誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伝記

伝記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伝記」のブログを一覧表示!「伝記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伝記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伝記」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

児童向けの伝記です。図書館の児童コーナーのお勧めにあったので、借りてきました。モーリス・センダックと言えば、「かいじゅうたちのいるところ」が思い浮かびます。正直、好きな絵本か?と聞かれても、即答出来ませんが、惹か ... » more

今年中には確実に衆議院選挙が行われるわけで、まさに「政治決戦の年」になっていて、やたらと「改革」ばやりだけれど、この機会に、戦後一貫して政権をリードしてきた「保守」とは一体何なのかを振り返るのも意義があるのではないか。「戦後保守」いわゆ ... » more
テーマ 読書 伝記 政治

底辺から見続けた記録文学作家・上野英信――満州、ヒロシマ、炭坑、南米移民 川原一之、『闇こそ砦――上野英信の軌跡』、大月書店、2008年筑豊炭田に生きた記録文学作家・上野英信。もっとも有名なのは、岩波新書の『追われゆく坑夫たち』と『地の底の笑い話』だろうか。その上野英信の伝記が刊行された。生前 ... » more
テーマ 伝記 移民 日本

伝記「西郷隆盛」を読みました。 「西郷隆盛」福田清人著講談社火の鳥伝記文庫児童書を読みました。 ... » more
テーマ 伝記

伝記「伊達政宗」「坂本龍馬」を読む。 「伊達政宗」浜野卓也著講談社火の鳥伝記文庫児童書です。「坂本龍馬」砂田弘著を読みました。 ... » more
テーマ 伝記

伝記「上杉謙信」「真田幸村」読みました。 「上杉謙信」鈴木俊平著講談社火の鳥伝記文庫児童書です。「真田幸村」砂田弘著を読みました。 ... » more
テーマ 伝記

伝記「武田信玄」を読みました。 「武田信玄」木暮正夫著講談社火の鳥伝記文庫児童書です。を読みました。 ... » more
テーマ 伝記

伝記「徳川家康」などを読みました。 「徳川家康」松本清張著講談社火の鳥伝記文庫児童書です。「明智光秀」浜野卓也著を読みました。 ... » more
テーマ 伝記

伝記「織田信長」などを読みました。 伝記を読みました。児童書です。「足利尊氏」浜野卓也著講談社火の鳥伝記文庫「楠木正成」浜野卓也著「織田信長」鈴木俊平著「豊臣秀吉」岡田章雄著 ... » more
テーマ 伝記

良太の部屋伝記を4冊読みました。
伝記を4冊読みました。 伝記を4冊読みました。児童書です。「諸葛孔明」桜井信夫著講談社火の鳥伝記文庫「平清盛」柚木象吉著「源頼朝」左近義親著「源義経」今西祐行著 ... » more
テーマ 伝記

伝記「劉備・関羽・張飛」を読みました。 「劉備・関羽・張飛」桜井信夫著講談社火の鳥伝記文庫を読みました。児童書のような物。これを20冊くらい読もうと思っています。 ... » more
テーマ 伝記

「大久保利通」毛利敏彦著(読書感想文)http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%88%A9%E9%80%9A-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E ... » more
テーマ 歴史 読書 伝記

『アトムポケット人物館12 やなせたかし』 圷紀子、高見まこ、手塚プロダクション著、やなせスタジオ監修『アトムポケット人物館12やなせたかし』講談社学習コミックス2002年7月19日143頁700円+税やなせたかしといえば、アンパンマン!そのやなせたかしは高知県出 ... » more
テーマ 伝記

『評伝 梶井基次郎』 大谷晃一著『評伝梶井基次郎』沖積舎 2002年11月28日383頁3150円(税込) 著者は、元朝日新聞記者。それゆえ文献探索能力や現地調査能力は秀でていて、梶井基次郎についての知識はこの本を読むと格段に増える本であ ... » more
テーマ 伝記

ゴン太の猛読日記『勇気ある人々』
『勇気ある人々』 ジョン・F・ケネディ著、宮本喜一訳『勇気ある人々』英治出版、2008年1月20日、392頁、本体2200円+税自分のこと、そして自分の選挙区のことしか考えない政治家と、国や国民のことを考えて、たとえ自分の選挙区の人々から反対 ... » more

