誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    島暮らし

島暮らし

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「島暮らし」のブログを一覧表示!「島暮らし」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「島暮らし」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「島暮らし」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「奈良」直木孝次朗★★★★教科書的に面白い本。奈良に行きたくなる。「渡来人とは何者だったか」武光誠★★★渡来人との表現をまず考えさせられる。大陸からきた人とはそれだけで何か物語を持ってる。そして中枢への関わりが深い。日本で初 ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴

「佐伯今毛人」人物叢書★★★★いっぱい働いたんだなーという印象。名前があちこちに出てくるのがその証拠。ご苦労さま「岡倉天心」人物叢書★★英語の上手な美術家?最近東京芸大に縁がある。創始者のひとり ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

荒海の浜に寄せ来る白波は忘れないでと君の言の葉荒海の沖に返りし白波は忘れないよと我の言の葉 ... » more

「姫神」安部龍太郎★★うーーーん、、、、買わなくてもよかった。背景は素晴らしいと思う。その上で荒唐無稽なロマンを展開するなら、このラストはどうなのよ?って感じ。「佐渡の風土と被差別民」★★★★なるほど、ほー、なるほど。基本佐 ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

「悟浄出立」★★★★★万城目学やっぱり面白い本を書く人だ。もしかして司馬遷になりたかった人?短編集。「日本の歴史4奈良の都」★★★★青木和夫40年も前の本を復刻。科学的な検証はやっぱり信頼に足る。「瘤取り晴明」★★★ ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

老眼鏡、買った!本が読めるようになった。んで1冊目がこれ?「危険な世界史運命の女篇」★★歴史の話しよりも、映画の話しばかりだった。「銀河鉄道の夜最終形・初期形(ブルカニロ博士篇)宮沢賢治・ますむらひろし★★★★★ ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

センター試験終了。行ける国公立無い、、、私立はD判定2、C判定1、A判定1(誰でも入れる・・・)何とかC判定に決まってほしい・・・お願いお願い・・・・もう、神経切れそう。自分の方がまだ気が楽だった。生きた心地しない・・・ ... » more

放置だな〜、放置してるな〜最近facebookばかりで、こちらにログインすらしていない。すっかり目が悪くなって本も読んでないので、読書歴の更新もできない。なんと、自分7月の眼科検診から、4度も目が悪くなってんやて!昨日眼鏡屋 ... » more

天然娘とツッコミ母の島暮らし今日は
今日は私の親友が9才で亡くなった日。まだ小学5年生で一人旅立っていった親友。彼女の何倍もの歳をとり、遠い所に住む私だが、今でも胸を締め付ける思いがある。死にたくなかったろうに。いつも思う。いつまでも思う。私の悲しみも届か ... » more

「暁の旅人」★★★吉村昭幕末の奥医師、松本良純の物語。幕末の医学史に興味があって、読んでみた。西洋医学を修めた幕府のおかかえ医師、松本良純。その生涯は西へ東へ北へと、旅する生涯。貫き通したものは、幕臣であるという生き様。 ... » more
テーマ 松本良純 島暮らし 読書歴

何で辞めたくなったか、入社当初からあったセクハラになぜ耐えられなくなったか。大口の見積もりを作成中、全神経を集中して、PCに向かっていた所、背後から気づかれないように近づいて腰を鷲掴みにされた。本人はそんな行為が楽しくて仕方がないら ... » more

6月の第一週、職場で耐えがたいセクハラを受け、退職を決意。セクハラは入社当時からあったけど、今度ばかりはどうにも我慢ならず、これまで保ち続けてきた仕事人としてのプライドがボッキリと真ん中から折れた。気が付いたら、ハローワークの検索画 ... » more

「幕末銃姫伝」★★★★藤本ひとみ大河ドラマ「八重の桜」が面白かったから、読んでみた。ドラマの綾瀬はるかのイメージを一新させる、豪傑女、八重!俵担いだり、兄を担いだり、すごーい力持ち。(担がせる兄もどうかと思うが)彼女は兄の意 ... » more
テーマ 八重の桜 島暮らし 読書歴

「docomoIDが設定されていません」って表示が毎日出る!!昼の12時半と夜のO時半に、きっかり出る!!しかもそれは黄色い三角のエラーマーク。通知を削除すればいいだけだけど、毎日1日に2回もエラー表示が出るなんて実 ... » more

まだネタがあるのか?もうFだよ。しまいにゃ丸文字無くなるよ。格安スマホを初めて外へ持ち出した。ん〜?LTEが点かない。そしてデータ通信ができない。メール送れない。ネット見られない。どうやらデータ通信ができたのは、自宅のW ... » more

