誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本・雑誌

本・雑誌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: 本・雑誌  読書 お勧めの本 書籍 本の紹介 書籍・雑誌 書籍紹介 書評 読書感想 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「本・雑誌」のブログを一覧表示!「本・雑誌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本・雑誌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本・雑誌」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

勉強の哲学 来たるべきバカのために 千葉 雅也 難 哲学から見る勉強論、、、著者の体験に基づく平易な文章もあるが、総じて概念で語られるので、じっくり読まないと理解が難しい、すなわち私は理解が出来ない、、、残念。ただ、ご丁寧に結論にまとめがある。第一章原 ... » more
テーマ 勉強の哲学 来たるべきバカのために 読書 千葉 雅也

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール ケリー・マクゴニガル,? ものは考えよ 要するに、ものは考えよう。妬みは欲しいものを示すサイン不安は成功へと導くエネルギーストレスがあるから成長するそれを悪いものとして捉え、動けなくなってしまうことがよくないのであって、目の前の現象を受け入れて ... » more
テーマ 読書 ケリー・マクゴニガル スタンフォードの心理学講義 人生がうまく

前回「個人的岩波新書ベスト5」を選んだので、今回は、「個人的ちくま新書ベスト5」を選んでみたい。石川文康「カント入門」長谷部恭男「憲法と平和を問いなおす」岩田正美「現代の貧困」岡本隆司「近代中国史」佐々木隆治「カール ... » more

未だ初心忘れず「新聞記者」(望月衣塑子) 官邸の記者会見で、新聞記者が注目を集めることは稀有であるが、東京新聞の望月記者は、森友・加計問題で鋭く官房長官に迫る姿で、相当に注目を浴びた。勿論、見るものは、現政権に対するスタンスに依って、望月記者に対する見方も、賛否分かれる処で ... » more
テーマ 読書 新聞 政治

 ラムダ音楽日記ピエガ Coax511
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ピエガのCoax511の紹介記事を読みました。Coax511は、ペアで145万円というトールボーイ型スピーカーです。ユニットは、高域、中域にリボン型の同軸ユニット、低域に16cmウーハーが2本、パ ... » more

またまたepub作成ソフト「LeME」を使ってみました(追補) #LeME_ebook これまでの記事。またまたepub作成ソフト「LeME」を使ってみました(1) #LeME_ebookまたまたepub作成ソフト「LeME」を使ってみました(2) #LeME_ebookまたまたepub作成ソフト「LeME」を ... » more
テーマ 電子書籍 ePub 個人出版

寒い夜は、早くベッドに入って本を読もう 小林カツ代と栗原はるみ料理研究家とその時代 阿古真理著新潮社(’15.5)なかなか魅力的なタイトル。マスコミに登場する料理研究家の移り変わりから女性史を照射するという視点は、確かに今までなかったように思う。料理への興 ... » more
テーマ 歴史 読書

日記。 『ロードス島戦記』の価格高騰という謎の現象を目撃。 ... » more
テーマ 小説

『一回性の人生』1 <『一回性の人生』1>図書館で『一回性の人生』という本を、手にしたのです。先日、梁さんの『異端は未来の扉を開く』というエッセイ集を読んで良かったので・・・このエッセイ集も期待できるかも?♪【一回性の人生】梁石 ... » more
テーマ アート 映画

図書館予約の軌跡107         B <図書館予約の軌跡107>『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。これまでの予約内容と予約候補は以下のとおりです。<予約中> ... » more
テーマ メディア

『近世アジア漂流』4 <『近世アジア漂流』4>図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。【近世アジア漂流】 ... » more
テーマ 歴史 メディア

カミーユ クローデル こんにちは、今年は、オーギュスト・ロダンの没後、100年ということです。先日の[日曜美術館]でも、やっていましたけど、カミーユ・クローデルのことは、あっさり流されていました。しかし、ロダンとクローデルの舞台も新しく創られたそうだ ... » more

ガスコーニュのつわものたち16-52 ... » more
テーマ 漫画

『近世アジア漂流』3 <『近世アジア漂流』3>図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。【近世アジア漂流】 ... » more
テーマ 歴史 中国

【No.141】 「ハーバード日本史教室」第8講義・「和食の歴史」--築地は日本の強みと弱みの象徴 「ハーバード日本史教室」第8講義は「和食の歴史」。ライシャワー日本研究所長であるテオドル・ベスタ―教授が研究を進めているのが、和食の歴史と国際化である。2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、日本の ... » more
テーマ 読書

『私の愛毒書』1 <『私の愛毒書』1>図書館で『私の愛毒書』という本を、手にしたのです。書評集かと思って覗いてみると・・・なんと、日本文学の名作を借りた短篇集である。ただ、表紙の絵に表れているように名作を冒涜する内容ではないかな? ... » more

『ラストワルツ』1 <『ラストワルツ』1>図書館で『ラストワルツ』という本を、手にしたのです。おお村上龍の最新(たぶん)のエッセイ集ではないか♪・・・ということで借りたのでおます。【ラストワルツ】村上龍著、ベストセラーズ ... » more
テーマ アート

