誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上龍

村上龍

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上龍」のブログを一覧表示!「村上龍」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上龍」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上龍」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

村上龍と言えば、今は「カンブリア宮殿」の司会者だ。でも、彼の処女作<限りなく透明に近いブルー>を読んだ事がある人間は、華々しく登場したこの作家の印象の方が強い。1976年に作品を発表し、その年の芥川賞を受賞した。僕が読んだの ... » more
テーマ 村上龍 限りなく透明に近いブルー>

「「55歳からのハローライフ」村上龍(幻冬舎)」読みました! 「55歳からのハローライフLifeGuidanceforthe55−year−oldsandalltriers」村上龍(幻冬舎)」を読みました。新聞連載の五編の中篇小説を1冊にまとめた村上龍先生の2012年12月第一刷発行の作品でした。 ... » more
テーマ 人生 村上龍 日本

8月20日発行の「信州文芸誌報」に「各誌からひと言」と言う欄があって「蠍ーSASORI」の青木創さんが書いている。「もともと同人誌とは共通した主義や傾向をもつ者が主体となって発行するもので、商業雑誌が営利を対象とするために生ずる空白を埋 ... » more
テーマ 村上龍 高樹にぶ子 青木 創

村上龍が描く50代男女の「セカンドライフ」5つの等身大物語…『55歳からのハローライフ』村上龍著 村上龍が描く50代男女の「セカンドライフ」5つの等身大物語NEWSポストセブン2013.02.06 16:00【書評】『55歳からのハローライフ』村上龍著(幻冬舎 1575円)55歳からのハローライフ ... » more

新境地となる最新小説を上梓 村上龍氏に聞く…「55歳からのハローライフ」(幻冬舎 1500円) 【HOT Interview】新境地となる最新小説を上梓 村上龍氏に聞く【書籍・書評】日刊ゲンダイ2013年1月5日 掲載「人生をどう生きてきたかを問われるのが、50代という年代なんです」 <生きづらい時代に必要 ... » more
テーマ HOT Interview 村上龍 日刊ゲンダイ

「55歳からのハローライフ」村上龍著( 幻冬舎   1,575円) 「55歳からのハローライフ」村上龍著( 幻冬舎 1,575円)55歳からのハローライフ幻冬舎 村上 龍 Amazonアソシエイト by 55歳からのハローライフ [ 村上龍 ]楽天ブックス 村上龍 幻 ... » more

「限りなく透明に近いブルー」を読む 「限りなく透明に近いブルー」村上龍著講談社文庫を読みました。エロ小説じゃないと芥川賞はとれないのか??芥川賞とはなんなのか考えさせられる一冊。私にはよく理解できません。。。 ... » more

久々の更新この暑さでなかなか読書がすすまないというか村上龍の「コインロッカーベイビーズ」読み始めてからどんだけ経つことやら・・・・。最初のほうで全然すすま ... » more
テーマ 読書 村上龍 小説

読み応えあり。 村上龍 心はあなたのもとに I'll always be with you,always.トレーダー上がりで成功した50歳の妻子ある金融マンと、1型糖尿病の持病を持つ31歳の風俗嬢の心の通い合いを描いた小説。携帯メールの文面が二人の間の出来事を表し、なんとも雰 ... » more
テーマ 心はあなたのもとに 読書 村上龍

脳とは、発情期とは 村上龍 歌うクジラ 下 なにやら不思議な冒険だったが、テーマは発情期だったのですね。ほとんど人間だけ年がら年中発情期。そこにおける脳の働きとは。SFチック、近未来小説の形をとって、村上龍さんはこのあたりを伝えたかったのでしょうか。桜の下で読んでました。 ... » more
テーマ 読書 歌うクジラ 下 村上龍

現代を鋭く斬る村上龍氏の、現代の延長線上にあるであろう近未来小説 なのだが・・・・ 歌うクジラ 上  久々の村上龍の小説ということで読んでみた。カンブリア宮殿http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/やJMMhttp://ryumurakami.jmm.co.jp/で、鋭い視点で現代を斬る村上龍が書いた近未来小 ... » more
テーマ 歌うクジラ 上 読書 村上龍

村上龍というと、足で稼いだ情報(例えばスポーツについて)を過剰なまでに小説に盛り込む、というイメージがあります。『ニューヨーク・シティ・マラソン』にもその傾向が見られますが、短編集のせいか、うんちく臭さはほどよく ... » more
テーマ 村上龍

bananamanのブログカンブリア宮殿
毎週欠かさず観ている番組に「カンブリア宮殿」があります。毎回、企業の経営者が登場し、なぜ成功しているのかを様々なキーワードと共に紹介してくれる番組です。司会の村上龍が好きで、彼の小説は名作がたくさんあります。まぁ、好 ... » more

「だいじょうぶマイ・フレンド」村上龍著 村上龍さんの著作の中でもごく珍しい、ファンタジーぽいSF小説。ある日とつぜん空から落ちてくる、タキシードを着込んだ不死身の宇宙人、っていう見かけ明るい設定と、ビスケットを主食とする敵などの軽い人物造型。に騙されて、序盤のあまりの能天 ... » more
テーマ 村上龍 集英社文庫

「イビサ」村上龍著 謎めいたタイトルは地中海に実在する島の名前から採られたものだ。かつてヒッピーの聖地と呼ばれたその島のキチガイな風俗にインスパイアされて、村上龍さんが渾身のキチガイをキメまくったアッチ方面の奇作。ストーリーはシンプルで、主人公であ ... » more

