誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治維新

明治維新

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治維新」のブログを一覧表示!「明治維新」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治維新」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治維新」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

西郷隆盛西郷隆盛の命日 (その弐)
二年前の西郷南洲翁の命日には、昨今の日本を取り巻く東アジア情勢を考える上で、非常に重要な、ある事件が起きている。尖閣諸島沖で、日本の海上保安庁巡視船に体当たりして、逮捕されていた船員達が、処分保留として釈放されるとの発表がなされたのだ。 ... » more
テーマ 明治維新 中国 西郷隆盛(南洲)

日本史の「迷宮入り」04 半世紀将軍の子づくり 総理大臣が一年任期?の現代日本ではちょっと驚きの史実になりますが、人生五十年と言われた時代になんと「任期五十年」をまっとうした将軍がいます。(在位:1787年−1837年)江戸幕府第11代・徳川家斉(いえなり)がその人です。 ... » more
テーマ 徳川家斉 明治維新 大奥  トラックバック(1)

西郷隆盛西郷隆盛の命日
西郷隆盛の命日 本日九月二十四日は西郷南洲翁が鹿児島・城山で斃れた日である。明治十年(一八七七)のことである。維新最大の功臣・西郷隆盛はなぜ決起し、なぜあそこまで戦わなければならなかったのか。その意義を問うことは、厳しい国際情勢を生き抜いて ... » more
テーマ 大東亜戦争 明治維新 西郷隆盛(南洲)

東横イン NHK受信料不払い 被訴訟 担当弁護士 殿NHK(日本放送協会)という存在は違法です。放送法第三章 第一節 通則は、現在のNHKのあり方は想定していません。放送法第三章 第一節 通則は、NHK(日本放送協会)自 ... » more

西郷隆盛「和」の伝統 … 勝海舟 B
慶応三年三月。勝海舟が江戸に殺到しようとしている官軍の参謀諸君、なかんづく西郷南洲翁に宛てた有名な書簡は、道義に則った処置を官軍に要求する内容だと言える。文書は次の言葉で始まる。「無偏無党、王道堂々たり。」 ... » more
テーマ 明治維新 伝統 西郷隆盛(南洲)  トラックバック(1)

明治十年の西郷南洲翁の決起は天皇の心を大きく動かした。それは当面、政府に対する不信感に基づく政務拒否という態度になって現れた。この状態を憂いた大久保利通、伊藤博文は、君徳育成のための侍補制度を作った。これが、薩軍が延岡に追い詰められて、 ... » more
テーマ 明治天皇 明治維新 西郷隆盛(南洲)

西南戦争という、西郷南洲翁の決起が天下の人心を動かしたという点で何よりも興味深いのが、彼らと政治的だけでなく軍事的にも対立している政府の私するところとなっている、明治天皇の心をも動かしたらしいことである。それは明確に意識化され、行動化さ ... » more
テーマ 明治天皇 明治維新 西郷隆盛(南洲)

西郷隆盛徳富蘇峰の語る明治天皇
明治天皇は井上毅の語る所によれば、まことに理想的の立憲君主であった。天皇の天職以外には何ら欲望も嗜好もあらせられず、しかもよく衆言を採択あらせられ、深く慮り、審らかに考え、一旦宸断せられたる上は、いかなる困難あるも断乎として動き給わず、ただ ... » more

西郷隆盛「和」の伝統 … 勝海舟 A
西郷南洲翁は勝の書簡を諸隊長に示して激怒して見せたという。 これは官軍の士気を鼓舞するための演技だったとする見方もあるが、それは違う。これは本心からの激怒であった。なぜなら、皇政復古討幕派は慶喜の、延いては幕府の上方における行為に心 ... » more
テーマ 保守 明治維新 西郷隆盛(南洲)

西郷隆盛「和」の伝統 … 勝海舟 @
野田現首相が就任時の所信表明演説で強調した「正心誠意」という言葉は、『氷川清話』にある勝海舟の言葉から取ったのだと言われている。その首相が「正心誠意」取り組んでいるのが、財務省が進める消費税の増税だ。その財務省にあって、消費税増税を ... » more
テーマ 保守 明治維新 西郷隆盛(南洲)

「えんだんじ」氏によると、育鵬社歴史教科書盗作問題に関して、「新しい歴史教科書をつくる会」総会で、会員の意見は、盗作を公表して問題解決を図る意見と穏便に済ます意見に分かれたが、前者の意見が多数を占めた。そこで会首脳部は、前者の意見を採り、ま ... » more

西郷隆盛「維新」という言葉
小林秀雄が前回紹介した「文学者の提携について」というエッセイの中で、言葉のインフレーションという面白いことを言っている。今日は文化といふ言葉が非常に流行してゐるが、これは勿論昔の武化に対する文化という意味で使はれた意味での文化で ... » more
テーマ 保守 明治維新 西郷隆盛(南洲)

日本史の「忘れ物」07UFOの訪日と攘夷論 〜突然のことですが、たった今巨大なUFOが名古屋の上空に姿を現しました。偵察の結果、UFOは武装している模様であり、時折垣間見られる乗組員の風体はまことに「異様・常識はずれ」としか言いようのないモノであることが確認されています。 ... » more
テーマ 明治維新 オーソン・ウェルズ 攘夷論  コメント(2) トラックバック(2)

