぎ摘発してしま ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

乾杯も終わり、徐々に打ち解けてきたところで、店の状況を探り出そうとしていると、ホステスが「あなたたち警察?入管?そうじゃない」などと言い出したら要注意だ。入国警備官であること、仕事で店に来ていることを意識する余りに、ホステスを相手にして ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

警備官の中には、俺と一緒に内偵調査がしたいと言って、自腹を切って参加した者がいた。結局、彼の分は一緒に行った警備官で頭割りして清算したが、それくらいの気持ちがなくてはならないと思っている。要するに仕事(内偵調査)をするために飲んだり ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

そこで確実さを求めるのなら、入店して容疑者を見つけ出す、入店内査ということになる。かつては入店して飲食する費用が支給されなかったので、入店内査は主流ではなかった時代がある。だが、容疑が売春に関するものであったり、恐喝や詐欺に関係する ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発者数を上げさえすれば良しとされていた頃であれば、それなりの人数が見込めたところで内偵調査を終了し、摘発計画を立てれば良かったが、特定の容疑者を確保しなければならないとすると、このような内偵調査では不十分である。特定の人間がいるのか、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

夜間に営業している飲食店舗の内偵調査の話をしよう。立地や建物の外観などは、店舗の営業時間外である日中に見て回るのが良いだろう。エレベーターの位置と台数、それぞれに乗れる人数の確認、階段は内外の何処にあるか、ビルによっては階段が物置と ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

親切な巡査のお陰で、所在地もばっちりと分かった俺たちは、あれほど迷って、見つけられなかった工場を意図も簡単に発見した。工場は南北に細長く百メートル、東西に五十メートル程の大きさで、東と南は大きな道路に面しており、北と西には車が一台通るか ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

駐在所には、そこに居住する巡査が、奥さんと子供の三人で住んでいた。訪ねて行った俺に対応した巡査は、管轄地を入念に巡回しており、何処に誰が住んでいるのか、本当に細々としたところまで知っており、巡回連絡簿も詳細に記載されていた。巡査は、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

茨城県下の工場の内偵を行った時の話だ。提報によると、大手のアルミサッシ製造業の下請工場で、タイ人の不法就労者(実際には不法入国や不法残留ばかりだった)が六十名ほど働いており、工場の周辺に会社が用意した寮に集団で生活している、ということだ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

工場等の事業所の地取り調査は、民家の中にぽつんと事業所が存在しているのであれば可能だが、類似の事業所が集中していたり、工業団地の中にあったりした場合は、先ず不可能だと言える。しかし、俺の場合、内偵調査先の近隣に所在する以前に摘発した事業 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

周辺の住民への聞き込みは注意を要する。対象者と関係している可能性もあるし、聞き込みに訪れた住民が不法残留容疑者だったなんてこともあるからだ。対象が男である場合、近隣の小さな子供がいる家が良い。そこの奥さんが不貞でも働いていない限り、外国 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

不特定多数の違反者を摘発しようとしての内偵調査と特定の人物を摘発しようとする内偵調査では、居宅であろうとも、飲食店舗であろうとも、工場等の事業所であっても、そのアプローチの仕方は違ってくる。居宅であれば、居宅の所在や周辺状況を確認すると ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

内偵調査時における服装にも関係することだが、工場の内偵調査と言うと動き易いラフな格好をと考えがちだ。しかしスーツ姿というのも工場を訪れる者の中には、取引先の人間もいるであろうから、そのような格好をした者が工場内を動き回っても違和感が無か ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

ごく稀なケースとしてお聞き願いたいが、ある入国警備官はスーツにネクタイといった風体で、コンクリート成形工場の内偵調査を実施した。工場は様々なコンクリート製品を、広い敷地のいたるところで製作・成形していた。正門から入ったその警備官は、点在 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

居宅や飲食店舗の内偵調査は、極端に広い場所の内偵とはならない筈だから、立地状況、周辺環境、出入り口等の確認、そしてそれらの記録をとることは、然程困難ではないだろう。難しいのは、摘発対象の飲食店舗が集団で存在する場合や、広い敷地に作業場が ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発先の内偵調査を実施して、外観を見ることで分かることの最初に、出入り口、窓の配置がある。それらを見て廻れば、凡その内部の様子が把握できる。それらを見て何処から打ち込むかをイメージしよう。突入口の広さ、施錠の有無、入り口の扉等の素材は何 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

一部屋に数人ずつ居住し、そんな部屋が集合しているアパートや長屋の摘発であれば、多人数を摘発することができるから、時間を掛けて内偵調査を実施しようということにもなるだろう。しかし近頃のような一部屋に多くて二人くらいで、それもひとつのアパー ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

内偵調査を実施する時間帯はどうあるべきか。基本的には摘発を実施する予定の時間帯に内偵調査を行うべきである。しかし居宅の摘発は、早朝に行われることが多いから、その時間に合わせて実施したいところだが、深夜に出発して早朝に内偵を実施することは ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

さて出張稟議書を切って、車両で行くか、公共の交通機関を使って、足を使って内偵するかを決めよう。基本的に交通機関の発達している都内や夜間の飲食店舗の内偵には、公共交通機関を使った方が都合がよい。遠隔地であったり、回りに建物が無いような ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

情報や提報から摘発先を選定したならば、実際にその場所へ行って、現状や状況等を調査する必要がある。かつては住所・地番だけを把握して、いきなり転進したこともあるが、摘発先に辿り着けたとしても、現場の状況を知らないままでは不測の事態が起き易い ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発先の女たちを調べて行く中で、通報者が何を目的として、しつこく通報してきたのかが分かった。通報者は店に行っては、ママや経営者等に、「俺は入管に顔が利くのだが、このような店は摘発などされたらひとたまりもないだろう。俺が後ろ盾になってやる ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

再入国許可申請再入国許可とは、我が国に在留する外国人が一時的に出国し再び我が国に入国しようとする場合に、入国・上陸手続を簡略化するために法務大臣が出国に先立って与える許可です。(入管法第26条)我が国に在留する外国人が再入国許可 ... » more
テーマ 再入国許可申請 行政書士 入国管理局  トラックバック(1)

明らかに堅気ではないといった風体の男が、若い男を連れて訪れてきた。「何度も情報提供しているのに、何故、摘発しないんだ」と言って、摘発実施を促しに来たのだ。男は警察関係者の名前や政治家の名前などを持ち出し、自分が如何に社会的に力を ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

被害感情が余りに強くて、通報している内容に具体性が乏しいケースには、時として通報者と連絡が取れる場合がある。どうしても捕まえて貰いたいものだから、自分の氏名や電話番号、住所などを記載しているようなケースだ。こういった場合は通報者と連 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

 

最終更新日: 2017/11/19 14:26

「入国管理局」のブログ関連商品

» 「入国管理局」のブログレビュー をもっと探す

「入国管理局」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る