誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    荻原浩

荻原浩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「荻原浩」のブログを一覧表示!「荻原浩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「荻原浩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「荻原浩」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

 【第155回直木賞候補作】  ▽荻原浩「海の見える理髪店」(集英社) 【第155回直木賞候補作】 ▽荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)「海の見える理髪店」 荻原浩著(集英社1,512円税込)【内容情報】(出版社より)両親の離婚をきっかけに家出し、海を目指す少女の切ない冒険 ... » more
テーマ 第155回直木賞候補作 集英社 荻原浩

『二千七百の夏と冬 下』荻原浩 荻原浩の『二千七百の夏と冬下』(2014年6月刊)を読みました。BOOKデータによると、<紀元前七世紀、東日本―ピナイ(谷の村)に住むウルクは十五歳。野に獣を追い、木の実を集め、天の神に感謝を捧げる日々を送っている。 ... » more
テーマ 荻原浩

『二千七百の夏と冬 上』荻原浩 荻原浩の『二千七百の夏と冬上』(2014年6月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<ダム建設工事の作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が発見された。二体はしっかりと手を重ね、互いに顔を向け合った姿であった。 ... » more
テーマ 荻原浩

冷蔵庫を抱きしめて  荻原浩 著 SNSに偽りの自分を投稿してしまう思ったことをすぐに口にしてしまうマスクがあると他人の視線にさらされず心地よいこれって病気?http://www.gruri.jp/article/2015/01232030/冷蔵庫を抱き ... » more
テーマ 冷蔵庫を抱きしめて 矢来町ぐるり 荻原浩

「冷蔵庫を抱きしめて」 荻原浩著(新潮社 1,728円税込) 「冷蔵庫を抱きしめて」 荻原浩著(新潮社1,728円税込)冷蔵庫を抱きしめて新潮社 荻原 浩 Amazonアソシエイト by 冷蔵庫を抱きしめて [ 荻原浩 ]楽天ブックス 荻原浩 新潮社発行年月:201 ... » more
テーマ 冷蔵庫を抱きしめて 荻原浩 小説

『二千七百の夏と冬(上・下)』 荻原浩著 (双葉社 各1,404円税込) 『二千七百の夏と冬(上)』荻原浩著(双葉社1,404円税込)二千七百の夏と冬(上)双葉社 荻原 浩 Amazonアソシエイト by 二千七百の夏と冬(上) [ 荻原浩 ]楽天ブックス 荻原浩 双葉社発行年 ... » more

『誰にも書ける一冊の本』荻原浩 荻原浩の『誰にも書ける一冊の本』(2011年6月刊)を読みました。読書メーターの内容紹介によると、<「私」は、アルバイトと自分を含めて五人の広告制作会社を営んでいる。広告業のかたわら小説を書き、二冊の本を出している。 ... » more
テーマ 荻原浩

ふくろうの読書記録『家族写真』荻原浩
『家族写真』荻原浩 荻原浩の『家族写真』(2013年5月刊)を読みました。BOOKデータによると、<娘の結婚、加齢に肥満、マイホーム購入…家族に訪れる悲喜こもごもは、ささやかだけど大事件。笑ったあとに、心にじんわり沁みてくる、これぞ荻原 ... » more
テーマ 荻原浩

『月の上の観覧車』荻原浩 荻原浩の『月の上の観覧車』(2011年5月刊)を読みました。BOOKデータによると、<守れるはずもないことを、いくつ約束したのだろう。逃げ出した故郷、家族に押しつけた身勝手な夢。いつだってその残酷さに、気付かぬわけで ... » more
テーマ 荻原浩

『コールドゲーム』荻原浩 荻原浩の『コールドゲーム』(2002年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<17歳、まさかそんなに早く死ぬなんて思ってもいなかった-。甲子園に届かなかった夏、渡辺光也の中学時代のクラスメートに次々事件が降 ... » more

本を読む。「ひまわり事件」荻原浩
2009文芸春秋最初は暗いと思った。保護者に縛られる幼稚園児、人生の楽しみを持てない老人ホーム入居者。それから両者がわかり合うという流れはお決まりのパターンだが、それでも面白かった。単純なおめでた話ではない。 ... » more
テーマ 荻原浩

本を読む。「月の上の観覧車」荻原浩
2011新潮社挫折した人間が主な短編集だったが、ふとした仕草や何気ない言葉に深い悲しみや切なさが感じられて胸が締め付けられるようだった。痛い所をストレートに捻ってくる物語でもある。きっと登場人物達は悲しい経験をして、されて、 ... » more
テーマ 荻原浩

此処にそして彼方に座敷わらし
座敷わらしが出ると言ううわさの温泉宿が火事になった話を聞いた時はとても残念な気がした。一度は泊まってみたい宿、温泉であった。愛しの座敷わらし朝日新聞出版 荻原 浩 Amazonアソシエイト by お人好しのパ ... » more

『ハードボイルド・エッグ』荻原浩 ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)双葉社 荻原 浩 Amazonアソシエイト by フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込ま ... » more

夕芽の EX LIBRIS母恋旅烏
母恋旅烏 私は本を、ミステリーなんかは特に二度読みするのだが、これはあまりの濃さと暑苦しさに、二回読む気になれなかった本である。←(注一応ホメてます 笑)『母恋旅烏』荻原浩(双葉文庫)いやーほんとに暑苦しかった。(だからホメてるんだっ ... » more
テーマ 荻原浩

