誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西郷隆盛

西郷隆盛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西郷隆盛」のブログを一覧表示!「西郷隆盛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西郷隆盛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西郷隆盛」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

薩摩藩ゆかりの大黒寺へ 金札宮を出て、ほぼ向かいにあるのが大黒寺です。この春に、春季非公開寺院特別公開で内部が公開され、秘仏大黒天像、西郷隆盛と大久保利通の会談の間、薩摩九烈士ゆかりの遺品など見ることができました。私は残念ながら、前途のとおり入院してしまっ ... » more
テーマ 大黒寺 西郷隆盛 伏見

或る時、「幾歴辛酸志初堅丈夫玉砕愧甎全一家遺事人知否不為児孫買美田(幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し、丈夫玉砕して甎全を愧ず、一家の遺事人知るや否や、児孫の為に美田を買わず)」との七絶を示されて、若しこの言に違いなば、西郷は言行反したるとて ... » more
テーマ 西郷隆盛 論語 西郷南洲遺訓

「敗者列伝」伊東潤 実業之日本社 日本史の中で敗者になった武将達の生涯と、なぜ敗者になったのかの理由と考察をまとめた短編集。ちょっとビジネス本っぽいところ、説教くさいところはあるのだけど、伊東さんの考察はなかなか鋭いなあ〜てうなづく所もあります。取り上げてい ... » more
テーマ 西郷隆盛 桐野利秋 時代小説

政の大体は、文を興し、武を振るい、農を励ますの三つにあり。その他百般の事務は、皆この三つの物を助くるの具なり。この三つの物の中において、時に従い、勢いに因り、施行先後の順序はあれど、この三つの物を後にして他を先にするは更になし。(大 ... » more
テーマ 国体 西郷隆盛 西郷南洲遺訓

賢人百官を総べ、政権一途に帰し、一格の国体定制なければ、縦令(たとえ)人材を登用し、言路を開き、衆説を容るる共、取捨方向なく、事業雑駁にして成功あるべからず。昨日出でし命令の、今日たちまち引き易(か)うるという様なるも、皆統轄する所一ならず ... » more
テーマ 国体 西郷隆盛 西郷南洲遺訓

廟堂に立ちて大政を為すは天道を行うものなれば、いささかとも私を挟みては済まぬものなり。いかにも心を公平に操り、正道を踏み、広く賢人を選挙し、能くその職に任(た)ゆる人を挙げて政柄を執らしむるは即ち天意なり。それゆえ真に賢人と認むる以上は、直 ... » more
テーマ 国体 西郷隆盛 西郷南洲遺訓

現在、何か一巡したような気がしている。本日は西郷南洲翁の命日である。二〇〇六年に『(新)西郷南洲伝』の上巻を出版してからちょうど十年。下巻の出版はその二年後の二〇〇八年だったが、それ以降、維新回天の前提となった日本の伝統 ... » more

◆今日9月24日は南洲忌、西郷隆盛が亡くなった日です。 明治10年(1877年)9月24日の未明に始まった官軍の総攻撃で西郷隆盛は股と腹に銃弾を受けて、自ら自刃したそうです。 西郷に促されて別府晋介が介錯したようです。 村田 ... » more
テーマ 周易ごよみ 西郷隆盛 易経

恰幅のいい若手いたかな…… 18年大河ドラマの主人公は西郷隆盛 オリコン9月8日(木)16時36分http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0908/ori_160908_9643395177.html ... » more
テーマ NHK 西郷隆盛 西郷どん

やばいのブーメラン大概にせんか西郷
大概にせんか西郷 2018年の大河ドラマ「西郷隆盛」に内定との情報 NEWSポストセブン8月29日(月)16時0分http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0829/sgk_160829_331071 ... » more

海音寺さんといえば、西郷隆盛。私の中ではそういうイメージです。この本は海音寺さんの歴史上の人物に対する考えとか、自分の創作についてのお話、それに故郷、薩摩への思いを集めた短編集です。短編集は、移動中とか、夜寝る前とか、気軽にさっと読めるから ... » more

暑さが続くと考えるのも面倒になり、どうでもいいやとなりがちですが、今の日本は暑さがなくとも思考停止のようなものではなかろうか・・・・・野党の党首が与党との相乗り候補はやらないと言ってるのに、すぐに相乗りOKの都知事候補でもよいと話す幹部 ... » more
テーマ 自衛隊 西郷隆盛 美しくない日本

まっちゃんの旅日記西郷公園
西郷公園 嘉例川駅からレンタカー屋の横にある西郷公園に行きました。日本一の西郷像。昔は、土産物も売っていましたが、なくなって、観光案内所になっていました。 ... » more

まっちゃんの旅日記鹿児島市内観光
鹿児島市内観光 早朝から鹿児島市内観光をしました。城山。ここから見る桜島がいいです。城山。西 ... » more

しいたけのブログ力道山
力道山 じっくり見たことなかったけどこんな顔だったんだ・・・角刈りとか坊主頭の印象を持ってしまっていて、少し驚き。正解は、西郷さんでした。 ... » more

