誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    武士

武士

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「武士」のブログを一覧表示!「武士」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「武士」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「武士」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ハッとするところの無い本で、なんとなく、そうだろうなと思っていたことが書かれている。一つ、面白いのは、江戸時代の武士の建前は御家に「一生懸命」に仕える武士だが、「一所懸命」(自分の土地を命がけで守る)で私益を基本に自分の価値観を大事にして生 ... » more
テーマ 近世史 武士

しろやま日記清和源氏  -1521
清和源氏  -1521 家系図は「清和源氏」か「桓武平氏」から書き始められていると歴史の時間に聞きました。でもキチンとした実物を見たことはありません。実家の本家筋には、そのようなものがあるそうで、そのコピーを目にしたことがあります。何か走り書きのような感じ ... » more
テーマ 歴史 清和源氏 武士  コメント(2)

雑想 心の風景 Heartscape背中で語る人
背中で語る人 いつの頃からか、割と若い頃から孤高に生きてきた人早くから独りで息を引き取る覚悟はできていた人80歳になっても、80歳の姿ではあるけれど、老いを全く感じさせないかと言って生気が漲っているわけでもないただそこにいる。泰然とし ... » more
テーマ 孤高 武士 高倉健

すーさんコーナー 本日のお題は「武士」です。楽しいですよ。 すーさんコーナー本日のお題は「武士」です。佐賀藩士の山本常朝が葉隠で゜「武士」とは死ぬこととみつけたり゜との言葉は有名ですね。また新渡戸稲造が著書「武士道」の中で゜「武士道」とは日 ... » more
テーマ 川柳 武士 水彩画

日本史の「ツッパリ」11 切腹がなぜ名誉なの? あまり楽しくない話題で恐縮ですが、時代劇の「切腹」シーンを見るにつけ、〜なんでこれが「武士の名誉」であり、「ありがたき幸せ」なんだろう?〜という疑問に囚われます。もっとも、「切腹」にもいくつかのパターンがあるようですから、 ... » more
テーマ 切腹 武士 やせ我慢

『長尾景春と鉢形城』 H25年度秋季企画展 長尾景春と鉢形城H25年度秋季企画展−プレ北條氏邦シリーズ第二弾 2013年10月5日〜11月24日鉢形城歴史館http://www.town.yorii.saitama.jp/modules/xfhac ... » more

徳利門番とはどんな者なの? ●●●●●★歴史★●問題:江戸時代に「徳利門番(とっくりもんばん)」という言葉があったそうです。どんな意味なのでしょうか?下の中からいちばん近い説明を選んでください。[い]長屋に入って商売をしたい行商人たちからワイロとして酒をもらう ... » more

江戸時代の武士。挨拶の作法にも草書・行書があったの? ●●●●●★歴史★●問題:江戸時代の武士の話です。同輩同士が往来で出会ったときには、草(そう)の礼をとったらしい。草の礼とは互いに停止し、両手を下げて目礼するというものだそうです。■勤務中などに上司にあったときは、行(ぎょう)の礼を ... » more

行列がこんなに面白いとは・・・ 平均して年に何回くらいここに行くのか数えていませんが、今回の企画展示は、大変面白かったですねぇ。その昔、土浦で仮装行列があったなんて全然知りませんでした。お茶壺道中も、基本的に江戸から京都にお茶を取りに来るのだということがやっと分りました。 ... » more
テーマ 江戸 武士 近世

武士って大変 大河ドラマ「平清盛」 NHK大河ドラマ「平清盛」。最近は、清盛さまが老醜を晒して、、、という展開になっていますが。そして11月25日の回では頼朝挙兵の報で、かすかな光を取り戻した、みたいなことで終わっていますが。次回予告では家人の伊藤忠清に「殿はもはや武士ではご ... » more
テーマ 大河ドラマ「平清盛」 武士 松山ケンイチ

鉢形城歴史館特別展「 武士の美学」 鉢形城歴史館H24年秋季特別展は、「 生と死武士の美学」 として甲冑展を10月06日(土)から開催しています。武具である甲冑の勇壮さ、戦国武将のドラマをイメージしてみました。上杉家の兜や武田家の鎧臑宛 ... » more

訪問 切妻屋根の洋風道場 第四高等学校武術道場無声堂 切妻屋根の洋風道場第四高等学校武術道場無声堂名古屋鉄道犬山駅バス20分 2011年9月19日(月)散歩愛知県犬山市内山1 明治村博物館内入村料1600円 木造平屋建、瓦葺き大正6年建築《洋風の山小屋のよう ... » more
テーマ 武士 日本 道場

明治維新以前の職業。商人、公務員、僧、神官、農民、漁民、職人、は存在した。会社員、教員は、西洋化して生まれたものだろう。ほとんどの日本人は、150年ぐらいの歴史しかない、新しい職業についていることになるだろうか。よく ... » more

さみしがりやのひとりごと武士道
武士道 これはまた難しい本でした。読んだのに理解できないよ。新渡戸稲造さんだって、5千円札しかわからないよ。日本の精神だと言うことは、なんとなしに1899年に英文で、出版していることの方が不思議だよ。 ... » more
テーマ 武士 新渡戸稲造 5千円

荒井医院の診療日記武士の覚悟
院長「昔の武士の覚悟というものはどんなだっただろう?『今度の戦で死ぬかもしれないな』いや、こんなものではないな、『今度の戦で死のう』いやそんな程度ではないな、『今度の戦で死んじゃえ』そうだきっとこのぐらいだな」 ... » more

