誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    サッカー日本代表

サッカー日本代表

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: サッカー
テーマ「サッカー日本代表」のブログを一覧表示!「サッカー日本代表」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「サッカー日本代表」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「サッカー日本代表」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ボールを保持した時間50分、相手のそれは17分、ポゼッション率は75パーセントにも上りました。しかし、スコアは1対2。グループリーグ3試合と同じようにポゼッションで圧倒しましたが、結果はついてきませんでした。U17ワールドカップラウ ... » more

「美しく魅了して、劇的な結果を残す」とは、試合終了後の吉武監督のコメントでした。U17ワールドカップ、既に決勝トーナメント進出を決めている若い彼らは、グループリーグ1位をかけてチュニジア代表と対戦しました。監督のコメントの劇的な結果を残すこ ... » more

ユース年代とはいえ代表レベルの世界大会で、これほどファンタスティックという言葉がふさわしいプレーを続けた日本代表の姿を見るのは初めてです。U17ワールドカップ、初戦でヨーロッパ王者ロシアを破った若き日本代表は、グループリーグ2戦目で南米2位 ... » more

■日刊ゲンダイhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000013-nkgendai-socc欧州遠征中の日本代表は15日、セルビア戦(11日、0―2)に続いてベラルーシと対戦した。 ... » more

中東UAEでU17ワールドカップが開幕しました。この年代を指揮するには定評のある吉武博文監督に率いられた1996年生まれを中心として96ジャパンと呼ばれる若い彼らは、グループリーグ初戦で堅いディフェンスでヨーロッパを制したロシアに挑みました ... » more

昨日発売のスポーツ・グラフィック誌「ナンバー」の特集は、サッカー日本代表のいわゆる「ドーハの悲劇」だった。新聞朝刊の広告でこれを知った私は、最寄り駅のコンビニでナンバーが販売されていたことを思い出し、出勤途中にこ ... » more

あんまり完敗だ無念だと言うので言わせてもらいますが サッカー日本代表のことなんですけど。欧州遠征2連敗。それもW杯に出場しない国の代表チームに1点も奪えず。なんたることか。監督交代だ?な〜に寝ぼけたことをおっしゃいますか。試合を観ていてきづきませんか? ... » more

「このピッチの上、円陣を組んで、今、散った日本代表は、私たちにとっては『彼ら』ではありません。これは、私たちそのものです。」1997年11月、ジョホールバル。日本代表は、翌年フランスで開催されるW杯に史上初めての出場を目指しイラン代表と ... » more

Football in My Life不幸な背番号10。
観戦記日本vsベラルーシ。また歴史は繰り返された。スタメンがセルビア戦と同じ、ということでザッケローニの慎重というか硬直というか、ある種の閉塞感を感じて、試合を見ることになった。ベラルーシのプレスがセルビ ... » more

親善試合2013年10月15日15:15 (日本時間21:15) トルベド・ジョジナ・スタジアム日本 0-1 ベラルーシチゴレフ(前44)●負けた〜、負けた〜、また負けた!布陣は、先日(10月11日)のセルビア戦とま ... » more

相手DFの背後へ走れ!シュートコースが空いたら、ミドルでもシュートを撃て!とにかく、戦術なんだろうけど、相手ゴール前のチャンスで、シュートを撃つまでにパスをつなぎすぎる。大柄な欧州人を相手に、あのシュート ... » more

チームは完全に停滞してしまった、と感じたのは僕だけではないでしょう。しかも、試合後に監督が今回も決定力の差が出てしまったというようなニュアンスで発言した後に、「ただセルビアに対して、これだけの内容で戦えたことに関してはポジティブにとらえてい ... » more

なんと、仙台の手倉森監督が、リオ五輪サッカー日本代表監督に就任。オシム氏に続き、また日本サッカー協会は、現役Jリーグ監督を引き抜くのか!いいのか、仙台。って、また原強化委員長も、「ダジャレが・・・。」とか言っ ... » more

久しぶりにサッカーの観戦記から。NHK・BSで放映された、ヴァンフォーレ甲府vs横浜Fマリノスはたいへん見ごたえのある試合だった。甲府は、5-4-1ともいえるシステム。攻めるときは3-5-2のようになるが、堅守速 ... » more

先日頂いたコメントに書かれていたように、サッカーに限らず、日本の国民的スポーツ「プロ野球」でも地上波によるゴールデンタイムの放映は激減している。読売系の超人気球団である「巨人戦」であっても、優勝が決まるかもしれな ... » more

