誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    司法書士

司法書士

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「司法書士」のブログを一覧表示!「司法書士」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「司法書士」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「司法書士」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

裁判といえば、弁護士を代理にして 争うイメージをお持ちの方が 多いかと思います。 しかし、簡易裁判所の事件は 弁護士を代理人に選任せず 自分で裁判をする本人訴訟が 数多く行われています。 ... » more
テーマ 司法書士

成年後見とは、法的に、権限をあたえられた代理人が、 認知症や知的障害、精神障害などの理由で、 判断能力が不十分な人を支援かつ保護する制度です。 そして、後見人はその代理人となり、判断能力が不十分な人の 財産管 ... » more
テーマ 司法書士

登記は、不動産だけではなく、 商業登記として会社にもあります。 会社の名称や所在地、取締役が誰かなどの 一定の情報が登記簿に記載され 誰からもこの情報を見れるようにしておくこと これが、商業登記です。 ... » more
テーマ 司法書士

多くの司法書士が、不動産登記を中心に仕事をしていると思います。 今は、商業登記や債務整理などの仕事を中心に しているところもあるみたいですが、 やはり、司法書士の中心となる核の業務は 不動産登記だと思います。 ... » more
テーマ 司法書士

長かったリーガルの研修がおわりました。これで後見人等候補者名簿に登載される権利ができましたが、まだまだです。もっと勉強しなければダメでしょう。それでも、やはり、リーガルの研修はながかったです。ちょと解放された ... » more
テーマ 司法書士

リーガルの研修に行ってきました。 リーガルといってもわからないので、 簡単に言うと成年後見に関することです。 成年後見について簡単に説明します。 認知症や知的障害、精神障害などの理由で、 自身で不 ... » more
テーマ 司法書士

皆さんは、司法書士と聞いて、どんな仕事か想像できますか 登記するひと、代書屋さん 司法書士の仕事は、法律に規定されています。 ただそのまま書くとむずかしいので、簡単に説明します。 大きくわけて4つあります。 ... » more
テーマ 司法書士

新潟市西区・新潟市西蒲区での 遺産相続(遺産分割協議書の作成・土地建物の名義変更の手続き)、 遺言書(作成・公証役場の手続き)など、 相続に関するご相談・手続きを専門(中心)で、 がんばりますので、 ... » more
テーマ 司法書士

司法書士を開業したら、いろんな電話きます。コピー機のセールス、ホームページつくりませんか等、しかも地元の業者ではなく遠方の業者からどこで自分の情報がもれているのか? ... » more
テーマ 司法書士

不動産の相続手続き及び遺言の専門家として新潟市西区・新潟市西蒲区でがんばりますので、よろしくお願いします。 ... » more
テーマ 司法書士

新潟市西区・新潟市西蒲区で不動産の相続手続き及び遺言作成支援の専門家として地域密着でがんばりますのでよろしくお願いします。 ... » more
テーマ 司法書士

司法書士の日常ブログ合同会社の設立
2006年にできた「合同会社」という会社形態。最近、合同会社の設立手続きのご依頼をいただくことが増えています。また、そうは言っても、まだまだ知名度が高くないので、株式会社がいいのか、合同会社がいいのか、設立に迷ってご相談を受 ... » more
テーマ 司法書士

これは消費者被害救済に限ったことではありませんが、どうしても我々法律家は最初に法律のことを考えてしまう傾向があります。それでいけないのか?という考えもあるとは思いますが、私は一番重要なことは相談者・依頼者の利益の確保、救済を図ることであり、 ... » more
テーマ 司法書士 研修

「会社」と言うと、大概は株式会社を思い浮かべます。実際、世の中には「○○株式会社」という会社が目に付きますね。たまに「有限会社○○」なんていうのも見かけます。しかし最近、合同会社という会社形態が注目されています。「えっ、そんなの見た ... » more
テーマ 司法書士 研修

その名の通り、インターネットを通じた取引に関する消費者被害を扱ったシンポジウムです。やはりというか、当然と言うか、ネットを通じた取引の被害が増えており、消費者被害に関する相談の2割を超えるそうです。ネットであるが故の特別な点としては ... » more
テーマ 司法書士 研修

信託の話題が最近多いですが、一般にはどうでしょうか?そう言えば「信託銀行」なんてのがあるよね、とか「銀行で投資信託を売っているね」というくらいが一般的でしょう。これらは商事信託であり、不動産等の証券化、流動化のためであったり、日本の金融資産 ... » more
テーマ 司法書士 研修

