誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中国旅行

中国旅行

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中国旅行」のブログを一覧表示!「中国旅行」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中国旅行」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中国旅行」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

高砂や〜 おめでとう! おーい、おめでとう・・・おじさんありがとう。中国で日本語でのあいさつが出来る。彼女は彼と付き合っている当時から知った仲、日本に留学に来た時にも彼女には一肌脱いだ関係。知らない遠くに行ったらアカン!近くにいらっしゃ ... » more

古稀を過ぎてからの毎日中国の富裕層
中国の富裕層 新婚家庭をのぞいた。北京での富裕層と言えるのか、または標準と言えるのかは分からないが、中国全体の眼から見れば、富裕層と言えるだろう。Myカー、しかも、日本の日産車。中国からいえば外車を持ち、新しいマンションに ... » more

万里長城 居庸関 静かで仰ぎ見る長城が威圧感を与える。自分ひとりの中国五千年の歴史を独り占めした感じがする。どこを復元したかと思うくらいにまったくの違和感はない。 ... » more
テーマ 北京 中国旅行 万里長城  コメント(2)

古稀を過ぎてからの毎日フライト
フライト 最近のカメラは遊びの機能が一杯、絵画にした写真も撮れるようになったので、楽しみがひとつ増えた。飛行機が飛び立つときは、爽快感とスリルの両方が、幾つになっても感じるものだ。飛び立つ彼方に、今度はどんなことが待っているかとい ... » more

古稀を過ぎてからの毎日北京の結婚式
北京の結婚式 事前にメールで「どんなスタイルでやるんだい」と聞いたら「おじさん!チャイナスタイルではなく、ロマンチックな西洋スタイルだよ」と聞かされていた。式自体は西洋スタイル。無宗教国家だから神父さんはいない。新郎が借りてきたベ ... » more

宿願であった居庸関へ 結婚式のために北京へ。どうせ泊まるなら、憧れであった居庸関の「古客桟」という宿を頼んだ。朝日が万里の長城に当たる瞬間を見たかったのだ。国慶節が近く、さぞかし満員かと思っていたら、がらがらで拍子抜けした、泊まり客はおそらく50人は ... » more

中国東北訪問記 やっと刊行しました 6月に趣味人倶楽部の「満州を偲ぶ会」の有志で、旧満州の牡丹江より以東の地を巡った。その関係者で、記憶が新しいうちにと、それぞれが懐旧の地の印象を書き、メンバーの想いをまとめた。この節のこと、パソコンのワードで原稿、写真で構成し、ネッ ... » more
テーマ 牡丹江 満州 中国旅行  コメント(4)

格安ツワー最終回、上海雑技団鑑賞 29800円の格安ツワーの報告もいよいよ最終回になりました。ツワー6日目の午後、上海の面白い所に案内してもらいました。東台路骨董品街です。こんな所をぶらぶらと歩くのは楽しいですよ。骨董品街は狭くてバスが入れないので、ちょっと手前 ... » more
テーマ 上海雑技団 中国旅行 格安旅行  コメント(4)

29800円の格安ツワー、西塘観光 29800円の格安ツワー4日目は、水郷の町の中でも数多くの路地と古い屋根のある回廊で有名な西塘にやってきました。ここ西塘は今回のツワーでいろいろ行った中でも気に入った場所の一つです。要するにキンキラキンの中国ではなく、昔ながらの庶民 ... » more

28000円格安中国ツワー3日目は無錫(むしゃく) 28000円の格安ツワー3日目は、無錫へ行きました。無錫は、日本の歌手、尾形大作さんのヒット曲「無錫旅情」で有名になった場所でもあります。この歌がヒットして以来、日本人観光客がうなぎ昇りに増えたそうです。ちなみに尾形大作さんはここ無錫の名誉 ... » more

意外や意外、まともな格安中国ツワー(初日) 6泊7日で29,800円の中国は江南地方のツワーに参加してきました。一緒に参加したのは、私の詩吟の師匠のTさんです。行く前にあまり安すぎるので、かあさんが心配していましたが、意外や意外、ちゃんとしたツワーでした。ツワーは阪急交通社の「まるご ... » more

無事に中国から戻りました 携帯電話からの書き込みです。一週間ぶりのブログ書き込みです。昨日、中国から無事に日本に戻りました。今は博多の街でショッピングしています。博多で久しぶりに地下鉄に乗ったりして都会を満喫しています。もっとも上海はもっと大都会で ... » more

29800円の中国旅行に行ってきます 携帯電話からの書き込みです。格安で中国旅行に行くために、昨日から福岡の博多に来ています。これから福岡空港を出発して上海に向かいます。昨日は飛行機が天候不良のため飛んでくれず、急きょフェリーと新幹線を使い何とか博多までやって来れ ... » more

2003年のSARS騒動の際日本のテレビニュースではマスクをした人が多く行き交う中国の街並みをこれでもかと画面上に流し続けましたしかし、私が実際に目にしたマスク姿はおそらく1%にも満たないひょっとするとそ ... » more
テーマ 中国旅行 中国

71,盧浦大橋を渡り40年前を懐かしむ(2) 以下は,当時の日記にある上海到着前後の状況である。昭和47年3月4日3月2日,夕刻,岩国を出港。本日16時,長江下流のパイロット(水先案内)ステーションに到着。白塗旧型汽船のパイロット待機船が,スピーカーから大音量で音楽を流 ... » more
テーマ 中国交通事情 上海 中国旅行  トラックバック(2)

