誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    隆慶一郎

隆慶一郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「隆慶一郎」のブログを一覧表示!「隆慶一郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「隆慶一郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「隆慶一郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

dizzyTFRノート
Rノート 2016B駆込寺蔭始末/隆慶一郎>実はこの「駆け込み」は本来夫婦の縁切りとは限らなかったものである。中世には全国至る処に無縁寺というものがあり、ここに駆込めば、大犯三ヶ条、即ち殺人・放火・盗みの大罪を犯した者といえども、世俗の権力 ... » more
テーマ 読書 Rノート 隆慶一郎

最近、お風呂 de Kindle で隆慶一郎さんの時代小説を興奮しながら読んでいます。隆さんの作品は20年くらい前に、やはり興奮しながら読みあさったことがあります。今回、ふとしたことでマイ・リバイバル!私にとっての時代小説は「隆 ... » more
テーマ 隆慶一郎 前世物語 死人

隆慶一郎 『吉原御免状』 第一級の大衆娯楽小説を満喫する 未読のままにあった一時代前の傑作を読むというのはいつもと違う高揚感があるものだ。物語に没頭しながらもあれやこれやと雑念がわいてくるのが楽しいからです昭和59年から60年にかけて「週刊新潮」に連載された隆慶一郎の処女作である本著を ... » more

最近では「花の慶次」の原作者としての方が有名かもしれない隆慶一郎の代表作。2泊3日の入院をした機会に、全3冊を一挙に読んでみる。http://www.amazon.co.jp/%E5%BD%B1%E6%AD%A6%E8%80%85% ... » more

「宮本昌孝『海王上』久しぶりの大型娯楽時代小説の傑作だ」について隆慶一郎の流れを汲むような作品ということでおもしろそう。史実と虚構の織り交ぜ具合がいい感じのようだ。早く文庫か図書館に出てほしい。ひげらっきょのオススメは隆慶一郎の【鬼麿斬人 ... » more

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 隆慶一郎

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 隆慶一郎

傾奇者・前田慶次郎の発掘者として以前から高く評価していた隆慶一郎の作家デビュー作「吉原御免状」の続編とも言うべき作品。後水尾天皇の隠し皇子で、宮本武蔵に育てられた天才剣士の松永誠一郎が、色里吉原の惣名主になって、吉原成立の秘史ともいうべき徳 ... » more

「影武者徳川家康」(上・中・下)隆慶一郎著 日本史が苦手なのでふだん歴史小説はめったに読まないが、タイトルのインパクトに釣られて手に取ったら、これがもー、しっぷーどとーのダイナミックな展開で、全3巻千五百頁を越す長編をあれよあれよという間に読み終わった。ストーリーはタイトル ... » more

隆慶一郎 『影武者・徳川家康』 いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も 「徳川家康全26巻を読破」を拝見、「あぁ、当時読んでおくべきだったな」とくやまれました。2002年年10月10日隆慶一郎『影武者徳川家康』柳生忍群と風魔一族のバトルアクション理屈抜きの面白さ。私が小学生のころ ... » more

新シリーズ・私の読書遍歴 第10回その2 これも長くなってしまいました。仕方ないか、思い入れの強さが他とは違うから…。さて、隆慶一郎という作家は、テレビのお仕事(脚本家だったかな…)をされた後、60歳をすぎて初めて時代小説を書かれるようになったそうです。そして、わずかに数年と ... » more

まだ続くか、このシリーズ!!さて、田中芳樹作品と出会い、読みたくなるジャンルの幅も広がった頃、あるマンガがきっかけで、これまた素晴らしい、「生涯座右の書」となる作品に出会います。その名も『一夢庵風流記』隆慶一郎著。本屋で立ち読みした『花 ... » more

 

最終更新日: 2017/01/19 02:14

「隆慶一郎」のブログ関連商品

» 「隆慶一郎」のブログレビュー をもっと探す

「隆慶一郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る