家庭内の相続財産に関する問題であれば、家庭裁判所で何でも解決してくれる、そう思っていませんか?相続財産に関するものであれば、まず調停で話し合いによる決着を図ることになりますが、それで解決できない場合、必ずしも審判(判決みたいなもの)で解決し ... » more
テーマ 司法書士 研修

司法書士にできる業務は何ですか?はい、それは司法書士法第3条で定められた業務です。というのは簡単ですが、実際にはかなり難しい微妙な部分もあります。その中で特に問題となるのが、裁判所提出書類作成業務と簡裁訴訟代理業務です。まず前提知識 ... » more
テーマ 司法書士 研修

消費者の権利や利益を、保護する際に生じる問題のことであり、その根源には企業と消費者の間にある、資金力、情報の質、量並びに交渉力の格差があり、消費者の不利な立場を解消したり改善しようとすることが、消費者問題であるそうです。何やら分かりにくいで ... » more
テーマ 司法書士 研修

昨今、企業においてうつ病などの精神疾患を患う方が増えており、職場のメンタルヘルスが問題となっています。では自営業たる司法書士の場合はどうなのでしょうか。一般企業の職場における諸問題とはちょっと違っている気がします。司法書士事務所でも ... » more
テーマ 司法書士 研修

日本では8割が協議離婚だそうです。1割が調停による離婚で、残りが裁判離婚などだそうです。当人同士の協議により穏便に離婚できるのであれば結構なことですが、離婚の際に決めておくべきこと、特にお金に関することを明確に決めておかないと、離婚 ... » more
テーマ 司法書士 研修

「虐待防止法」と聞いてどう考えるでしょうか。「俺には関係ない話だね」と考えるでしょうか、それとも「けしからん。加害者を厳罰に処すべきだ。」と考えるでしょうか。実は法の趣旨からするとどちらも違います。不適切な介護から高齢者、障害者を保護し、そ ... » more
テーマ 司法書士 研修

突然ですが、遺産相続が発生したとします(遺言はないとします)。相続人全員で遺産分割について話し合いたいところですが、行方不明で連絡がつかない人がいたとします。どうしますか?「いない人なんて放っておいて、いる人だけで分けよう」 ... » more
テーマ 司法書士 研修

与信管理とは何でしょう。簡単に言えば、どこまで取引先を信用(主に、ちゃんとお金を払ってくれるかという意味で)できるか?ということを管理することです。取引先が倒産したら、自分の会社が困るのです。場合によっては、連鎖倒産などにもなりかねません。 ... » more
テーマ 司法書士 研修

司法書士の日常ブログ怖い電話
当事務所では、事務所の固定電話に電話がかかってきた場合、留守だと携帯に転送するようにしています。昨日、たまたま携帯を見ると、「非通知」の着信が。非通知の電話は、つながらない設定にしてありますので、かかってきたことすらわからな ... » more
テーマ 司法書士

今回は、私が所属している支部以外で開催されたセミナーに参加しました。商業登記関連で指摘される事項や質問事項について、東京法務局の方々にお答えいただくものでした。中身については極めて実務的な内容だったので、詳細は省略しますが、中には私 ... » more
テーマ 司法書士 研修

遺言を書いておくことは重要です。「遺言を書くほど財産なんてないよ」と言う方もいるでしょうが、財産があろうとなかろうと(まったくのゼロと言うことは普通ないでしょう)もめる時はもめるのです。また、仮にもめないとしても、どのような財産があるのかを ... » more
テーマ 司法書士 研修

こう考えたことはありませんか?「自分は騙されない」「騙されるほうがバカなんだ」と。実はこういう人は騙されやすい人なのです。「自分は騙されない」と考えるのは、自分を騙される人のカテゴリーから外し、逆に騙される人というのは「高齢 ... » more
テーマ 司法書士 研修

消費者問題に関する法律としては、民法を一般法として、消費者契約法、特定商取引法、割賦販売法などがあります。消費者契約法は、消費者と業者との契約全般を規定した法律ですが、その中のさらに特別な商取引形態を規制するために、特定商取引法、割賦販売法 ... » more
テーマ 司法書士 研修

言葉には3つのレベルがあるそうです。すなわち「事実」:起こっていたことそのまま。伝え手の考え、評価、判断は入らない。「推論」:事実とその周辺で起こっていたことをつなぎ合わせて表明する。「断定」:推測したことに伝え手の ... » more
テーマ 司法書士 研修

 

最終更新日: 2017/02/22 16:21

「司法書士」のブログ関連商品

» 「司法書士」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る