本能寺の変のとき、甥っ子信忠には切腹を勧め、自分は遁走した調子のいい叔父さんは誰なの? ●●●●●★歴史★●問題:「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という言葉がありますね。主君のためならすぐに命を捨ててしまう。体面を傷つけられたらすぐに戦いを挑む。実物を知らない我々は、武士とはそんな存在だと思っています。■でも、みん ... » more
テーマ クイズ 歴史 武士

劇画 「美童記」 感想 久々に面白い漫画というか劇画読んだ。古本屋で見つけた「美童記」(原作:南条範夫、絵、臣新蔵)もう古い漫画で貸本漫画らしい。五代将軍綱吉の時代、すばらしい美貌を持ったがゆえにもてあそばれる小姓、伊丹弥之助の生涯を描いたもの。ちょっと全 ... » more

平八郎軍鑑戦国武将祭
戦国武将祭 さいたまスーパーアリーナで開催された戦国武将祭に行って参りました。事前にホームページを見てはいたものの、内容についてはイマイチ把握できていなかったので、どのようなイベントになるのか興味深々。会場内は若い女性が多く、所謂「歴女」がほと ... » more

千葉三越「なりきり戦国武将福袋」 百貨店の正月品として定番の福袋。今年は千葉三越で、甲冑の試着&プロカメラマンによる撮影がセットになった「なりきり戦国武将福袋」が売り出された。何を隠そう、この福袋をオブザーバとして企画提案したのはこの平八郎でござる。という事で年 ... » more
テーマ 武士

A contre-jour奥多摩「武」の表象風景
10世紀の東アジアは、新・旧勢力交代の動乱期であり、また、それと呼応するように日本の社会も東国、西国でそれぞれ顕著な反乱があった(網野善彦『日本社会の歴史(中)』岩波新書)。将門の乱は、東国における新政権樹立の企てと見られる。 ... » more
テーマ 武士 表象 奥多摩

竹「武士道」について
小説を読んでいて、ふと疑問が生じてしまった。「『武士道』って何?」。今までの見解は、他人を暴力で抑え込んで食っている人たちの自己弁護。「道」をつければ形而上的に許されるものになるという決めつけ。「形而上」の「上」という文字を使ってい ... » more
テーマ 武士

平八郎軍鑑川中島合戦戦国絵巻
川中島合戦戦国絵巻 二年ぶりに石和川中島合戦戦国絵巻に出陣して参った。詳細は後日、戦記にアップいたしまする。あの後、諏訪に進軍しなければならなかったため、皆と早々に別れてしまったのでおじゃる。「ごめんね。ごめんね〜♪」■関連リンク ... » more
テーマ 武士  コメント(2)

幽幻倶楽部武士の魂と福沢諭吉
武士の魂と福沢諭吉 少しでもその才ありと見られたなら、猫も杓子も官界へとなびいた時代でもあったそんな時代に福沢に誘いがなかったはずはなく、もちろん再三再四政治の世界へと誘われていただろうし、親しい仲間からも推されてもいただろうだが、生涯政治の世 ... » more

千年の「桜」 桜とお墓についてです。国文学者の柳田国男の説明では古来、桜と名のつく地名のところは「死体の捨て場」だったと述べています。桜の花の散り際の潔さと死者への鎮魂が微妙に波長を合わせているのかも知れません。 ... » more
テーマ 死者 武士

ある天皇に「見たことがないから切腹をして見せてくれ」と迫られた武士は誰なの? ●●●●●★歴史★●問題:戦国時代から江戸時代にかけて、板倉勝重(いたくらかつしげ)、重宗(しげむね)、重昌(しげまさ)という武士がいました。勝重の長男が重宗、次男が重昌だそうです。●次男重昌は1638年2月14日、旧暦では寛永15 ... » more

面白く生きた風雲児 27歳で死んだ高杉晋作1奇襲の兵「騎兵隊」を組織長岡城をめぐる朝日山の戦い、信濃川渡河作戦、今町の戦いなど、北越戦争の激戦では必ず奇兵隊の名前がでてくる。身分制度の厳しかった江戸時代に、町人、農民により編成され ... » more

平八郎軍鑑第29回 川中島合戦絵巻
第29回 川中島合戦絵巻 4月14日(土)山梨県笛吹市で開催される川中島合戦戦国絵巻に参陣するため、景気良く自宅を出撃(実は前日飲みすぎっため、だらだらと11時頃出発)。途中、箱崎から8km程度の大渋滞だったため、錦糸町で降りて下道を進撃し、代官町出 ... » more
テーマ 武士

Ban'ya笛吹峠の桜と悲劇
埼玉県の嵐山町と鳩山町の間に、笛吹峠がある。桜の名所なので、タクシーで行ってみたら、もう桜は散っていた。この峠は、それほど高いところにはなく、小高い丘をなしている。かつての鎌倉街道の跡のようだ。山賊や追いはぎが、 ... » more
テーマ 俳句 武士

第五回小田原城馬上弓くらべ大会(二日目・決勝編) 朝7時、いつもの旅館「かねこ」で景虎殿、aammee殿と共に起床。外を見ると雲一つない晴天である。早速直垂に着替え、それがしは一足先に小田原城へ。途中、写真撮影に応じつつ本丸に向かうと、恐らく比国の方々と思われる観光客の皆様に取り囲まれ ... » more
テーマ 乗馬 武士

第五回小田原城馬上弓くらべ大会(初日・予選編) 今回は、最高位の一般Aクラス、その下に一般Bクラス、そして初級クラスと、三つの組み分けがなされ、それぞれに別の土俵で競うというルール。とは言え競技自体の基本的なルールはみな同じで、単順にクラスが上がるに連れて難しい馬になっていくという形式。 ... » more
テーマ 乗馬 武士

 

最終更新日: 2016/12/08 16:46

「武士」のブログ関連商品

» 「武士」のブログレビュー をもっと探す

「武士」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る