誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シルクロード

シルクロード

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シルクロード」のブログを一覧表示!「シルクロード」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シルクロード」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シルクロード」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

3-8)道教と青城山 都江堰から西へ約15キロ、成都平野の西の端にある、海抜1600メートルほどの山が、道教発祥の地といわれる、青城山である。後漢の末期、張陵が五斗米道の布教を始めた場所だという。五斗米道とは、黄巾の乱で有名な太平道の四川版で、後に漢中に進出して ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード 風俗・習慣

3-7) 峨眉山と門前町 楽山観光を終えて、平野部を西へ30キロほど走ると、峨眉山の麓にある報国寺に着く。報国寺は、16世紀に建てられた臨済宗の禅寺で、峨眉山第一の寺。我々一行は、この報国寺の門前町で2泊する事になっていた。「峨眉山の頂上付近の山小屋に泊まって、日 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード 風俗・習慣

3-6) 三川合流と楽山大仏 成都から南へ170キロ、大仏で有名な楽山がある。都江堰を出た岷江の本流は、ここで大渡河と青衣江と言う二つの河と合流する。川は幾つあっても、流れがどんなに激しくても、それらが同じ流れの方向で、即ち鋭角で合流するのなら、合流は静かである。しかし ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

3-5) 眠江と都江堰 成都市の北西約60キロ、そこに都江堰がある。この堰は、眠江の流れを分け、成都平野に十分な灌漑用水を供給すると同時に、眠江の氾濫をも防止する。この堰で分けられた用水は、都江堰から南へデルタ状に広がり、成都平野を潤した後、再び眠江に流れ込む。も ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

五人の留学生仲間と一緒に、大学の車をチャーターして、三星堆博物館に出かける。蜀の古代遺跡専門の、この博物館は、成都から北に40キロの広漢県にある。3階建ての立派なものだが、その周りには何も無い。川べりの田んぼの中に、忽然と近代建築が出現した ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

望江楼公園は、四川大学のとなりにあり、竹の美しい庭園である。植えられている竹は、百種類以上という。公園の中には、風雅な餐庁もあれば、野趣に富んだ茶亭もある。恋人達が、愛を語り合うにも絶好の場所である。宇治に行く源氏の君と同じ様に、唐の時代の ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

武候祠と並ぶ成都の名所に、杜甫草堂がある。唐の詩聖・杜甫を偲ぶ、この記念庭園は、北宋時代に作られ、その後、次第に大きくなったもので、現在では、街の中に浮かぶ、緑の島と言ってもよい程の大庭園である。市民の憩いの場になっている外苑と、杜甫の草堂 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1998年に成都の四川大学で1ヶ月を過ごした。この章はその時に訪れた四川盆地の名所旧跡の思い出である。紀元前に、秦に併合される以前の四川盆地は、蜀とよばれる独立国であった。三国志で名高い劉備玄徳や諸葛亮孔明の蜀漢(3世紀前半)は、三国の ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

大学の中や、裏通りには、小さな本屋が多い。それらの本屋では、コンピューター関係の本と、英語の学習の本がやたら目に付く。現代の流行だという。中国の熟年知識層は、ロシア語を話すが、英語は話さない。英語は若者達の言葉である。日本語の学習の本もある ... » more
テーマ 語学留学 シルクロード 風俗・習慣

四川料理といえば麻婆豆腐、そしてその老舗が陳麻婆豆腐である。しかし、この店の味は、小生の味覚には合わなかった。それよりも、寮の食堂で出してくれる麻婆豆腐の方がよほどおいしかった。陳家のそれは、観光名所化していて、味に鋭さがない。寮のそれは、 ... » more
テーマ 語学留学 シルクロード 風俗・習慣

2-4) 成都交通事情 万事がのんびりしているかと思えば、交通事情だけは別である。これは凄まじい。交通規則など、あって無きが如し。自動車も、自転車も、歩いている人も、絶対に道を譲らない。譲った方が負けとでも言わんばかりに、衝突寸前まで、すごいスピードで、近寄ってゆ ... » more
テーマ 語学留学 シルクロード 風俗・習慣

大学の裏門の前の路地には、毎日、野菜や果物の市が立つ。買うのは大学の職員やその家族。四川大学の教職員や、事務職員、守衛や保守・清掃要員の半分以上は、キャンパス内に住んでいるので、その家族も含めると、ゆうに3,万人を超える。そこに毎日、市が立 ... » more
テーマ 語学留学 シルクロード 風俗・習慣

2-2)四川大学キャンパス(留学環境) 四川連合大学は、四川大学と四川科学技術大学が統合されて出来た、中国の重点総合大学の一つである。教員数4200人、学生数26000人。敷地面積約45万坪、但し、この中には、大学職員の居住区も含まれているので、校舎はかなり建て込んでいる。それで ... » more

2-1)語学研修プログラム(勉強か、観光か?) 高校時代、中国史や中国古典文学に親しんだ僕の夢は、中国を見ることであった。しかし、サラリーマン時代には、そんなチャンスはなく、定年の来る日を心待ちにしていた。自由の身になると、公民館の中国語クラスに通い、ピンイン(=中国語の発音記号)の勉強 ... » more