日本史の「列伝」09 海舟の♪浪花節だよ人生は 維新直前の1858年のこと、演習航海を兼ねた長崎海軍伝習所の練習艦・咸臨丸は、幕臣・勝海舟や練習生たちを乗せ、薩摩の山川港へ入りました。そしてこの時、薩摩藩主・島津斉彬(1809-1858年)が自ら咸臨丸を訪ねたことが、 ... » more
テーマ 島津斉彬 西郷隆盛 勝海舟

西郷隆盛は明治天皇すり替えを知っていた!イルミナティから危険視され、明治政府との西南戦争!安倍晋三と 西郷隆盛は明治天皇すり替えを知っていた!イルミナティから危険視され、明治政府との西南戦争!安倍晋三と明治維新の闇 明治維新というのは完全なフリーメーソン革命。 中国と日本と韓国を絶対に ... » more

産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。明治6年8月17日、土佐派の支持を得た西郷隆盛は、閣議において正式に朝鮮派遣使節に任命された。西郷は板垣退助への手紙で、「生涯の愉快此(こ) ... » more

産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。西郷隆盛こそ、最大公約数的日本人の好むリーダーのイメージそのものだろう。上野山の銅像で見られるように、薩摩絣(さつまがすり)の着流しに小 ... » more

先週競馬界所属の一流騎手のG さんが亡くなられたとのニュースがありましたが、本当に驚きました、まだこれから、バリバリ活躍出来そうな人であり、何度も落馬事故から立ち直った不屈の人のイメージがあり、かっては後輩騎手の言動に教育的指導?で ... » more
テーマ 三途の川 中央競馬騎手 西郷隆盛

海音寺潮五郎記念館が解散して以降、ファンの使命感としてここで海音寺潮五郎さんに関する情報を公開し続けていますが、遅々として進みません。ようやく記念館誌第29号をアップすることができました。ところで、TPP交渉によって著作権の保護期間 ... » more

2008年2月25日発行の海音寺潮五郎記念館誌、第28号。ほとんどアクセスを集められていませんが、使命感に押されて久しぶりの更新です。海音寺潮五郎記念館誌第28号(PDF:22.2MB)・海音寺潮五郎歿後三十年を振り返る ... » more

西郷隆盛は写真嫌いだから、彼の写真は存在しないということに対して、これが西郷の写真だという写真が過去に何度か出現しているそうだ。この本は、そのような写真の真偽を改めて検証したりして、いくつかの候補を絞っている本だ。読んでいくと、何となくワザ ... » more
テーマ 西郷隆盛

今日9月24日は南洲忌、西郷隆盛が亡くなった日です。 明治10年(1877年)9月24日の未明に始まった官軍の総攻撃で西郷隆盛は股と腹に銃弾を受けて、自ら自刃したそうです。 西郷に促されて別府晋介が介錯したようです。 村田新 ... » more
テーマ 周易ごよみ 西郷隆盛 易経

日本史の「迷宮入り」12 西郷どん20年目の閃光 「維新三傑」の一人・西郷隆盛(1828-1877年)、いわゆる西郷どんは「ギョロ目」や「ずんぐりむっくり体型」など、外見的にも愛嬌のある特徴を備えた人物でした。もっとも、生まれつきの「ギョロ目」に対し、「肥満体型」?の方は ... » more
テーマ 島津斉彬 西南戦争 西郷隆盛

日本史の「デジャヴ」09 怪しき肖像画は続く たとえば、聖徳太子・源頼朝・足利尊氏・武田信玄・西郷隆盛など・・・こうした歴史上の人物の「風貌」を、おそらく多くの人は下のような肖像画でイメージするのではないでしょうか?ところが、これらが「本当に本人の肖像か?」と突っ込まれ ... » more

2006年10月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌、第26号です。海音寺さんの「歿後30年」ということで、郷里・鹿児島を中心にして各種の記念行事が行われたため、それらの内容を取り上げています。前回の第25号からの発行間隔が短いのはこれが理由で ... » more

今週はこんな本を読んだbR08(26.3.30)「維新の後始末」野口武彦新潮新書777円13年12月初版著者の新潮新書の明治維新シーリズものを今まで一度も読む機会がなかった。ちょうどその時に読む本があった、ということで、本当 ... » more

西郷隆盛西郷隆盛の命日
人皆、事を成すに、己が事はこの位の事は宜しきものと恕(ゆる)し、人の事は責むるなり。総ベて己に恕するだけは人をも恕し、人を責むるだけは己をも責むべし。畢竟、恕は人に帰し、責は己に帰すべし。因りて人を容れ、人に容れられては済まぬものなり。 ... » more

時代庵八重の桜「西南戦争」
薩摩人見よや東の丈夫が提げ佩く太刀の鋭きか鈍きか久しぶりに見ました、八重の桜。会津戦争が終わり、土方歳三様が戦死して、川崎尚之助がかわいそうな死に方をして、それ以後、第二章ともいうべき八重の新島襄夫人としてのドラマが ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 03:12

「西郷隆盛」のブログ関連商品

» 「西郷隆盛」のブログレビュー をもっと探す

「西郷隆盛」ブログのユーザランキング

西郷隆盛 1 位.
西郷隆盛
時代庵 3 位.
時代庵

テーマのトップに戻る