誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    第二次世界大戦

第二次世界大戦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「第二次世界大戦」のブログを一覧表示!「第二次世界大戦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「第二次世界大戦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「第二次世界大戦」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

朝日新聞の戦争責任【凄まじい戦争礼賛記事】第二次世界大戦、国民洗脳に果たした役割!未だ戦争責任取らず 朝日新聞の戦争責任【凄まじい戦争礼賛記事】第二次世界大戦、国民洗脳に果たした役割!未だ戦争責任を取らず!…戦後の朝日新聞の歴史は、偽善と自己弁護の歴史だったといっていい。 ... » more

回転猫目歴史儀英国製大脱走。
大脱走。 という本日はDデーおまけのイギリスから。フェリーで乗務員の女性らと一緒に写真におさまっているこの男性。サセックスの老人ホームに妻と共に暮らすBernard Jordan さん(89)は、70年前にノルマンディー上陸作戦に ... » more

回転猫目歴史儀英国製というわけで。
というわけで。 現地時間6月6日、ノルマンディー上陸70周年の記念式典が大々的に執り行われたわけだが。こちらはその前日、オマハ・ビーチを見下ろすフランスのオランド大統領とアメリカのオバマ大統領。オマハ・ビーチは連合軍のうちアメリカ軍が担 ... » more

50代朝日記者が泥酔して記者会見出席!罵声あびせ机を叩いて進行を妨害!その朝日新聞は先の戦争を煽った 50代朝日記者が泥酔して記者会見出席罵声あびせ、机を叩いて進行を妨害!その朝日新聞は先の戦争を煽った!第二次大戦中、いちばん戦争を煽ったのはマスコミ、当時では新聞だった。朝日新聞の戦争責任/最大のA級戦犯 ... » more

時差があるので。 本日6月6日が1944年のノルマンディー上陸作戦(オーバーロード作戦)から70周年。こちらはイギリス海峡を望むサウスシーでのデモンストレーションの模様。ということで、多分直前にブリュッセルでG7に出席していた各国首脳らも ... » more

カウントダウン・ノルマンディーその3。ちなみに大雑把に昨日の話のまとめ。1939年から始まった第二次世界大戦だったが、1940年春のナチス・ドイツの電撃戦によりノルウェー・デンマーク・オランダ・ベルギー・フランスがあっという間に ... » more

回転猫目歴史儀英国製というわけで。
というわけで。 昨日に引き続きカウントダウン・ノルマンディー(上陸作戦)。ちなみにこの地図を見ていただくと、ノルマンディー=大雑把にルアーブルとかカーンとか書いてあるあたり。それより北のカレーの方がはるかに距離が短い+そもそも現在でも定 ... » more

只今カウントダウン中。 今週末フランスで行われる一大イベントの準備のため集結中。というかサミットなどの国際会議の場でもないのに、伝統的に仲の悪いイギリスとフランスの国旗が仲良く並んでいるというこの図、ものすごく珍しい(笑)。それにジープに翻るア ... » more

■朝日首相、慰安婦問題に「胸痛む」米韓首脳発言には触れずhttp://www.asahi.com/articles/ASG4W5DRWG4WULFA005.html安倍晋三首相は27日、旧日本軍の従軍慰安婦について「筆舌に尽くし ... » more

何しろ時効が存在しないもので。 という本日は最近の話題から。こちらはフランスの大体中部にあるオラドゥール=シュル=グラヌという村。現在村全体がこんな感じで廃墟と化していてそのまま残されているのだが、何故廃墟と化したかというと、第二次大戦末期にナチスのS ... » more

Show the ショウ映画 終戦のエンペラー
映画 終戦のエンペラー 映画終戦のエンペラー。太平洋戦争後のマッカーサーの部下フェラーズ准将の話。実在した人にフィクションを加えたもの。 戦前に何回か日本に行っていたフェラーズは、アメリカに留学していた アヤという日本人女性が恋人であった。 彼女のあと ... » more

けろりとまた晴れたり、どうもこの頃は極端な天気だ。というわけで(どういうわけで?)本日の読了本。オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)早川書房 コニー・ウィリス Amazonアソシエイト by オ ... » more

という本日の読了本。ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)早川書房 コニー・ウィリス Amazonアソシエイト by コニー・ウィリスの『ドゥームズデイ・ブック』『犬は勘定に入れません』に続く、オックスフォ ... » more

今回はこの内容でも。動画を見ていたらこういったものがあったので紹介しておきます。フィンランドの歴史について全く知らないのでどこか間違ってるーとかそいうことは分かりませんが。とりあえす、YouTubeにあったのでそれを ... » more

■J-CASThttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000006-jct-soci「日本はドイツに学び、国土の一部を戦争被害国に献上すべき」朝鮮日報記者の論説にネットが唖然!!! ... » more
テーマ ドイツ割譲 戦後賠償 第二次世界大戦

