誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    映画の話

映画の話

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「映画の話」のブログを一覧表示!「映画の話」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「映画の話」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「映画の話」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

『善き人のためのソナタ』を観ました。眠いので詳しいレポートは書けませんが、かなりよかったのでお勧めしたいと思います。3日間だけで終わっちゃいます。18日〜20日20:30〜22:50浜松東映劇場にて、シネデプレ主催1500円 ... » more
テーマ 映画の話

『傷だらけの男たち』 トニー・レオンと金城武主演の香港映画、『傷だらけの男たち』。悲しい過去を背負った二人の元刑事の物語。哀切を帯びたトニー・レオンの演技が心に沁みた。映画館を出たあと、ついつい渋い顔をしたまま笑顔を作ってしまう自分に笑ってしまった。日本人にとっ ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『アポカリプト』
『アポカリプト』 『アポカリプト』を観てきた。ジャングルを全力で逃げ回るシーン、130kgを超える真っ黒いジャガーなど、CGを多用せず実写を重視した迫力は確かにすごいと思った。がしかし、いくらなんでも残虐なシーンが多すぎる。映画とわかっていても目を背けた ... » more

『ザ・シューター』 『ザ・シューター』を観た。昨夜の『プレステージ』の口直しのつもりで・・・。口直しにはなったかも。映画らしい迫力もあったし、黒幕がのうのうと生き延びてしまうようなすっきりしない幕切れではなかったし。それにしてもこのところ日本映画とハリウッド映 ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『プレステージ』
『プレステージ』 『プレステージ』を見た。しまったあ!マジックショーを見る感覚でこの映画を見てしまった。やっぱりマジックは舞台か目の前で見ればこそ、せいぜいテレビまでなんだなあ。ありえないことやとんでもないことをスクリーンに映してしまうのが映画なのだから ... » more
テーマ 映画の話

柴田哲孝 『TENGU』 柴田哲孝のミステリー小説『TENGU』 を一気に読んでしまった。一気に読ませるほど面白かったからだ。第9回大藪春彦賞を受賞しただけあって、冒頭から最終章まで中だるみもなくとても濃い小説であった。26年前の連続殺人事件、天狗伝説、ベトナム戦争 ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『蟲師』
『蟲師』 『蟲師』を観た。監督はAKIRAの大友克洋、出演はオダギリジョー、江角マキコ、蒼井優など。ロードショー上映ではなくしかも平日のレイトショーというのにも関わらず、入り口には結構行列ができていた。パンフレットも売り切れで変えなかった。映画ファン ... » more
テーマ 映画の話

『俺は、君のためにこそ死ににいく』 『俺は、君のためにこそ死ににいく』を観た。特攻の母、鳥濱トメさんから聞いた話を元に石原慎太郎東京都知事が制作した映画である。一昨年に訪れた知覧が舞台だったこともあって、ことさら感銘を受けた。多くの若者が純粋な精神を持つことが出来たのはな ... » more

『ブラッド・ダイヤモンド』 『ブラッド・ダイヤモンド』を観た。反政府軍によってダイヤモンド採掘現場で強制労働させられていたソロモンは、ある日大きなピンクのダイヤ発見してそれを隠した。偶然にそのことを知ったダニー・アーチャー(ディカプリオ)も土中に隠されたピンクのダイヤ ... » more
テーマ 映画の話

『ハンニバル ライジング』 『ハンニバルライジング』を観た。レクター役がアンソニー・ホプキンスではないので、もしかしたらこれまでのシリーズとは似て非なるものなのか?と思っていた。が、過去三作では謎であったハンニバルの異常性の根源を説明するに十分な映画である。相変わ ... » more
テーマ 映画の話

『サンシャイン2057』 『サンシャイン2057』を観てきた。というか、寝てきた。観なきゃよかった、と思った。宇宙モノのSFが来ると、昔からの習慣でどうしても観にいってしまう悪いクセがある。口直しに映画の後でマッサージをしてもらった。いつも以上に肩こりがひど ... » more
テーマ 映画の話 情けない!  コメント(6)

与話情浮世蜻蛉日記『デジャブ』
『デジャブ』 23日に『デジャブ』を観ました。予備知識まったくなしで観にいったので、てっきり「科学で割り切れない神秘体験」とか、そういうテーマの映画だとばかり思っていましたが違いましたね。SFもしくは近未来映画でした。ヒロインのポーラ・パット ... » more
テーマ 映画の話

もうひとつの『不都合な真実』 映画と同じ、アル・ゴアの執筆『不都合な真実』2800円。こちらのほうが映画よりも分かりやすいし、中身も濃い気がします。説得力のある写真もたくさん掲載されています。お勧め。 ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『不都合な真実』
『不都合な真実』 『不都合な真実』を観ました。午前中で仕事が終わったので急に思い立って、名古屋競馬場のすぐ南にあるTOHOシネマズ名古屋ベイシティまで出かけたのです。東名高速を使っても市内の渋滞のおかげで片道2時間かかってしまいました。なんでわざわざそん ... » more

『それでもぼくはやってない』 周防正行監督の『それでもぼくはやってない』を観た。軽妙な前作『Shall we ダンス?』から11年ぶりの周防監督の作品である。これまで事件とか裁判のニュースを見聞きするとき、どうしても被害者の側に立って見ることが多く、無罪を主 ... » more
テーマ 映画の話