70,盧浦大橋を渡り40年前を懐かしむ(1) 4月19日,朝もやの黄浦江を盧浦大橋で渡る。この橋はまだ建設間がないようで真新しい斜張橋構造である。橋の両側には開幕を待つ万博会場が広がっていた。この橋の右岸側には,かつて白莲泾(バイリェンチン)码 ... » more

帰国してからわかったことだが,上海市人民政府は,2010年4月15日から11月15日までの間,上海市に進入する全ての車輌に対する検問の実施と通行証による管理を行っていたのである。今日は検問開始4日目だった。そういえば昨日,江蘇省側から上海に ... » more
テーマ 中国交通事情 検問 中国旅行

バスを降り歩いてゲートに行くと,ここは料金所ではなく検問専用のゲートだとわかった。料金所で言えば,料金収受ブースのある場所が検問施設になっている。最近完成したようで建物・施設ともまだ新しい。同様の検問施設が隣のレーンにもあった。検問 ... » more
テーマ 中国交通事情 検問 中国旅行

商城には1時間強停車した。長く停車するわけは,ツアー催行業者と商城との利害関係一致の結果である。つまり,商城は少しでも多く売り上げたい,ツアー催行業者は商城から出来るだけ多くのリベートを得たい,との一点で利害が一致する。迷惑をこうむ ... » more
テーマ 中国交通事情 検問 中国旅行

66,帰りに寄ったユニークな○○商城/地元旅行社主催ツアーで烏鎮に行く 15時頃,帰途につく。出発まもなく自転車と衝突事故をおこした観光バスを見た。まだ警察関係者の到着はなく被害者の状況も気になるが,バスの乗客も帰りが相当遅くなりそうだ。帰り道は,来た時と別のルートを辿っているようだ。周辺の感じが違う。 ... » more

65,烏鎮観光は人人人・・・/地元旅行社主催ツアーで烏鎮に行く 上海発後,およそ2時間で烏鎮についた。観光バスの駐車場は,先着のバスで満車である。私はこれまで,これほど多くのバスが駐車している光景を見たことが無い。おそらく烏鎮内は人でいっぱいだろう。以下に烏鎮内の状況を画像で紹介する。これは’1 ... » more

64,上海から烏鎮へ。途中休憩所のことなど/地元旅行社主催ツアーで烏鎮に行く ガイドの説明を葉さんが翻訳し,“上海から烏鎮まで2時間ぐらいかかり途中で1回休憩,そこでお茶が出ます。”と話してくれた。去年,周荘に行ったときも現地ツアーのバスだったが,そのときは男性ガイドが上海語と普通語でそれぞれ説明していた。今回の女性 ... » more

烏鎮は江南の有名な水郷である。去年,水郷・周荘を訪ねたのに,似たような所を再び観光するのも如何か,とも思った。しかし,葉さんや南京からはるばる私達に会いに来てくれた王さんの希望もあって,明日・18日は我々四人で烏鎮に行くことにした。烏鎮は, ... » more

62,1年後の張さんに会い,上海に戻る 翌日,最近開店した張さんの食堂を訪れた。店の場所がわからず,初めに張さんの自宅に行ったが留守だった。携帯で確認すると,食堂は彼女の自宅から500mくらいのところにあった。日本に出稼ぎに来ていた当時から,稼いだ資金を元に商売を始めたい・・・, ... » more

61,如皋市内のホテルで泊まる/宿泊費は? 葉さん宅でご家族ともども夕食をご馳走になった。人のいいお母さんが朝から準備してくれた料理の数々である。ただ,内装や設備が未完成の状況では,室内に居ても結構寒い。去年もちょうど今頃,葉さん宅を訪れたのだがこのときも夜は冷えた。そんな状 ... » more
テーマ 中国ホテル事情 中国旅行 50代以上のblog

60,1年前に訪問した集落は消滅した 予定の時刻に2時間ほど遅れて葉さんがホテルに迎えに来てくれた。1年ぶりに会う葉さんは,髪をショートに変え,ややスリムになった。3月から北京に出て,ネットで行う不動産仲介の仕事に就いたという。不動産と言っても賃貸住宅の仲介である。北京に出たせ ... » more

59,多倫(duolun)路文化名人街を歩く この通りは,かつての日本租界の一部を観光スポットとして整備されたものである。このように整備された街路は,昔日の面影をそのまま残すとはいえないだろうが,その雰囲気は今も感じられる。 街路は全長が500mくらいで,全体がL字型をなす。門 ... » more

58,魯迅公園,“たかりや”にご注意 魯迅記念館と魯迅公園は一体である。記念館を出て公園内をゆっくり一周しても30分くらいで元に戻れる。土曜日の公園内は,ダンスや太極拳をする人,楽器演奏をする人等でかなりの人出であった。日本の公園内とはやや趣が異なる。妻と二人で ... » more

57,魯迅記念館を見学 魯迅故居から車で5分も行くと魯迅記念館に着く。入場には参観券が必要だが無料である。館内には魯迅にかかわるあらゆることが,資料・映像等で展示されている。魯迅故居で見た医療器具等の展示もあったが,こちらの物は明らかに複製品である。ともあ ... » more

56,魯迅故居を見学 上海到着の翌日午後には,葉さんがホテルまで迎えに来てくれることになっている。そこで午前中は,旅行社に頼んで上海の歴史の地を訪ねることにした。もとより近代になってから,それまでの農漁村が開発されたのが上海であるから,悠久の歴史文物があるわけで ... » more

 

最終更新日: 2016/11/16 01:47

「中国旅行」のブログ関連商品

» 「中国旅行」のブログレビュー をもっと探す

「中国旅行」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る