誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治維新

明治維新

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治維新」のブログを一覧表示!「明治維新」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治維新」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治維新」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

■ 日本を今一度せんたく致し申し候 ■〜龍馬の11月15日 〜 11月15日は、坂本龍馬がこの世に生を受けた日であり、同時に33歳でその命を絶たれた日でもある。明治維新に繋がる大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺されたことはご承知のとおり。明治維新は、 ... » more
テーマ 坂本龍馬 明治維新 働く者の責任

西郷隆盛絶望の果てのかすかな希望
絶望の果てのかすかな希望 以下の討論番組を見て感じた事を書いておくことにする。 『日本よ、今・・・闘論!倒論!討論!2011』 表現者スペシャル「戦後保守の意味を問う」[桜H23/10/15] @http://www.youtube.co ... » more
テーマ 明治維新 論語 保守思想  トラックバック(1)

ヤジ馬の日本史「時代の転換」その儀式
授業で学んだ歴史の「江戸時代」について、みなさんはどんな印象をお持ちだったろうか?訊ねてみると、封建制・士農工商・鎖国・飢饉などの言葉から、結構「薄暗い社会」をイメージしていた人も少なくないようで、現に私もその一人だった。 ... » more

西郷隆盛中国 二歳児ひき逃げ事件
中国からの移民が増え続ける日本。これら中国人と付き合って行くには、その民族性を知っておく必要がある。日本人とは全く違う世界観に生きている人々であることは、常識として知っておかなければならないだろう。(記事転載開始)中 ... » more

西郷隆盛正心誠意
野田佳彦首相が所信表明演説で使用した「正心誠意」という四字熟語について、シナ哲学の泰斗・加地伸行氏が次のように書いている。(記事転載開始)産経新聞2011/09/30 【正論】立命館大学教授・加地伸行「正心誠意」 ... » more
テーマ 野田佳彦総理 明治維新 勝海舟

「サイコパス」とは、異常人格の粗暴な暴力犯罪者だけを言うのではありません。『診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち』ロバート・D. ヘア(著), Robert D. Hare (原著), 小林 宏明 (翻訳) 単行本: ... » more

菅直人がやっていることはすべて、日本国民に対するテロです。菅直人がサイコパスであると気づいている人はごく少数。日本人はみんな極楽トンボです。日本の政治家は、極端な話、菅直人が諸外国に対して戦争を始めても止めることができないのでしょう ... » more

第36回 京の夏の旅 文化財特別公開 木戸孝允旧邸・達磨堂へ ヴォーリズ設計の駒井家のあと、木戸孝允旧邸・達磨堂へ行きました。木戸孝允は、勤王の志士・桂小五郎として知られ、昨年の龍馬伝では谷原章介さんが演じてました。桂小五郎のちの木戸孝允の旧邸跡で、現在は2階建ての建物と達磨堂のみが残っていま ... » more
テーマ 木戸孝允 明治維新 京の夏の旅  コメント(4)

(『「人間以下」菅直人のことがよくわかる本。』の続き。)東日本大震災直後から、「大勢の救助隊を向かわせ、一人でも多くの被災者の命を救いたい」とか、「一人でも多くの被災者を、一刻も早く今の極度に困難な状況から助けたい」とか ... » more

『診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち』ロバート・D. ヘア(著), Robert D. Hare (原著), 小林 宏明 (翻訳) 単行本: 314ページ 出版社: 早川書房 (2000/08) 菅直人の ... » more

『良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖』マーサ スタウト (著), Martha Stout (原著), 木村 博江 (翻訳) 単行本: 254ページ 出版社: 草思社 (2006/01) 菅直人のすべてが書いて ... » more

菅直人が総理大臣であることによって、大震災発生時の救助の遅れのために、どれだけ多くの人達が苦しみ、どれだけ多くの人達が凍死したか。東日本大震災発生後に動いて、被災者が感謝した多くの救援は、普通の災害発生時に発動する救援態勢が普通に発動さ ... » more

外国映画によくあります。「人間のクズ」を、主人公が温情で見逃してやった。ところが「人間のクズ」はすきを突いて、主人公を撃ち殺す。卑劣極まりません。菅直人はまさすそれです。卑劣極まりません。しかし、菅直人は「人間のクズ」ではあ ... » more

生麦事件碑の前で英国商人リチャードソンと松方正義の運不運を想う キリンビール横浜工場の見学をしたと先のブログ記事「生ビールは缶入りもレストランのサーバーからジョッキに注がれるものも全く同じと初めて知る」に書きました。京急本線「生麦駅」で降りてキリンビール横浜工場に歩いて向いながら生麦事件発祥地がどこか近 ... » more
テーマ 松方正義 明治維新 生麦事件

読書日記「誰が小沢一郎を殺すのか?」カレル・ヴァン・ウオルフレン著 読書日記「誰が小沢一郎を殺すのか?」カレル・ヴァン・ウオルフレン著この本のタイトルは、かなりショッキングな響きを持つ。が、これは勿論、誰かが拳銃を撃つ、という意味ではない。著者は「人物破壊」(キャラクター・アサシネーション)という意味で、こ ... » more

