誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フランス文学

フランス文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フランス文学」のブログを一覧表示!「フランス文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フランス文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フランス文学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

フランスの女性作家ユルスナールの作品を取り上げますが、その手がかりとしてまずは須賀敦子の著書「ユルスナ−ルの靴」に触れたいと思います。作家ユルスナールのたどった跡を著者が訪ねるというものですが、ユルスナールの人生をたどりながら、著者自身の作 ... » more

神学校の実態をジュリアンは知ることになりますが、当時の地方の神学校の実情を反映しているのかどうかは私にはよく分かりません。ほとんどが農民出身であり、無知な者が多く、ラテン語の意味もわからず暗誦して、食べることだけできればいいと考えている連中 ... » more

レナール氏は大製釘工場でもうけて、ヴェリエールの町長になった成り上がり者ですが、工場主であることを恥じています。もとはスペイン系の旧家であり、金以外のものをほしがるのは、今の金持ちでも名誉や勲章を求めるのと同じかもしれません。レナール氏はジ ... » more

フランス文学の名作であり、最初は大学時代に翻訳本で読みました。今回は三回目ぐらいで週末に少しずつフランス語で読んでおり、三ヶ月ほどかかってようやく前半を終わり、第二部に入っています。主人公ジュリアン・ソレルと前半はレナール夫人、後半はマ ... » more

ハヤカワepi文庫に収録されている作品であり、多分に私小説な作品です。というより、この作家の作品全体が私小説の色合いが濃く、自分の体験をそのまま述べたり、父母の半生を描いたりしており、フランス文学では珍しいタイプの作家だと言えます。日本では ... » more

卵や眼球のイメージ、<球体幻想>の禍々しい美しさに魅せられた後で、『眼球譚』について、二十世紀最大の衝撃作、暗黒文学、異端文学の傑作、問題作と紹介するのは容易いが虚しい。しかし、『眼球譚』とは何なのか、いざ何か語ろうとしても、言葉が出てこな ... » more
テーマ フランス文学 エロチカ  トラックバック(1)

初めて『マルタン君物語』を読んだときは、おかしくて、おかくして、クックック、ワッハハハ、フッフッフと、笑いが止まらなかった。作者エーメについては、エイメとする訳者もいるし、エメとする訳者もいて困るが、エーメ(エイメ、エメ)の奇妙な物語世界を ... » more
テーマ 短編集 フランス文学 幻想小説

magnoria西三河、水野氏について
私は最近、西三河や旧尾張に興味を持っている。興味を持ったきっかけは、私は谷川徹三が好きで彼が旧尾張の知多半島の常滑の出身だからだ。最近私は、自分が好きな人はきっと自分とルーツが同じではないかと思うようになった。谷川徹三の母方の祖父は水野利兵 ... » more

magnoria剣玉忌(平岡篤頼一周忌)
今日の静岡新聞の読書欄の長谷川郁夫さんの「本の背表紙」という連載に、前年に亡くなられた仏文学者の平岡篤頼さんの鎌倉の霊園での一周忌のことが書かれていた。先週の日曜の5月14日が法要だったそうだ。平岡さんはバルザックや、クロード・シモン、 ... » more

ボッレとフランス文学と三島由紀夫 文学はやはりフランス文学が好きです。一番好きなのはスタンダール、モーパッサン、バルザック、サガン、時代を問わず人間の心理、感情を描写した作品が好きです。本を読んでいると、この作品をこの人で見たい、と自分でキャスティングしてしまうことって誰で ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 17:44

「フランス文学」のブログ関連商品

» 「フランス文学」のブログレビュー をもっと探す

「フランス文学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る