誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    入国管理局

入国管理局

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「入国管理局」のブログを一覧表示!「入国管理局」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「入国管理局」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「入国管理局」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

後になって思っても遅いことだが、この摘発の一番の失敗は内偵調査の不備だと言える。正面の立派な門構えを見て、周囲を塀によって囲われていると認識して摘発を計画したのだが、塀によって囲まれているのは正面だけで、他は開放された空間で、とりわけ奥 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

八人で十数人の身柄を確保していたので、取り敢えずは確保した身柄を事務室まで連行することとし、声の方向には事務室で会社関係者と話をしていた指揮官に身柄を預けて、二組を残した俺は声のした方向に向かった。点在する作業場の一つ一つを確認しながら ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

現場から逃走される、取調室から逃走される、護送中の車両から逃走される、容疑者等が逃走する場面は、意外な程に多い。その原因は、施設や車両の不備によるものもあるが、多くはヒューマンエラー(人為的過失)によるものである。これから摘発現場で ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

繰り返してお話しすると、摘発着手時に起こる逃走や受傷事故は、身柄の移動のときに起こることが多い。摘発先で身柄の確保及び選別が済んで、車両まで護送・連行するときはより慎重に実施するようにしよう。大柄な男性を連行するときは、手の甲を相手の背 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

後続が入店し、それぞれの配置に着いた後も、出入り口の監視を怠ってはならない。遅れてやってくるホステスはそのまま中に引き入れ、出て行こうとするホステスは阻止し店内に戻さなければならないからだ。店内が落ち着き、簡単な事情聴取を経て、違反を問 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

次に時間を厳守したとしても、大勢が一斉に集まってしまっては、周辺の状況が騒がしくなるばかりでなく、物々しい雰囲気でそれが察知されてしまうことにもなりかねない。それを回避する為には、最小限の人員、この場合、一店舗につき二人が最初に打ち込む ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

情報の漏洩についてはさて置き、着手時間を統一できなかったことが問題のひとつであることは確かだ。そうなった理由には、功を焦るあまりに時間を厳守しなかったこと、早かったと言っても秒単位でのことだろうという気持ちがあったこと等々考えられるが、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発に失敗し、手ぶらで所轄の警察署に戻ってきた我々は、そこに身柄を確保している集団を見つけた。その集団は取り決めた着手時間を守らず、現場到着後すぐに着手していたのだった。着手時間を守らない班があったから、着手時間を厳守した班が摘発に ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

確度の高い情報を基にした綿密な内偵調査の結果を受けて、摘発先を選定し、摘発を実施することになりました。従事者も思うように召集することができ、考えうる万全の体制を執ることができました。こうなればもう打ち込むばかりだと言えますが、摘発先 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

数多いる入管法違反者を、日夜を問わずに追いかけて、摘発するというのもそれなりに遣り甲斐があったのかも知れないが、数こそ少ないものの、巧妙な手段を講じていたり、防止策を採ってもその裏を掻くような偽変造文書事件を摘発したり、永住権を持っているこ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論  コメント(4)

今後、これまでお話してきたような少人数で調査を進めて、対象を絞り込んだ段階で従事者を集めて摘発するというようなことが主流となれば良いと思っている。単純な不法残留や不法就労などではなく、集団(複数であればこう呼んで良い)不法入国、集団不法 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

さて、特殊な摘発、特定の容疑者を追うような、徒に数を追わなくても良い現在の摘発、それには体制も自ずと嘗てのようなものは必要なくなるし、より少人数の精鋭で臨むことの方が重要となる。それにはひとりの容疑者について、三人のパーティーが俺的には ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

俺が現役の頃に一緒に摘発をやっていた者たちも、その全てが抜群の能力を持っていた訳ではない。それどころか入国警備官としてどうかというような者さえもいた。しかし人事権のない俺は、一緒に働く部下や後輩を選ぶことなどできなかったが、俺を含めてせ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

その工夫とは何か、配置する人材を常日頃から良く知ることにより、適材適所の配置をするということだ。入国警備官の採用試験を受けて採用された入国警備官が、全て心・技・体のバランスが取れた者であるとは限らない。どちらかと言えば、頭脳において勝る ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

逃走経路及び外周を固めたら、突入する箇所数に合わせて人員を配置しよう。閉鎖された空間においては、一人の警備官で三人から四人を制圧することができると考えて良い。もっとも、こうしてそれぞれに必要な人員を配置しても、実際にはそれだけの人員 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

