誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西洋史

西洋史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西洋史」のブログを一覧表示!「西洋史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西洋史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西洋史」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

 ロシアの歴史 上 古代から19世紀前半まで―ロシア中学校・高校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ 再びリポートに使った資料の紹介です。これは世界の教科書シリーズで、ロシアの中学生や高校生が使ってる〜というのがウリの資料です。ありがたいのは、分かりやすい言葉で書かれていることでしょうか。優しい言葉で書かれてはいますが、歴史の流れは ... » more
テーマ 西洋史

図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本) 同じくロシア史Tのリポートに使った資料です。ロシア史全体の図解ではありますが、著者の栗生沢先生の専門がちちょうどモスクワ国家のあたりなんで、図解ながらもすごく参考になります。図解やのに、リポートに引用してもええんやろうかとも思ったん ... » more
テーマ 西洋史

ロシア史〈1〉9〜17世紀 (世界歴史大系) やっとロシア史のレポートが書き終わりました。1設題なのにずいぶん時間がかかってもうた〜。時間が掛かったと言えば、何年前から始めたかすっかり忘れていた「中国現代史」が、つい先日ようやく合格しました。評価はCでしたが、ええんです。成績悪 ... » more
テーマ 西洋史

史学☆めもロシア史 (新版 世界各国史)
ロシア史 (新版 世界各国史) 毎度おなじみ、山川さんの世界各国史シリーズです。「ロシア史T」のリポート用に借りてきた本であります。こちらも「はよ、返せ!」と、次の人に言われているので、急いで読んでいるところです。こちらは、前回の資料とは違って安心してくだ ... » more
テーマ 西洋史

ロシア・ロマノフ王朝の大地 (興亡の世界史) 「ロシア史T」のリポートに使う資料です。なんか、他の人がこの本を予約したとかで、早く返せと催促がきましたので、急いで読んでいたところです。ホント言うと、「ロシア史T」は取るつもりはなかったんですが、冬スクの情報の事業の予備登録をする ... » more
テーマ 西洋史

ロシア史〈2〉 18〜19世紀 (世界歴史大系) ロシア史Uのレポートで大活躍した資料です。あ、レポートの再提出時にはもっと大活躍しましたけどね。1905年以降の改革期について、かなりのページを割いています。結局、レポートで一番使えたのが、別記事にも書いた加納先生の『ロシア帝国の民 ... » more
テーマ 西洋史

 ロシアの歴史 下 19世紀後半から現代まで―ロシア中学・高校歴史教科書― ロシア史Uで突っ返されたレポートを書き直して早や……何ヶ月だったっけ?まあ、修正するのにかなりの時間を要しました。レポートが返ってきた時には、え〜もう1回書くのぉ〜テストで合格してるのにぃ〜なんて思っていましたが、先生の ... » more
テーマ 西洋史

 近代ロシア農村の社会経済史―ストルィピン農業改革期の土地利用・土地所有・協同組合 ロシア史のレポート(再提出用)を書くのに借りて来た本です。まだ、使うか使わないか分かりませんが、いったん返却しないとならなくなったので、メモ的に。単修試験の方が先に受かったので、あとレポートが合格したら2単位ゲットなのですが、レポー ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

続いて、レポートに使っていいのかどうか定かではない資料です。先生にストルイピンの農業政策をもうちょっと詳しくかけ!と言われましたので、「ストルイピン」という検索ワードに引っかかった本を借りてきました。確かに、題名はいかにも役に立ちそ ... » more
テーマ 西洋史

 革命とは何であったか―ロシアの芸術と社会 1900‐1937年 正月気分もそこそこに、大学の再提出用のレポートを書いています。のんびりしていたら今年中に卒業できませんからね〜。いつもであれば「レポートに使った」資料を紹介するところですが、あまりにも役に立たない本ばかり借りてきてしまったので、間違 ... » more
テーマ 西洋史

21世紀歴史学の創造4 帝国と帝国主義 (シリーズ「21世紀歴史学の創造」) ロシア史Uのレポートで使った資料です。うちの大学の加納先生の著書を資料に含めよ!というのが指令でしたので、こちらを含めてみました。「ロシア帝国の民主化と国家統合」とこの2冊で、レポートのほとんどを書いたような感じになりました。レ ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

ニコライ二世と改革の挫折―革命前夜ロシアの社会史 (1985年) 題名の通り、1905年以降の改革について、ニコライ二世目線で書かれた資料です。ニコライ二世の日記から、その記述は始まります。かと言って物語風になっているわけではなく、日記の解説→ロシア革命→人権問題→宗教改革という流れになっています ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

ロシア帝国の民主化と国家統合―二十世紀初頭の改革と革命 先ほどの参考書は年代を間違えていましたが、こちらの資料はレポートで対象となっている年代です。序章にも、本書は、一九〇五年革命期を中心にして一九〇四年から一九〇七年にかけて生じたこの変化の過程と結果を明らかにし、その性格をロシア帝国の統治 ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

ロシア史〈3〉20世紀 (世界歴史大系) 今年度最後のレポートして「ロシア史U」を選びました。そのレポートのために借りてきた本です。でも、親戚に不幸がありまして、バタバタとしているうちにレポートを出しそびれ、結局、最後のレポート締切りに間に合いませんでした……。……というこ ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史 テスト対策で借りてきた本、その2です。「昭和53年出版」ということで、例のごとくソ連崩壊の前に書かれたものです。内容としては「プラハの春」までは書かれています。「スターリン批判」も入っています。もし、テストで出るとしたら、このあ ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

