誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中国旅行

中国旅行

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中国旅行」のブログを一覧表示!「中国旅行」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中国旅行」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中国旅行」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

46 紫秀蘭の新芽!!  四川省にて少数民族の家族?。。 夕方に灌水した。置き場所の違いや鉢の大きさなどで、まちまちではあるものの、かなり乾いていたので、しっかりと与えた。。。その直前に、幾鉢かの紫秀蘭の新芽を撮影した。やっと土を切ったばかりの株もあるが、概ね順調に伸長中の様子です。し ... » more
テーマ 中国旅行 紫秀蘭  コメント(2)

43 豆弁蘭「至誠」!!  大理の奥地蘭とパフィオ。。。 豆弁蘭「至誠」、現在の新芽の様子。新子3本は、まだ2〜3割程度の伸長中なので今後の順調な生育を願うばかりです。葉芸は、紺覆輪と中透けの中間芸的な感じで、花芸と同じですが、この微妙な芸風は堪りません!!! ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

41 紫芽豆弁蘭「天朱宝」!!  成都の蘭売り風景。。。 「天朱宝」から、ねじれた新芽が横向きに出た。2009年春に成都で開催された国蘭展の自由交易区で見つけて蘭商に導入依頼したものです。もう5作しているが、なかなか導入時の花色には咲いてくれない。期待の紫芽奥地蘭の一群のひとつだが、ど ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

40 ウイルス対策?、、、  中国の田うなぎ。。。 ここにきて、豆弁蘭の4種と朶々香の1種にウィルスの病斑が出ました。ただし、植物界のウィルス病は相当の種類があるらしく、各ウィルスごとに特定の植物にしか罹病しないらしいし、市販の検査キットは野菜などのウィルスに対応したものであって蘭の ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(8)

34 カラ梅雨の渓流でヤマメ、イワナと遊ぶ!!  古都 麗江古城 5。。。 今年も半年が過ぎる。年齢を重ねると年月の流れが速く感じる。つい先日田植えを見た気がするが、もう緑一色の田んぼになっている。きょうは、棚の蘭に、シーズン2度目であり〆でもある液肥を午前中に与えた。そして、午後にたっぷりの灌水をした。。。 ... » more
テーマ 渓流 中国旅行 フィールド  コメント(6)

33 紫芽の朶々香(18)!!  古都 麗江古城 4。。 この朶々香は、かなり以前に渡来し、赤芽珍品の日本春蘭として出回ったようです。今だに日本春蘭として展示してるのも見掛けます。。。強い香りも朶々香そのものだし、この花で日本春蘭だと触れ込んだ厚顔はすごい・・・捧芯の抱えが良く紫桃色の陰筋 ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(4)

32 豆弁蘭(45)「紅雫」!!  古都 麗江古城 3。。。 紅舌花として導入されたこの豆弁蘭は、蘭友と二人で持つこととなったもの。。。豆弁蘭というのは花持ち抜群で、1ヶ月やそこらで花形が狂うとか、だらしなくなったりするということはまず無い。展示会にピタリ合わせた開花調整をすることもない孝行な蘭だ ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

31 紫芽朶々香「麗江古城」。。。 古都 麗江古城 2・・ 紫芽の豆弁蘭として入手してまだ日は浅い。この場合の日の意味は年に置き換える・・・2011年に四川省の成都で開催された国蘭展で上位入賞して雛壇を飾っていた蘭だと導入した蘭商から聞いた。入手当初の花色は通り一遍の紫花で、翌年の開花をみて ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

30 紫芽豆弁蘭「紫禁城」の新芽!!  麗江古城 1。。。 由来や命名者など詳細は承知しないが、「紫禁城」として入棚したのは2008年である。明の第三代皇帝の永楽帝が元の宮廷をもとに15年の歳月をかけて完成させたもので今は故宮と名を変えた世界最大級の宮殿が紫禁城であるが、良い響きの名前です。 ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