実は、あまり期待して手に取った作品ではなかったのですが、とっても面白かったです。オイアウエ漂流記新潮社 荻原 浩 ユーザレビュー:大人の漂流記あの「神 ...このようなゆるい作品 ...悲壮感のない、 ... » more
テーマ 読書 荻原浩

荻原浩のホラー短編集『押入れのちよ』読了しました。押入れのちよ新潮社 荻原 浩 ユーザレビュー:夏の夜にさらっと。と ...荻原さんのジャンルじ ...最高だよ荻原テイスト ...Amazonアソシエイト by 一口 ... » more
テーマ 読書 荻原浩

4度目の氷河期 いやー何か疲れました(笑)『四度目の氷河期』荻原浩(新潮文庫)結構根性いりましたよこれは。ほとんどが主人公の回想でできていて、4歳から17歳11ヶ月にいたるまでの少年の成長がずっと一人称で語られているところが実に生々しく ... » more
テーマ 荻原浩

『愛しの座敷わらし』 荻原浩 先に読んだ『ちょいな人々』の読み心地がとっても良かったので、もうちょっと荻原作品を読みたいな!と思って手に取ったのが、この一冊です。愛しの座敷わらし朝日新聞出版 荻原 浩 ユーザレビュー:誰もが知っている言い ...座敷わらしの ... » more
テーマ 読書 荻原浩

『ちょいな人々』 荻原浩 荻原浩作品を読むのはいつ以来だろうか?!随分と久しぶりな気がします。ちょいな人々文藝春秋 荻原 浩 ユーザレビュー:息抜きにもってこい神 ...萩原流ユーモアワール ...「もうちょい」を求め ...Amazonアソシエイト b ... » more
テーマ 読書 荻原浩

『さよなら、そしてこんにちは』 by 荻原浩 人生、生きていればいいことも悪いことも半分半分、いやもしかしたら良いことなんて嫌なことのさらに半分もないのかもしれない。世の中には数えきれないほどの職業があり、一生縁がない職種がほとんどで、このせわしい世の中、自分のことで手一杯にな ... » more
テーマ 日記 荻原浩

本ミシュラン【母恋旅鳥】 荻原浩
【母恋旅鳥】 荻原浩 どんどん読み進められる面白さ。まず主人公の家族が、レンタル家族の仕事をするというアイデアがおもしろい。レンタル家族を頼む客の人間模様もおもしろい。自分の周りにいる大事な人間をなくしてしまった人の、悲しくも滑稽な様がいい。そして主役の家族 ... » more
テーマ 紹介 荻原浩

ひげらっきょさんのつぶやき【義珍の拳】 最近暖かくなってきたが、また花粉が飛んでいる気がする。パブロンが手放せない状態が続いている。今週末も特に何もせずだらだらとした休日が過ぎていく。運動不足なので何か格闘技でもさわやかにやりたい。格闘技の本ということで【義珍の拳】という本がある ... » more
テーマ 紹介 荻原浩

神様からひと言 [荻原浩] 神様からひと言荻原浩サラリーマンの凉平が、食品メーカーのお客様相談室で本当の仕事を学び、成長してゆく姿を描いた物語。ただし、決してミステリではなく、サラリーマン金太郎と島耕作の中間のような話で、レビューは必要ないと感じた ... » more

本ミシュラン【明日の記憶】 荻原浩
みんな年末が近づき、忙しくなってきているかもしれない。忙しい毎日に忙殺され心の余裕を失いがちな今日この頃、心温まる本を紹介しよう。主人公は50代の男で広告代理店の営業部長。娘の結婚式を控え、日々忙しい毎日を送っている。しかし物忘れ、頭痛 ... » more
テーマ 紹介 荻原浩

コールドゲーム [荻原浩] コールドゲーム荻原浩中学時代に卑怯なイジメを目の当たりにしながら、見て見ぬ振りを続けてきた主人公が、4年後になって復讐に怯える仲間と団結して事件を解決しようとする物語。ただ、登場人物の大半が卑劣なイジメをしてきた人間達で ... » more
テーマ 荻原浩

噂 [荻原浩] 噂荻原浩いまやネット業界では当たり前となっているバイラルマーケティングの、負の部分を突いた意欲作。「噂」通りに展開してゆく殺人事件と、その犯人の意外性が本書のポイント。ただ、ややこしいトリックは一切無く、読み進めてゆく中 ... » more
テーマ 荻原浩

似合わないクツを脱ぎ捨てて
噂 一気に読みました(ちょこっとネタバレしてます)《噂/荻原浩》【あらすじ】「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」香水の新ブ ... » more

ハードボイルドです。チャンドラーを読みたくなりました。ハードボイルド・エッグ内容(「BOOK」データベースより)たっぷり笑える。1回泣ける。ワンダフルなミステリー。 内容(「MARC」データベースより)中学の ... » more

『他人と比較しなければ、不幸せも貧乏もない』荻原浩著、「四度目の氷河期」を読みました。あらすじ≪人生を語るには、早すぎるなんて言わせない。ぼくは今日から、トクベツな子どもになることにした―何をやっても、みんなと同じに出来 ... » more
テーマ 読書 荻原浩

 

最終更新日: 2016/12/08 10:29

「荻原浩」のブログ関連商品

» 「荻原浩」のブログレビュー をもっと探す

「荻原浩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る