この記事は毎月4日に載せる目次です。(08年10月からの変更はありません。) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 日本語英語 カンリョウ(日本の)官僚Japanese Parasi ... » more

この記事は、毎月3日に載せる記事です。(2009年11月からの変更はありません。) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 明治維新以後の日本の歴史と、ロシア革命以後のロシア(Rus ... » more

この記事は毎月2日に載せる当ブログの結論です。(2009年3月から変更ありません。)日本の官僚内閣制という極めて異常な政治制度がどのようにして生まれたか、なぜそれが悪なのか、を解明した唯一のページです。) - - - - - - ... » more

この記事は毎月1日に載せる目次です。(09年3月からの変更はありません。) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 今の日本を変えることができるのは、坂本龍馬が抱いた、高潔で高邁(こう ... » more

心療内科という科目をしていると、常識とかけ離れた人との出会いがあります。それを嫌がっていると私のような職はいらないということになると思い、決してそうは思わぬようにしています。2−3年前から本当に嫌な患者様がおられました。でもいろいろ ... » more
テーマ 心療内科 明治維新 パフォーマンス人格障害  コメント(1) トラックバック(1)

日本史の「女性」04歌舞伎女優の落胆 男装した女性役者が大変な人気を集めたというのですから、まあ、現在の「宝塚歌劇」みたいな舞台だったのかもしれません。これが「歌舞伎」の始まりとされ、「出雲阿国(いずものおくに)」が、その創始者と言われています。1600年前 ... » more
テーマ 歌舞伎 明治維新 出雲阿国  トラックバック(2)

心療内科医のまごころトーク明治維新
明治維新 明治維新が日本にとって社会という観点から見て、なんであったかということを考えれば、今の日本が考えやすくなると思い、メスをいれたいと思います。 まず江戸時代とはどういう時代であったかというと、これと言った戦争もない平和が続いた時代 ... » more
テーマ 明治維新 原発事故 日本人の意識改革

ど足立荒人著、松菊余影
足立荒人著、松菊余影 山口のマツノ書店が復刻した木戸孝允の話。明治30年の刊行。声を出して読むと著者の心が伝わってくるきがした。 ... » more

明治維新の謎 先日ふとしたことから一枚の写真をめにしました。フルベッキという人物を囲んでの集合写真。この写真を題材にした一冊の本を思い出し再び読みふけりました。加治将一著「幕末維新の暗号」明治天皇はすり返られたのか?また吉野神社の ... » more
テーマ 読書 明治維新

南洲翁が「はじめから軍事的勝利を計算にいれていない」という第二の点についてコメントさせていただきます。確かに南洲翁は鹿児島県令の大山綱良に「一つ条理に斃れ候」と書いていて、勝敗を度外視していたようなところがあります。これは、不正は政 ... » more
テーマ 西南戦争 明治維新 西郷隆盛(南洲)

史料C私学校が上京の準備に取り掛かっているらしいことを密偵からの情報で知った大久保利通は、これを政府に対する挙兵の準備と受け取ってしまったのです。大久保は早くから私学校を眼の敵にしていました。大久保は私学校暴発を前提に準備を進め ... » more
テーマ 西南戦争 明治維新 西郷隆盛(南洲)

史料B鹿児島に鎮まっていた南洲翁は、政府の砲艦外交を道義的には恥ずべき外交としながら、朝鮮が開国した以上は、大陸政策着手の機会はまだ先と考え、私学校などで後進の育成に力を注いでいましたが、明治十年一月中旬になって、再びロシア・ト ... » more
テーマ 西南戦争 明治維新 西郷隆盛(南洲)

史料@「大使派遣論の趣旨」そもそも西南戦争の遠因は、明治六年のいわゆる征韓論破裂にあります。南洲翁は自らの大使派遣論に固執したわけですが、これには理由があります。自らが勅使となって赴くことについて、これは推論になりますが、当 ... » more
テーマ 征韓論 明治維新 西郷隆盛(南洲)  コメント(2)

宮崎正弘氏のメルマガ『宮崎正弘の国際ニュース・早読み』に連載中の「正気を失った日本」第四回目に西郷南洲翁が取り上げられたので、転載させていただく。(記事転載開始)『西郷隆盛は思想である』(「平成24(2012)年1月 ... » more
テーマ 明治維新 国際政治 西郷隆盛(南洲)

西郷隆盛動乱の時代の幕開け
以下は昭和二十一年一月一日、すなわち終戦後初めて迎える正月元旦に発せられた、いわゆる「新日本建設に関する詔書」全文。いわゆる「人間宣言」でもあるが、これがその意を反映していないことは次のことで明らかだ。昭和天皇は後に、記者団の質 ... » more

平成二十三年、今上陛下、御誕生日に際しての御感想(宮内庁ホームページより)http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokanso-h23e.html日本の天長節を祝うと ... » more
テーマ 大東亜戦争 明治維新 天皇誕生日・天長節

西郷隆盛王政復古の大号令
本日十二月九日は、記念すべき、王政復古の大号令が煥発された日付である。慶応三年十二月九日、王政復古の大号令は煥発された。もっとも、これは太陰暦によるもので、現在使用されている太陽暦に直せば、年が明けた正月三日ということになる。この政 ... » more
テーマ 明治維新 小林秀雄 西郷隆盛(南洲)

 

最終更新日: 2016/12/03 07:06

「明治維新」のブログ関連商品

» 「明治維新」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る