誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    健康維持

健康維持

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 健康
テーマ「健康維持」のブログを一覧表示!「健康維持」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「健康維持」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「健康維持」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

キャシー生垣
家の周りの生垣の剪定を行った。雨上がりだったので鋏が良く切れる。散髪でも、髪を濡らしてからカットを行うとよく切れる。その後、いつものように里山に行って、体操をしてきた。健康で生活するのが一番だね。 ... » more
テーマ 健康維持

犬のアトピー性皮膚炎 2 遺伝的要因もあります。アトピー性皮膚炎は、空気中のアレルゲンを口や鼻から吸い込むことで、アレルギー反応が起きてしまいます。その時その時、どの薬をどう使うのかということは大切です。花粉、カビ ... » more

犬のアトピー性皮膚炎 1 症状は、赤くなったり、湿疹が出たりして、顔や腹部などから全身に、かゆみが広がります。アトピー性皮膚炎になると、一度治っても、また再発するケースが多いです。完全にかゆみを抑えるのでなければ、副作 ... » more

犬の乳腺腫瘍について 女性ホルモンとの関連性も指摘されています。乳腺周辺にしこりがあるかどうかを、なでて確認すればわかります。もちろん良性なのか、悪性なのかは検査をする必要があります。比較的簡単に飼い主が見つけ ... » more

犬の肥満細胞腫について 細胞の中に、ヒスタミン、ヘパリンなどの物質があり、周りに炎症を起こす原因にもなります。このため、周りの浸潤も疑って切除も拡大して行います。何かの原因でこの細胞が壊れると有害なものが出るので、要 ... » more

犬の悪性リンパ腫について 2 80%の確率でリンパ節の腫れが減り、早期発見であればあるほど、治癒が期待が出来ます。胸腔のリンパ節が腫れるタイプの縦隔型は、せきや呼吸があらかったりの症状が出ます。どこのリンパ節に出来たかで症状が ... » more

犬の悪性リンパ腫について 1 抗がん剤は副作用を気にされる方もいますが、この悪性リンパ腫は抗がん剤の使用によって、非常に効果が期待できるがんです。リンパ組織が、がんになることをいいます。リンパ節は、あごやわきの下、胸や腹、股な ... » more

骨粗しょう症について ある年齢になってきたら、食事、運動にも注意していくことが大切です。骨の密度が不足するために、もろくなってしまいます。老化するほど骨は細くもろくなります。肥満や運動不足によるものも多くあ ... » more

犬の骨の腫瘍について 骨に出来る腫瘍は、悪性肉腫が多く、肺などに転移がしやすいです。軟骨肉腫軟骨の成分から発生するがんです。進行すると治療は足を切断して化学療法などを行います。良性腫瘍の場合もありますので、 ... » more

犬の股関節形成不全・レッグ・パーセツ病 2 肥満になると股関節形成不全の症状が重くなります。大型犬や超大型犬が圧倒的な多さです。手術もありますが、軽ければ、安静にして、薬で様子を見ます。遺伝性の場合、1歳6ヶ月頃から症状が出たり、 ... » more

犬の股関節形成不全・レッグ・パーセツ病 1 見た目では、腰をふりふり歩く感じです。股関節形成不全になると、脱臼や他の関節にも負担がきます治療は、手術も行ないます。遺伝的要素が大きいので、この病気を持った犬は繁殖させないように ... » more

愛犬の健康情報発信局犬の脱臼について
犬の脱臼について 脱臼脱臼は関節の骨がずれてしまうことです。慢性や骨折が起きている場合、手術を行ないます。治療は骨折があるかどうかを調べます。大型犬に多いです。ひざの脱臼ひざの皿がずれてしまいます。安静 ... » more

犬の変形性骨関節症について 2 変形した関節を完治させるのは困難です。その後、痛みと跛行を生じます。ほとんどが痛みをおさえる治療中心になります。場所にも寄りますが、最初は歩くのを嫌がったり、動作が鈍くなっ ... » more

犬の変形性骨関節症について 1 体の負担を減らすために介護用品は最近充実しています。触るだけでも嫌がるようになります。慢性疾患ですので、徐々に進行していきます。足を引きずったり、痛みがひどくて元気がなくな ... » more

犬のチェリーアイ・ブドウ膜炎について 眼球には、虹彩、毛様体、脈絡膜などをブドウ膜と呼んでいますが、ここが外傷や細菌、アレルギーなどによって炎症を起こします。色々な病気の併発で起こることもあります。前眼房が出血して、眼が真 ... » more

