誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西郷隆盛

西郷隆盛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西郷隆盛」のブログを一覧表示!「西郷隆盛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西郷隆盛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西郷隆盛」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

西郷は征韓論には負けたが、世に勝っているからだ。彼ほど国民に追慕されている人物は歴史上ないのである。この話だけは絶対書いておかなければならない。そう心に決めているテーマが作家には必ずあるものだそうですが、海音寺さんの場合は、この西郷 ... » more

西郷隆盛三島由紀夫
小林秀雄…宣長と徂徠は見かけはまるで違った仕事をしたのですが、その思想家としての徹底性と純粋性では実によく似た気象を持った人なのだね。そして二人とも外国の人には大変わかりにくい思想家なのだ。日本人には実にわかりやすいものがある。三 ... » more

前回、日本文化チャンネル桜の水島総氏が中心となって行われている国民運動、およびテレビメディアを駆使した情報戦が、楠木正成の決起の伝統に連なるものであることに触れました。これについてもう少し書いておきたいと思います。かつて司馬 ... » more

1995年、中国の李鵬首相は、オーストラリアのキーティング首相に「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と豪語したと巷間伝えられている。ということは中国人の計算では、日本は2015年、今から五年後にはなくなっていることになる。( ... » more

前回の記事をアップした直後、早速、那覇地検が当該事件の中国漁船船長を処分保留として釈放した。何でも「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」からだという。まことに愚劣な判断である。地検の判断は、事なかれの願望からか、シナ ... » more

西郷隆盛西郷南洲翁の命日
本日は西郷南洲翁の命日である。改めて蓋世の英雄南洲翁を偲びたい、と月並みなことを書くべきところだが、昨今の日本の内外の状況は、私の心の内で常に、南洲翁の金言を、ふつふつと脈打たせてきた。日頃南洲翁を意識しないが、ひしひしと日本の危機 ... » more

前回、日本人の持つ和の性向が、保身に由来する事大主義、長い物には巻かれろ式の生き方と結びついて、平和憲法信仰、日中友好の幻想が、あるいは日米同盟絶対の幻想が、戦後六十年以上の長期にわたって、日本人をがんじがらめにしてき、そしてさらに民主党政 ... » more

池上の本門寺さん篇(その2) 2010年9月19日13日の週の初めから、漸く秋らしい涼しい日が増えてきました。この週末の土・日の様に、日中30℃前後になった日もありますが、朝晩はクールダウンして随分過ごしやすい。今年の、記録的な暑さだった夏も漸く終息しつつありま ... » more
テーマ 西郷隆盛 勝海舟 松濤園

西郷隆盛和の国 日本
和を以て貴しとし、忤(さか)らうことなきを宗(むね)とせよ。聖徳太子の十七条憲法の第一条である。ところで、中国による国土蹂躙の危機に瀕して、日本人の反応は概ね二つに分かれるのではないかと思う。一つは、中国の侵略的態度に対 ... » more

西郷隆盛 池波正太郎 ★★★★★ 2010/08/25 読みました!『西郷隆盛』池波正太郎著何故か今まで池波正太郎は読んだことが有りませんでした以前会社の大先輩に面白いから読んでみたら、と言われていてましたが、なかなか機会がなく、後回しになっていました。この本も ... » more

西郷隆盛読者へ
前回の記事「やまとごころ」(その壱)の内容を受けて、いよいよ明日にさし迫った参院選挙について書きたい。このブログではずっと民主党の持つ危険性に付いて指摘してきたから、民主党に投票する読者の方はおられないと思う。民主党は間近に接近 ... » more

西郷隆盛やまとごころ (その壱)
大和魂、和心と聞いて身構えてしまう方には、そんな必要はない、と言っておきたい。「やまと魂」を「ますらをの、をゝしくつよき、高く直き、こころ」としたのは江戸期の国学者賀茂真淵であったが、これは彼の思想が強く反映した定義であって、古来そ ... » more

吉田松陰は、井伊直弼が大老に就任し、幕政改革派や尊皇攘夷派の志士の弾圧に乗り出すと、理性によって突き詰めていった結果、この閉塞した状況を破るには狂の精神によるしかないと達観した。この間の彼の言動には、まさに狂的な自己衝迫に駆られたものを ... » more

西郷はもともと悲劇的な人物だ。彼の生涯はどの部分を切っても小説的だ。海音寺先生の歴史随筆をいろいろなところからひっぱってきてまとめた短編集です。戦国武将から、宮本武蔵から、兵法の話から、様々に話題が飛ぶ短編集なのですが、この本の真骨 ... » more

西南戦争の跡地を訪ねて〜熊本・人吉〜 この前、ヨーロッパに出張に行って、片道13時間もの飛行機の中で、読もうと思って持っていったのが、司馬遼太郎さんの「翔ぶが如く」文庫本10巻。もう何回も読んでいるけれど、飽きないのだなあ。いつでも新鮮で。そんな中で、西郷隆盛たち薩摩軍が鹿児島 ... » more

西郷隆盛日本人への警告――この国の未来を憂う 大川隆法著(幸福の科学出版刊) 西郷隆盛日本人への警告――この国の未来を憂う大川隆法著(幸福の科学出版刊)まえがき西郷隆盛の霊と接して感じることは、この人は「憂える」人であるということ。そして、この人には嘘が通じないということ。吉田松陰とは別のタイプな ... » more
テーマ 西郷隆盛 幸福の科学出版 大川隆法総裁先生