28 マルバアサガオの初花!!   雲南の干物?風景。。。 今朝、遂に1輪咲きました。。。マルバアサガオは野に咲く花ですが、種から育てると、愛着も一入です。今後の開花は続々とでなくてしばらく先、次の蕾はまだ小さいですが、シーズンになればいっぱい咲くことでしょう。。。 ... » more

27 豆弁蘭「巍紅冠」!!  昆明駅前通り。。。 豆弁蘭の故郷としては、雲南省でも紅河地方とも呼ぶベトナムやラオスに近い紅河ハニ族イ族自治州がつとに有名ですが、広範囲に自生しているとも聞きます。大理市の南約30キロほどのところに巍山という町があり、その地方に産するという豆弁蘭は白地に紅 ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(4)

26 香豆弁蘭「雲南紅月」の新芽!!  泰山木の花。。。 今日は、梅雨明けしたかと思うほどの強い日差しだった。昨年作落ちさせてしまい今春は開花どころではなかった香豆弁蘭の「雲南紅月」、今年は奴に発芽して回復の兆し?ひとまず安心!!2009年に風来記で余剰苗してもらったもの。。。紫芽 ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

23 雲南オガタマ、、 マルバアサガオ。。。 雲南オガタマは、オガタマノキの仲間だが、日本のオガタマノキのような大木にはならない。但し、正しい名称なのかは定かでないのだ。。。案外、寒さにも強く、氷点下5度になった屋外栽培でも葉を落とさなかった。挿し木苗は翌年から開花し、3年目の ... » more

22 兜蘭の変異、、  雲南の新婚さんの車。。 これまでの2種の兜蘭はいずれも原種であり、一般には、これらを親として作出された洋蘭が流通している。兜蘭の変異個体は中国で発見選別されたものであり、かなり貴重な個体です。。。杏黄兜蘭の素心花は一際美しい!!中国での ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

21 杏黄兜蘭(Paphiopedilum armeniacum)、、  雲南の鷹匠。。。 中国の雲南西部に分布。自生環境は標高1400〜2400mの灌木下で、草付きの急斜面、あるいはコケが生えた石灰岩の隙間など排水の良い場所に自生しているそうだ。上質の黄色の大きな花は、これこそが黄金色だ。現地の花時期は2〜4月だそうだ。 ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

20 硬葉兜蘭(Paphiopedilum micranthum)、、 ハチミツ。。。 中国の雲南、広西から貴州、ベトナムに分布。自生環境は標高1300〜1700mの草本や灌木が叢生する石灰岩丘陵で、コケに覆われた岩石あるいは石灰岩の岸壁の隙間に生えるそうだ。ミクランサムはラテン語で“小さい花”の意味で、発見当初からしばらくそ ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭  コメント(2)

16 蓮弁蘭(57)小荷!  無花果か?。。 蘭友のひとりから分けてもらった蓮弁蘭。一般的に蓮弁蘭は開花後に花弁が長く伸びたり肩が下がるものが多く、開花直後の画像に惚れ込んで入手したものの手元で咲かせてガッカリしたなんてことも聞く。これは、開花から最後まで花型が変わらない小型の ... » more
テーマ 中国旅行 奥地蘭

雲南の蘭を楽しむ。。。14 国蘭??
14 国蘭?? 何度か見た中国の蘭展はいつも大盛況であり熱狂的と感じたし「国蘭展」と自称しているほどなので、庶民生活の中に自国の蘭をどれほど受け入れているのか注目した。雲南では切り花などを買い求める姿をよく目にしたが、それは少数民族の人たちに限ってのこ ... » more

アラ古希日記「一画一言 名前不明」
「一画一言 名前不明」 画面の植物は、雲南観光の2日目、石林の巨大な岩石群を見ている時に撮りました。 花にしては、ずいぶん大きくて、直径が人の背丈ほどあったと思います。多分、石林の土壌は、石灰石を多く含むでしょうから、そんな環境に適した植物なのでしょう。 ... » more
テーマ 植物名 中国旅行 雲南省