2戦合計1対8・・・。惨敗の文字が躍ってもやむを得ない完敗を示すスコアでした。ACL準決勝セカンドレグ、日本勢で唯一勝ち残っていた柏レイソルは、ホームでアウェイゴール4つを与え、蜘蛛の糸を手繰るような状況の中で、アウェイで広州恒大に挑みまし ... » more

大宮アルディージャの弱体化ぶりがすさまじい。監督交代後、積み上げた勝ち点はわずかに3。思えば、観客数水増しも大宮だった。スポンサーに好印象を持たれる為の水増し。大宮が無敗記録を更新しているときは、 ... » more

Football in My Life28歳からの就職。
先日、サッカー関連誌のコラムを読んでショックを受けた。「プロサッカー選手も27、28歳まで。日本代表レベルでなければ、そろそろ就職を考える。」文脈も主旨も全く覚えていない。とにかく、この言葉がショックだった。 ... » more

アジア王者を目指している柏レイソルの9月半ばからのスケジュールです。13日Jリーグ(柏)、18日ACL準々決勝(サウジアラビア)、22日Jリーグ(大阪)、25日ACL準決勝(柏)、28日Jリーグ(柏)、10月2日ACL準決勝(中国)。20日 ... » more

Football in My Lifeプロであるならば。
Jリーグが2ステージ制に戻し、プレーオフを行うことが決定した。先日、この決定はもっともだ、サポーターも理解を示して欲しい、とブログに書いたところ、二人の方から批判のコメントを頂いた。ちょうど、1年前なら、私もそう ... » more

気温36度、湿度8%。国際試合では、目にすることも稀な前後半半ばの飲水タイム。ACL準々決勝セカンドレグ。Jリーグ勢で唯一勝ち残っていた柏レイソルが過酷な条件のアウェーで、アル・シャバブと対戦しました。既にホームでアウェーゴールを許 ... » more

先週のサッカーマガジンに、見慣れない国名の代表チームのエンブレムのイラストがあった。「アルバニア・・・?」どっかで聞いたことがある国名だが、よく覚えだせずに2〜3日が経った。超多忙だった週の仕事が終わり、週末 ... » more

先週末、J1リーグの各会場で、Jリーグの2ステージ制にする改革案に反対する横断幕がたくさん掲げられた、という。どうしてJリーグにもっとお客を集めて盛り上げようとする改革に反対なのか、正直、理解できない。欧州サッカ ... » more

日本代表の9月シリーズ、6日のグアテマラ戦は相手のランキングから考えても、これまでのチームのコンセプトをチェックするための試合でした。そして、昨夜のガーナ戦こそコンフェデ杯以降ズタズタにされたチームディフェンスの再構築に向けて真価が問われる ... » more

turuchanS完封勝利
グァテマラに3-0で勝ったネしかし、香川あまり良くなかった代表の試合の時 香川って動きが悪い相手のDFがしっかりついているから?プレミアリーグでも付かれているけどルーニーの方へ集中して香川の方が薄く成ってる?DFを外せない? ... » more

日本フットサル史上、現時点で最強のチーム、名古屋オーシャンズから寂しいニュースが3つ届いた。忙しくて、アジアクラブ選手権も応援に行けなかったが、アジア・フットサルでもうひとつの強豪国イラン代表に、残念ながら準 ... » more

Football in My Life殿の乱心。
先週土曜日から昨日まで、柏のネルシーニョ監督の辞任発言、そして辞任撤回まで、本当にドキドキした。たしかに、Jリーグ優勝は、現実的でない目標かもしれないが、ナビスコカップ、ACL、そして天皇杯と、多くのタイトル ... » more

「2013年に入ってからは、目に見えてチームのプレーリズムが悪い。『世界を相手にすれば脆さをさらけ出す』私はそう評価していた。案の定、コンフェデレーションズカップではブラジル戦のプレーは大きく評価を下げ、イタリア戦は美しさを感じさせたものの ... » more

「野球をよく知ってる」という言葉はかつて耳に馴染んでいた(自分に向けられたものではないが)。基本の動き、ルール、セオリー、アピールの仕方、暗黙の了解らしきこと、ルールすれすれの奥の手めいたことまで、私が大学の4年間(正確には5年間)で吸収し ... » more

日本代表のSB、ドイツブンデスリーガで4シーズン目を迎えた内田選手が、スポーツライター佐藤俊さんの構成により文藝春秋に取り上げられています。サッカー専門誌ならいざ知らず、文藝春秋というところが、まずもっての驚きでした。彼はその甘いマ ... » more

 

最終更新日: 2017/08/23 11:16

「サッカー日本代表」のブログ関連商品

» 「サッカー日本代表」のブログレビュー をもっと探す

「サッカー日本代表」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る