遥かな昔、遠い所で第69回生涯病弱だった継母の死は、其の4年後の63年11月に訪れた。90歳を5日後にひかえた死であった。夫の死後1年で創業100年余の店をとじ、殆ど床にある母と2人きりの暮らしが続いた。それでも気分 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第68回父が召されて28年がたってしまった。時代は移り変わり、洋装の時代となり店は縮小していった。夫は父の死後、株に興味を覚え、ラジオの短波放送に聞き入る事が多くなった。そして1年後には持ち株の殆ど ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第67回37年6月21日、その父が突然亡くなったのである。大津びわこホテルにおいて、信徒会の席上自分の抱負を語りつつ「イエス、キリストは………」の言葉を最後に倒れ、天に召された。父は自分の思 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第66回夫もボツボツ休みながら、仕事も出来るようになり、34年の問屋の招待旅行には、私に姉の絢ちゃんと2人で行くようにすすめてくれ、出雲大社への旅行に出かけた。2月末なのにとてもあたたかくて、皆生温泉で ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第65回父が念のためにと、夫を京大病院の結核研究所へ連れて行った。開放性ではないが、肺炎と結核におかされているので、要入院との事で、直ちに綾部の郡是病院の結核病棟に入院した。私はすでに覚悟はして ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第64回翌32年も問屋の九州旅行に、私達は再び参加した。2月は一番ヒマな時期なので、父達も心よく留守を引き受けてくれた。別府、阿蘇を経て、長崎から雲仙、三角港から熊本へと1週間の旅であった。阿蘇山上 ... » more

遥かな昔、遠い所で第62回昭和30年頃のアルバムの中に、京都岡崎動物園で2匹の象をバックに、私達親子5人を撮った写真がある。これが私達5人揃って外出した、最初で最後の記念写真である。その頃の小さい個人商店では、家族揃って ... » more
テーマ 詩歌 歴史 伝記

遥かな昔、遠い所で第35回祖父が愈々目が不自由になった頃、舞鶴の酒屋に縁づいていたつる叔母さんが、肋膜炎になり帰って来た。嫁ぎ先では養生させてもらえず、父が見かねて、二男二女を残して離縁してもらったのである。うちで養生して全 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第34回「山家一万綾部が二万福知三万五千石」と福知山音頭にうたわれているように、綾部は九鬼二万石の城下町である。田町の坂を上がると大手門跡があり、それからは上は家中(かちゅう)といって士族の住居地であった。 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

遥かな昔、遠い所で第33回ここで、私を生んでくれた母と父の事を少しのべたい。父は前述の雀部の長男儀三郎である。姉も美人であったが、父も長身、秀才、美男であった。土地の京都三中、三高、東大独法科を卒業した。田舎では有名 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

それ以来、父は急に芸者にもてるようになり、つきまとわれだしたので、このままでは祖父の二の舞をやりかねないと、自分ながら不安になり尊敬する波多野社長の信ずるキリスト教は、禁酒禁煙だしそれを見習えば間違いなしと、動機はいささか不純で功利 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

そのような中にあって、祖母は胆嚢の手術をした。土地の医師を母が看護婦の経験を生かして助けたのである。妹のつる叔母を舞鶴へ嫁がせたが、金三郎叔父は職が長続きせず、しまいには朝鮮へ高飛びし、その間、三回もの結婚離婚を繰り返し、失敗する度 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

当時はまだ鉄道もなく、花嫁達は福知山街道を人力車にゆられて夕方、佐々木家についた。提灯の灯に浮かび上る母の姿を見て、金三郎叔父は「おお!きれいな嫁さん」と見とれて、大きなため息をついたそうである。売り出しには商いに店に立 ... » more
テーマ 詩歌 伝記 家族

父は、女道楽の祖父を心から憎み、反面この上ない母思いであった。祖母がそこひの手術の為、京の眼科病院へ入院した時は、学校を休んで付き添いに行き、自分の眼片方と引き換えに母の目をよくしてくれと、病院内の神社に願かけをしている事が患者の中 ... » more
テーマ 歴史 伝記 家族

両親・祖父母のこと佐々木家は代々男の子に恵まれず、何代も養子を迎える家系であったようで、曽祖父には女の子もなく、祖父祖母共の両養子であった。祖父春助は天田郡大原村の生まれ、安産の神大原神社近くの西村家に生まれた。父の ... » more
テーマ 歴史 伝記 家族

 

最終更新日: 2016/12/07 02:09

「伝記」のブログ関連商品

» 「伝記」のブログレビュー をもっと探す

「伝記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る