ついに来た!格安SIMカードがついにきたー!!本人確認も無事終わり、3日と半日でSIMカード到着。すぐに設定したいよ。スマホの無い生活はつらいよ。。。。。でも宅急便屋さんが来たのが、仕事に行く直前だなんて!SIMカード入れるのは ... » more

現在、スマホが使えない。格安会社での書類確認が終わり、ナンバーポータビリティの処理に入ったから。事前にSMSで連絡が入るとのことだったのに、連絡入らない。PCでメールを開くと、「お手元に届くまでご利用できません」だって。事後 ... » more

本日、Sonyの白ロムが到着した。なんかもうすぐいじりたい!いじりたい!いじりたーい!んな訳だから、早速docomoショップへ行く。「ナンバーポータビリティの予約をしたいんですが」「・・・」ナンバーポータビリティ ... » more

電話会社スマホから格安スマホへの変更は実は手順がすご〜〜〜く大事だ。ナンバーポータビリティ(MNP)を希望すると、移行する前に電話会社から移行予約を取らなくちゃならない。それを格安申込み前に必ずやらねばならん。格安スマホへ移行ま ... » more

白ロムって何だ?格安スマホには2種類ある。「スマートフォン + SIMカード」のセットのみ、「SIMカード」のみSIMカードのみの販売だと月額1600円〜スマホ本体が分割払いされないから、あのうざい2年縛りも ... » more

スマホの動作が悪い。フリーズする。動かない。遅い。通信切れる。着信取ろうとして、フリーズするのは困ったもんだ。アラーム中にフリーズするのもたまらん。極めつけは動作中の強制終了。もう、勘弁して〜、、、、、、ドコモショップへ行く ... » more

我社にはショートカットアイコンの名前が「kkkk」とか「jjjj」とかになっていても、ちっとも気にしない人が何人かいる。なぜ気にならないのだろう??自社ソフトでさえ、「mmmm」って表示されていてもそのまま普通に使ってる。でも本 ... » more

川崎中一殺害事件、事件の詳細が明らかになるにつれて、耳を塞ぎたくなるような事実が次々をあらわになっていく。こういう問題が起こると文科省だとか、教育評論家だとか色んな人がそれぞれ意見を出すけれど、、、今回は「なぜ、防げなかったか?なぜ ... » more

会社の無線ルーターがひどい。時々通信切れる。社員は社内ネットワークを有線LANで繋いでいるのだけど、これは社長の個人PCに1台だけ繋いである無線機。なぜ?1台だけ?その為に回線引くのって、あきらかに無駄なんじゃなかろか?でも ... » more

「よみがえる百舌」逢坂剛★★★★夫を亡くした倉木美希さんが、なんかえらいことになってしまって、だんだん作品についていけなくなってきた。まあ面白いです。最初の百舌がすごいインパクトを持ったキャラクターだったので、蘇った百舌は二重三重に ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 MOZU

本日、宮尾登美子さんの訃報を聞き、勤務中の電話の声が震えた。悲しい、やりきれない、この方も逝ってしまわれたか。多くの人がそうであるように、私にとって宮尾作品は闇の中に見出す一筋の光。ちょっと今パワーが足りてないな、そう思う時、私 ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

「はなとゆめ」冲方丁★読まなくてもよかった。「安徳天皇漂海記」宇月原晴明★読まなきゃよかった。来年もよろしく! ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

「幻の翼」逢阪剛★★★MOZUシリーズ2作目。百舌シリーズと書いた方が原作っぽいかな?・・・・・しかしこれは、、、、ドラマ化できんでしょ。このままでは。あれがこーなって、これがあーなるわけだが、ドラマは完全に別物として見た方 ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 MOZU

「日本の翡翠」寺村光晴★★★古い本かと思ったら、意外に平成初版だった。そうか、日本には自国産の翡翠は存在しない、と信じられていた時代があったのね。良い物、高品質な物は全て大陸産だと、思われていた時代がある。そして何気ない ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 MOZU  コメント(2)

「ツタンカーメン死後の奇妙な物語」ジョー・マーチャント★★★★ツタンカーメン王墓が発見される以前から、現代までのエジプト考古学を巡る物語。尊敬するハワード・カーターのあーんな話やこーんな話は覚悟はしていたけど、やっぱりなーって感 ... » more
テーマ 島暮らし 読書歴 つぶやき

 

最終更新日: 2017/01/19 03:13

「島暮らし」のブログ関連商品

» 「島暮らし」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る