ポーランド現代史 (世界現代史) 今週末の秋スクテスト対策に借りた本です。今回教えていただいたY田先生がポーランド史専攻ということで、テストには「連帯」が出るようです。しかしながら7行で組織の特徴から歴史的意義まで書け!というのが、なかなかやっかいですね。そも、 ... » more
テーマ 西洋史 通教☆つぶやき

昨日の西洋史の授業の振りかえり。初回を書いてないのに2回目から始めるという計画性のなさ〜。夏スクも西洋史を取ったので、秋スクのこの授業の単位が取れれば計4単位。もしかしたら一般教養科目で初めて完璧に単位を取得する科目になるかも!で、 ... » more
テーマ 西洋史

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480093998/今年の夏ごろに、筑摩書房のウエブサイト内に、次の文章が載っているのを見つけました(その頃は「文庫化いたしました」ではなく「9月に ... » more
テーマ 西洋史

チェルニゴフはキエフの東にあり、対遊牧民の最前線となった都市である。ウラディーミル賢公の死後、三男スヴャトスラフが相続した。1073年にスヴャトスラフは兄のキエフ大公イジャスラフを追放し、キエフ大公となった。その際、協力した弟フセヴォロ ... » more
テーマ 侯の歴史 西洋史

トゥーロフはキエフの北西にあり、ルーシ史の初期にはポロツクやヴォルィニとキエフを結ぶ要衝であった。ルーシでは次期大公がノヴゴロド公となる不文律があったが、それに次ぐ有力者がトゥーロフ公とされた。このため、ヤロスラフ賢公の時代にも次男イジャス ... » more
テーマ 侯の歴史 西洋史

ガーリチはウクライナとルーマニアの国境地帯で、北隣のヴォルィニと密接な歴史を歩んだ。最初にガーリチ公となったのは、ヤロスラフ賢公の長男ノヴゴロド公ウラディーミルの一人息子ロスティスラフであった。ウラディーミルは父よりも先に亡くなったので ... » more
テーマ 侯の歴史 西洋史

ポロツクは現在ベラルーシの一都市である。非常に古い町で、キエフ・ルーシの歴史の序盤から登場する。ポロツクの公はキエフのウラディーミル聖公に敗れ、殺された。ポロツクはキエフ・ルーシの一部となったが、独立性は保持した。殺された公の妹がウラデ ... » more
テーマ 侯の歴史 西洋史

正教諸国の君主の称号であるknjazj(クニャージ)もprinceと訳される。クニャージは語源を辿ればkingと同じなのであるが、日本語では公と訳す慣例である。この公はduxと無関係である。ロシアの公の他、近代にオスマン朝から独立したセルビ ... » more
テーマ 侯の歴史 西洋史

独立イタリア王国とは、カロリング朝の分裂から963年のオットーのイタリア征服までのおおよそ100年間を指す用語である。カール大帝の死後、ルートヴィヒ(I)敬虔王のもと、カロリング帝国は中央(長男ロタール(I))、東(三男ルートヴィヒ(I ... » more
テーマ 西洋史

カロリング朝断絶後のイタリアにおいて、その北西部に新しく辺境が設定された。まずイヴレアの辺境が、ついでリグリア辺境が設置され、オットー大帝によってリグリア辺境が西リグリア(モンフェラート)、東リグリア(ジェノヴァまたはミラノ)、トリノの ... » more
テーマ 辺境伯の歴史 西洋史

シュヴァーベン大公への監視役として置かれたのがシュヴァーベン宮中伯で、これもカロリング朝にさかのぼるようだ。やがてシュタウフェン伯が相続するようになり、シュタウフェン朝成立の基盤となった。シュタウフェン朝のもとではナゴルト伯ウーゴに ... » more
テーマ 宮中伯の歴史 西洋史

ザクセン大公への監視役として置かれたのがザクセン宮中伯で、10世紀から名前が見える。やがてシャッセンガウ家が相続、ついでテューリンゲン方伯が相続したが、1127年にテューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペ4世が死去して断絶すると、「テューリ ... » more
テーマ 宮中伯の歴史 西洋史

ロートリンゲン公への監視を任務として設置されたのがロートリンゲン宮中伯である。10世紀初めには名前が見えるから、東フランクのカロリング朝の断絶前後には設置されていたようだ。ロートリンゲンに大きな領土を保持し、918年からはエッツォーネン ... » more
テーマ 宮中伯の歴史 西洋史

ブルゴーニュ(ブルグンド)宮中伯はブルグンド王国の一部として創設された宮中伯である。ブルグンド王やブルゴーニュ公とは別の称号。最初の宮中伯はイタリア王アルドゥインの息子オットー・ヴィルヘルムで、以後イヴレア辺境伯家に相続された。11 ... » more
テーマ 宮中伯の歴史 西洋史

木村泰司著『美女たちの西洋美術史―肖像画は語る』(光文社新書)川口マーン惠美著『ベルリン物語―都市の記憶をたどる』(平凡社新書)前者は全ページカラーで、見た目はすごくきれいにできていますが、読んでいくとスノビズム臭がぷんぷんとし ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 09:19

「西洋史」のブログ関連商品

» 「西洋史」のブログレビュー をもっと探す

「西洋史」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る