「空港にて」村上龍著 あとがきにも書かれているように、冒頭の3篇は幻冬舎の留学情報雑誌に書かれたものである。雑誌の性格上、作品は“留学”を題材に含んでいて、しかも留学に希望を持てるようなものが求められる。そんな厳しい条件に対して、名手村上龍さんがどう応えたかを知 ... » more

村上龍のものの考え方は自然だと思う 「無趣味のすすめ」 その昔は「龍ズバー」、いまはメルマガJMM(Japan Mail Media)と「カンブリア宮殿」で、村上龍の言動を見聞きする。もちろん著作も「半島を出よ」「13歳のハローワーク」などはおさえている。そういうこともあって、今回この「無趣 ... » more
テーマ 無趣味のすすめ 読書 村上龍

「ジャズと爆弾」中上健次VS村上龍 今は亡き中上健次と、デビューしたばかりの村上龍との対談集である。何十年か生きていると、過去に買った文庫本を見返して、いったいその本を自分がどういう動機で買ってどういう読後感を持ったか、ほとんど憶えてない本っていうのも出てくる。 ... » more

熱いサルサな夜から一転急降下風邪でダウンようやっと這い上がって平均地点に戻ってきました前回の話の続きですがパーティーの乾杯の挨拶はケニアで獣医をしている滝田明日香さんでした滝田さんはマサイマラ国立保護区近辺の ... » more
テーマ マサコンサーバンシー マサイマラ国立公園 村上龍

ビバ!村上龍その1 旦那ちゃんがナレーションしてる『カンブリア宮殿』今夜はその司会である村上龍さんが主催する『カンブリアナイト』に夫婦で招待され行ってきました開場は六本木のスイートベイジルこれまでに出演された社長の方々、スポンサー、スタッフが集 ... » more

読書 カンブリア宮殿2 面白いです。しかも1日の放送はまさにこの本の登場人物がオムニバスで出てきて、、、他の放送局が福田退陣でドラマ(おだゆうじ)も映画(嫌われ松子)もすっとばしているのに、龍さんをちゃんと放送したテレビ東京、好きですね。カンブリア ... » more
テーマ 読書 村上龍 カンブリア宮殿 村上龍×経済人II

『限りなく透明に近いブルー/村上龍』を読んでへはこちらとても感想をまとめるのが難しかった小説だが、ひとつ思い浮かんだことがあったから、書きとめておこうと思う。人は時として、何かから逃げたかったり心の空虚感を埋めよ ... » more

陳腐な言い方かもしれないけれど、「都会の匂い」のする作品だった。若者の風俗を扱っていることも影響しているだろうけど、村上春樹さんや村山由佳さんを読み慣れていると違う世界の人だなと思ってしまう。本質的には村上春樹さんと近いもの ... » more

ラッフルズホテル(村上龍著、集英社文庫) 村上龍の「ラッフルズホテル」という映画がありましたので、原作を読んでみようと思い立ち、読んでみましたら映画のほうが原作でした。この小説は映画を小説したものとのことです。狩谷俊道という元戦場カメラマンはニューヨークのプラザホテルで日本から本間 ... » more
テーマ 大衆小説 村上龍  トラックバック(2)

おっちゃんの備忘録盾(シールド)
盾(シールド) 春樹のほうは読むが、龍はあまり馴染みがない。限りなく透明に近いブルーとコインロッカーベイビーズだけかな。。ここはいっちょう久しぶりに読んでやろうかと、一番新しいやつを図書館で予約し待つこと半年。やっと届いてびっくり絵本や ... » more

「ホームレス」と一言で言うけれど、それぞれ様々な事情があって、ホームレスになる。実際のホームレス13人をルポルタージュしている。みんな「自分がこのようになるとは思ってもいなかった」というところが、明日はわが身と、考えさせ ... » more

「ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界II」村上龍著 小説世界の設定は前回紹介した「五分後の世界」を引き継いでいる。その設定は、簡単に説明すると、第二次大戦で日本が国家としてはほぼ滅亡し、残されたわずかな日本人が文字通りの地下国家としてゲリラ的に日本を維持していてその人口は少数精鋭26 ... » more
テーマ 幻冬舎文庫 村上龍

「五分後の世界」村上龍著 いわゆるタイムスリップもの。"実在する現代の"日本に生きる主人公は、みょんなことから、別の次元の"あり得べき"日本に紛れ込んでしまう。<ここから多少ねたバレ>その"あり得べき"世界においては、大日本帝国は原爆を5 ... » more
テーマ 幻冬舎文庫 村上龍

ひとり飯深いところで自己肯定
やっぱり村上龍の言葉に帰る。どんな言葉より、村上龍の言葉は100%天然のミネラルウォーターのようにわたしの中にすんなり入っていく。たぶんそれは、嘘偽りのない現実で作家の生の言葉だからだと思う。そしてどん底に突き落とすだけでなく、 ... » more
テーマ 日記 村上龍

快楽のテニス講座 −村上龍著− 18年ほど前に発刊された本です。この本によって、バックハンドスライスに目覚め、今の自分のプレースタイルが生まれました。私のテニス人生を変えた1冊といってもいいでしょう。久しぶりに押入れの中から出してきて読み返してみると、フォアハンド ... » more
テーマ テニス 村上龍

 

最終更新日: 2016/11/30 04:38

「村上龍」のブログ関連商品

» 「村上龍」のブログレビュー をもっと探す

「村上龍」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る