用意した図面に、外周に人員を配置してみよう。逃走経路に各一名ずつ配置する。工場等の場合は、扉や窓などにも配慮して配置を考える。居宅の場合は、玄関と窓に配慮しよう。店舗の場合も、入り口と裏口、そして窓だ、ビルに入っている店舗や居宅であれば ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

提報などを基にした内偵調査が済み、許可状が必要なものは許可状請求するとして、摘発計画を策定しなければならない。嘗てのような、何処へ行っても入管法違反者がいるような時代ではないのだから、摘発先の状況と対象者の数、それと摘発に従事する警備官 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

特に今回の話は、統計上の不法残留者数が減少した現在の摘発であるから、その対象は単純な不法残留者の摘発ではなく、隠蔽工作を施していたり、偽変造の文書を行使したり、他の犯罪に関与していたりする、いわゆる悪質な方違反者の摘発であるから、その摘発に ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

それでは臨検許可状を持っていても、それほどの意味は無いなと考えることがあるかも知れない。そうでもないのである。夜間の飲食店舗や開放された工場などの事業所に立ち入るに当たり、それを拒否された場合などには臨検許可状があることで、強制的に立ち ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

では、臨検許可状の執行によって、正当業務行為であるとされるものには、どのようなものが考えられるのであろうか。立ち入る先が、工場等の事業所、クラブやスナック等の飲食店舗、これらの場所で誰もが出入り可能な状態にある営業時間帯であれば、相手の ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

かつて、臨検許可状の効果について、議論したことがある。本省においては、臨検許可状によって、錠を開けて立ち入ることができると解釈されているというが、俺は、臨検許可状によって立ち入ることができるのは、特定の条件下に認められるものだと考えている。 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

内偵調査に基づいて、摘発先を選定する話の前に、許可状の話をしたいと思います。此処まで散々詳細な内偵調査の話をしておいて、ひっくり返すようなことを言うのも何なのだが、容疑者の写真があり、その者が外国人であり、違反を疑わせるような調査報告が ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

視点の切り替えを行って、特定の人物を文章で表現することも、内偵調査では必要となることがある。摘発をしようとする場所が、住居や守衛がいるような事業所、会員制をうたっている飲食店舗など、いざ立ち入ろうとしたときに、許可状が必要となるような場 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

俺が内偵調査や尾行をやっていた頃には携帯電話も高性能のものではなかったし、ビデオカメラなどもなく、写真を撮るのが精々だったが、現在はビデオカメラ、携帯でもデジタルカメラの機能がついたものがあるし、音声もICレコーダーが手に入れ易くなっている ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

では、視点の切り替えとはどういうことかについて考えてみよう。対象に近付いて行って、周辺の動きや人の出入りを見るときには、何処といって焦点を定めるではなく、対象の全体像を俯瞰するように見るのが良い。そうすることで、周辺の状況とともに、人の ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

建物や人物の行動を看視するとき、当該対象を見るのに三つの視点が考えられる。それは、SEE(観る)、LOOK(見る)、WATCH(視る)の三つの視点だ。どれも対象物を見るという行動なのだが、その見ている範囲や注目点に違いがある。人 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

内偵調査の結果、提報のとおりの実態がそこにあるのか、追跡していた者がそこにいるのか、調査している事実がそこで証明されるのか、結果を踏まえて摘発計画を作成する為には、これまでお話してきたような内偵調査が必要だと考えるものです。調査の結果、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

中断する方法としては、新聞の勧誘や不動産の営業などを装って、適当に会話して早々に退散すること、これは開かない扉を開ける方法でもあり、使い方によっては非常に有効です。それには常日頃からの異業種の人の経験や営業手法などを聞いたり、研究したり ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

内偵調査を実施しているときに、入管法違反者に出遭うことがある。特に居宅や事業所の内偵調査で、周辺の聞き込みを行っていて、出遭ったときにどうしたら良いだろうか。入管法違反事件に重要事件や軽微な事件の別は無い。違反者は、どの者も等しく違反者 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

結局、この事案は、集中摘発月間のとき、偶々この近所の摘発を実施したついでに着手しましたので、詳細な報告書は利用されること無く綴られることとなりましたが、着手当日に読み返していて、手前味噌ながら良くできた報告書だと自画自賛したくらいに良くでき ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

 

最終更新日: 2017/10/15 09:34

「入国管理局」のブログ関連商品

» 「入国管理局」のブログレビュー をもっと探す

「入国管理局」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る