誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西郷隆盛

西郷隆盛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西郷隆盛」のブログを一覧表示!「西郷隆盛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西郷隆盛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西郷隆盛」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

西郷隆盛の龍郷町は東シナ海側の入り江、一気に太平洋側の用安海岸へ移動。白い砂浜の海岸です! 7月26日も25日に続き、午前中は奄美観光12時にレンタカーを返却。鹿児島行の飛行機に乗り、志布志へと移動。先ず、大島支庁の近くにある、名瀬市街地に名瀬湾が一望出来る小高い山の「おがみ山(御神山)」へ行きました。それから、空 ... » more
テーマ 奄美大島 用安海岸 西郷隆盛

西郷隆盛が暮らした家にあがり、偉大な方の人生の断片を垣間見たような気になりました。貴重な見学でした! 7月26日も25日に続き、午前中は奄美観光12時にレンタカーを返却。鹿児島行の飛行機に乗り、志布志へと移動。先ず、大島支庁の近くにある、名瀬市街地に名瀬湾が一望出来る小高い山の「おがみ山(御神山)」へ行きました。それから、空 ... » more
テーマ 奄美大島 龍郷町 西郷隆盛

西郷隆盛が3年間暮らした奄美大島の現地を訪ねました! 家族4人で幸せに暮らした跡地です! 7月26日も25日に続き、午前中は奄美観光12時にレンタカーを返却。鹿児島行の飛行機に乗り、志布志へと移動。先ず、大島支庁の近くにある、名瀬市街地に名瀬湾が一望出来る小高い山の「おがみ山(御神山)」へ行きました。それから、 ... » more
テーマ 奄美大島 龍郷町 西郷隆盛

西郷隆盛が城山からのがれて渡ったとされる国はどこ? ●●●●●★歴史★●問題:明治10年(1877年)9月24日。西郷隆盛は城山で戦死したそうです。挙兵から約8ヶ月。一代の英雄は、51年の生涯を終えました。■官軍の東伏見少将の部下に安村という人物がいたそうです。この日のまだ暗い時間に ... » more

西郷隆盛の写真論争  すなおみち 幕末の立役者の一人、西郷隆盛は極端に写真が嫌いで、多くの志士の写真が残っている中で、教科書にはギョロ目で坊主頭の肖像画が一般に知られています。先月5月22日の鞆の浦のバス旅行の折、メンバーのKさんが珍しい写真を撮 ... » more

1994年3月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌「第14号」です。この当時、記念館誌の発行部数が少なかったのか、それとも多くの方に配布していたからなのか、オリジナルではなくコピーでしか記念館誌をいただけていません。海音寺潮五郎記念館誌 ... » more

日本史の「迷宮入り」08 西郷どんの唯一の写真? 明治維新の三傑に数えられる西郷隆盛どんには、実はご本人の写真が一枚もありません。このことは西郷どん自ら明治天皇にも告白?していますから事実だと思われます。西郷どんと同様に維新で活躍した坂本竜馬・勝海舟・大久保利通などは写 ... » more
テーマ フルベッキ 明治維新 西郷隆盛  トラックバック(2)

1988年2月10日発行の海音寺潮五郎記念館誌第8号です。海音寺潮五郎記念館誌第8号(PDF:7.1MB)海音寺潮五郎記念館誌第8号:・文化講演会特集- 綱淵謙錠氏「幕末に生きる生麦事件の真相」- 尾崎秀 ... » more

九州旅C 西郷、城山、温泉、焼酎、そして 西郷隆盛、勿論、鹿児島では最高最強のヒ−ロ−。でも、私は他人に影響され易い性格で、だから、好きではなかった。同時代の大久保の生き方の方が余程スマ−トに見える。鹿児島駅からバスに乗ると直ぐ大久保像に出くわす。洋装姿で体系もスリムである ... » more

時代をにらんだウドメサア 西郷隆盛生誕地 −身体も心も目玉も大きかった西郷さん−HIS BIG EYES SAW THE WINDS OF CHANGE西郷隆盛の生誕地は、加治屋町の維新ふるさと館の近くにあります。建物はなにもありません。ただ、その跡地に石碑があるだけな ... » more

Eternal 鹿児島日記西郷さんの自販機
西郷さんの自販機 ここは鹿児島中央駅前、ダイエーの前。西郷さんの自販機があります。緑のお茶のイメージか、めだってますが、あまり買う人を見ません。ちょっときになったので写しましたが、記念写真はいかが? ... » more

西郷さんと東京スカイツリー@上野公園・上野駅 上野公園の西郷隆盛さんの銅像広場から見える東京スカイツリーです。西郷さん愛犬と時空を超えて散歩でしょうか?なかなかの光景です。■写真1:西郷さんと東京スカイツリー ■写真2:上野駅パンダ橋からの東京スカイツリー ... » more

西郷隆盛続 正心誠意
産経新聞【正論】東洋学園大学教授・櫻田淳「首相は『正心誠意』全うできるか」2011/10/05 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/530713/ ... » more
テーマ 野田佳彦総理 西郷隆盛 勝海舟

自分は政治評論家ではないので、一つ一つの政策についていちいち論評する事はないが、野田首相がこだわる増税について、元衆議院議員の西村眞悟氏が自分が感じているままのことを、自身のサイトの九月三十日付のコラムで書いているので転載させていただくこと ... » more
テーマ 復興増税 野田佳彦総理 西郷隆盛