フィクションのようだけど事実。 それがイギリスクオリティというのか(笑)。という本日は最近のイギリスから。こちらは今のエリザベス女王のおじさんで、1936年に離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンとの「王冠をかけた恋」のすえに退位したエドワード8世 ... » more

そういえば今日は。 第二次世界大戦でドイツが降伏してヨーロッパ戦線が終結したVEデー(Victory in Europe Day )だ。というわけで本日は最近のイギリスから。こちらは第二次世界大戦中のドイツ空軍の爆撃機、ドルニエ17。細長い機体 ... » more

うちの地方は天気が極端だ。 いくら日本一日照量が少ないらしい+雷が多いらしいからと言って、昨日今日と晴れ・曇り・雨風・あられ・ひょう・雷という全てが1日に詰まっているような天気って、どうかしている。いや、本当に。という本日は最近のイギリスから。 ... » more

総選挙から一体どれだけ経ったのかというイタリアではようやく新内閣が発足しそうだったり、ドイツでは反EU的な政党が躍進していたりと、相変わらずどうも先行きが見えないユーロ圏で、また問題発生かという。「また」というか、ギリシャが経済危機 ... » more

こういうものまでアプリにしてしまうというのは。 どうなのだろう、イギリス人。という本日は最近のイギリスから。何やら至るところ赤い印でいっぱいのロンドンの地図。その赤い印を拡大したところを見ると、中に何やら爆弾マークが描かれている。これは一体何なのかというと、このた ... » more

「1人の人間にとっては小さな1歩だが 人類にとっては大きな飛躍」。というおなじみのアポロ11号の月面着陸(1969年)でその第1歩をしるした二ール・アームストロング船長がお亡くなりになったそうだ。http://www.dailymail.co.uk/ne ... » more

いやもう、今年は大忙しですね。 ダイヤモンド・ジュビリーということで。↑あなたじゃないってば(笑)。いやまあ、ランカスター爆撃機(第二次大戦で活躍していた爆撃機)も今年はいつもより多く飛んでいるかもしれないけど(笑)。ちなみに何やら赤いものを撒いて ... » more

回転猫目歴史儀英国製そして今日も。
そして今日も。 日本時間の午前中は金星の太陽面通過という天体ショーがあったわけですが、うちの地方はかなり雲が多く。それでも天気予報はこれで「晴れ」だと言いはるんですよね(笑)。とりあえず本日もイギリスのダイヤモンド・ジュビリーからお送りしております ... » more

6月になったところで。 今週末から来週初めにかけて、イギリスはダイヤモンド・ジュビリーのクライマックスを飾る式典が目白押しですね。早速日曜日にはテムズ川で一大ページェントが予定されているのだが、こちら↑の船も参加予定なのだとか。その他の船は軍艦 ... » more

関係改善でまずやることがそれって。 という本日は最近のイギリスから。ミャンマーでは先日国会の補欠選挙が行なわれ、民主化運動の指導者アウン・サン・スー・チーさんが当選を果たしたりと、長年の軍部独裁から民政移管に少しずつシフトしているところなのだが。という流れ ... » more

ここ数日は大分暖かくなってきた。 でも桜はまだ咲くか咲かないかというところですね、うちの地方は。例年よりちょっと遅めというのだが、これは今年は気温が低めで夏もあんまり暑くならないと見ていいのだろうか(期待)。それとは全く関係ないのだが、昨日一昨日の話のついでに引っ張 ... » more

70年前の写真にしては。 きれいなカラー写真すぎないか。という本日は最近のイギリスから。こちらの飛行機はランカスター爆撃機で、第二次大戦中に活躍したイギリス空軍の爆撃機。しかし第二次大戦中の写真にしては、モノクロじゃなくてカラーだし、いやにくっき ... » more

第二次世界大戦・戦後の歴史|歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判(著:東郷和彦) 第二次世界大戦を通じて、世界情勢がどのように変わったか、日本はどのような歴史を歩んでいるのかを提起している本です。小泉元首相が靖国参拝で非常に話題になりましたが、靖国参拝というものがどのような意味を持つのか、深く理解できる内容になってい ... » more

ドイツのモノ作りの技術がすごいというのはわかってるのだが。 という本日は、まあドイツなんだけど、出所はイギリスなので最近のイギリスから。こちらは第二次大戦中のイングランド銀行発行の5ポンド札。第二次大戦中で物資が色々不足していたせいもあるのかどうか、今の5ポンド紙幣に比べると何だ ... » more

Show the ショウシャンハイ(映画)
シャンハイ(映画) 映画「シャンハイ」。真珠湾攻撃が始まる前の上海を舞台にして、秘密を追って殺されたアメリカ人、その友人。スパイ行為を激しく追求する日本軍の士官。上海で商売を続ける中国人。レジスタンス活動をするその妻。 この四者が絡みあい、魔都と呼ばれ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 08:21

「第二次世界大戦」のブログ関連商品

» 「第二次世界大戦」のブログレビュー をもっと探す

「第二次世界大戦」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る