『007 カジノロワイヤル』 『007 カジノロワイヤル』を観た。封切からだいぶ日にちが経っているが公開中に行ければ、と思っていた。このところハリウッド映画に失望続きだったが、実のところ007シリーズには期待を賭けていた。どう間違っても大はずれはないだろうと思ってい ... » more

与話情浮世蜻蛉日記不都合な真実
知人から勧められた映画『不都合な真実』を早く観たいと思っている。今月20日に封切される。元副大統領ゴアも出演する映画で、地球温暖化問題を取り上げているドキュメンタリーである。が、しかし、上映館を調べてみるとまたまた浜松ではやらないよ ... » more
テーマ 映画の話

『硫黄島からの手紙』 『硫黄島からの手紙』を鑑賞。残念ながらがっかりしたというのが本音。がっかりというよりも、何の印象も乾感想もないというのが本当のところかも知れない。栗林中将の人間性を深く描いているわけでもない。兵士の家族たちの悲しみをうたっていることでも ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『武士の一分』
『武士の一分』 『武士の一分』を観た。文句なしによかった!木村拓哉の演技力にもかぶとを脱いだ。壇れいという女優もこれまで知らなかったけれどよかった。観てよかった。★★★★★ ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記旅の贈り物
旅の贈り物 『旅の贈り物』を観た。失恋した女、会社と家族に見放された中年男、理解のない親と決別して死を求めている女子高生など、さまざまな悩みを抱えた人たちが行き先不明のミステリー列車に乗り合わせた。くどいお涙頂戴式の映画ではなく、さらっと描 ... » more

『胡同(フートン)のひまわり』 『胡同のひまわり』を観てきた。『こころの湯』と同じ、チャンヤン監督の作品である。胡同(フートン)とは、北京の街の路地とか横丁のことである。文化大革命の混乱で密告によって強制労働に送られていた父が帰ってきた。自分が果たせなかった画 ... » more
テーマ 映画の話

トンマッコルへようこそ 『トンマッコルへようこそ』を静岡シネギャラリーで観てきました。はじめは豊橋のユナイテッドシネマで観る予定でしたが、西湖の紅葉台に行ったのでその帰り道に静岡に立ち寄りました。紅葉のほうは期待はずれでした。今年は遅れているようだと居合わせた ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記『ココシリ』
『ココシリ』 予約してあった『ココシリ』DVDが到着したのでさっそく見てみた。中国映画である。よかったと思う。1999年のフランス・ネパール・イギリス・スイス合作映画『キャラバン』を思い出した。でも一緒に観た妻は、『何がいいたいのかわからん』との ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記やっぱり・・・
『トンマッコルへようこそ』、やっぱり浜松のTOHOシネマじゃやらないようだ。11月22日まで待てば浜松でも東映で見られそうだけど、そこまで待てるかどうか・・・。その前に豊橋まで行くか、それとも静岡まで行くか、迷いけり。同じTOH ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記映画
映画 昨年から今年にかけて観た映画を振り返ってみたところ、今年になって日本映画が多くなってきたのに気づきました。見た後の満足感も結構たかいのです。これが日本の映画製作の活況をあらわしているのか、単に自分の趣向にあった映画が増えてきただけなの ... » more

ダ・ヴィンチ・コード ダメだ、どうもこういう映画は性に合わないみたいだ。2時間半が長かった!それに、あの展開スピードで果たして本を先に読んでいない人がついて行けるのだろうか?かなり本に忠実に作ってあるけれど、それだけに顛末が読めてしまって、よけいに興味をそが ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記明日の記憶
明日の記憶 「明日の記憶」を観た。若年性アルツハイマーにかかってしまった佐伯雅行が、日ごとに壊れていく自分を感じて苦しむ姿、それを必死で支えようとするけなげな妻、枝美子。どうしようもない切なさが次から次へと迫ってきて、とても涙をこらえることができな ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記戦場のアリア
戦場のアリア テレビで予告編を見て興味を持っていたけれど地元ではやってくれそうになかったので、豊橋ユナイテッドシネマまで見に行ってきた。雨で渋滞気味の中を片道2時間半を費やして行っただけのことはあったと思う。1914年、第一次大戦のさなかドイツ占 ... » more
テーマ 映画の話

与話情浮世蜻蛉日記クラッシュ
クラッシュ ひさしぶりに映画を観てきた。2月の『有頂天ホテル』以来だから2ヶ月ぶり。題名は『クラッシュ』。いやあ疲れた!同時並行でたくさんの、それぞれ別々の出来事が展開されていくので、人間関係、相関関係、前後関係などを頭の中で整理しながら観てい ... » more

与話情浮世蜻蛉日記キングコング
キングコング 月曜日にキングコングを観た。なんだかなあ?確かにCGの進歩のすさまじさには脱帽するしかないけれど、映画として観た場合、70年前のモノクロ、30年前の特撮のほうが迫力があったように思ってしまう。強いて言えば、原住民のメーキャップのほうが怖 ... » more
テーマ 映画の話

 

最終更新日: 2016/11/30 09:16

「映画の話」のブログ関連商品

» 「映画の話」のブログレビュー をもっと探す

「映画の話」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る