「一画一言 アカシア?」 世界遺産の麗江古城の散策に入る時、エントランス付近に、画面の樹があって、中国語で解説がしてありました。 ぼくの印象では、画面の樹はアカシアではないか、と思います。もし、アカシアだとすると、原産地はオーストラアの可能性が高いので、そ ... » more
テーマ アカシア? 麗江古城 中国旅行

アラ古希日記「一画一言 街角麻雀」
「一画一言 街角麻雀」 中国では、だいたい何処へ行っても、公園とか、住宅街の道脇などで、麻雀やトランプをしている光景をよく見ます。日本では、そういうゲーム類は、屋内でするもの、という認識が一般的だと思いますが、中国は違うようです。画面では、比較的若い女性 ... » more
テーマ 中国旅行 街角麻雀

「一画一言 フレンドリーに 」 民族衣装の女性たちは、何やらおしゃべりに興じながら、バスの脇を通って行きます。こちらも、バスの中から、見ているだけでは芸がないと思って、ご挨拶代わりに手を振ると、彼女たちも、ニコニコと手を振ります。 そんなに意味はないにしても、観 ... » more

「一画一言 集会の帰り路?」 玉龍雪山をロープウエイの展望台から眺めた後、麗江市内に戻る途中、民族衣装を着た女性たちがぞろぞろ歩いているのが見えました。旗まで立てているようです。ガイドの説明では、冠婚葬祭など、村の公的行事の帰り道ではないか、とのことでした。 ... » more

アラ古希日記「一画一言 玉帯拱橋」
「一画一言 玉帯拱橋」 玉泉公園の中で、画面に見える橋は大理石で作られていて「玉帯拱橋」と名付けられました。かつては、王侯貴族しか入れなかった場所に、誰もが入れる公園に変わって、良かったと思います。 ... » more
テーマ 中国旅行 雲南省 玉泉公園

「一画一言  キワタの花」 この花については、ちょっとしたエピソードがあります。2007年春、厦門ツアーに行った時、南普陀寺の境内で、この花を見て、現地ガイド(中国人だが、日本語で会話できる)に訊くと、少し考えて「モメンです」と言いました。内心、モメンの花は違うの ... » more
テーマ 中国旅行 トックリキワタ キワタ

私の新婚旅行は27年前に北京・大同だった。私は広州、香港、上海と行っているが、妻はそれ以来だ。中国の発展ぶりは誰でも書いているから影を書いておきたい。ツアーで行ったが、桂林は我々夫婦だけで、通訳、運転手付きの大名旅行(これは新婚旅行もそ ... » more
テーマ 中国旅行

西安、咸陽地区は秦から随・唐などの首都であり、遺跡の宝庫である。陝西省歴史博物館の収蔵品は圧巻である。ここにも兵馬俑も陳列されているが、土器、翡翠、青銅器から唐三彩など見事なものがたくさんある。ここで周代の楽器として銅鐸のようなものが大から ... » more
テーマ 中国旅行

中国は桂林・西安に妻と行ってきた。桂林に夕方に着き、桂林市内の湖、「両江四湖」のナイトクルーズにまず乗る。巡る水辺の建物を凝った形にして、それをライトアップし、所々で踊り、演奏を行い、船の横で鵜飼いの実演、それから帰りの船内では二胡 ... » more
テーマ 中国旅行

古稀を過ぎてからの毎日物騒な環境
物騒な環境 中国の治安は決して安心は禁物だ。建物の一階は、ほとんどの家が窓ガラスの上に格子で厳重に鉄柵をめぐらせている。窓ガラスを割っての侵入を防ぐためだ。今では二階までも、中には三階までも鉄柵で囲っている。まるで籠みたいにみえ ... » more

北京の街かどから 知らない街の角に立ち、見ればその国の一部がよくわかる。ピカピカの最新型自動車が走る中を、昔からの三輪の輪タクが走る。私はこのスピードが大好きだ。回帰への旅行者の癒しの速度なのだ。庶民にとっても貴重な生活の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/16 01:47

「中国旅行」のブログ関連商品

» 「中国旅行」のブログレビュー をもっと探す

「中国旅行」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る