1-6)洛陽と龍門石窟 洛陽の白馬寺は、遣唐使が長安(=西安)に入る前に滞在した外交賓館。そんなイメージを期待していたのだが、ガッカリ。境内には、インドから贈られたという、インド式の寝釈迦が鎮座ましましていた。この寺は、すっかり観光地化。門前の市も取り払われて、観 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1-5)少林寺(登封) 安陽から少林寺に向かう道には、桐の花が咲いていた。このあたりは、日本向けの桐材の生産地だという。車窓から撮った写真は、スモッグで霞んでいる。早めに夕飯を済ませて、夜8時から始まる「禅宗少林」というショーを見に出かける。実際の山々を背 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1-4)殷墟(安陽) 平遥から安陽まで、高速道路を乗り継いで、6時間ほどで行く予定だったのだが、途中、邯鄲への道が不通ということで、長冶から国道で安陽に向かうことになった。これが大変な山道で、ところどころで工事中。安陽に到着したのは夜の10時過ぎ。空腹のあまり食 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1−3)太原から平遥へ 5月1日の太原観光は、まず双塔寺。明代のお寺とか。牡丹の花が有名の由だが、この日はまだ蕾。代わりに、ボタンの絵の展覧会が開かれていた。中国人は豪華絢爛な牡丹を好むが、日本人は清楚な芍薬を好む。晋祠は、春秋戦国時代の晋の開祖・唐叔虞を ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1−2)懸空寺と五台山 4月29日朝、大同を出発、五台山に向かう。途中、山陽で高速を降り、恒山の懸空寺へ。北魏の時代の創建で、李白も訪れたという名勝だが、岩壁に張り付いたような建築というだけで、周りは殺風景、特に感慨の沸く風景ではない。風が強くて、体感温度は零度以 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

1-1)雲崗石窟(大同) 2010年4月27日から、5月6日まで、山西省と河南省にある、黄河文明の発祥の地・殷墟と、北魏や唐の旧跡を巡る旅に出かけた。北魏というと馴染みがない人も多いと思うが、隋や唐の先駆けとなった国である。日本の律令制度の基本である班田収受法は、北 ... » more
テーマ 歴史・遺跡 シルクロード

還暦以降、74才で脳出血に倒れるまでの15年間で、中国へは16回足を踏み入れた。延べにしたら半年位の滞在期間になるだろうか。僕の旅は、大きく分けると三種類ある。第一はシルクロードと仏教伝来の道であり、第二は世界の屋根ヒマラヤとチベット仏教圏 ... » more
テーマ シルクロード

11月21日(金) 常味裕司&ファルハ チャリティコンサート開催のご案内 カンタービレこうじまちよりコンサートのご案内をさせていただきます。常味裕司&ファルハチャリティコンサート「アラブ音楽の夕べ」日本におけるウード演奏家のパイオニア、第一人者と称される常味裕司とアラブ音楽アンサンブルファ ... » more
テーマ アラブ音楽 シルクロード ウード

パムッカレからコンヤへ向かう途中にエイルディル湖という大きな湖がある。この湖畔のレストランで昼食を食べるが川マス料理(特に手が込んでいるわけではなく軽くフライにしたもの)は実においしかった。また、この地方はバラが有名なところで、バラの香水や ... » more
テーマ キャラバン・サライ トルコ旅行 シルクロード

先般、テレビで見たシルクロードツアー。7カ国:トルコ、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、中国108日:トルコ/イスタンブール発(シルコロード経由)中国/西安着宿はキャンプ、食事 ... » more

「自然に生きること」   シルクロードを旅して得た結論 20代のとき、ドイツのミュンヘン駅をオリエンタル急行の夜汽車で出発し、トルコに到着し、それからイラン、アフガニスタン、パキスタンを経てインドまで汽車やバスを乗り継いで陸路を旅したことがある。それはシルクロールートをヨーロッパから逆にたどった ... » more

預言者イザヤ及び親族の一行は、同胞が渡来すべき島々を早急に特定し、その新天地においてできるだけ早い時期に都を造営し、神宝を守るという責務を担っていました。それ故イスラエルを脱出し、舟で東方へと向かった一行には、イスラエル人の預言者や祭司、そ ... » more
テーマ スメラミコト シルクロード イスラエル

私は旅を通じて世界や人生を学んだ! 1975年のことだった。ドイツからオリエンタル急行に揺られてはるばるとトルコの地に着くと、そこにはアジア大陸があった。東西文明の十字路ともいわれるイスタンブールで、私が目にし、耳にし、臭いをかいだのは、ヨーロッパ社会の時間や空間とはまるで異 ... » more

風のように、今もシルクロードを旅している私 20代のとき、ドイツのミュンヘン駅をオリエンタル急行の夜汽車で出発し、トルコに到着し、それからイラン、アフガニスタン、パキスタンを経てインドまで汽車やバスを乗り継いで陸路を旅したことがある。それはシルクロールートをヨーロッパから逆にたどった ... » more
テーマ シルクロード 青春とは、青い風が吹くことである  コメント(5)

中国訪問10回目,今回は西安 私の中国訪問は,公務と観光旅行を含めて,今回で10回目となりました。最初は中国の雰囲気になかなかなれ慣れませんでしたが,そのうちに中国の雰囲気に慣れてきました。中国語は進化しませんが。最近の中国の発展の早さには,驚かされることが多い ... » more

シルクロード紀行 13. 万里の長城と紫禁城 10月30日昨夜はウルムチのホテルに宿泊した。今朝は9:30発の中国国際航空で乗り継ぎ地の北京へ向けて出発。22日から世話をしてくれたスルーガイドの寥さんとウルムチでのガイド張さんの二人がウルムチ空港で見送ってくれた。寥さんはここか ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 13:08

「シルクロード」のブログ関連商品

» 「シルクロード」のブログレビュー をもっと探す

「シルクロード」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る