誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宝石

宝石

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宝石」のブログを一覧表示!「宝石」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宝石」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宝石」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

宝石の流通システムは、とても複雑です。製造業者、卸業者、小売業者などの区別が曖昧である事。ブローカーの存在もあり、委託販売システムが多い事も複雑さの要因です。それが同じような品質や商品であったとしても、店によって値段 ... » more
テーマ 価値 宝石 市場

結婚式の場合、華やかな式典なのですから、なにも決まりはなく、ゴージャスに着飾るといいのかもしれません。けれど結婚式の主役は花嫁です。招待されたほうは、この日ばかりは花嫁の引き立て役にまわって、自己主張の強すぎない、そんな装い ... » more
テーマ 歴史 宝石

リング1つにしても、色々な宝石があり品質も様々です。どの宝石の、色、品質のものを選ぶのか、色々迷ってしまうものです。そんな時は、まず目的です。華やかなパーティ用、毎日つけて楽しみたいもの、カジュアルなもの、婚約指 ... » more
テーマ 価値 宝石

台湾ひすいという売り名の類似石は、人工処理が施されていたものだったりします。台湾ひすいとは、ネフライという石で安価な石で置き物などに多く利用されます。それが台湾ひすいという誤った名前で売られたりします。この誤称の事を ... » more
テーマ 宝石 市場

結婚式というはなやかな式典のなかで、欠かせないのが結婚指輪の交換です。この結婚指輪には、甲丸リングとよばれるプラチナリングが選ばれる場合が多いようです。けれど最近では、プラチナとゴールドのコンビになったもの、いろいろな模様が ... » more

宝石の流通システムは、とても複雑です。製造業者、卸業者、小売業者などの区別が曖昧である事。ブローカーの存在もあり、委託販売システムが多い事も複雑さの要因です。それが同じような品質や商品であったとしても、店によって ... » more
テーマ 価値 宝石 市場

結婚式の場合、華やかな式典なのですから、なにも決まりはなく、ゴージャスに着飾るといいのかもしれません。けれど結婚式の主役は花嫁です。招待されたほうは、この日ばかりは花嫁の引き立て役にまわって、自己主張の強すぎない、そんな装い ... » more
テーマ 歴史 宝石

リング1つにしても、色々な宝石があり品質も様々です。どの宝石の、色、品質のものを選ぶのか、色々迷ってしまうものです。そんな時は、まず目的です。華やかなパーティ用、毎日つけて楽しみたいもの、カジュアルなもの、婚約指輪や ... » more
テーマ 価値 宝石

エメラルドは、元々キズの非常に多い宝石です。「キズのないエメラルドなんてない、欠点のない人間がいないように」と云われる程です。ここで云うキズとは、石の内部のキズの事です。その内部のキズとは、宝石が成長していく際に取り ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

真珠のつやがなくなる理由は、真珠は硬度の低い宝石だからです。何も手入れをせずにいると、空気中のほこりで無数のキズがついていきます。普段の手入れが大事な宝石です。ほこりに対しては、他の宝石以上に神経質になる必要がありま ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

ジュエリーには、金やプラチナ、銀などの貴金属が使われます。これらは非常にやわらかく、爪でキズがつく程です。これでは宝飾品としては耐えられないので、他の金属を混ぜ合わせて強さを補強します。K18とは、24分の18が ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

宝石の原石は、カットされ研磨されたのちの輪入されます。この時点で、宝石そのものの美しさは引き出されています。そして宝石を宝飾品に変える作業です。指輪かネックレスか、どんなデサインがいのか。大切な作業です。やり ... » more
テーマ 価値 宝石

宝石は美しく、耐久性に優れ、稀少価値のあるものです。けれど宝石はそれぞれの弱点を持ち合わせています。割れやすい、キズつきやすい、熱や乾燥に弱いといったようにです。個々の宝石の弱点を知り取扱いに配慮する事が大切です。 ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

張り合わせ石とは、二つか三つの石を組み合わた石の事です。二つの石を組み合わせをダブレット、三つの石を組み合わせをトリプレットと云います。ダブレットが主流ですが、色々なタイプの組合せがあり、上にオパール、下にもオパールを張り合 ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

シンセティック・ストーンとは合成石の事です。合成石は天然石と同じ化学組成と結晶構造をもち、人工的につくられたという事だけ違っています。宝石の条件とは、美しさ、耐久性、稀少性です。大量生産できるから、稀少性という点で、 ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

それぞれの宝石は、固有の化学的・物理的性質を持ちます。鑑別の際には、それらが識別の拠り所となります。鑑別の実際においては、さまざまな器具を用いた科学的方法により、それを知る訳です。例えば屈折計という器具を使って、その宝石の屈 ... » more
テーマ 宝石 性質

