誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明智光秀

明智光秀

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明智光秀」のブログを一覧表示!「明智光秀」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明智光秀」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明智光秀」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

この家紋は桔梗紋というんですが 明智光秀と同じなんですがね。落語の代書屋で留さんが自分の名前を知らなかったくだりがあります。「お前のほんまの名前は留五郎や」というのとほとんど同じですね。これが桔梗紋であると言うことを知りませんでした。 ... » more
テーマ 明智光秀 家紋

野間の一日天下?野間とC.R.A.Cのツイアカ、川崎デモの翌日に凍結される 反日ハンター・神功正毅です。ナポレオンの帝位復活からワーテルローの会戦での敗北までが「百日天下」と呼ばれ、明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ってから羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に「山崎の合戦」で敗れるまでが「三日天下」と呼ばれていますが ... » more
テーマ パヨク 明智光秀 ナポレオン

本能寺で討たれるのは家康だった 「織田信長四三三年目の真実−信長脳を歴史捜査せよ!−」 明智憲三郎/著 幻冬舎 2015.7.25著者は情報処理技術者だったが、歴史研究家、作家でもあり、明智光秀の子孫とされている。しかし、明治までは一族は明田の姓を名乗っていて、改 ... » more

細川ガラシャゆかりの勝龍寺城跡へ 長岡天満宮から30分たらずで、勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)跡に着きました。現在は、1992年(平成4年)に本丸及び沼田丸跡が勝龍寺城公園として整備されています。先ずは、北東隅櫓から見て行きます。小さな模擬櫓もあって、城らしく{% ... » more
テーマ 細川ガラシャ 勝龍寺城 明智光秀

 【敗者烈伝】〜明智光秀(下) 信長殺害は「手違い」だった? 作家・伊東潤 産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。それでは、本能寺の変に至るまでの明智光秀の軌跡を整理してみよう。天正10(1582)年5月17日=備中への援軍を命じられ、安土から坂本城 ... » more

【敗者烈伝】〜明智光秀(上)「本能寺」前に家康暗殺計画 信長から命じられた? 作家・伊東潤 産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。明智光秀というのは、どうにも捉えどころのない人物である。残された記録が、両極端な人物像を示しているからだ。日本人の書いた種々の記録では、 ... » more

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開 廬山寺へ 5月10日(日)は、平成27年度春季京都非公開文化財特別公開の最終日です。そこで、どうしても行きたかった廬山寺に行きました。廬山寺(ろざんじ)は桔梗の花で有名で、2013年7月に見に行きました。それ以来の訪問となります。廬山寺の山門 ... » more
テーマ 廬山寺 明智光秀 春季非公開文化財特別公開

日本史の「発明発見」09 不憫な奴は死なせない なに、「死んでも生きている」って?・・・別にフランケンシュタインやゾンビのお話ではありません。実は、「その時死んだ」ことが歴史の定説になっているにもかかわらず、「いや、奴サンは実は死んではいなかったのだ」と伝承される人物が、 ... » more
テーマ 怨霊信仰 明智光秀 源義経

明智光秀 首塚へ 地下鉄烏丸線「今出川駅」から「御池駅」で東西線に乗り換え、やって来たのは「東山駅」です。着いたのは12時40分を過ぎてましたしが、まだ時間があります。この近くで有名なのは平安神宮でしょう。しかし方向が違います。そこで、以前会社の同僚が行って ... » more
テーマ 首塚 本能寺の変 明智光秀

日本史の「お国自慢」12 井沢元彦氏の八十日目 名古屋“やっとかめ文化祭”(10・30〜11・24/市内各地)の最終日は本年も作家・井沢元彦氏のトリ講演(11・24/東別院ホール)で締めくくりました。「逆説の日本史」の井沢元彦氏と”やっとかめ文化祭”との結び付きは?・ ... » more

今週はこんな本を読んだbR30(26.8.31)「本能寺の変431年目の真実」明智憲三郎文芸社文庫2014年4月初版第七刷777円とても刺激的で面白い本だった。一気に読了した。織田木瓜紋と明智の桔梗紋が対置された、それが ... » more

毎日 憲法光秀の首塚
光秀の首塚 ★★京都・白川。柳の新緑がきれいだ。そして白川沿いの、とある小さな和菓子屋。(「このあいだの戦争」というのが、応仁の乱のことだったりする土地柄、この和菓子屋も、新しい店の部類なのだろう。そ ... » more
テーマ 明智光秀

明智光秀が築城した丹波亀山城趾へ 東京で20年振りの大雪に見舞われた翌日、2月9日(日)に京都府亀岡市にある丹波亀山城趾を見てきました。京都では朝から雨に変わったので、そんなに積もらなかった(2p程度・それも雨が降る前)んですが、亀岡市に電車が近づくと一面雪化粧。こ ... » more
テーマ 亀岡市 明智光秀  トラックバック(1)

やばいのブーメラン南光坊天海
南光坊天海 【社会】明智光秀の子孫が講演「本能寺の変の真実」1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/14(火) 19:01:27.74 ID:???0★「本能寺の変の真実」説く明智光秀子孫が講演大多喜 2014年0 ... » more
テーマ ニュース 明智光秀 まとめブログ

光秀の定理(レンマ) もう今年も残り少ないですが、これが多分、今年一番面白かったかも。昔からド定番のヒーローよりも「ヒール」とされている人に興味があるんですが、石田三成と並んで好きなのが、明智光秀。この小説は、光秀自身の目ではなく、「友人」の二人から見た ... » more

