誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    入国管理局

入国管理局

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「入国管理局」のブログを一覧表示!「入国管理局」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「入国管理局」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「入国管理局」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

最初に選択した研修制度が、その高邁な理想からは程遠い問題の多い制度だったことは疑いの無いところだ。日本の技術力を海外に広めるために、発展途上にある国から研修生として迎え入れ、4年の研修期間の中で技術を習得し、本国で活躍して貰おうという制 ... » more

東北の復興も遅々として進まぬ中で、東京にオリンピックが招致されることとなった。復興が進まぬ理由の一つに、建設関係の労働者が足りないということがある。そこにオリンピック招致が決まり、七年後までにインフラや競技場の整備が急がれることとな ... » more

俺が受任した案件については、依頼者と連絡が取れなくなるようなことがあれば格別、基本的に受任した案件に係る質問については随時応じることにしているし、在留中に留意しなければならないこと、変動・変化があった時にしなければならないことなどについて、 ... » more

入国管理局は公務員の定員削減計画下においても増員が認められてきたが、それは主に不正規の外国人を取り締まる入国警備官に振り向けられてきた。正規業務を取り扱う入国審査官は増員対象にはなく、減少傾向は続いている。特に繁忙期である3月、4月や年 ... » more

在留期限が到来しても、許可されないことに焦りを感じた取り次ぎをした行政書士は、俺にどうしたら良いのかを問い合わせて来た。審査窓口の混雑具合や、入国管理局の審査官が夏休みに入る時期でもあったから、それで許可が遅れているのではないかと想像す ... » more

その行政書士は何でもない更新申請だと考えていた。だから、金のかかる俺に相談や助言を求めることなく、必要最小限度の申請書を作成し、取り次いだのだった。二週間もすれば許可通知が届くと思っていたところ、届いたのは追加資料の要請だった。申請 ... » more

入管手続きの依頼を受けて、申請取次行政書士や申請取次資格を有する弁護士などが、認定や変更、更新などの申請を取り次いで許可を受けた後のアフターケアについて考えてみたい。先月のことだ、ある行政書士から「昨年、在留資格の変更を申請する時に、先 ... » more

嘗て陸運局にいた友人が、「法務省であれば政治家や実業界の者の誘惑や要請などはないだろうからいいなあ。僕のところはいろいろあってね。最初は憤慨していたのだけれど、徐々にそんな雰囲気の中で汚れて行くようで堪らないよ」と言っていた。入りたての ... » more

実際に興業の資格では許可しないと言っていながら、都内で許可されている例もあり、それを招聘したのは有力な政治家が絡んだ興行元(プロダクション)であることから、いくら接客を伴わない興業本来の活動だと認めたからだと言っても、見る者が見れば明らかに ... » more

それを今回の法務大臣の更迭人事に至る過程について考えれば、人事権者が適材ではないと言うことか、それとも補佐する立場で回りにいる者が適材ではないと言うことか、いずれにしても上も下も迷走するのだけはいい加減にして貰いたいものだ。混乱の中で任 ... » more

ある警備官が監理官になって、人事異動の季節を迎えた。東京管内の人事異動はその監理官が決めていい。歴代の監理官は、他の管轄からの異動を受けて、おおまかな人事配置を決め、細々とした配置については、異動を予定していない幹部職員の意見を参考 ... » more

小説家久保一郎の独り言適材適所の話(1)
法務大臣が事実上更迭されて、再びヤル気がない筈の代議士をそこに据えることになった。官公庁の人事においても、良く言われるのが「適材適所の人事配置」を考えるということだが、実際はどうなのだろうか・・・。適材適所を考える上で、その人物のそ ... » more

いまさら聞けない入管の話 36 政治家が絡んでいるという話(1) 俺が現職の時にも、大物政治家が特別に便宜を図ってくれと言っているといった内容の話はあったが、違反事件で便宜を図ろうにも、違反した事実を揉み消すようなことはできないから、精々が仮放免を認めるくらいが関の山。確かに、俺が嘗て扱った在留特別許 ... » more

今回の変更によって、中長期の期間在留する外国人の在留期間の上限が、5年に引き上げられるなどの利点もあるが、正規在留者と不正規在留者のきっちりとした識別が為されること、住所や身分関係の変動を逐一届け出なければならないことなどを考えると、入国管 ... » more

