誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治維新

明治維新

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治維新」のブログを一覧表示!「明治維新」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治維新」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治維新」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

西郷隆盛建武の中興と明治維新 
建武の中興と明治維新  (『新西郷南洲伝』上巻より参考のため抜粋)日本の歴史において、この諸葛孔明と同じ位置にいる人物が、楠木正成であった。実は南洲が今回の挙兵の教科書として酌んだのが、この楠木正成の事跡だったのである。楠木正成のエピソードは、南北 ... » more
テーマ 明治維新 西郷隆盛 建武の中興

西郷隆盛建武の中興  (その二)
三年前出版した『新西郷南洲伝』の上巻において、王政復古討幕の事業を叙述する上で、その下敷きとして「建武の中興」に触れておく必要がった。しかし、今、改めて「建武の中興」を振り返ってみて、その記述には、重要な点で未熟さがあったことに気づかされた ... » more
テーマ 明治維新 日本文化チャンネル桜 建武の中興

西郷隆盛建武の中興 (その一)
建武の中興 (その一) 「チャンネル桜の情報戦」(その七)である。チャンネル桜の情報戦が、建武の中興の英雄楠木正成の戦いになぞらえられるべきものであり、その伝統が生きていることを述べるために、「建武の中興」について書いている。網野善彦によれば、建武の中 ... » more
テーマ 明治維新 日本文化チャンネル桜 建武の中興

西郷隆盛西郷隆盛の辞世
先日(九月十二日)の朝日新聞朝刊に「西郷辞世の漢詩か」と題された記事が載った。これが、南洲翁夫人いとの実家、岩山家の現当主の宏至氏が仰っていた、翁の辞世の句か、と思わず見入った。もし翁の本物の辞世なら、確かに世紀の大発見であり、鹿児 ... » more

自民党の古賀さんの絡みもあったようですが、この決断が本物なら、大変良いタイミングだと考えます。橋下大阪府知事も、筋の通し方はよく間違えますが、今まで言えなかった正論を貫く良い根性をお持ちです。若い千葉市長も大変良い意味で気になり ... » more

ヒロシさん「なるほどね、よく理解できました。異論が二点だけ李鴻章やミンビをどうご覧になっていますか?李鴻章はウィッテから賄賂をもらっていたと聞きますが。ミンビは壬午軍乱で清国兵を招き入れていますが。このような手合 ... » more

西郷隆盛西郷隆盛に関する問答 
ヒロシさん「西郷についてはまるで僕とは意見が違います。西郷は外交音痴です。西郷が偉大なのは幕府側に勝海舟がいたからです。言い方をかえれば勝あっての西郷です。幕府側の代表が小栗判官であれば西郷の器量はいかせません。 ... » more

照る日曇る日第234回明治6年の征韓論騒動は、林子平、会沢正志斎、吉田松蔭、橋本佐内、藤田東湖など多くの幕末の憂国の志士達の衣鉢を継いだ西郷明治政府が引き起こした国権拡張運動だが、大久保などの非征韓論派に反対にあって ... » more

照る日曇る日第233回東京生まれの東京育ち、しかも祖父が戊辰戦争で官軍と奮戦した越後長岡藩出身という著者ならではの、じつに面白くてとても為になる幕末・明治10年史である。当然ながら基本的には薩長嫌いの著者は、漱石や荷 ... » more

I LOVE SWEDEN ! : スウェーデンファン必携の1冊 ILOVESWEDEN !LiLiCo 著ゴマブックス発行 2008 11月\1,365スウェーデンの日常生活がとてもよく書いてある本です。スウェーデン旅行を考えている人も、行く前にいちど読んでおくべきです。*2 ... » more

これ以外の方法では、「官僚内閣制」をなくすことはできません。日本は民主主義国家になれません。この国(日本)を支配する官僚は、自分のこと、つまり出世して、それから老後をいかに楽に生きるか、ということのためだけに仕事をしているのです。省のた ... » more

TRUE NORTH : スウェーデンファン必携のスウェーデン写真集 TRUE NORTHThe Grand Landscapes of SwedenTOMMY HAMMARSTRÖM ,PER WÄSTBERG 著TORE HAGMAN 他撮影Bokfö ... » more

遥か彼方、虹の彼方のようなスウェーデンという国。ニッポン遠望122008年3月30日地方紙掲載無断転載淡いグリーンの羽衣のようなオーロラが、刻一刻と姿を変え、北極圏の冬の夜空を幻想的に駆け巡る。スウェーデン最北の都市キル ... » more

Now, the people all over the world know Japan is not a democratic country.They know also, Japan is called the Bureaucr ... » more

西郷隆盛はなぜ自刃に追い込まれたのか?歴史のミステリー13p3(デアゴスティーニ2008年4月)西郷は政治家として無能だったのか?1868(明治元年)6月、参与兼東征大総督府参謀の地位にあった西郷は、新政府を去り、薩摩に ... » more