西郷隆盛西郷南洲翁の命日
九月二十四日は、西郷南洲翁の命日である。 ここ数日、南洲翁の遺訓を、聖徳太子の『十七条憲法』とともに、改めて読み返している。『(新)西郷南洲伝』の上巻を世に問うて既に五年、下巻を世に問うて既に三年が経過しているが、世間一般で ... » more

西村雑貨店  西郷隆盛
西郷隆盛 ポスターフレーム300×370o715円薩摩犬雌名前「ツン」 ... » more
テーマ 薩摩犬 西郷隆盛

西郷は征韓論には負けたが、世に勝っているからだ。彼ほど国民に追慕されている人物は歴史上ないのである。この話だけは絶対書いておかなければならない。そう心に決めているテーマが作家には必ずあるものだそうですが、海音寺さんの場合は、この西郷 ... » more

西郷隆盛三島由紀夫
小林秀雄…宣長と徂徠は見かけはまるで違った仕事をしたのですが、その思想家としての徹底性と純粋性では実によく似た気象を持った人なのだね。そして二人とも外国の人には大変わかりにくい思想家なのだ。日本人には実にわかりやすいものがある。三 ... » more

前回、日本文化チャンネル桜の水島総氏が中心となって行われている国民運動、およびテレビメディアを駆使した情報戦が、楠木正成の決起の伝統に連なるものであることに触れました。これについてもう少し書いておきたいと思います。かつて司馬 ... » more

1995年、中国の李鵬首相は、オーストラリアのキーティング首相に「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と豪語したと巷間伝えられている。ということは中国人の計算では、日本は2015年、今から五年後にはなくなっていることになる。( ... » more

前回の記事をアップした直後、早速、那覇地検が当該事件の中国漁船船長を処分保留として釈放した。何でも「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」からだという。まことに愚劣な判断である。地検の判断は、事なかれの願望からか、シナ ... » more

西郷隆盛西郷南洲翁の命日
本日は西郷南洲翁の命日である。改めて蓋世の英雄南洲翁を偲びたい、と月並みなことを書くべきところだが、昨今の日本の内外の状況は、私の心の内で常に、南洲翁の金言を、ふつふつと脈打たせてきた。日頃南洲翁を意識しないが、ひしひしと日本の危機 ... » more

前回、日本人の持つ和の性向が、保身に由来する事大主義、長い物には巻かれろ式の生き方と結びついて、平和憲法信仰、日中友好の幻想が、あるいは日米同盟絶対の幻想が、戦後六十年以上の長期にわたって、日本人をがんじがらめにしてき、そしてさらに民主党政 ... » more

池上の本門寺さん篇(その2) 2010年9月19日13日の週の初めから、漸く秋らしい涼しい日が増えてきました。この週末の土・日の様に、日中30℃前後になった日もありますが、朝晩はクールダウンして随分過ごしやすい。今年の、記録的な暑さだった夏も漸く終息しつつありま ... » more
テーマ 西郷隆盛 勝海舟 松濤園

西郷隆盛和の国 日本
和を以て貴しとし、忤(さか)らうことなきを宗(むね)とせよ。聖徳太子の十七条憲法の第一条である。ところで、中国による国土蹂躙の危機に瀕して、日本人の反応は概ね二つに分かれるのではないかと思う。一つは、中国の侵略的態度に対 ... » more

西郷隆盛 池波正太郎 ★★★★★ 2010/08/25 読みました!『西郷隆盛』池波正太郎著何故か今まで池波正太郎は読んだことが有りませんでした以前会社の大先輩に面白いから読んでみたら、と言われていてましたが、なかなか機会がなく、後回しになっていました。この本も ... » more

西郷隆盛読者へ
前回の記事「やまとごころ」(その壱)の内容を受けて、いよいよ明日にさし迫った参院選挙について書きたい。このブログではずっと民主党の持つ危険性に付いて指摘してきたから、民主党に投票する読者の方はおられないと思う。民主党は間近に接近 ... » more

西郷隆盛やまとごころ (その壱)
大和魂、和心と聞いて身構えてしまう方には、そんな必要はない、と言っておきたい。「やまと魂」を「ますらをの、をゝしくつよき、高く直き、こころ」としたのは江戸期の国学者賀茂真淵であったが、これは彼の思想が強く反映した定義であって、古来そ ... » more

吉田松陰は、井伊直弼が大老に就任し、幕政改革派や尊皇攘夷派の志士の弾圧に乗り出すと、理性によって突き詰めていった結果、この閉塞した状況を破るには狂の精神によるしかないと達観した。この間の彼の言動には、まさに狂的な自己衝迫に駆られたものを ... » more

西郷はもともと悲劇的な人物だ。彼の生涯はどの部分を切っても小説的だ。海音寺先生の歴史随筆をいろいろなところからひっぱってきてまとめた短編集です。戦国武将から、宮本武蔵から、兵法の話から、様々に話題が飛ぶ短編集なのですが、この本の真骨 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 03:12

「西郷隆盛」のブログ関連商品

» 「西郷隆盛」のブログレビュー をもっと探す

「西郷隆盛」ブログのユーザランキング

西郷隆盛 1 位.
西郷隆盛
時代庵 3 位.
時代庵

テーマのトップに戻る