ここで問題となるのは、女性が離婚して「定住者」としての在留資格に変更できれば良いが、再婚を考えている場合だ。ご承知のように離婚した女性は、同じ配偶者であれば直ちに受理されるが、新たな配偶者との再婚には、六ヶ月の禁止期間を待たねばならない ... » more

それは身分関係に対して与えられる在留資格についても言えることです。離婚と再婚を経た外国人は、例え配偶者の国籍が変わらずにいても、相手が変わった事実を届け出ることを要求されます。今回の登録証から在留カードの切り替えにおいて、配偶者との ... » more

在留の管理がきめ細かくなったということは、入国管理局による在留形態の把握が以前に比べて容易になったことによる。就労関係の在留資格を持つ者の就職先が変わっても、以前であれば転職時に届け出る者は稀であり、通常は在留期間の更新時に転職したこと ... » more

在留カードの導入に伴って、これまでの制度から大きく変わるところは、違反者の選別が容易になったこと、在留管理がきめ細かくなったこと、不正な手続きによる在留資格の取得等について取り消しができるようになったこと、これらによって出入国管理及び難民認 ... » more

日本に長期間(90日を超えて)在留する外国人は、外国人登録をしなければならなかった。正規に入国した者も、不正規(不法入国・不法上陸)に入国した者、不法残留等の入管法違反者の区別なく、全ての外国人に登録が義務付けられていた。それが平成 ... » more

そうした考えに基づけば、後は学業習得に関して、その学生がどれくらいの成績を修めているかを勘案するべきであろう。習得するものの内容によっては、ただ、出席率が良いというだけでは十分ではない。出席率というものは、学校に行って、授業中に寝て ... » more

そもそも留学生の受け入れや研修生の受け入れについては、当初の理念や構想が高邁で理想を追いすぎるものであったり、受け入れる側の体制が不十分であったりして、現実に受け入れた時には学費さえ納入してくれれば、不法就労を黙認する学校や低賃金の労働者を ... » more

このように話すと、必ずと言って良いほど、過度のアルバイトをしなくても学費や生活費を支弁することができることが「留学」の在留資格を与える条件であり、そのように就労可能な時間を増やすことは不法就労者の増加につながるといった話が出てくる。しか ... » more

留学生の資格外活動を取り締まるのに留意しなければならないと思うことは、当該の留学生が苦学生(何と古めかしい響きであることか)であった場合だ。経済状態が悪くなった現今の日本では、これまで死語となっていた苦学する学生が日本人の中にもいること ... » more

もう二十年前になる。企画担当だった今は亡きH警備士が、留学・就学の学生の資格外活動の処分にかかる指針を作成した。資格外活動を問題とするときに、その学生の本来の目的である就学状況、出席率、成績そして資格外活動許可を得て行われるアルバイト等 ... » more

留学生のアルバイトは週に二十八時間と決められているが、それを忠実に守っている者はどれほどいるのだろうか。俺は現職のころ、留学生がアルバイトをするに当たって、やってはいけないと言う風俗関係の仕事に従事しているであるとか、学校には殆んど行か ... » more

いまのところ、在留特別許可が与えられている者は、身分関係によるものに限られているが、制度上は法務大臣がその者の抱えている事情を考慮・斟酌して在留を特別に許可することとなっているから、活動内容にかかる在留資格が与えられることがあってもよいと考 ... » more

文書によって証明されることに基づいて在留資格が与えられることによって、偽変造の文書を作成、使用する者が出てくることが用意に予想されるし、また、国によっては正規な形でありもしない文書が発行されることを考えれば、手抜きの審査対応では如何ともし難 ... » more

ところで在留を希望して出頭申告するものに与えられる在留資格は、「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」のいずれかしかないと考えているのではなかろうか。これまで在留を希望して出頭申告してくる外国人は、その多くが日本人や永住者との婚姻 ... » more

自分の歴史、これまで歩んできた人生を再現する作業が、出頭申告するときには必要になってくる。これが意外に困難な作業となる、過去を振り返って再現することが容易な人は、本より出頭進行するような事態に陥ることはないだろうし、出頭申告するような事 ... » more

しかし抱えている事情を申し述べて在留を許可して貰おうとする在宅事案の出頭申告では、出頭する者は入念な準備を怠ることは致命的なこととなる。最近の話。認定申請をしているのだが、二年が経っても交付されないという事案を耳にした。良く話を聞い ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 17:42

「入国管理局」のブログ関連商品

» 「入国管理局」のブログレビュー をもっと探す

「入国管理局」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る