明智光秀一族の菩提寺 西教寺へ 食事時間がたっぷり取ってあったので、殆どのツアー客が傘をさして出て来られてました。ここでの再集合時間は、13時10分てした。時間前にはバスガイドさんが来られたので、皆さん後を付いて行きます。そしてバスガイドさんから案内されたところは、西教寺 ... » more
テーマ 湖都大津もみじ紀行 明智光秀 京都定期観光バス

日本史の「アレンジ」02  ”××の変”は変ではないか? ひょいと気がついたのですが、「○○の戦い」という歴史用語?には概ねその“場所”を示しているという規則性があります。たとえば「桶狭間の戦い」(1560年)「賤ヶ岳の戦い」(1583年)「関ヶ原の戦い」(1600年)などはその通りの ... » more

日本史の「言葉」05 唆(そそのか)す 〜《言葉》は、実態を動かすパワーを秘めている〜ちょいとオカルトっぽい印象になりますが、実は現代日本人も心の底ではこのことをキッチリ信じているのですね。普段なにげに使っている「言葉」、実はこれがけっこう深い!その一例です。 ... » more

明智光秀の子孫が著した「本能寺の変・四二七年目の真実」を読み光秀と家康の密約説を知る 著者の明智憲三郎氏は明智光秀の子孫で本能寺の変以降先祖は明智の名をはばかって代々「明田」姓を名乗ってきましたが明治になって曾祖父が古文書など証拠の品とともに明智への復姓を願い、認められたそうです。「本能寺の変」は信長が光秀に対して事 ... » more
テーマ 本能寺の変 本能寺の変・四二七年目の真実 明智光秀

ヤジ馬の日本史〜ミスマッチな職場〜
主君・織田信長に対する家臣・明智光秀の謀反「本能寺」にはいったいどんな理由があったのか?光秀が天下を狙ったのだとか、後ろに黒幕がいたとか、後世になって色々な説明がなされてはいるものの、実はどの「説」も万人が納得できる域までに ... » more

6月2日 本能寺の変 今日、6月2日は、1582年(天正10)本能寺において、明智光秀に襲われて織田信長が自刀した日、いわゆる「本能寺の変」が起こった日です。織田信長の命日の今日、普段は非公開の阿弥陀寺が、信長忌に因み一般公開される日でもあります。 ... » more

勝者と敗者の判断差 『時は今 天が下知る 五月哉』-------------------の句は周知のとおり明智光秀の作と言われる。「時は今」は明智光秀の出と言われる「土岐」一族を指すと読まれているが、出自に至っては ... » more

明智光秀伝説の幻の城址?発見!!日時4/11日と5/2日参加限定40名様集合場所JR彦根駅東口午前10時受付解散は午後3時の予定。雨天時は講演に切り替えます。彦根駅東口で講演場所を御案内します。電車で御来訪の方も ... » more
テーマ フォーラム・研究 明智光秀

仮に「光秀の軍勢が本能寺に着く前に信長は秀吉の手の者に殺されていた」とすると光秀の軍勢のとった行動に説明は付くでしょうか?それでもやはり、説明は付きません。信長討ちの命令を受けていない光秀の軍勢が本能寺に到着し ... » more
テーマ 明智光秀 豊臣秀吉 427年目からの挑戦  トラックバック(2)

「明智光秀公を大河ドラマへ」の署名サイトを見てみましたら、大変ありがたいことに岩手県の27歳の女性(歴女とお呼びしてよいのでしょうか?)の署名に下記のコメントがありました(2009年12月21日)。http://www.shomei.t ... » more
テーマ 著者のつぶやき 明智光秀 427年目からの挑戦  コメント(3) トラックバック(1)

「信長殺し、光秀です!」とは、何を今さら、と言われそうですが、実は通説(怨恨説・野望説)に代わるものとして唱えられている新説はことごとく「信長殺し、光秀ではない」と言っているのです。もちろん、実行犯は光秀とした上で ... » more
テーマ 明智光秀 豊臣秀吉 427年目からの挑戦  コメント(2) トラックバック(1)

最近、拙著『本能寺の変四二七年目の真実』の読者お二人から立て続けに手紙をいただきました。その内容がどういうわけか同じ主張で「信長殺しの犯人は光秀ではない、真犯人は秀吉だ!」というものでした。私の本を読んでも何で ... » more
テーマ 明智光秀 豊臣秀吉 427年目からの挑戦  コメント(1) トラックバック(2)

朝日新聞名古屋版の12月4日(金)夕刊文化面に明智光秀の特集記事が掲載されました。5段で写真入りの結構目立つ記事です。A4縦の用紙にコピーすると横が少しはみ出す大きさ。タイトルや見出しに書かれた文字を拾うと下記です ... » more
テーマ 著者のつぶやき 明智光秀 427年目からの挑戦  コメント(1) トラックバック(1)

秀吉の中国大返し(完)。秀吉はこうして準備した! 本能寺の変歴史捜査レポート第二話「中国大返しのプロセス(その4)」→その3はこちら秀吉は『惟任退治記』を使って、何故備中高松の出発日を6月4日ではなく6月6日未(ひつじ)の刻(※1:午後2時頃)にずらしたのでしょ ... » more
テーマ 歴史捜査レポート 明智光秀 豊臣秀吉  コメント(1) トラックバック(1)

プレジデント社の編集者の方のアレンジで、先日「歴女の会」での談話会を行ってきました。※wikipedisの歴女の説明→こちらです。今、流行の「歴女」とはどういう人達なのかと興味津々。事前に娘に「ゲームの ... » more
テーマ 明智光秀 427年目からの挑戦 ブログ  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/30 10:40

楽天市場のおすすめ商品

「明智光秀」のブログ関連商品

» 「明智光秀」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る