思えば夏の盛りの交通事故に合い、其れからというもの慎吾はあれよあれれと言う間に世間が大きく開き始めた。会社も辞めてしまうが其処もどうにか可笑しな展開に成り出して忙しい身、今まで毎朝出勤していた事が嘘のように思えた。十月も変わ ... » more
テーマ エッセイ 小説

はなある本を読んで
ある本を読みました。「君たちはどう生きるか」吉野源三郎著この本の中で、主人公のコペル君が見つけ出したことがあります。このことを、コペル君は、叔父さんに話しました。「僕の考えでは、人間分子は、みんな、見たことも会ったこともない ... » more
テーマ ひとりごと

図書館大好き271 <図書館大好き271>今回借りた5冊です。だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ」でしょうか♪<市立図書館>・私の愛読書・ラストワルツ・一回性の人生・人民元の興亡・データ ... » more
テーマ メディア

上田 秀人著『宿痾』表御番医師診療禄 十(2017年86冊目)長崎の医術遊学から急遽帰国した御広敷番医師の矢切良衛。将軍側室懐妊のため大奥担当医師になり、ねたみから、狙われる。 ... » more
テーマ

Jのひとりごと宮部みゆき「希望荘」
宮部みゆき「希望荘」 東野圭吾「恋のゴンドラ」「白銀ジャック」「疾風ロンド」に続き3作目のゲレンデが舞台の物語。巨大なスキー場を舞台に、事件が起きて謎解きと緊迫した展開を楽しめるいままでのシリーズとはがらりと異なって、AさんとBさんが付き合って、Cさんは ... » more
テーマ

12/11〜12/17チェック予定の雑誌です〜。基本、大野さん目当てなので、他のメンバーのソロ掲載は追っかけてません。随時追加、修正します。地域によっては前日発売になる雑誌もあります。(たまに予定が変更になる場合もあるようなので各自確認よろ ... » more
テーマ 大野智 雑誌

BL小説 「春より早く[増補版]」/あいだ 「お前のこと、バカにしたの。……きれいなやつだなって思ってて、でもどうせ俺みたいなのに手に入るわけないから、悪口言ったんだ」*ここらへんの件が青春しててキュンキュンしました。石和の攻キャラすごく好き苦労人の転校生×傲慢で無邪気な ... » more
テーマ BL小説

銀寄味噌の豚汁(私房菜『梅香』) 私房菜『梅香(メイシャン)』は架空のレストランです。昨年、大阪能勢町で生まれて初めて手作りした味噌がめでたく食べ頃を迎えました。具だくさんの豚汁にしました。塩気もきつくなく、我ながらとてもまろやかでおいしいです。まさに「 ... » more
テーマ グルメ 料理

一日を酷い有様で潰した感じです。最初の一文に今日の全てが盛り込まれていると言っても過言ではありません。本当に、今日はやろうとしていたことを何一つやらず、全くダメな日でした――ていうか、日にしてしまいました。これほどまでに時間 ... » more
テーマ 日記 生活

マスコミが飛びつきそうなネタだ。赤信号を歩行者が渡っていた、らしいが… ... » more
テーマ 漫画

平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』(16/04、毎日新聞出版)を読みました。クラシック・ギタリストとジャ−ナリストの物語です。ギタリスト蒔野聡史と、ジャ−ナリスト小峰洋子。38歳の男と二つ年上の年上の女は、男の演奏会の後の楽屋 ... » more
テーマ 音楽 小説

マンガ感想(週刊少年ジャンプ1号) ハイキュー!!(週刊少年ジャンプ1号)第281話ハーケン巻頭カラーこの溜めに溜めての演出はある意味『ハイキュー!!』のゴールデンパターンと呼べるわけだが、いやあ今回はほんにいつも以上に素晴らしいというしか。ハイキ ... » more

早いもので今年も残りあと半月。というわけで、今日は今年のロゼッタストーンを振り返ってみた。ロゼッタストーン3大ニュース。1)『ホラホラ、これが僕の骨』の発売デザインにこだわり、ネットと紙の本を融合させ、おまけのCDまでつくっ ... » more
テーマ 日記

 

最終更新日: 2017/12/15 17:10

「本・雑誌」のブログ関連商品

» 「本・雑誌」のブログレビュー をもっと探す

「本・雑誌」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社 瀬戸川礼子

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)
早川書房 フィリップ・K・ディック

おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社 瀬戸川 礼子

おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社 瀬戸川 礼子

「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館 瀬戸川 礼子

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「本・雑誌」ブログのユーザランキング

毎日3104 2 位.
毎日3104
TALKING MAN 16 位.
TALKING MAN
海cafe2 24 位.
海cafe2
音楽徒然草 29 位.
音楽徒然草
清閑町日記 40 位.
清閑町日記
Le passe-temps 46 位.
Le passe-temps
Orimuh武勇伝 47 位.
Orimuh武勇伝
もこ日記 49 位.
もこ日記

テーマのトップに戻る