宝石の鑑別と鑑定では、その目的もちがえば方法もちがいます。鑑別とは、その宝石の持つ化学的・物理的性質を検査することによって、種類は何であるのか、 天然石なのかどうか、人工的な処理はされているかどうか、を識別する事です。大雑把 ... » more
テーマ 宝石 性質 ダイヤモンド

エメラルドには、大抵、エメラルド・カットが施されます。エメラルドは割れやすい宝石なので、平たい長方形の、四隅が切り取られたカットは、衝撃の強さを和らげ、エメラルドの割れやすいという弱点を、ある程度カバーしています。また、割れ ... » more
テーマ 宝石 性質 ダイヤモンド

宝石のカットは、それぞれの宝石が本来もつ性質を充分考え、宝石の第一条件である美しさというものを、最大限に引き出すようなかたちでなされます。なので全てにおいて好ましいカットなんてありません。けれど、ダイヤモンドに相応しいカ ... » more
テーマ 宝石 性質 ダイヤモンド

宝石の、ひっかき傷に対する抵抗力を測るものさしとしてモースの硬度計と呼ばれるものがあります。これは器具ではなく、表です。モースという鉱物学者の考案したものです。硬度10のダイヤモンドが傷に対していちばん強い抵抗力をも ... » more
テーマ 宝石 性質 ダイヤモンド

宝石とは、まず、美しいものです。美しくなければ宝石ではありません。美しさは、もっとも基本的な、絶対的な宝石の条件です。人間は、古来から、宝石を神秘的なものとして捉え、畏怖の念をもって接し続けてきましたが、それは宝石の ... » more
テーマ 宝石

カラットとは、宝石の質量単位、または金の純度を示す単位である。現在は、1カラット=0.2グラムと規定されている。分量単位としてポイントがあり、1カラット=100ポイントとなっている。カラットは国際単位系の単位ではなく ... » more
テーマ 宝石 性質

合成宝石(人工宝石)とは天然宝石と同一の成分から科学的に作り出された宝石。天然宝石と化学成分・物理特性・内部構造が同じである。合成手法により原価が大きく異なるので価格も変わり、合成されたものは組成や結晶構造は全く同じにもかか ... » more
テーマ 価値 宝石

天然宝石に外観の改良・改変・処理が加えられた石の事を処理宝石と言う。天然宝石に含められることが多い。宝石店で宝石として指輪やネックレスのトップに加工され、天然を謳っているものはたいていこの類で、身を飾る目的には合致するが資産価値 ... » more
テーマ 価値 金・貴金属 宝石

カットや研磨を除き、人の手が加わっていない宝石の事を天然宝石と言う。古くから王侯貴族が所有し、王冠などに取り付けられている石、博物館などに収蔵されているものが多く、特に大きな石についてはホープダイヤモンドといった固有名が付けられる。 ... » more
テーマ 価値 宝石

産業での用途として、人造のサファイアは、高い硬度から腕時計の風防や軸受け、レコード針などに用いられる。また、絶縁性がよく、熱伝導率もよいため、半導体の基板として利用されることもある。また、宝飾品市場に供給されているルビー・サ ... » more
テーマ 宝石 性質

ルビーの濃赤色や、サファイアのメインカラーである濃紺〜青紫色以外のものは、ファンシーカラーサファイアと呼ばれる。ファンシーカラーサファイアのなかでも、ピンクがかったオレンジ色をしたものを特に「パパラチア(蓮の花のつぼみの色の意)」と ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

サファイアは酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物で鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれる赤鉄鉱グループに属する。宝石としての価値があり、かつ色が赤でないものをいう。不純物の違いで濃赤色を呈するものはルビーとなるが「青玉(蒼玉)」という和名 ... » more
テーマ 価値 宝石

ルビーの歴史は古代に遡る。ギリシアでは「アンスラックス」と呼ばれていたまた、インドでも古くからルビーがあったようだ。ルビーという名前が使用されだしたのは中世からである。しかし、ダイヤモンドやエメラルド・サファイア ... » more
テーマ 歴史 宝石

赤鉄鉱グループの中で赤色を示すものをルビーと呼び、透明なものから不透明なものまで存在する。当然、透明感が高く、不純物やキズなどの少ない物が高価である。赤鉄鉱は不純物の違いで色が変わる。不純物としてクロムが1%混入 ... » more
テーマ 価値 宝石 性質

 

最終更新日: 2016/11/30 09:21

「宝石」のブログ関連商品

» 「宝石」のブログレビュー をもっと探す

「宝石」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る