誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    第四章

第四章

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「第四章」のブログを一覧表示!「第四章」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「第四章」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「第四章」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

第四章(Part13) 面と向かったら、恐くてとてもそんなことは言えなかった。幼いころから彼の胸には、竜繁の暴力に対するトラウマ的な恐怖心がある。兄のとがった声を聞くだけで、身が縮むような心地がするのだ。なぜ俺はあんなやつの横暴に四十二年もおびかされな ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part12) 長身の牧師は見ず知らずの娘にはげしく叱られて、ピストルを突きつけられたみたいに両手をあげた。美和はプンプンしながら駅のエスカレーターのほうへ歩きかけてから、ふと思い出したように牧師のほうをふり返った。「もうひとつ!わたしはカ ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part11) 広島の府中市に生まれ育って、小さいころから絵を描くのが好きで、画家をめざして超難関の東京芸術大学の入学試験に四度も挑んだ彼だった。それでも合格することができず、あきらめて多摩美術大学に入学したときには、二十一歳になっていた。大学 ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part10) 美和もまた桐花を探して府中駅前の人ごみの中を歩きまわっていた。駅の南口は、二階のホームから伊勢丹のほうへまっすぐ通じる広いペデストリアンデッキが屋根のように空を覆っているので、昼でもかなり暗かった。「ええっと、白いバン… ... » more

第四章(Part9) 「は?ああ、……そうですね」宗岡は仕事をじゃまされた不快感を、「へ」の字に曲げた唇で示した。だが、社長夫人が工場を訪れることは滅多にない。よほどのことだろうと判断して、作業場の隅で熱心にかんなの刃を研いでいた長身の若者に声を ... » more

第四章(Part8) すると桐花は神経質に目尻をつり上げた。竜繁や事務所の女たちに対する生理的な嫌悪に、夫への反発が加わって、決定的に機嫌をそこねてしまった。「そうですか。じゃあ、けっこうです。宗岡さんに頼みますから」桐花は言った。秀顕が宗岡のこ ... » more

第四章(Part7) 「……なんね、あの人らは。ほんま失礼な!」桐花はムシャクシャしながら表に出ると、工事のために自動ドアを開放していた新しい建物に初めて入った。一階のエントランスのショールームは、外壁全体がガラス窓になっていて、とても明るく ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part6) 家の周囲に広がる田は去年の秋から水を抜かれたままで、乾ききった灰色の地面のあちこちに小さな雑草の緑を芽吹かせていた。その田を迂回するようにゆったりと曲がりくねった道を桐花は一気に走りぬけた。ご近所の老人たちがグランドゴルフを楽し ... » more

第四章(Part5) 「そうですか……。大変ですねえ」桐花は声にやさしい同情をこめて言った。「あのう……。それで、もし、府中のおばあさまのところへ行かれるようなことがあったら、一度うちのほうへ寄ってもらえたら思うんですけど、そういう予定はないです ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part4) 「もぉー、勝田さん、血圧を測るときぐらい安静にしてくれないと、またバンドが切れちゃうじゃないですか。これ壊したら三個目ですよ」ナースがうんざり顔でぼやくと、「美和ちゃん、いまの聞いたろ?」房代は得意そうに叫んだ。「ばあち ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part3) 勝田房代が入院した病院は、府中市民球場から少し離れた閑静な住宅街にある私立の整形外科病院だった。二日前に日本橋堀留町で方向音痴を克服する方法を編み出した美和は、今日はぜったい道に迷わないと自信たっぷりで家を出たのに、病院らしくな ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part2) あみだくじはフィフィをのぞく四人で五回トライして、当たりを一番多く引いた人が房代の見舞いに行くことになった。「べつに五回もしなくたって、どうせ三回で決着がつくわよ」母が予言したとおり、美和がのっけから三回連続で当たりを引いた ... » more
テーマ 第四章 小説

第四章(Part1) 第四章父、正彦の失業に始まって、盛本家の家族四人と犬一匹を巻き込んだ不運の厄難はとうとう多摩にまで飛び火して、桜ヶ丘に住んでいる美和の母方の祖母の勝田房代が府中市内の整形外科病院へ入院したのは、美和が京橋百貨店か ... » more
テーマ 第四章 小説

霧風・幻風【漆黒のカラス】第四章
第四章孔瀬の不思議な能力燐「ねぇねぇ!!あの光なにぃ?」と燐は、孔瀬のいる不思議な光のする場所へ行った。黎砂「行くぞ。」亜紀「え?黎?・・・・;」黎砂「助けに行くんだろう?てっとり早くすますぞ。助けるならな。」燐 ... » more
テーマ 第四章

 

最終更新日: 2016/12/02 03:38

「第四章」のブログ関連商品

» 「第四章」のブログレビュー をもっと探す

「第四章」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る