誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治維新

明治維新

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治維新」のブログを一覧表示!「明治維新」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治維新」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治維新」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

*2010年9月27日「悪の巣くつ厚生労働省--汚職課長補佐など問題ではない。」*2010年9月7日「官僚の軍門に下った菅直人首相は民主党の顔をしたゾンビ。」*2010年9月4日「口蹄疫と同様に官僚も根絶やしに。」 *2010年 ... » more

長妻昭厚生労働大臣が更迭されたのは、異常な悪の巣くつ厚生労働省を正常化しようとする長妻昭厚生労働大臣の正当な要求・努力に対して、厚生労働省全職員がサボタージュを行なって、つぶそうとした結果です。国民のために厚生労働省を正常化しようとした ... » more

障害者切捨ての元凶村木厚子厚生労働省元局長。不正義の権化検察庁。きつねとたぬきの化かし合い(馬鹿試合)日本破壊 悪の系譜:薩摩藩→岩倉具視 ; 明治維新→明治政府→(長州藩)→山県有朋→大日本帝国→昭和後期の官僚→( ... » more

「イスラム教は殺人宗教」だということは、このページとまったく関係がないことです。しかし、911という日を前にして、邪悪な人間に対する怒りを抑えることはできません。「イスラムの神のために」と言って、何千人、何万人の「人もどき」が、 ... » more

官僚の軍門に下った菅直人首相は、変質しました。もともと菅直人首相は、官僚とは悪党集団であるという本質を理解も認識もしていないことは明らかです。そのことからして、菅直人首相には、日本という国、少なくとも日本という国の政治全体を見通 ... » more

官僚は今まで国民に何をしてくれましたか?文部科学省は?教育を破壊し尽くし、今も破壊し続けています。農林水産省は?農業を破壊し、今も破壊し続けています。厚生労働省は?医療を破壊し、今も破壊し続け ... » more

この記事は、毎月3日に載せる記事です。(2009年11月からの変更はありません。)明治維新以後の日本の歴史と、ロシア革命以後のロシア(Russia)の歴史とは、ソビエト連邦帝国(the Empire of the Union o ... » more

官僚に屈した菅直人首相は国を悪くするばかりです。*2010年9月2日「官僚に屈した菅直人首相は国を悪くするばかり。」をご覧ください。官僚は今まであなたに何をしてくれましたか?文部科学省は?農林省は?厚生労働省 ... » more

菅直人首相は「今の日本が縦割りの『霞が関』の中で、やるべきことがやれていない。日本の行政の在り方、政治の在り方を根本から変えていくことがわたしに課せられた使命だ」と言う。ちゃんちゃらおかしい。官僚に屈した菅直人首相には、そんな「使命」は ... » more

134年前の今日、香川県はどの県と合併したの? ●●●●●★歴史★●問題:平成の大合併という言葉があります。推進している日本国政府の意図としては、自治体の数を減らしたいらしい。ひとつひとつの自治体が大きくなれば、財政力を強化できるそうです。クルマ社会で生活圏が広域化しているとのこと。 ... » more

明治維新の立て役者・勝海舟の曾孫が、財務省の新事務次官に決定した。 一度は消えかけた昇格が、総理の交代で再浮上するという復活劇だった。 新事務次官に決まったのは主計局長だった勝栄二郎氏(60歳)。同氏は東大法学部から75年に旧大 ... » more
テーマ 歴史 勝海舟の曾孫 明治維新

官僚がマスコミを使って、長妻厚労相をつぶそうとしています。(昨日7月30日の「また官僚のマスコミ操作が。被害者は長妻厚労相。」もご覧ください。)官僚が長妻昭厚労相に「おごりを感じている」とは、官僚が、「絶対権力者は我々だ!我 ... » more

西郷隆盛読者へ
前回の記事「やまとごころ」(その壱)の内容を受けて、いよいよ明日にさし迫った参院選挙について書きたい。このブログではずっと民主党の持つ危険性に付いて指摘してきたから、民主党に投票する読者の方はおられないと思う。民主党は間近に接近 ... » more

西郷隆盛やまとごころ (その壱)
大和魂、和心と聞いて身構えてしまう方には、そんな必要はない、と言っておきたい。「やまと魂」を「ますらをの、をゝしくつよき、高く直き、こころ」としたのは江戸期の国学者賀茂真淵であったが、これは彼の思想が強く反映した定義であって、古来そ ... » more

吉田松陰は、井伊直弼が大老に就任し、幕政改革派や尊皇攘夷派の志士の弾圧に乗り出すと、理性によって突き詰めていった結果、この閉塞した状況を破るには狂の精神によるしかないと達観した。この間の彼の言動には、まさに狂的な自己衝迫に駆られたものを ... » more

日本の首相が短命の理由 - - - それは官僚が 現代日本の官僚とは、国民の生き血を吸う寄生虫集団です。それらは、国のために仕事をするのではなく、自分の老後の生活を守る目的だけで「仕事」をしているのです。国のためはもちろん、国民のために何もしません。それらは自分のためだけに「仕事」をし ... » more

