誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本・雑誌

本・雑誌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: 本・雑誌  読書 お勧めの本 書籍 本の紹介 書籍・雑誌 書籍紹介 書評 読書感想 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「本・雑誌」のブログを一覧表示!「本・雑誌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本・雑誌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本・雑誌」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「共産主義黒書」に対する「なぜ」の疑問に「ロシア革命」は当時の状況を知るのに役立ってくれても直接疑問には答えてくれないのでまたレーニンをキーワードに本屋で新刊を探してみた。この本ではレーニンも扱っていたので読んでみたがジェラール・ヴァルテル ... » more
テーマ 書評

池田嘉郎 「ロシア革命 破局の8か月」 岩波新書 「共産主義黒書<ソ連篇>」を読んでいて「なぜ」という疑問が起きたのでレーニンをターゲットになるべく最新の本を探してみた。しかしなかなか見つからないのでロシア革命を中心に近くの本屋を探して見つけたのがこの本。1月の新刊だ。ロシア革命といっても ... » more
テーマ 書評

ステファヌ・クルトワ/ニコラ・ヴェルト 「共産主義黒書<ソ連篇>」 ちくま学芸文庫 おおよそ十月革命からスターリンまでの赤色テロルと収容所群島、つまりソビエト革命の裏側の歴史を扱っている。世界の共産主義の裏側の歴史を扱った共著の一冊。とにかく大量の虐殺者数、処刑数、餓死者数、収容者数などの集計数が延々と最後まで淡々と続く。 ... » more
テーマ 書評

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 69
「ま、窓……閉められないの……?」娘の質問に、母は頭を振る。「無理よ……。あんな高いところにある窓を、閉められると思う………?」「………………!」母の言葉に、娘は茫然と、天井近くにある、小さな窓を見つめる。鉄格子 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

「人間晩年図巻1990-94年」より オランダ貴族とユダヤ人の血、植民地の影、そして浅層の記憶、オードリー、ヘップバーンは、過酷な体験を経たその優雅な顔立ちとで、ヨーロッパそのものを体現していた。人間晩年図巻 1990-94年ぐ ... » more
テーマ

エレウシスオンライン短編、邂逅-side ??-をアップしました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

◆◆◆絶望しろ◆◆◆風堂深泥:LP4000、手札1、SC4場:ウイングトータス(攻1500)、キメラテック・フォートレス・ドラゴン(攻3000)、精霊王ルクランバ(攻1000)場:うず ... » more

『美しいものを 花森安治のちいさな絵と言葉集』 〔今日の北東の夕空と夕景〕大橋鎭子さんとともに『暮しの手帖』を創刊し、長らく編集長を務めた花森安治さんの挿画と言葉の数々をまとめた本『美しいものを花森安治のちいさな絵と言葉集』を紹介してみる。花森さんは編 ... » more

本「i(アイ) 」 西加奈子: この残酷で不平等な世界でどう生きていくのか?難問に挑んだ傑作。 読みました(ブック・ダイブ)「i(アイ) 」 西加奈子。いつか誰かが、このテーマに真っ向から向き合う小説を書くのではないか、あるいは書いて欲しいと思っていた。いや、思っていたことに気付かされた。不平等で、残酷な世界。この ... » more
テーマ 読書

「レコード芸術」の「音語り小山実稚恵と仲間たち」の伊藤恵さんがゲストの回を読みました。テーマは、「相手におすすめしたいピアニスト」だったのですが、その本論より前に、伊藤さんの先生のライグラフのレッスンのしかたについての話があり、そちらの ... » more

3月16日(木) 独りになってからが人遣いが荒い―― みんな16時以降から電話掛けて来過ぎやねん!(エセ関西弁)今日はここ数日とは打って変わって、電話攻勢が酷い。そして納期の前倒し、無茶な納期の発注書、3月の年度末だからといって我儘にも程がある。見通しが全く出来ていないこのやり ... » more
テーマ 仕事 日記

この本よりメッセージ23不安がなくなったおかげで食べられるようになったんだね。本文より日野原先生が昭和24年に初めて病名の告知をしたときのケースを例に出し、「がんの患者さんでね。奥さんは夫にがんだと知らせないでく ... » more
テーマ 看護師

この本より。メッセージ22物忘れがひどくても、判断力と人としての感情があれば認知症といえないね。本文より認知症の江川淑子さんは、高血圧や気管支喘息の既往があり、11種類もの薬を服用しているため、飲み忘れが心配です ... » more
テーマ 看護師

渡瀬恒彦、だれ?おみやさんの人ね。見たことないけど。 ... » more
テーマ 漫画

節電→読書三昧(予定)機龍警察
機龍警察 読書感想文の596回目のエントリーです。月村了衛(2010)『機龍警察』早川書房(ハヤカワ文庫JA)351pp貸していただいたので読みました。機龍警察(ハヤカワ文庫JA)早川書房 月村 了衛 Amazonアソシエ ... » more
テーマ 読書