手造りの旅情報西郷隆盛が流された地
西郷隆盛が流された地 龍郷町の浦という所で国道と別れ、龍郷湾沿いに県道81号を進む。しばらく行くと西郷松というのがある。西郷隆盛が藩主の命によりこの地に流され上陸した、即ち船を舫った松である。やや海側に斜生した太い松だ。さらに行くと龍郷という、西郷隆盛流謫(るた ... » more
テーマ 奄美大島 奄美の歴史 西郷隆盛

「正義とは一体なんだろう。ここで戦って、互いに殺し合って、あんなにもたく山死んで行った人々は、共に自らの正義を信じていた。そんな正義に、何の意味があるのだろうか。・・・・間違いのないのは、自然の生命力だけだ。わずかに一月の間に、あの地獄がこ ... » more

That's Japan 番外地只一燈を頼め
只一燈を頼め 新年あけましておめでとうございます。今年は、「政権交代」というワードは使用不可だそうです。各分野で新たな政策や政治が実際に展開され、それが評価されるときなのでしょう。NHKでは『坂の上の雲』といい『竜馬伝』といい、幕末から明 ... » more
テーマ 日本辺境論 大日本帝国の興亡 西郷隆盛

君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまでこの歌が明治天皇の前で正式に奏楽されたのが、明治十三年の天長節(11月3日)のこと。しかし、その動きの起源は明治三年にまで10年さかのぼることになる。 ... » more

西郷隆盛遷都論 (その二)
鳥羽伏見戦役終了後の朝廷が直面していた大問題は三つあった。一つ目は、撃退したばかりの対徳川問題。 当時の最重要問題である。 この国内問題は、七日に慶喜の追討令も出て、準備段階に入っており、すでにその端緒はついていたといえる。 ... » more
テーマ 東京遷都 明治維新 西郷隆盛

西郷隆盛遷都論 (その一)
(『王道のすゝめ』「とことんこだわる人心の和」より抜粋http://inagaki-hideya.jp/)ここで話題にしたいのは、再び人心の一致一和のことである。彼らの運動における大まかなヴィジョンが、道理に基づく人心の一致一和 ... » more
テーマ 東京遷都 明治維新 西郷隆盛

西郷隆盛建武の中興と明治維新 
建武の中興と明治維新  (『新西郷南洲伝』上巻より参考のため抜粋)日本の歴史において、この諸葛孔明と同じ位置にいる人物が、楠木正成であった。実は南洲が今回の挙兵の教科書として酌んだのが、この楠木正成の事跡だったのである。楠木正成のエピソードは、南北 ... » more
テーマ 明治維新 西郷隆盛 建武の中興

幕末動乱の中、京都にいた天皇は江戸の将軍に対抗する権威として薩長勢力に担ぎ出されました。「天皇」という存在は、政争を有利に運ぶ手段として注目をあびた面が強かったため、薩長の武士達は天皇を道具として利用しただけで、その実、全く尊崇などしていな ... » more
テーマ 明治天皇 山県有朋 西郷隆盛  コメント(2)

若き日の明治天皇は儒教的な聖人君主を目指す教育を受けました。その人格陶冶の過程では武士出身の侍従たち、吉井友実、村田新八、山岡鉄舟といった人々が天皇を導く道しるべとなりました。武士として完成された彼らは儒教的な人徳を体現した「生きた手本」で ... » more

時代庵西南戦争の跡地
西南戦争の跡地 ●●●西南戦争の跡を訪ねて●●●桐野利秋ゆかりの地に続いて、西南戦争ゆかりの地も。1週間かけて熊本・鹿児島と西南戦争のあとを訪ねて旅行したので、けっこういろいろな所へいったのでした。桐野利秋さんのお墓は、西郷さんや篠原国幹さ ... » more
テーマ 西郷隆盛 桐野利秋

西郷隆盛マイノリティ・リポート
目的は手段を正当化するのか、それとも手段こそが目的を正当化するのか。このことはマキャベリが論じて以来、西洋文明の重要なテーマの一つであり続けてきた。かつてドストエフスキーが『罪と罰』で扱ったのもこれだった。前回、南洲翁の辞世をテーマ ... » more

明治天皇は「日本を近代国家に変革した偉大な指導者」として語られることがあります。現に、明治天皇は優れた人格者だったそうですが、その人格は一朝一夕で形成されたものではありません。天皇だって人間です。幼い頃は人物的に未熟であり(あたり前すぎて変 ... » more

さまざまいろいろ心の大小
今日はまた秋の涼しさを通り越して、夏の暑さが戻ったような陽気でございます、5連休も終わって今日から仕事に皆さん久し振りに出勤でございましょうがね、うちの妻も今日から出勤で、もう少し休んでいたいとこぼしたりしていましたがね、先ほど遅出の出勤で ... » more
テーマ 乗り越える 西郷隆盛

今日9月24日は南洲忌、あの西郷どん・西郷隆盛が亡くなった日です。明治10年(1877年)9月24日の未明に始まった官軍の総攻撃で西郷隆盛は股と腹に銃弾を受けて、自ら自刃したそうです。「晋どん、このへんでよかろう、首を刎ねよ ... » more
テーマ 周易ごよみ 西郷隆盛 勝海舟

 

最終更新日: 2017/08/20 17:11

「西郷隆盛」のブログ関連商品

» 「西郷隆盛」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る