岩倉具視は、連綿として続く万世一系の皇室を根源とする、万国に冠絶した純正淳朴の美政、礼楽征伐が、日本本来のあり方であり、古代からの理想であることを述べた上で、中葉以降の武家政治のあり方を批判した。これは、慶応三年十月当時、統治能力を欠い ... » more

手造りの旅情報再び、鹿児島へ
再び、鹿児島へ 平成21年10月13日(火)晴れ奄美大島からの帰りの船は8時に鹿児島新港へ着く。12:48発の九州新幹線で帰宅の途へつくため、時間が惜しい。新港からタクシーを飛ばし鹿児島中央駅に戻る。そこから途中乗り降り自由の定期観光バス「シティビュー ... » more

「天皇の世紀(1)」大佛次郎 文春文庫 明治百年、といっても、それからまた四十年近くの歳月が経っているわけだが。明治維新というのを、どう評価するのか、〈革命〉なのか、〈改革〉なのか、いや、もっと大雑把にいって、それが(歴史にとって)〈善〉なのか、〈必要悪…必然悪?〉なのか ... » more

詩楽の伝統から維新へ (その二) 話を宝暦事件に戻そう。竹内式部は先の孔子の言葉を引いて、幕府もそろそろ十世だから(徳川幕府は、諸侯中の大なるものであり、盟主である)、秩序が失われる、だから、朝廷に礼楽征伐を主宰出来るように、主な権力を奉還すべし、という趣旨のことを説い ... » more

西郷隆盛軍艦行進曲 (軍艦マーチ)
戦後生まれにとって、この歌はパチンコ屋でかかっているか、反戦左翼によって、軍国主義の象徴のように刷り込まれてしまっているが、彼らによってべったりとつけられた手垢を拭い去って、素直に耳を傾けてみれば、とても元気が湧いてくる曲想であるこ ... » more

西郷隆盛建国記念日(紀元節)
紀元節の歌1893(明治26)年−官報3037号付録作詞高崎正風作曲伊沢修二 一 雲に聳(そび)ゆる高千穂の高根おろしに草も木もなびきふしけん大御世(おおみよ)を仰ぐ今日こそた ... » more

二月二日、東京日比谷公会堂で行われた「頑張れ日本!全国行動委員会」。当日、東京は今冬初めてまとまった雪が降り、日比谷公園は、一面白い雪で覆われた。決起には雪ほどふさわしい光景はない。受けた侮辱を、屈辱を晴らすことを雪辱という ... » more
テーマ 大東亜戦争 明治維新 草莽崛起

この記事は、毎月3日に載せる記事です。(08年11月からの変更はありません。)明治維新以後の日本の歴史と、ロシア革命以後のロシア(Russia)の歴史とは、ソビエト連邦帝国(the Empire of the Union of So ... » more

今、私たちの生まれ育った日本は危機に陥っている。経済は疲弊し、人心は荒れ果て、偽善と金権腐敗が政権中枢にはびこり、他国に屈従して、恥じない政治家たちが国家権力を握り、亡国への道を歩んでいる。わずかに頼むに足る政治家は少数派として圧迫され ... » more
テーマ 小沢一郎 明治維新 草莽崛起

この記事は毎月1日に載せる目次です。(09年3月からの変更はありません。)今の日本を変えることができるのは、坂本龍馬が抱いた、高潔で高邁(こうまい)な理想だけです。彼を生き返らせることはできません。できることは、人々が彼の怨霊の存在 ... » more

アラ古希日記読書日記「清水次郎長」
読書日記「清水次郎長」 ぼくは、勝新太郎の「座頭市シリーズ」をよく観たこともあり、「博徒の世界って、本当はどうだったのかな?」と、本書を読み始めました。この本の前半は、まさに「座頭市的世界」ですが、後半に入ると、明治維新の裏面史みたいになり、史料的にも急に面白くな ... » more

前回、小沢氏と、南洲翁はもちろん、大久保甲東を比較することにさえあまり意味はない、と言ったが訂正しておきたい。これらの人物と小沢氏を比較することは、その格の違いを、その人物の小ささを認識する上で、この政治状況下ではむしろ有益である、と。 ... » more
テーマ 小沢一郎 西郷隆盛(南洲) 明治維新

小沢一郎氏のウェブサイトを開くと、次のようなことが書かれている。「若い頃から歴史に興味があり、幕末から明治維新にかけての色々な書物を読んだが、なかでも維新の功労者、西郷隆盛の「敬天愛人」「至誠通天」という言葉が好きだ ... » more

西郷隆盛草莽崛起
老いてますます盛んな保守思想家にして史家の西尾幹二氏のブログに次の記事を見つけた。「タブー無き議論」というこのことに異和感ないし抵抗を示す保守派の人々が今も相変わらず多数いるように聞いている。しかし、日本再生のために今こそ明治維新の ... » more
テーマ 西郷隆盛(南洲) 明治維新 日本文化チャンネル桜  コメント(1)

 

最終更新日: 2017/12/10 18:50

「明治維新」のブログ関連商品

» 「明治維新」のブログレビュー をもっと探す

「明治維新」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る