 犬の角膜炎・結膜炎 目に異常が出ます。犬はどうしても、 地面に目をこすったり、前足で掻いてしまうと、 悪化しますので、なるべく清潔にするように心掛けて下さい。角膜はたくさんの層からなっていますので、どこに炎症 ... » more

犬の白内障・緑内障について 治療は眼圧を測り、内科療法ですが、手術も行われます。原因は原因不明の原発性のものや原因となる病気が存在する続発性のものがあります。原因は、先天性もありますが後天性の場合、老化、 ... » more

犬の外耳炎・中耳炎について 特にアレルギーの犬はかゆみは耳だけに止まらずに、全身に広がったり、慢性化しやすいです。大体が、外耳炎と中耳炎が両方起きているケースが多いです。外耳道にたまった耳垢に酵母や細菌の繁殖、 ... » more

愛犬の健康情報発信局犬の口内炎
犬の口内炎 根本となる病気を治療しながら、口内炎も治療します。抗生物質の投与で治療をします。症状は、よだれ、口臭、食欲不振などです。系統性口内炎全身の病気が影響とされる口内炎です。糖尿病や腎臓病や細菌 ... » more

犬の歯周病について 細菌が歯肉に炎症を起こして、腫れたり出血したりします。さらにこれが進行すると歯と歯肉の間のポケット状の溝が深くなり、歯槽骨がとかされて、歯がグラグラになったり、膿や出血が起こります。治 ... » more

愛犬の健康情報発信局てんかんについて
てんかんについて 口から泡を吹いて倒れます。てんかんは発作があまり繰り返し起こらない場合と頻繁に起こる場合があります。非常に衝撃的な症状ですが、てんかんの発作自体はそう長いものではありません。 ... » more

犬の 前立腺肥大・前立腺炎について 前立腺が肥大になるとすぐ病気の症状が出るわけではないので気が付きにくい病気です。特に犬は高齢になると半分以上、前立腺肥大になります。尿道や直腸を圧迫して会陰ヘルニアになったり、 ... » more

犬の前庭炎 ・ホーナー症候群について 副腎皮質ホルモンやビタミン剤などが効果があります。迷走神経は首から目の近くまでありますが、ここに何かの異常があるわけです。片方の目に症状があわられることが多いです。散歩中やある日突然、 ... » more

椎間板ヘルニアについて 椎間板の押し出される位置にもよりますが、運動障害や麻痺、自己での排便や排尿が出来なくなる事もあります。 ヘルニアがどこで生じたかを検査で把握したら、軽度の場合、副腎皮質ホルモンや炎症剤を与えます。 ... » more

犬の異常行動について 分離不安が強く出る場合も多くあります。また老齢のために不安になって行動をおこす場合もあります。痴呆になる犬もあります。脳の治療は難しく、痴呆の場合は、根気よく、犬の介護が必要になり ... » more

肝炎での病気の特長とは ? ビタミン剤やブドウ糖、抗生物質などを与えます高熱、血便や吐血など症状は様々です。肝臓は症状が出てこない事も多いので、気がつかない場合もあります。細菌や寄生虫からの感染性肝炎と化 ... » more

 犬の会陰ヘルニア 直腸を支える骨盤隔膜筋がゆるくなってしまうことにより、そこで直腸自体が拡張して、憩室がつくられてしまうからです簡単に言いますと、肛門の横から直腸や膀胱が出てしまい、排便がしに ... » more

趣味のつぶやき久しぶりの円山登山
久しぶりの円山登山 先日の秋晴れの日、娘と約束していた円山登山を楽しんだ。順番に88まで番号のついた観音像をみながらのしばらくぶりの登山。30歳過ぎから山登りは、全くの別世界であった。幸い体調も良好で30分で225mの山頂をクリアできた。 ... » more

犬の下痢について おう吐や食欲不振などの合併すると、重くなる場合があるので、注意が必要です。小腸性の下痢の原因は炎症などが多いです。小腸性下痢は黒っぽい便が出まます。ただ貧血などは起こりません。ただ、季節に ... » more

犬の慢性腸炎・腸閉塞について 食べ物に対するアレルギー、寄生虫、腸内細菌の過剰増殖などの原因で、慢性腸炎になります。子犬の時に遊んでいて、つい異物を飲み込んでしまうこともあります。炎症性腸疾患では、リンパ球性腸炎や ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 02:43

「健康維持」のブログ関連商品

» 「健康維持」のブログレビュー をもっと探す

「健康維持」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る