誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    入国管理局

入国管理局

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「入国管理局」のブログを一覧表示!「入国管理局」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「入国管理局」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「入国管理局」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

摘発した外国人やそれに関係した外国人、日本人などと摘発・収容した後に、また接触するようなことがある。それは強制送還後に再び来日したことによる場合もあるし、退去強制手続に乗っていても、在留特別許可によって再び在留が認められた場合などで、お ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

拙いと言えば、拙いことかもしれないが、その先にあるものが私的な利益を求めるものではなくて、治安の維持、入管法の適正な適用、刑法違反者の的確な取り締まり等々に繋げるためのものだという思いがあった。そこには一定の決して踏み越えないルールとい ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

俺の場合は、県警単位での交流の他に、所轄署で知り合った警察官や紹介の紹介と言って訪ねてきた警察官など、色々な過程で知り合った警察官と公私共に親しく、緊密でいて秩序を保った付き合いができていたと思っている。彼らに特徴的なのは、親しくなるに ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

それに引き換え失敗した経験は、何処に問題があったかを追究し易く、結果、次の摘発等の参考になる事柄が多く含まれているものだ。時には失敗の責任の擦り合いに終始するようなことがあるかもしれないが、それによって得られるものは何一つ無いから、そこ ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

我々は入管法に違反した外国人の強制退去を目的とし、関係機関は当該の外国人が犯した犯罪を処罰することを目的としているが、身柄の確保及び証拠の収集、取調べを共有することで相互の目的が充足されるというその一点で共同作業ができるのである。こと外 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

それぞれ違う組織に属しているのだから、近付いて来る目的、手段、親密度なども様々だが、相手がどのような思惑であろうとも、どのような手段であろうとも、積極的あるいは消極的な付き合いであろうとも、どのような形であろうとも、相手に何かを課す訳には行 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

俺は普段から関係機関の人たちとの交流を深めることに心を砕いた。それはひとつに入管独自でやることに限界があることを承知していたし、入管法違反者を退去強制すればそれで一件落着とはならないことがあるのを認識していたからだ。今でこそ、不法就労者 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

供述調書と押収したり、任意提出を受けたりした証拠物に基づいて、違反調査書を作成し、引き渡すと当該容疑者の事件は一応の終結を迎える。一応と言ったのは、その一人の事件は終結するが、これからの違反調査の目的である関連容疑者の摘発やブローカー組 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

問答形式を何故お勧めできないかと言うと、供述調書の録り方それ自体が問答をしているからだ。尋問する者が問い掛けて、容疑者がそれに答えるという問答を繰り返すのが供述の録り方だから、敢えて問答形式をとることもない筈なのだ。それどころか考え ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

供述調書の作成には、必ず必要な身分事項の特定と日本語の理解力の程度によってどの言語を使用するかの決定、問われている容疑事実の特定などがあるが、最初にそれらを記載してしまえば、後はどの順序で録取しても構わない。一般的には、歴年法といって、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

尋問する者と録取する者が別々の場合に注意しなければならないのは、尋問する者が記述する内容をいちいち声に出して録取者に伝えなければならないというところだ。聞いてそれを自分自身が録取するのであれば、頭の中にある文章を整理して書き連ねて行けば ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

容疑者が女性であるが故に複数で取調べをしたいということもあるが、容疑者が男性であっても、取調べ時に暴行を受けたと申し立てたりする場合もあることから、密室での取調べには複数で当たることを原則としたい。複数で当たるときは、一人が事情聴取し、 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

取調室を用意しよう。机が一つと椅子が二脚、容疑者の椅子はパイプ椅子で良い。取調官の椅子は肘掛がある椅子のしよう。これから行われる事情聴取の力関係を象徴するように。対面して聴取するのだが、位置関係を考えよう、外が見える窓があるなら、取 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発された容疑者は、覚悟が決まれば詳細に供述を始めるし、背後関係者からの妨害工作や本国にいる家族に危害が加えられそうな場合を除いて、丹念に供述を拾い集めることで、ただ一人の入管法違反者の事件処理というだけではなく、その事件の全体像を浮かび上 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

不法入国容疑者の取調べにおいて、旅券の偽変造に関わる人物が判明する場合もあり、その者が入管法に違反して在留しているのであればその容疑に基づいて、正規在留者であれば不法入国幇助容疑に基づいてさらに摘発して事案の解明を進めることを考えるべきだ。 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