原発避難者へ「給付金」を配分しなければならないのは、当然です。それは可及的速やかにしなければなりませんでした。それなのに、無能首相菅直人はいまだにやっていません。しかし、原発避難者への「義援金」配分は、やってはならないはずです。 ... » more

『大東亜戦争は、アメリカが悪い』の著者・鈴木敏明氏は日本の再生に執念を燃やす、先輩にして同志の「えんだんじ(炎男爺)」である。そんじょそこらの壮年、青年よりよほど熱い。「えんだんじ」先生は一九三八年生まれの外資系の定年サラリーマ ... » more

私の友人の、東北地方の医師から次のようなメールをもらいました。「被災者から医療費をむしり取る菅直人政権と官僚この大震災に関して、厚生労働省は、震災で一定の被害を受けた『該当する者』についての医療費について、『5月末日まで ... » more

今回の東北大地震、そして、これが引き起こした大津波による被害と福島第一原子力発電所における炉心溶融の問題は、日本人の意識に深刻な影響を与えているようである。様々な言論の中に、日本人が忘れかけていた歴史の記憶や先人から受け継いできた感 ... » more

無能菅直人とその取り巻きの連中を絶対に許さない。無能菅直人とその取り巻きの連中が一夜にしていなくなっても、国民は喜びこそすれ、誰も悲しまない。官僚が一夜にしていなくなっても、誰も困らない。みんな喜ぶ。書類さえ残っていれば。無能菅 ... » more

私は無能菅直人とその取り巻きの連中を絶対に許さない。無能菅直人とその取り巻きの連中を百裂きにしても飽き足らない。-------------------------------------------------日本の官僚 ... » more

私は、そうは思いません。無能菅直人は、無能だから、なすすべを知らなかっただけだったと思っています。-------------------------------------------------日本の官僚はひとり残らず入れ ... » more

クズ菅直人を潰せるのは、国民だけです。国民よ、これ以上の犠牲者を出さないために、菅に国民が潰されないために、目を覚ませ!人間のクズ菅直人潰しに立ち上がれ!小沢一郎の助けが必要です。 菅直人は死刑に値します ... » more

無能菅直人は、無能を超えて、もう、人ではない。被災民は、「人殺し!今頃何しに来たんだ!」と罵倒して、人非人無能菅直人に石をぶつけて追い返せ!---------------------------------------- ... » more

私の友人、白虎隊の池上新太郎さんは、「バカ菅(菅直人首相)が総理の座に居座り続ければ、死ななくていい、助かった地震被災者が毎日毎日百人単位で死んで行く。」と言っています。それは違うと私は考えます。考えが甘い。私は、「アホ菅( ... » more

明治維新の大政奉還を導いた原型は1866年3月に英国人アーネスト・サトウが寄稿した「英国策論」!? アーネスト・サトウの回想録「一外交官の見た明治維新」の中で 私が特に興味深く思った点を過去記事(赤字部分をクリック)に紹介しました。この回想録にはアーネスト・サトウが1866年3月にジャパンタイムズに寄稿した「英国策論」についての記述もあり ... » more
テーマ アーネスト・サトウ 明治維新 大政奉還

私の友人、白虎隊の池上新太郎さんからのメッセージです。「日本国民よ、いかれ!!!一揆を起こして永田町を襲え!!!バカ菅が総理の座に居座り続ければ、死ななくていい、助かった地震被災者が毎日毎日百人単位で死んで行く。小天使み ... » more

西郷隆盛平成二十三年、一年の計 H
南洲翁の漢詩に「貧居傑士を生ず」という一節がある。一貫す唯唯(いい)の諾(だく)、従来鉄石の肝、貧居傑士を生じ、勲業多難に顕わる。雪に耐えて梅花麗しく、霜を経て楓葉丹(あか)し。如 ... » more
テーマ 西郷隆盛(南洲) 明治維新 一年の計

アーネスト・サトウの回想録「一外交官の見た明治維新」を読み幕末の日本を知る アーネスト・サトウ著「一外交官の見た明治維新」(岩波文庫1960年初版)が面白いというので読んでみました。アーネスト・サトウ(1843〜1929年)はイギリス人の通訳官および外交官として日本に累計で約25年間滞在しておりこの本は最初に滞在し ... » more
テーマ アーネスト・サトウ 明治維新 日本史

西郷隆盛TPPと西郷南洲翁の遺訓
前回、TPPと西郷南洲翁の遺訓を絡めて論じたが、これを補足する遺訓を紹介しておきたい。これは明治三年十二月に、同じ薩摩人の坂元純熙(すみひろ)が各藩の状況視察への出発に際し、その目的を書いて渡した物である。明治三年十二月といえば ... » more
テーマ 西郷隆盛(南洲) 明治維新 TPP

 

最終更新日: 2016/12/03 07:06

「明治維新」のブログ関連商品

» 「明治維新」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る