17日(金)、英国のチェルトナム競馬場では、チェルトナムフェスティバル(Cheltenham Festival)最終日、大一番のチェルトナムゴールドC(Timico Cheltenham Gold Cup Chase)(GT)(3マイル2ハ ... » more

Hima-Jin 日記逃げ恥効果?
逃げ恥効果? プレス発表平成29年度春期情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験および情報処理技術者試験の応募者数について(IPA)データベーススペシャリスト試験の応募者数だけが前年同期比126.7%と大幅に増加って、まさか、前クールで話題にな ... » more

生命科学の静かなる革命 福岡伸一 本屋で見つけて購入ちょっと物足りない内容これまでに25人のノーベル賞受賞者を輩出してきたロックフェラー大学。かつて同校で研鑽を積んだ著者が、その歴史と偉大な先人たちの業績をたどりながら生命科学の道のりを今一度振り ... » more
テーマ 読書

マリシャスクレーム(範乃秋晴) もっとリアリティのある話かと思ってたので肩透かし。なんだかよく分からないまま読了。つまらなくはないけれど、私には作者の独りよがり感が強く感ぜられて読みづらかった。コミュニケーションにおける普通ってなんなんでしょうね。悪意を叩 ... » more

災害本を読む 2 現場に神宿る 現在住んでいるマンションの防火管理者に選任されたため、先日お休みを利用して、防火・防災管理講習へ行ってきました。朝9時から夕方5時まで連続した2日間の講習で、こういう終日授業は学校卒業以来なのでけっこうきつかったです。(^_^;)2 ... » more
テーマ 書籍

具体的な自分の進みゆきというものが、くっきりと見えてきたら、自然に元気になるというものだ。いま、書こうとしている小説の構想がかなりはっきりとしてきた。好きで書く。賞が目的ではない。 ... » more
テーマ 読書 生活 ブログ

災害本を読む 1 三陸海岸大津波 災害に関する本を2冊読みました。近い将来に遭遇するかもしれない大型の災害に関する内容の本は、自らの防災意識を高めるためにも、これからもコンスタントに読んだり目を通したりしていくべきだな・・と今回の2冊を読んで感じました。「三陸海岸大 ... » more
テーマ 書籍

漫画<日々No.106-108「宗教を考える」> 「宗教を考える」 ... » more
テーマ 日記 漫画

小さな会社でぼくは育つ その4 いつも気持ち玉ありがとうございます。僕が・・・読んだ本の中で、共感した言葉を紹介したいと思います。前回紹介しきれなかった小さな会社でぼくは育つその3の続きです。「小 ... » more
テーマ 共感した言葉

・交通経営における原価計算と運賃形成B5並製少ヤケ旧蔵印有・鉄道輸送原価計算原則B5並製謄写版少ヤケ国際鉄道連合第3委員会原価小委員会・高速度交通機関の経済性についてB5並製謄写版旧蔵印有・自家用長距離輸送におけ ... » more
テーマ 古書 古本

「気づきの瞑想を生きる」を繰り返し読み返す タイで出家した日本人僧侶プラユキ・ナラテボー氏の本です「気づきの瞑想を生きる」(佼成出版社)タイで出家したのち寺院を訪れてくる日本人とともに寺院で瞑想をしたり、うつ病など精神的な苦しみの相談に ... » more

ガスコーニュのつわものたち15-90 ... » more
テーマ 漫画

準備する力 ラグビー日本代表GMのメソッド 岩渕 健輔 エディ後 「なぜ日本ラグビーだけが奇跡を起こし続けられるのか?」なんて副題があるけど、内容はそんなお気楽なものではない。むしろ、2015年イングランド大会、2016年リオ五輪と、二度続けて優勝候補(南アフリカ、ニュージーランド)に勝ち、 ... » more
テーマ 読書 準備する力 ラグビー日本代表GMのメソッ 岩渕 健輔

のばらくらぶ最近気に入ったもの
最近気に入ったもの 新聞の一面の下に、よく、本や雑誌の紹介がでていますね。気になったものを、本屋で見つけて買い求めることがありますが、最近気になった本は、幻冬舎が数か月前に創刊した、「小説幻冬」です。こういうのは、文藝春秋みたい ... » more
テーマ 読書

 

最終更新日: 2017/03/24 03:15

「本・雑誌」のブログ関連商品

» 「本・雑誌」のブログレビュー をもっと探す

「本・雑誌」ブログの人気商品

「本・雑誌」ブログのユーザランキング

毎日3104 1 位.
毎日3104
tippo 10 位.
tippo
TALKING MAN 20 位.
TALKING MAN
古本 24 位.
古本
海cafe2 25 位.
海cafe2
日記の部屋 40 位.
日記の部屋
書評感想 43 位.
書評感想
BLOG OF JUNICHI 44 位.
BLOG OF JUNICHI
8beat-Diary 48 位.
8beat-Diary
あああ 49 位.
あああ

テーマのトップに戻る