目の前の外国人は何者で、何をしていたのか、それを明らかにすることから始めよう。その身分は所持している旅券、外国人登録証明書、本人が申し立てる国籍、氏名、生年月日、入国した年月日などから入国管理局が保持するデータから引き出すことで明らかに ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

摘発の着手と帰庁し違反調査を開始するまでの間に起こり得る事態について、これまで述べてきたが、これまで述べてきた以外にも種々の方策や対処方法が考えられるし、話し始めれば切りがないこともあり、この辺りで摘発そして身柄の移動が無事済んで、帰庁後の ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

また、連行時や移動時に当たっては身体検査が欠かせない。収容令書を執行して収容場に入所させるときにも身体検査が行われるが、そのときの検査でも見逃しがあって、禁制品を持ち込まれることがあるくらいだから、令書を執行していない身柄の身体検査はより簡 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

二人で多人数を連行する場合に俺がとった方法は、先を行く警備官は先頭の容疑者に振り向けば触れられるくらいの距離を置いて、ゆったりと歩きながら、一本道ならばそのまま行くが、枝分かれする道の場合はその道を塞ぐように誘導しながら進んで行く、だから先 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

これまで話してきたことは殆んど逃走事故に関することであったが、それくらいに身柄の確保が摘発での重要事項であるというように理解して貰いたい。摘発した男の身柄の連行時において逃走される危険性のことばかり話したが、女の身柄を対象にした摘発時で ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

案の定、予想もしていなかった事態が警察官を襲う。両手に大きな荷物を持って、よろよろと階段を降りてきた男は一階に着くや否や、警察官目掛けて荷物を放り出し、走って逃げようとした。道路上に車両を待機させていたので、男は隣地の垣根を飛び越えよう ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

話は戻るが、摘発現場から身柄を車両に連行するときにも、逃走事故は起こっている。西川口でのことだ。居宅での摘発で中国人の男たち数人を確保した。身辺整理をさせた後、一人ずつ担当を決めて車両まで連行しようとしたときのことだ。俺は階段の下で ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

特異な人物であったというのは、再収容して収容場の中で、手錠抜けを実演させることで確認した。驚いたよ。五本の開いた指があっという間に纏め上げられ、鳥の頭のような形になったかと思うと手錠からすっぽりと抜けたのだ。骨が全体的に柔軟で細いの ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

手錠は手首の関節から三センチメートルほど身体側の部位にしっかりと装着する。指一本分の余裕が必要だとされるが、小指が入る程度で良い。何度も手錠を施した警備官に手錠を掛けた状況を再現させたが、不都合な掛け方ではなかった。逃走された時の手錠の ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

学生や研修生が、出席不良や成績不良、過度の資格外活動などで、在留期間の更新が認められない場合、その者が所属している学校関係者や研修関係者が、学生や研修生を空港まで送って行って帰国を確認しているというのは本当ですか?関係者向けの研修会では ... » more

閑話休題(それはさておき)、矯正施設や裁判所から引き取った身柄は手錠と腰縄をするのが原則であったので、連行中も車両による移動中も身柄に逃走しようという意欲が湧かなかったというところに依存する部分が多いと言える。手錠は両手錠と二人の人間を ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

幸いなことに逃走した中国人の身柄は、大田区において確保され、再収容した。やれやれと思う間もなく、逃走された実態の解明と今後の対応策を命じられた俺は、不承不承それに取り掛かることになった。それと言うのも、今回の逃走事件は令書執行した身柄に ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

もうひとつ逃走事故についてお話しする。九人乗りのワゴン車は山梨県の矯正施設から受領した四人の身柄を乗せて、中央高速から首都高速四号線に入って行った。ワゴン車は運転席のある最前列の両側と中央左側にスライドドアを配置している一般的な車両 ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

当時も護送用の車両には、逃走防止にスティール製のバーが填められていたが、集中取り締まり月間用にレンタルされたマイクロバスにはそのような装備が無かったことが、逃走を容認したのだった。逃走された場所は大きな国道沿いの交通量も多い場所だったの ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

護送車として使用していたマイクロバスの席は補助席に入国警備官が座って、窓側に摘発した容疑者を詰め込んでいた。現地を出発してから既に一時間以上が経っていた。首都高速五号線を抜けてマイクロバスは板橋本町の交差点に向かって、高速道路を降りよう ... » more
テーマ 入国警備官 入国管理局 評論

 

最終更新日: 2017/10/15 09:34

「入国管理局」のブログ関連商品

» 「入国管理局」のブログレビュー をもっと探す

「入国管理局」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る