「第5回日台文化交流青少年スカラシップ」講演から若者たちよ後藤新平に学べ李登輝台湾前総統(フジサンケイビジネスアイ2008.4.19記事)みなさんは後藤新平という人を知っていますか。(日本統治時代に)児玉源太郎が第4 ... » more

総理がいなくてもやっていける日本――フィナンシャル・タイムズ(フィナンシャル・タイムズ2007年9月19日初出翻訳gooニュース) FT東京支局長 デビッド・ピリング(ピリングさんが「日本が・・・民主国家だという証拠は、・・ ... » more

「経済財政諮問会議を廃止せよ」(2007/11/27 フジサンケイビジネスアイからの全文無断引用です。)東谷暁(ひがしたにさとし)著ついに中国政府は、サブプライム(高金利型)住宅ローン問題の拡大によって、米国向け輸出が激減す ... » more

飯島愛さんのような純真な人が生きて行けないこの国。最低の国。その根底に、官僚という巨大な悪があるからだ。純真な人が生きて行けず、正直者が馬鹿を見るのは、この国が国民を犠牲にして官僚という悪、敵対民主主義集団とでも言うべき反民主主 ... » more

私の友人、白虎隊の池上新太郎さんから手紙をいただきました。全文を紹介します。小天使みかえる様謹啓新型インフルエンザがいつ起こってもおかしくない状況と言われています。それなのに、日本での対策はほとんどないに等しいようで ... » more

(この記事は、当ブログのテーマ・目的と関係がありません。2008/10/16 の記事とまったく同文です。)三島由紀夫(Yukio Mishima)は1970年11月25日、市谷の自衛隊で自決しました。彼が自殺したのは、そ ... » more

[黒鉄ヒロシ著「[暗殺140年]誰が龍馬を殺したか」全文無断転載 週間新潮2007年11月22日号掲載](2007/11/27当ページ掲載の再掲載)黒鉄ヒロシ著「[暗殺140年]誰が龍馬を殺したか」全文無断転載誰が龍 ... » more

「日本国民はマインドコントロールされている」?「(言論統制をするとは)北朝鮮のようだ」?田母神って、何を言っているのでしょう?マインドコントロールされている、洗脳されているのは自分でしょう。まさに北朝鮮人のようにマインドコントロール ... » more

(この記事は、当ブログのテーマ・目的とまったく関係のない記事です。)三島由紀夫(Yukio Mishima)は1970年11月25日、市谷の自衛隊で自決しました。彼が自殺したのは、その信念による、というより、彼が精神疾患に陥 ... » more

日本語英語 カンリョウ(日本の)官僚Japanese Parasite Maffia[解説]国家と国民に寄生し、その生き血を吸って、自分達だけ生き残ろうとする、卑劣な虫です。似たようなものに、「うじ虫」というのがいますが、うじ虫はきたならし ... » more

この記事は、2008/08/27の記事に、岩倉以後の権力関係がどう継承されたのか、説明を加えたものです。明治維新とは何だったのでしょうか?民主主義国家の誕生?とんでもありません。藩幕体制からの変革を求める日本社会から ... » more

前回、崇徳上皇を取り上げましたが、今回はその続きです。なぜ、崇徳上皇が皇室の精神史を理解する上で重要な存在なのか。日本史の見方にはいろいろな見方がありますが、皇室が世俗政治において権力の中心にあったか否かで区分するのも、ひとつの ... » more

この記事は毎月1日に載せる目次です。今の日本を変えることができるのは、坂本龍馬が抱いた、高潔で高邁(こうまい)な理想だけです。彼を生き返らせることはできません。できることは、人々が彼の怨霊の存在を信じて、岩倉具視以後の、世界に恥じる ... » more

前回、NHK番組『知るを楽しむ』の「この人この世界・神になった日本人」で西郷隆盛が取り上げられたことについて触れましたが、民俗学者小松和彦氏の解説について、月並みであまり見るべきところのなかった今回よりも、私はむしろ、その数回前に取り上げら ... » more
テーマ 西郷隆盛(南洲) 明治維新 皇室

小泉純一郎が総理大臣としてやって来たことは、ひたすら国民をだますことでした。「俺についてくれば、今の困難な状況から脱出できて、明るい未来が来る」というような意味の、実現する当てのない幻をまくしたてて、国民をだまし続けたのです。知る限 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/25 16:07

「明治維新」のブログ関連商品

» 「明治維新」のブログレビュー をもっと探す

「明治維新」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

送料無料/松代藩 親兄弟の血縁を断っても護った真田の家名。信州最大の藩は文武の誉れたぐいない人材が輩出。/田中博文 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 送料無料/松代藩 親兄弟の血縁を断っても護った真田の家名。信州最大の藩は文武の誉れたぐいない人材が輩出。/田中博文
オンライン書店 BOOKFAN

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「明治維新」ブログのユーザランキング

西郷隆盛 2 位.
西郷隆盛

テーマのトップに戻る